牡丹の頃

桜もあっという間に過ぎ、ツツジや牡丹が咲き始めました。

よく演奏致します二十五絃箏での「花のように」 、尊敬申し上げる先輩・中井智弥さんの作品です。
以前、「花のように」のイメージとして牡丹の写真を下さいました。
そうなんだなぁ、中井さんが演奏される「花のように」は牡丹のような華ばなしく力強さを感じます。でも、桜の花びらのような繊細も流れる。
私の知り合いが、生で中井さんの演奏を聴き、その後私の「花のように」を聴いて下さった時、
「中井さんのは牡丹みたい、あなたのはコスモスみたい」
とおっしゃってました。(すごい感性!)

私自身、牡丹やダリアなどの花が好き。

この季節、そんな花を観ながら(ダリアは別ですね)散歩したいものですね〜
新緑ももちろん😊 

⭐︎お知らせ⭐︎
7月29日(土)
ミニコンサート〜箏と三絃
出演ー小畔香子・鎌田美穂子
会場ー禅カフェ「坐月一葉」(シアル鶴見5階)
開演ー10:30
入場料ー3000円、お茶とお菓子付き
ご予約先ー鎌田美穂子演奏事務局 miho_vicky_koto@yahoo.co.jp
(件名にはコンサートのタイトルをご記入下さい)
プログラムー「夕顔」、「四季の柳」(磯部艶子作詞、宮城道雄作曲)、「THURUKAME」(沢井忠夫作曲)、「鯉の道行」 (中村孝哲作詞、中井智弥作曲)
♫芸大の後輩・小畔香子ちゃんとの共演です!前回の共演者・加藤侑子ちゃんとあと1名を含む4名で「濱箏」というコンサートを開催しました。またしたいこの頃ですね〜
この度は、私達箏弾きにとっては当り前の箏と三絃の合奏、でもまだご存知ない方も多く、ご存知の方ももちろん、物語を唄っている作品を中心に選曲しましたのでどうぞお楽しみ下さい〜

5部咲き

近所の公園の桜を観に参りました。
満開ではなかったですが十分きれいでした。
花と蕾の塩梅が良く、 まだ咲くんだなと思うと楽しみです!

さて、今後の演奏情報です。
6月4日  品川三曲協会
母が所属しておりますが、毎年私の弟子さん達と出演しております。
そして、指導している品川区にある高校の箏曲部も出演。

7月29日  箏と三絃〜ミニコンサート
共演は後輩の小畔香子さん。とても頼れる香子ちゃん。
今回は箏弾きにとっては当たり前の箏と三絃のデュオ。
古典、宮城曲、沢井作品、現代と幅広く。
会場はおなじみ、坐月一葉
3000円

8月24日   umi
コントラバスの戸嶋優さんと私のユニット。
初披露です!
サルビアホール3階の音楽ホール
 チケット有料(未定)

ご報告♪

25日は温かい皆様のおかげで、無事に終了致しました!
ありがとうございました。

昼間の公演、藤のき小学校では町内会主催のコンサートでした。
私たちの他にジャズの二人組の方が出演でした。この方々もとても気さくなお人柄で、スタッフのみなさんも楽しくコンサートを作られていました。
securedownload[1] (3)

衣装はおなじみ、私の母手製の着物リメイク。コントラバスの戸嶋優さんのもそうです。



夜のシァル鶴見主催のお花見会。
坐月一葉では桜と菜の花が飾られ、春のひと時を演出していました。
「花ひら蝶ひら」(かまたみほこ)、「二つの変奏曲」から「さくらさくら」(沢井忠夫)、「五十鈴川」(宮城道雄)、「春の曲」(吉沢検校)、「小さな春」より「花」(沢井忠夫)
を演奏致しました。

お花に囲まれての演奏は以前から憬れておりましたので、とてもうれしかったです!
こちらでもたくさんのお客様にお越し頂けました。
ありがとうございました~

「春の曲」中の唄に、桜がなかったら春の心は穏やかなのに、という内容のものがあります。
これは逆の心を唄っていますね。
桜のおかげで春はざわつく、と。
これは、桜が咲くまで、まだかまだかと待ち遠しく、咲けば咲くで心が躍りいつまでも咲いて欲しいと永遠を求め、散り始めればその様をはらはらと秘めたる気持に例えたり、儚い何かを例えて憂えたり・・・
今年の春は何を思うでしょう。
securedownload[1] (5)




記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ