お月見会ぽすたー

21766504_1418698424866432_7447483339383338063_n[1]来週ですねぇ。

有難いことに現在27名様のご予約をいただいております。


月といえばの古典、ありました!!
「残月」
大曲ですね。
ですが今回のお月見会ではちょっと合わないかな・・・
追悼の意も込められている曲ですので・・・


ところで、庭にある渋柿がもう色づいてきました。
すすきも開こうとしていますね。

お月見会inシアル鶴見

10月4日、19:00からスタートです。
今年もシアル鶴見でのお月見会。
19:00からは曹洞宗のお坊様の法話、そして、20:00からお食事と箏の演奏です♪
入場料は2500円です。
お食事と演奏は5階の坐月一葉にて。
現在、JR鶴見駅の西口改札近くや、東口への通路にポスターが貼られております。

そろそろ、プロフィール写真を撮り変えないと・・・
今年から髪を伸ばしておりまして、だいぶ写真と変わりました(^_^;)

私の演奏プログラムは、
「手事」二楽章   宮城道雄 作曲
古典「秋の言の葉」
「蟲の歌」      宮城道雄 作曲
「鳥のように」    沢井忠夫 作曲

今回はちょっと渋いかもしれないですねぇ。
「手事」二楽章は、「組歌風」というタイトルがついています。一楽章や三楽章のように派手さはありませんが、箏の音、主に余韻に面白さを探していただけるとどこか瞑想した気分になるかもしれません。
久しぶりに「秋の言の葉」を練習しましたら、歌詞に合わせた虫の音のような手もあり、とても秋らしくて良いですね。
「蟲の歌」は昨年も演奏しましたが、やはりこの季節には取り入れたい一曲です。
「鳥のように」も久しぶりに演奏します。この曲は名曲ですね~。弾いていても飛んでいる気分になります♪空の色を見るような・・・

お気づきかもしれませんが、「月」をテーマにした曲目がありません。
なぜなら見当たらないからです!
沢井忠夫作曲の「上弦の曲」(箏と尺八の二重奏)や、宮城道雄作曲の「月のかがみ」という公刊されていない曲もありますが、古典ではみつかりません。
私が知らないだけかもしれませんが・・・
四季やそれぞれの季節を唄う曲目はたくさんありますが、月や陽などの曲目はありません。
月を詠う和歌はたくさんあると思いますが。
昔の日本人の美意識でしょうか。
「陰陽」の考えがあった中、意識が月や陽になかったとは思えませんが。

姿を変えていく月。
様々に想いを重ねられてロマンがありますね。

一つ木町倶楽部でのコンサート

昨日、コリーン・シュムコーさんとのコンサートがお陰さまで無事に終わりました。
たくさんのお客様に喜んでいただけたようです。
ご協力下さった皆様にも心より感謝。

現代曲、古典、オリジナル、アレンジと様々に渡りました。
コリーンとの1対1のデュオも楽しかったです。
日本だけではなく、他の民族音楽にも興味を持って研究していたり、そのような話も聴けて、またそういう影響を受けた「蒙古の馬」という彼女の作品も面白かったです。

アレンジ、というのはアンコールで用意した「千本桜」。ヴォーカロイドの初音ミクですね。
三味線と箏に無理なく、活きる曲を考えました。
ユーチューブでも色々な方のアレンジを聴きました。
面白かったですねー

現代だからこそできるジャンルを超えての共演。
それぞれの古典。
発展と個人の想いを託したオリジナル。
良いプログラムだったかなと思います。

この一ツ木町倶楽部というフレンチ&ベーカリーのパン、とっても美味しかったですー!

さて、急遽決まりました!シァル鶴見のお月見会。
10月4日。

そして、11月5日は秋田・大館の玉林寺でのコンサート。
共演は、ヴァイオリン・大堀由美子さん♪

11月25日の坐月一葉でのミニコンサート「箏と十七絃」
共演は、久野木史恵さん♪

この秋はそのような出演予定です。

記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ