日本で不妊治療をしようと
思いたった人が行くのは
不妊クリニックだと思いますが、
オーストラリアではまず
GPという総合医に会って、
その医者が

この患者は専門医に
診てもう必要があるな


と判断したら、初めてその医者
からの紹介状を持って産婦人科、
眼科、皮膚科などの専門医に
予約する、と言う流れになります。

ケアンズで初めて風邪を引いた
時に、オーストラリア人に

I want to go to hospital.

と言ったら

You need to go to Doctor(GP) first.

と言われ、頭が?でいっぱいに
なったのですが、それはこういう
事だったんですね。

という事で、私はまずGPへ行って

何年か妊活してるんですが、
妊娠しないんです。


と相談しました。そこでは確か
血液検査と基礎体温を1か月
記録し提出しましたが、GP曰く、
どれも正常。

ここで何か問題があればそれを
治すことから始めるのでしょうが、
私の場合はどこにも異常はなく、
GPとしては特に何も出来ない
状態でした。

結局、診断の結果は

もうちょっと
このまま頑張ろう!

good



・・・医者に
会った意味!


いやいや、もうすでに何年か
トライしているし、年も年なんで
紹介状書いてください。


と、お願いして紹介状ゲット。

それで、すぐその専門医に
予約すればいいのに、紹介状を
もらったことで、なんだか満足
してしまいそこから実際に予約
するまでに半年くらいかかって
しまいました。

でも女性にとって、しかも小さい
頃から健康優良児だった私が、
不妊治療をしなければならない
という事実を認めるには
少し勇気がいったんですよね。

私の場合は年齢が背中を押して
くれましたが、若くたって何年か
トライして授からなければ、
何も躊躇することなく不妊治療
の先生に会うべきですよ!

そこの迷っているアナタ!
日本でもケアンズでも
迷わず受診しましょう!

こればっかりは早いに
越したことありません。

妊活3へ続く。

この他にケアンズ・オーストラリア
情報が知りたい方はこちら。

にほんブログ村 ケアンズ情報

にほんブログ村 オーストラリア情報