平井美帆 MIHO HIRAI BLOG

思ったこと、感じたこと、ぼやいてます。


Smash the patriarchy!










San Clemente Pier
San Clemente, CA, USA


©MihoHirai









カテゴリ: ぼやき

7月末に亡くなったアラン・パーカーの映画は大好き。(題材的に「好物」というか)。『ミシシッピーバーニング』が有名だと思うのだけど、『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』もとてもよい。

(以下ネタバレあり)

死刑廃止制度、冤罪、社会運動がテーマなのだが、一瞬、「これは冤罪なの?」とconfuseしてしまうようなラスト。

でも、死刑に処せられたデビッドは、元同僚をレイプして殺害していないので、冤罪だ。

アメリカの社会的問題を扱った映画はほんとに切り込んでいておもしろい。

『フラットライナーズ』という古い映画(1990年)も、エンターテイメントの要素を盛り込みながらも、死後の世界、人の生死という重いテーマを正面から描いている。人の罪、贖罪にかんする視点などはやはり、キリスト教徒の多い国ならではの着眼点だなと思う。

他にも、ベトナム戦争、レイプ裁判など(『告発の行方』等)、国家や司法との関係性のなかで、「正義とは何か」を問う告発系が好きだ。精神障害がでてくるストーリーもよく見られるが、「日本では製作して公開するのは難しいだろうなあ」と感じる……。

どうしても、日本だと無難な映画がほとんどだ。さまざまな制約の壁があるのだろう。映画に限らないのだけど……。

表現の自由のみならず、あらゆる分野での選択肢の広さは、日本よりもアメリカのほうが抜きんでている。

アメリカの俳優は必ずユニオン(労働組合)に加入しなければならない。そうでないとエージェントからも、ユニオンにも参加していない=プロではないという扱いだ。こういう点も、芸能プロダクションが契約で俳優を縛りつけている日本とは、ずいぶん違う。要は「個人の権利」が真の自由獲得にとって必要不可欠だと、アメリカで暮らす人達は当然のこととして考える。

日本も個人主義になったとか言われるけど、根本的なところが違う。憲法で個人の権利が保障されているけど、いまだ浸透していない。

みんなのことを考える個人でないと迫害される。それも場合によっては一理ありそうにも思えるが、個人が犠牲を強いられるロジックと不可分になってしまっている。やはり、個人の自由や権利を一番大切にしたうえでの、組織や全体でなければならない。

アメリカ社会を知っているがゆえ、矛盾が多いのも事実と知っているのだが……日本ももう少し(ほんとは「もっと」を望むが)、多様性があればいいのになあ……。そっちのほうがおもしろいし、自由だって。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【1】安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である

安倍政権が成立した夜の脱力感、不安感、…なんともいえない重ぐるしい気持ちはいまでも体感として脳裡に刻まれている。(一次のときも二次のときも)それらは、他の自民党政権に対するものとは異質だった。そして、残念ながら、ある意味予測どおりに行政への信頼、三権分立という大原則の信頼を壊しつづけた政権だった。

私にとってみれば、それまで戦争はあくまで「歴史」で、あんなことは二度と起こるまいと思っていた。だが、安倍政権下では現代でも起りうるんだと実感を持たされた。「ああ、こういうふうに権力者はなって、こういうふうにあちこちのセクションをコントロールして、こんなふうにあちこちの法律を変えて、こういうふうに言うメディアや太鼓持ちが出てきて、こんなふうになびいていく人達がいるんだな」と、軍国主義が起こりうる空気感や流され方をリアルに感じさせられた。日本人は根本的には変わっちゃいないのだ。目の前の広告、喧伝に弱い。強い者に膝まづく安心感さえあれば、いとも簡単に民主主義の理念(公正)などに目をつむってしまう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも気をつけてください、という目的で書いてます。(そして、なぜか「ですます」調^^;)

足の指が痛いです。血豆にはなるだろう…。

スーパーで並んでいたら、離れて前にいた電動車椅子が方向を変えるためなのか、操作を誤ったのかわかりませんが、急に勢いよくバックしてきて私の足先を轢いたんです。思わず声がでてなんとか手で電動車椅子を止めたけど、急には動かず、何秒かは足先に乗っかってました…。すごく重くて痛かったです。

とっさのことで何も言えませんでした。謝っておられたかはほんとに記憶にないです。女性の障がい者の方で、事を荒立てたくない気持ちも当然働き、なかなか難しいです。でも、たとえばこれがもっと大きな事故だったらどうすべきだったのかなどと考えます。痛みでじんじんしながら帰宅しました。足先がカバーされている靴だったのが、不幸中の幸いかもしれません。ですが、かーなり危ないです。

もし、子どもの小さな足だったならば大けが案件です・・・(想像するだけでこわい)。とにかく重くて勢いがある。

電動車椅子は人が操作するものだから、突然なんらかのミスでバックしてくることも想定して、行動しようと思いました。人と人との間隔よりさらに間をあける、あくまで機械なのでバックの危険栓があることを意識するなど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

駐日ロシア大使館が、SNS(FBやツイッター)で1945年8月9日の対日参戦について書き込んでいる……。ロシア国内ではそう教えてきたのだろうが、不安になるような行動と内容だ。

旧ソ連軍は、当時満州にいた一般の日本人に対してのみならず、現地の中国人に対しても、略奪や強姦など卑劣な行為をおこない、ありとあらゆる物資、人的リソース(捕虜)を自国に持ち去った。わずか6日間の“参戦”で、これを火事場泥棒といわずして何と言うのか。

葛根廟事件をはじめ、開拓民への殺戮もあった。満州開拓団の悲劇は数知れず。
あげく、翌年春まで中国東北部に居座りつづけ、好き放題にした。

しかし、ロシアは何の言及も調査もなく……、今回のような見解しか持ち合わせていない。わが国はファシストから世界を救ったのだといわんばかり。聖戦だったのだ、と。

ああいうコメントを、わざわざ日本語で流したことに驚いている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

失われる自然環境。現地の人びとの生活、未来……。できるだけの補償と支援を国としてもするべきではないか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨不明女児の母に「犯人だろ、殺すぞお前」 脅迫容疑で静岡の31歳男を逮捕

前も、別のおかしな中年男性が山梨不明女児の母について、犯人扱いしてブログを書いているという記事を読んだことがある。男性ジャーナリストがその男の自宅を突き止めて突撃。不気味すぎて、私ならば、その男の自宅訪問はできないだろうな(よほど腹が立ったらやりそうだが)。これはその男と同性であることを生かした、勇気ある取材だなと思ったのを覚えている。(水谷竹秀さんのこの記事だった。

子どもが行方不明になって苦しんでいる女性に対して、赤の他人がなんでここまで粘着できるのかなと不思議になる…。今回捕まった男も、その手のネット情報をきっかけにしたのだろう。

同じようなことが外国で起こったとして、このような類の母親バッシング、母親への執拗な犯罪行為が起こるだろうか…? ちょっと考えられない。仮にバッシングがあったとしても、ここまでなるだろうかと疑問に思う。

同じ日本国内で考えたとしても、父親がキャンプにいっていて、子どもが行方不明になってしまったとして……赤の他人の中年女が執拗に父親を犯人扱いしたブログを続けたり、いやがらせのメッセ―ジを送ったり、「殺すぞ」などと脅迫したりするだろうか。これもちょっと考えられない。

この不気味な距離感(境界線のなさ)は何なのだろう。俺様が叱ってやる、みたいな。

ものすごく日本特有の「母親のおまえが、女のおまえがちゃんとしてないからこうなったんだっ!」という封建的な女性嫌悪が根底に渦巻いている。母親のインスタがどうのとかは、言いがかりも甚だしい。一方的な懲罰意識も、男から女に対して見られるパターンだ。

ネットの誹謗中傷も相まって、誰よりも一番心を痛めてきた母を「刺そう」とする。

こうした男たちは何様のつもりなのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦春馬さんの死にいろいろと思うところがあるのだけど、
どれも言葉にすると、薄っぺらいというか、他人の推測の域を出ないので、文字にできない。

成功と自由は必ずしも正比例しない。
自己実現と内面的自由が正比例しないのであれば、私たちは何を糧に生きていけばいいのだろうと思う。

ロンドンでの3カ月間の語学留学。
たった3カ月だけど、楽しい大切な時間だっただろう。
でも、外国人ルームメイトによる、日本の事務所が理解してくれなくて戻ってこいと言われ、ひとり泣いていたエピソードは胸をつく。

『役者である前に、ひとりの人間として人生を大切にしたい。』
写真集『ふれる』の写真の1枚目にはこう記してあるという。

匿名性がまったくない職業というのは、ガラス張りの中で生きているようなものだ。

悪く言う人がいない。
嫌ってる人がいない。
敵がいない。

それが彼自身の「素」だったのだろうと私は思う。

だが、自分を守るための悪や毒の鎧も、生き抜いていくためには必要なのだろうか。

整理はつかない。

彼はひとりの人間として、人生をとても、とても大切にしていたと思う。おそらく、人並み以上に……。その結果としての誠実さや優しさ、人望である。そして努力、努力に伴う表現作品である。

私の中で、人が死を選ぶのは「他人ではなく、自分自身に絶望をみたとき」というひとつの考えがある。

人生を大切にして生きている人が、自己に絶望をみなければいけないのがどうしても腑に落ちない。納得できない。それが人間の生の理不尽さといった理由づけもできない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ