このところ、いよいよ2018年問題に突入し、派遣切りのニュースをちらほら見かける。

いや、もう「派遣」を語らせれば、ありとあらゆる経験をしてきた私は強いよ。

なんせ、派遣社員の立場から、よーく知っているから。どういう精神状態でどういう期待をされ、どういうふうに扱われるか、よく知ってる。登録から仕事紹介、「顔合わせ」「職場見学」などと呼ばれる事実上の「面接」、契約、その形態、「契約満了」というマジックワードなどなど、日本女性が多く利用している登録型派遣の鬼です(苦笑)。

大きなニュースになる裁判ではなくても、派遣会社と厚生労働省の強力タッグは違法すれすれをやっている(アウトと私は思っている)。経済界と国がいちばん仲良くなれるのが、「派遣」の取り扱いではないだだろうか。

実体験をとおして知ったことを、公益性のあることだから、ブログに書きたい。と、前々から思ってるのだが、まとまった時間がとれず…。

巨大派遣業界のトップに君臨し、あまたの女性派遣スタッフを抱える「パーソルテンプ(旧テンプスタッフ)グループ」について、私が体験したことを書きたいと思っている。

もちろん、他にも派遣の経験はいろいろとあるが、大手派遣のパーソルテンプは深い意味でえぐかった。しかも、表向きは優良とされる老舗の派遣会社なので、それ相応の派遣界隈の見本となるべきなのに……。ある程度、部署と名前をだして、今度事実を書いていこうと思う。弁護士にも相談したが、OKでしょーって返答がそこそこあったことだしね。

ひとの人生を変えうる業務に携わっている「自覚」を、派遣会社の営業には持っていただきたい。またもう少し、法律的なセンスというか、コンプライアンスの意識を高めてほしいね。なんでもかんでも、客(大企業)側のいうとおりに動かないで。大手の仕組みやレベルを知ることで、派遣会社界隈の手法も見えてくるのではないだろうか。

労働者に過度な負担のかかる「裁判」だけが解決法ではありません。
当事者はどんどん、声をあげてよいのです。(あげられる時期になったら)