2010年08月28日

島旅《八丈島》

御蔵島に1泊して、
翌日の早朝には船で八丈島へ移動。
御蔵島の港で船を待っていたら、虹がでてきて感動。
funerainbow






















御蔵島から八丈島へは船で3時間ほど。
無事に八丈島に到着し、まずは予約を入れていたレンタカー屋へ行き、
手続き完了後、さっそくサーフポイントをチェックしにドライブ。

到着してすぐは案の定、
雨が降ったり暗い雲に覆われていて、
波もかなり荒れていて…。
sueyoshi_umi2























夫が波のチェックをしたら満足だったようで、
まずは私の好きなところを観光がてらドライブしようということで。

すぐに立ち寄ったのが無料で入れる温泉“裏見ケ滝温泉”
水着着用で男女混浴。
温泉とはいえ、ぬるい…。
プール代わりだと思えばOK!
uramigataki_kanban


























ジャングルの中で入る露店温泉で風情があって、雰囲気を楽しむのには最高。
uramigataki























玉石垣に囲まれた素敵な道。
kominkacafe5
























玉石垣の道沿いにある、古民家を改装したカフェ。
その名も“古民家喫茶”
事前に情報収集をしていた私が最も楽しみにしていた場所♪
kominkacafe2






















カフェのオーナーは神奈川県から移住してきたという女性。
私と年齢も同じくらい。
オーナーのおばあちゃんが住んでいた家を5年前にカフェにしたそう。
閑散期は織物をしているというのが、なんだか素敵。
けど、こんな広いお屋敷にひとりで住むなんて怖くないのかなぁ〜と思い、
興味津々で色々聞いて楽しくお喋りをさせてもらってきた。
kominkacafe3

























いちにち中ここでゴロゴロすごしたいなぁ〜と思うくらい、
落ち着けるカフェ。
最近、古民家カフェやレストランが流行っているけれど、
ここまで本物の風情のある古民家カフェ、都会じゃお目にかかれない!
もう、私好みのどストライクでテンションあがりまくり!!
kominkacafe1






















kominkacafe6




























もっと長くいたかったけれど、まだ八丈島に到着したばかり…。
後ろ髪をひかれつつも再度ドライブへ〜。
kominkacafe7


























カフェを後にした時には、
さきほどまでの雨が嘘のように快晴!
さすが熱帯地方、いちにちの中でいろんな天気があるな〜。
シュノーケルをしている人を発見。
水が透明ですっごくきれいで感動。
この場所は滞在中、2回もシュノーケルをしにきた場所。
夫がサーフィンをしている時は、
私は車でここまで来て、ここでひとり遊びを満喫。
昔よくした“一人旅”気分を味わえて思い出の場所に。
sea1



























別の港に移動したら、
ちょうど夏のイベントをやっていて、
ジェットバイクがひとり500円で体験できたから、ジェットバイクに挑戦。
スピード感があってスリルがたまらなかった!!
振り落とされないようにと必死にしがみついた。

海を眺めながら“島寿司”を堪能。
島寿司はわさびの代わりにからしを使っていて、八丈島の郷土料理のひとつ。
辛さが心地よくて美味しかった!滞在中、2度も堪能してきた。
shimazushgi






















八丈島2日目にも素敵なカフェと出会った。
たまたまドライブしていたら、
これまた私が事前収集した情報で、行ってみたい!!と
思っていたカフェの看板を偶然通りがかり。
kominkacafe4






















見つけにくい場所にあるカフェだとは聞いていたから、
見つけたからにはせっかくだから「今、行こう!!」ということで〜!
コンクリートの道路ではない、横道のガタガタなジャングル道を進むと、
こんなにオシャレな建物が登場。
地元の人にも人気というカフェ“空間舎”
kukansha_garden





















ご夫婦で建てたそうで、
外観も内観もとにかく洗練されていて、
「自分の家もこういうふうにしてみたい!」と参考になるところばかり!
kukansha_entrance




























八丈島にこんなオシャレなカフェがあるとは〜〜♪
kukansha_tenjou























kukansha_menu






















ドリンクとデザートしかないかと思いきや、
オーナーの奥様が「ランチも始めました」とランチメニューを持ってきてくれた。

夫は丼を注文。
kukansha_donburi




















私はドライカレー。
kukansha_curry






















どちらも美味しかった!
食後に「アシタバ」のかき氷。
苦みが抹茶のようで美味しかった。
kukansha_kakigori





























kukansha1























八丈島って楽しいな〜と語り合いながら他にも色々満喫してきた。

■ふれあい牧場で買った牛乳■
hacijomilk






















■青空に映える灯台■
hachijo_todai


























■八丈島滞在中に何度も買い物したスーパーあさぬま■
asanuma





















■八丈島で夫は1足、私は2足購入した便利なギョサン■
goysan



























■外観は古めかしいけれど中は今どきふうのダイニングバー■
(お料理が美味しい!夫はここでサーフィンの波情報を店員さんに教えてもらった)
chaya




















chaya_steak





















■八丈島で唯一のサーフスポット■
(末吉地区。砂浜じゃなく岩場だから上級者向きらしい)
sueyoshi_umi





















■個性的で芸術家のどいけいこさんがオーナーのゲストハウス 銀河荘■
(八丈島滞在中に銀河荘の存在を知って急遽宿変更で一泊させてもらうことに!
素泊まりひとり1泊4,000円)
gingaso3




















■いまだに外に建てずに室内に放置されており銀河荘の看板■
道無き道を進まなければ〜という立地にある銀河荘。
自力で辿り着ける初めてのお客様はまずいないそう。
私たちも道に迷い続けて40分。結局、
けいこさんに電話して途中まで迎えに来てもらった…。
gingaso2





















■銀河荘のバスルーム■
gingaso11






















■銀河荘のけいこさんの作品■
gingaso8




























■作品のアップ■
gingaso10






















■無理言って特別に購入させてもらった作りかけの焼き物3つ■
gingaso12





















■銀河荘のベランダ■
(お庭の向こうには海!!絶景でまるで清水の舞台のよう!)
gingaso6
























■ベランダに水着を干していると、けいこさんの愛猫・タコが洗濯物の上で休憩■
gingaso7






















■銀河荘での夜の光景■
(大きな虫が侵入してきてみんながキャーキャー騒いだら、
けいこさんが虫取り網をもってきて、室内昆虫採集〜。たくましい!!
絵のファイルをたくさん見せてもらってすごく勉強になった。)
gingaso1





















■銀河荘の外観■
(ジャングルの中にひっそりと佇むまさに隠れ家!)
gingaso5






















■八丈島空港■
(帰りは八丈島→羽田へ飛行機で帰った。ANAが一日3便)
hachijojima_airport


























島旅、
すっごく楽しかった!!!
また島旅をしたい〜〜〜〜〜〜!!!

mihopstepudding at 19:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip! 

2010年08月22日

島旅《御蔵島》

竹芝桟橋から船に乗り、東京都御蔵島(みくらじま)へ。
スケジュール通り22:20に出航。
出航直後はデッキに出て夜景を眺めようという夫の提案で、
荷物のみ部屋(特2等席=二段ベッドの相部屋でかなり快適だった!)に置いて、
カメラ、ビール、おつまみを持ってデッキへ移動〜。

レインボーブリッジの下をくぐったところを激写。
実物はもっとキレイ。夜景を撮るのって難しいなぁ…(*´ェ`*)
rainbowbridge



























デッキで風に吹かれて夜景を眺めながらのビールは最高!
横浜を過ぎてから景色が特になくなったので、
続いて船内探検をすることに。


こちらは、2等の和室。1区画ごとにラインがあって、
そこでみんなで雑魚寝というスタイル。
fune
























こちらは、2等のイス席。飛行機や夜行バスのような感じ。
funeisu





















船の中には食堂や売店、自販機、コインシャワー室などもあり設備充実。
船旅慣れしている人たちは、折り畳みイスを持参してデッキで景色を眺めていたり、
レジャーシートやゴザをしいて宴会したり、寝袋持参でデッキで寝ていたり。
みんなそれぞれ思い思いの過ごし方をしている様子が、
人間ウオッチング好きにはたまらない!
funedeck





















もっと人間ウオッチングや船内探検をしていたかったけど、
翌朝御蔵島に着いてからは朝からイルカと泳ぐアクティビティーを予約しているから、
しっかり睡眠をとらなければいけないから、部屋に戻り就寝。

各ベッドごとにカーテン、毛布、枕、スタンドライト、荷物棚がついていて、
相部屋とはいえプライベート感があって、ぐっすり眠れて翌朝スッキリ!
tokunitoubed



























翌朝6:30頃、御蔵島に到着。
mikuratouchaku





















御蔵島は入島できるお客さんの人数を制限していて、
宿もそんなに多くなく、宿泊予約を入れていないと入れないらしい。
すごい徹底ぶり!そのお陰か、島の中にはゴミが落ちていなくてすごくキレイな島。
自然保護にも力を入れているんだなぁと感心。


御蔵島で1泊&ドルフィンスイムでお世話になった民宿しげを工房。
shigewokoubou





















野生のイルカがいるスポットまで漁船で出て、
船長の「準備してください。」の指示がでたら、
各自シュノーケルをセットして、
さらに船長から「右側(or 左側 or 両側)から降りてください。」の指示で海に入る。
そうすると、
海の中には野生のイルカが何頭も間近で泳いでいる!!
その光景はなんとも言えない神秘的。
シュノーケルが下手な私は、
イルカを発見しても素早く泳いでいくイルカについていけず、
すぐにイルカを見失い、
他の人たちがどこに泳いで向かっているかを水中でキョロキョロ。
船に戻ってまた次のイルカポイントを探して移動している時に、
「さっきすっごくイルカがいっぱいいたね〜」「こういうイルカがいたね〜」なんて会話をしている人たちを横目に、
私はそんなの全く気づかなかった…とへこんだリ。
船長からもっと身体全体で向きを変えて、
360度見渡すつもりで潜ったほうがいいよとアドバイスをもらった。

iruka_1


























イルカがいる場所をきちんと察知して私たちをそこへ連れて行ってくれる船長ってすごい!
イルカを求めてスピードを出す漁船は大きな波しぶきと、時々大きく揺れたりして、
船から投げ飛ばされるんじゃないか?というスリルがたまらない。
揺れるのとかスピードが好きな私は「おおっ!!」と叫びながら大興奮。


このドルフィンスイムでは他にもルールがきちんとあって、
決してイルカに触ってはダメ。あと、イルカと遊ぶ場合も、
イルカが自ら近寄ってきた時のみ、自然と遊んでもいいとのこと。
それと、1回のツアーでイルカと泳げる回数は8回まで。
dolpin




















イルカツアーは2時間〜2時間半ほどで無事終了。
しげを工房に戻り、シャワーを浴びてもまだ午前中の時間帯。
さすがに普段やり慣れないことをして遊んだ疲れか、
1時間ほど眠ってからランチをしに街なかへ繰り出すことに。


暑いけれど暑さが気にならないのは御蔵島の気候の特徴かな。
熱帯地方独特のスコールもしょっちゅうあって、
晴れていたかと思うと、突然ザッ〜と雨が降ってきたり。


青い空とゆっくりと時間が流れている感じが心地よくて、
いろんな風景写真を撮りながら歩いた。
ishi























しげを工房から坂道をひたすら下って徒歩20分ほどで飲食店がちらほら。
私が島に着いた時、
宿へ向かう車の中から目にして気になっていたお店でランチをすることに。
建物にこんなふうに絵が描かれていたら気になるでしょ〜。
お食事処&御蔵島特産品のお土産ショップの『美美庵』。
minminan




















まずは店内で食事を楽しんだ。
夫は「かつおの刺身定食(1,200円)」、
私は「カツオのみそ焼き定食(800円)」を注文。
かつおに臭みがなくて、美味しかった!
これがかつおの刺身。
minminan_katsuo


















海で泳いだ後だから、ペロッと完食。
食後はテラス席に移動してしばし休憩。
店内に置いてあった年代物の双眼鏡を借りて景色を眺めてのんびり。
すると美美庵のご主人が、
「美味しい焼酎があるよ。ちょっと飲んでみる?」と言って
ご主人お手製の芋焼酎をサービスしてくれた♪
聞けばご主人は全くお酒を飲めないらしいが、
たまたま庭にジャガイモがなったから、
適当に作ってみたらしい〜。
私は一口味見をさせてもらった。
キリッとキレとまろやかさのある美味しい焼酎で♪
が、炎天下で濃い焼酎は酔いがまわる〜〜〜。
海を眺めながらこんなふうにお酒を昼間っから飲めるって最高!!
まだ島に着いてから6時間くらいしか経っていないのに、
「島旅っていいね〜!!」と盛り上がる夫と私。
minminan_souganjkyou




















美美庵のオーナーご夫妻は明るくてすっごく元気で面白く、
一緒にお喋りしたり、かなり居心地が良くて、
遠慮なくテラス席でのんびりさせてもらって心の充電完了。



続いて向かったのは、美美庵から少し坂道を上ったところにある、
『ふくまる商店』。
パスタとかカフェのオシャレなお店で、ジェラート店としても人気のお店。
fukumarushop





















かなりボリュームのあるダブルのジェラートは400円。
美味しかったけど、溶けるのが早い〜〜〜。
手が汚れないように食べるのに必死。
しばし無言でジェラートを堪能。
fukumaruice1



























路地を歩いていると、『御蔵島資料館』を発見。
せっかくだからのぞいていくことに。
クーラーも効いているだろうし、涼めたらいいやくらいにしか思っていなかった私…。
美術館は好きだけど、難しい資料館はあまり興味のない私。
しかし、これが思いがけず惹き付けられる展示資料が多くて!!

mikurashiryoukan





















御蔵島の歴史や、御蔵島にいるイルカや小笠原にいるイルカの違いや生態について、
わかりやすくてすごく勉強になった。
なにより、数時間前に初めてドルフィンスイムのツアーに参加しただけあって、
すごく興味がもてた。
この資料館、1階は誰でも無料で見学できて、
地下1階は入場料100円。
地下1階の展示内容にも興味があり見ることに。

島の歴史や、
すっごく貴重な歴史的証拠物が展示してあってかなりじっくりと見学。
写真展も良かった!
mikurashiryoukan2




















有料展示を見終わってから受付にいる資料館のスタッフのおじさんに、
「すっごく楽しかったです。」と感想を言ってどこに興味を持ったかを伝えたら、
嬉しそうにもっと詳しく御蔵島のれきしについて、教えてくれた。
御蔵島には坂本龍馬的な人物が存在していて、
その人の言動のお陰で現在の御蔵島があるっていっても過言じゃないかも。
小さい頃から歴史バカ(※歴史に詳しいという意味ではなく本当の意味でのおバカ)な私が、
こうやって歴史について興味を抱いたことにも自分でも驚き〜。


資料館でもらった入場券は絵はがきとして利用可。
最後にクーラーの効いた資料館でこの絵はがきに手紙を書いて、帰り道にポストに投函してきた。
mikurashiryokan1





















宿の夕飯まで部屋でゴロゴロ過ごして、
夕陽の美しさに感動!!
mikura2





















夕飯をいただいてから庭で星空を見上げながらビールを飲んだ。
イルカと泳ぐ為にしょっちゅう御蔵島を訪れているという他のお客さんとお喋りをした。
イルカにハマる人ってすごいなぁと思った。その情熱には脱帽!

翌朝は5:00に起床。
しげを工房のご主人に港まで送ってもらい、
八丈島行きの船を待つことに。

mihopstepudding at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2010年08月21日

この夏出会った運命の本

musanbook




















ちょっとオーバーなタイトル表現かもしれないけれど…。
今年の夏、
この本に旅先で出会ったお陰で、
素敵な出会いもあり、楽しくてかなり充実した離島の旅ができました(⌒∇⌒)


毎度のことながら、
私は旅先にカメラ持参で、
常に記録係のように写真を撮りまくり〜


この本の著者でイラストレーターのむうちゃんという方は、
すごく面白い女性だそう。
むうちゃんがこの本で取り上げていたカフェで、
この本をチラッと読ませてもらって、
カフェのオーナーに
「本屋さんはどこにありますか?」と聞いて教えてもらい、
カフェを後にしてからすぐに本屋へ直行、そしてこの本を即購入しました。

すごく分かりやすく上手にイラストと文章でまとめてある本で、
私のツボにピッタリはまりました〜!


この本に載っている島、
いつか全部制覇したいなぁ〜〜〜〜

mihopstepudding at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年08月03日

ブタちゃんアロマ

私がすごく欲しかったものを、
偶然にも、
友達からプレゼントしてもらいました。

なんだかすごいな〜。
以心伝心ってこういうことかなぁと思った出来事。

いただいたものは、
このブタちゃん。

butaaroma
























ブタちゃんの背中の穴にアロマオイルを数滴たらして、
コンセントにさし、アロマランプとして使います

このブタちゃん、すごくかわいい
Akiちゃん、ありがとう!!!!!
大切に使い続けます(o^∇^o)ノ

mihopstepudding at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年08月01日

今年の花火

神奈川新聞の花火大会、
ちょっとはりきって私は浴衣を着て、
夫で出かけて来た。

大岡川のデッキには早くも花火見物の場所取りの人がいて、
なんだかお花見のよう。
hanabi_bashotori





















けど、
はたしてこの位置から花火がよく見えるのだろうか???
私が普段見る場所はここよりも、もっと海に近い場所だから、
こういう場所にも人がたくさん場所取りすることにビックリ。

今年の花火は、
知人に特別に招待していただき、
なんと贅沢にも屋形船からの花火観賞(⌒∇⌒)
自腹ではなかなか手が届かない贅沢!

yakatabuneglass





















お刺身や天ぷらをいただきながら、
冷房の効いた船の中から優雅に花火を見物〜。
hanabi_2

























そして、
船のデッキで花火撮影に熱中。
hanabi_3




























花火を眺めながらいつも思う事。
それは、
「キレイに打ち上がっている花火よりも
今、花火を打ち上げている花火師さん達の
勇姿を見てみたい!!」
危険だから見させてもらえないだろうけど、
興味あるなぁ。

hanabi1

























花火大会が1つ終わるごとに、
夏の終わりに近づいているなぁと感じて少し寂しくなるのは年のせいかしら…。

mihopstepudding at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月12日

父の日と東京スカイツリー

これまた先月の話し。
父の日に、父とふたりでカメラ片手に東京スカイツリー見物&散策をしてきました。

人生の中で、
東京スカイツリーの工事途中を見られるのは今しかないし!
おそらく父は東京タワーが建った子どもの頃は、
東京タワーに「おおっ」となったことでしょうし、
次なる東京スカイツリーにも同じように記憶に残してもらえたらと思い。

senakatree


























押上駅で地下鉄を降りると、この景色。


そこから3分ほど歩いたところにある橋へ移動。
カメラを持っている人がうじゃうじゃ。 
cameramantachi





















立派なカメラをぶらさげているこの年配の男性に声をかけて、
父とふたりで一緒に写っている記念撮影を撮ってもらいました。
さすが、良いカメラをぶらさげているだけあって、
良いアングルでぶれずに上手に撮ってくれて感謝感激。


その後大通りへ移動して、
偶然この間テレビで見かけたパン屋を発見。
迷わずパン屋へ。
吸い込まれるように親子で入っていきました。
kimurayamae























そしてこんな感じで買いました。
お昼ご飯をこれから食べに行くというのに、この量を食べるとは…。だから太るんだ〜!

pankyukei


























スカイツリーにちなんだパン。名前は忘れた〜。
pantotree


























けど、金額はしっかり覚えてる主婦の記憶力。1個250円。
パンがサックサクで、お世辞でなく本当に美味しかった♪
中にはトロ〜っとしたクリームがたっぷり。


水面に写る《逆さツリー》
sakasatree



























浅草にも足を伸ばして、スカイツリーを発見。
overthebridge





















もう少し工事が進行した頃に、
またカメラを持って東京スカイツリーを撮りに行かなくちゃ!!
完成も楽しみ。


mihopstepudding at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月11日

宇都宮餃子みんみん

minmin_gyouretsu





















またまたブログを放置していました…。
この写真は2ヶ月前、GWの時に撮ったもの。

日帰りドライブで宇都宮へ足を伸ばしました。

餃子店を2軒はしご。
2軒目は人気店の「みんみん」へ。
営業開始の40分前にたまたま到着したので、
先頭から2組目に並べました。
先頭にいたのは60代後半くらいのご夫婦とその息子さん(40代くらい)の家族3人でした。

聞けば月1くらいのペースで車で1時間かけて食べに来るほどのファンとのこと。

おばちゃんがすごくおしゃべりで気さくな人で、
おばちゃんとおしゃべりしていたらあっという間に開店時間になり、
退屈せずみすみました。

メニューはこれのみ!
minmin_menu




















焼き餃子はこんがりサクサクで想像以上に美味しかった!!
minmin_gyouza




















軽い食感なので、
ひとり3人前ずつ完食。
minmin_nakami



























餃子で満腹になった後は、
宇都宮から日光へ移動。
hare_drive
























日光東照宮をチラッと散策。
おバカな私は歴史に興味なし…。
「さっさと次に行こう!」というノリで、
次の目的地へ行くことに。


ふと目にした看板には「縁結び」の文字。
夫に、「ここって縁結びの神様でも有名みたいだよ。」と言うと、
歩きながら拝みはじめました。

「キレイな良い人と出会えますように…」

ogamu

























おいおい!!ってもちろん頭をどついておきました川 ̄_ゝ ̄)ノ


最後は日光湯元の温泉へ。
gensen





























源泉がたくさん湧き出ている場所でドロドロした感覚を楽しみ、
ゆっくり温泉につかってから帰宅。

宇都宮餃子、
世間でよく話題になるから気になってはいたけれど、
そこまで言うほど美味しくはないんじゃないのぉ??と思っていましたが、
わざわざ食べに行く価値あり!!


mihopstepudding at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年05月06日

カラチ家具

karachicorner

























先日、実家に帰った時に小さなテーブルをもらってきた。
奪い取ってきた!って言うほうが正確かな〜(=^▽^=)
「このテーブル欲しいんだけど、もらっていってもいい?」と聞いたところ、
父は即答でOK。
しかし、母は渋る渋る渋る…
渋る母をなんとか私の話術で丸めこんで奪い取ってきた。

このテーブルは両親が新婚の頃に、
カラチで買ってきた思い出の品らしい。
奥にある赤い椅子も同様。赤い椅子は3年くらい前に、ねだってもらってきた

植物と家具の相性がバッチリ

私の目論見では数年後には、
現在実家で電話台として活躍しているカラチの本棚も我が家の仲間入り

ところでカラチってどこにあるんだろう?
国名?都市名?ヤバイ…私が地理が苦手なのがバレてしまう…。

mihopstepudding at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年05月05日

朝寝坊

GW最終日だから時間を大切に使いたいと、
昨夜眠る前にベッドの中であれこれ予定を考えながら眠った。

が、しかし(T_T)

起きたら既に11時をまわっていた〜。

あ〜、一日の中で貴重な午前中がほとんど消えている
寝過ぎのせいか、背中が痛い…。
気を取り直してこれからその遅れをとりもどさねばっ!!



数週間前に知人からもらった風船。
しばらく部屋の窓際に飾っておいた。

wankoballon




















日に日に小さくしぼんでいき…。

しまいには、
落書きされまくりで、昨日はとうとうこんな姿に。
落書きしたのは私だけどね
rakugakiwanko

mihopstepudding at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年05月04日

横須賀バーガー

yokosukaburger


























私がオーダーした、定番の「横須賀バーガー」。

数年前から話題「横須賀バーガー」。
いつか食べに行ってみたいと思っていた。
で、GWらしいことを夫婦でしていなかったから、
横須賀バーガーを食べに出かけて来た。

何軒かあるハンバーガーショップのうちの
「ハニービー」という老舗のハンバーガーショッップに入った。

chiribeansburger































夫は、チリビーンズがドサッとかけられたバーガーをオーダー。


う〜ん(T_T)
過剰な期待をし過ぎていたか…?

バンズは美味しい。
ハンバーグはパサパサで固くて焼き方もかなりのウェルダン
私好みの物ではなかった。
マクドナルドのハンバーガーのほうが美味しいのでは〜 (´ω`)

夫は、
「これがアメリカンスタイルの本場のハンバーガーなんじゃないの?
こういう物なんだよ、きっと。」
と言うが、
今までに私がアメリカで食べたハンバーガーは、もっと美味しかったし… 川 ̄_ゝ ̄)ノ

しかも値段が高いことに驚いた。
ポテトとかサイドディッシュはついていなくて、
別オーダー。
ハンバーガー単品で1000円前後。

横須賀の街おこしになっていて頑張っている横須賀バーガーブームとはいえ、
この金額と味には残念だった。
もっと安くして味も追求してほしい…。

早めのランチをとった後、気を取り直して街なか散策へ。
三笠公園で船の見学をした後、
芝生の上で寝そべって胃もたれ気味の身体にエネルギーチャージ。



dobuitaflag


























最後はドブ板通りを歩いてきた。
スカジャンのお店や、海軍系のファッションを扱っているお店など、
情緒あふれるお店がたくさんあって、こちらは楽しめた。

それにしても〜。

2年くらい前に行った、
福生にある「福生バーガー」は味も値段もボリュームも大満足だったんだけどなぁ〜。

横須賀バーガーも、
私たちが入ったお店以外なら、
もっと美味しいと思えるハンバーガーがあるのかな?
ちょっと残念だった。

mihopstepudding at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年05月02日

お婆ちゃんとCHANEL

chanelboxnomi




















お婆ちゃんの遺影用の写真撮影をしたり、
公園に連れて行ってあげたことへのお礼ということで、
「さっきはありがとうね。お礼にこれあげるよ。」と冷蔵庫の扉を開けて、
黒い箱を取り出したお婆ちゃん。

んっ??
よく見たらシャネルの箱よ

いったい何が出てくるのかと思ったら〜〜〜〜〜〜。

箱の中にはこれが入っていました
 ↓ ↓ ↓
chanelbox




















頂き物で残っているという源吉兆庵の和菓子。
ありがたく1個をいただくことに。

けど、
お婆ちゃんの冷蔵庫の中にシャネルの箱が入っていて、
しかもその中には和菓子が入っていたことがすごくおかしくて、
大爆笑していたら、なぜ私が笑っているのかわからず不思議そうに見るお婆ちゃん。

「お婆ちゃん、この箱どうしたの?
この箱はシャネルっていう超高級海外ブランドで、時計とかアクセサリーとか洋服とか何十万円とか何百万円とかするんだよ」と教えると、

「あらまぁ。そうなの
この箱は近所の人がくれて、丈夫で色々入るから使わせてもらってるんだよ。」と。


そしてこの箱は、
またお婆ちゃんの冷蔵庫の中にしまわれ、隣にはキムチやら納豆が。

お婆ちゃん流シャネルの箱の再利用、お見事っ!!





mihopstepudding at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

気合いの入ったお婆ちゃん

数日前に91歳のお誕生日を迎えた夫のお婆ちゃん。
私は孫嫁という関係。
しかし、このお婆ちゃんの世話を勝手によくやいているお節介な私。

顔を合わせたらいきなり、
「今日は天気がいいから着物で写真を撮ってもらおうかなぁ」と。

えっ??
あぁ、だいぶ前から
「いつか暖かくなったらみほちゃんに遺影用の写真を撮ってもらわないと」と
言っていたあれね〜。

ということで、
ちょうど時間をもてあましていた私は写真撮影をすることに。

お婆ちゃんが着替え終わったら、家の玄関前で集合することに。

玄関でお義母さんと待っていたら、
正装用の着物に着替えてきた、がっちりしたお婆ちゃんが現れて、
「おおっ(*゚▽゚*) ずいぶんと気合いが入っているね〜。」と笑ってしまった。


お義父さんとお義母さんも呼んで、3人並んでついでに記念撮影もした

遺影用の写真だから背景はPhtoshopで加工すればいいかと思ったけれど、
やはり背景はすっきりしていて明るい緑とかがいいなぁと思った。
それに、住宅地の真ん中で撮影してもいまいちお婆ちゃんの表情が固い。

「はいは〜い。レンズを向いて、笑顔!
お義父さんとお義母さんの笑顔はOK!!
けど、お婆ちゃ〜ん (;´Д`) 真顔で怖いよ。笑って。口角あげて。」

「ほらほら、お婆ちゃん、口をイッ〜ってしてってさ
じゃあ、“チーズ”って言ってごらん。」とアドバイスをするお義母さん。

しかしお婆ちゃんの耳にはそれが聞こえない。耳が遠い…。

「えっ????なんだって????」

そんなこんなで、
家の前で30枚くらい撮影。

普段はカメラを向けられるのが好きではないお婆ちゃん。
お婆ちゃん自ら写真撮影を依頼してくることは二度とないと思い、
そこで、
着物のままのお婆ちゃんを、車で近所の大きな公園に拉致することに。

私だったら歩いて5分ちょっとの距離の公園だけど、
着物姿の91歳のお婆ちゃんにはしんどいだろうと車で公園へ。

ハンドルを握る私の横で、

「なんだかえらいことになったなぁ。゜゜(´□`。)°゜。
ただ、ささっと写真を撮ってもらえればよかっただけなのに〜。」とお婆ちゃん(笑)。

そうはいかないでしょ〜。
大往生のお婆ちゃんの遺影となったら、誰もが
「お婆ちゃんらしい優しい表情の良い写真ね」と
思ってくれる写真にしないと!!
そういうところにこだわりの強い私。
こんな私に依頼したのが運のつき〜(⌒∇⌒)


公園にはツツジが見事に咲いていて、
その側で幼稚園〜小学校低学年くらいの女の子3人が、
ツツジの蜜を吸って遊んでいた。

その横にお婆ちゃんを立たせて写真撮影。
不思議そうに様子を観察する女の子3人。

話しかけてみたら、愛想良く会話をしてくれる子たちで、
「お婆ちゃんのお葬式用の写真を撮りに来たんだよ〜。」と言うと、
「えっ〜!?」と驚いていた。

女の子たちが横にいてくれたお陰で、
お婆ちゃんの緊張もほぐれてだいぶ自然な笑顔がでるようになり、
満足のいく写真がたくさん撮れた。

ツツジを髪にさしたりと、ちょっとおふざけ写真も撮った。

そのうちのベスとショットがコレ。
 ↓ ↓ ↓
tutujiobaachan




























色んな角度や、公園の違う場所でと撮影をすること20分ほど。
300枚くらい撮って終了。

最後にお婆ちゃんと私で記念撮影。
私が腕を伸ばしてカメラ自分たちに向けて
「はい、撮るよ〜 笑顔でね!!」
と言っても、
「はいはい」とか、「どこを見たらいいのかね?」
「おっ?!」「へっ??」等と言って、
10連写くらいしたけれどレンズじゃない方向を向いていたり、
向きは合っていてもびっくりした顔だったり、怖いくらいの真顔だったり(笑)。

後で、この10連写を見た夫は大爆笑。
この写真は、まだまともにとれているほう (´▽`)
obaacahnto



mihopstepudding at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年04月30日

濃厚な味の野菜

yasainopasta




















実家に1泊してきた。
2日目のランチは近所に最近できたイタリアンレストランへ

有機野菜がたっぷりと使われていて、
野菜そのものが味がしっかりしていて美味しかった。
パスタは薄味だけれど、野菜の味が際立っていた
porkitalian




mihopstepudding at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年04月26日

Macと私は一心同体?!

10日程前から私の愛用PC、iMacの調子が微妙におかしいことに気づいていた。
特にSafariを使用していると「んんっ??」いう違和感があったけれど、
いつかチェックしてみればいいか〜と放置。
が、
それがいけなかった…(T_T)
対してPCに詳しくもないくせに、どちらかというと超苦手なくせに、
自己流でアップルマークから色々試してみたらさらに良くない状況に。
自分の手に負えない困った時はアップル社のヘルプセンターに電話だ〜ということで、PCの症状を伝えて対処法を教えてもらいノートにメモして電話を切った。
毎度お世話になる度に「ヘルプセンターの人って神様のような存在!ありがたや〜」と思う。

2通りの対処方法を教わり、教わった通りにやってもどちらの方法でも良い反応のないiMac…。
再度ヘルプセンターでに電話して、また別の対処方法を教えてもらいやってみたがダメだった。
もしかしたら修理に出さなければならないかもしれないと言われた。
修理代がどのくらいかかるか聞くと5万円弱…

最悪なことに、この半年くらいPC内のデータのバックアップをとっていない。
有料修理になろうが、このままディスクから再設定するにも、
もちろん制作物も写真も全て消えてしまう
リスク管理ができていなかったのは自分が悪い。
こういう時に役立つのが諦めの早い性格であったりもする。
「ま、生命に関わることではないし。データが消えてしまうのは悲しいけれど、それが私の全てではないし。イラストなんて、これからまたまっさらな気持ちで描いていこうと思っていたから。いっぱい写真を撮っていたけど、決して誰かに依頼されて撮ったものではなく、私が趣味やお節介で撮っていたものだから問題なし。」という私の心境。

不幸中の幸い、5万円弱の修理代がかかることなく、
ディスクを入れてHDをまっさらな状態にして回復することができた。
後付けで入れているアドビ関連のソフトをもう一度インストールするのは、
私が元気になてからにしようと思う。

ちょうとiMacの調子が完全におかしくなってしまった金曜日、
私は夫からの風邪がを伝染り、かなり久しぶりに風邪でダウン…。
鼻水ズルズルの鼻声状態。
まさiMacと私は一心同体?!

私のダウンを夫は、
「弱っている時のみほってかわいいね〜。静かでいいよ」と、
喜んでいる…。



mihopstepudding at 07:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年04月25日

チャイ作り

chainabe




























しょうが、シナモンをたっぷりと効かせたチャイを作った。
しかもこんなにも大きなお鍋で。


美味しかった。
風邪をひいている身体にはもってこいの飲み物。

mihopstepudding at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年04月23日

カフェ探しの名人

DSC_0158
























先日の大阪滞在はたった1泊だったのにも関わらず、
素敵なカフェをたくさん教えてもらえた。
実際に立ち寄ったお茶をいただいてきたカフェは2軒
大阪女のヒョンは、本当に不思議なくらい素敵なカフェを見つけてくるのが上手で、昔からその才能に驚かされていて、そして頼りにさせてもらっている。

北浜で地下鉄を降り、ライオンの像のある橋を渡りカフェを目指してプラプラ。
周囲はカフェがわんさかあるようなエリアではなく、
ひっそりとしたビルの谷間といったエリア。
まさかこの場所にカフェがあるとは!!的なところ。

DSC_0177
















古民家をリノベーションしているこちらのカフェは“雲州堂”。
ヒョンが何度もライブをさせてもらっているカフェとのこと。
外からでも「なかなか味があっていい!!」と思うんだもの。
建物の中もきっと素敵なんだろうなぁと想像するだけで楽しい
この日はちょうどイベント開催中で、お茶は出来ず…。

雲州堂から歩くこと10数メートル。
これまた怪しげで面白そうなカフェをヒョンが案内してくれた。
こちらも古い木造の民家をリノベーションして作ったカフェ“チャクラ”。
DSC_0184
























店内の手前はインドテイストの雑貨や洋服の販売をしているショップで、
建物の突き当たり奥が意外と広い空間のカフェ。

私が座った席から見上げた天井と壁はこんな感じ。
DSC_0186



























チャクラは天井が吹き抜けで、隣のテーブルとの距離もちょうど良く、
私たち以外のもう1組のお客さん(女性4人)はおしゃべりしながら編み物をしていた。
ゆったりと時間が流れていた。
ジンジャースパイスの効いたホットチャイを飲みながら、
私とヒョンも至福の時を過ごして大満足。
DSC_0190

















この日、
最後に行ったカフェは昭和40~50年代の匂いがプンプンする昭和チックなカフェ。
DSC_0260


















こちらもヒョンが以前に来たことがあるというカフェ。
入口入ってすぐの1Fと半地下、そして小屋裏的な中2Fのフロアの3部構成。
「どちらでもお好きなところへどうぞ〜」と言われたので、
迷わず中2Fの席を陣取った。
普段行くようなカフェとは雰囲気が違うけれど、妙に落ち着く懐かしい雰囲気。

ここでオーダーしたのは、これまたレトロな感じが漂うホットケーキ。
DSC_0263




















横浜にはなかなかないなぁと思うようなカフェが大阪には結構あったりする。
東京のカフェと大阪のカフェも、店内の空気というか雰囲気が明らかに違ったりする。
私も昔は「趣味:カフェ巡り」と言っていた時代があった。
またカフェ巡りの趣味を復活させようかなぁ。
雑誌に載っているカフェとかじゃなく、
自分がプラプラ歩いていてたまたま見つけた全く有名じゃないけど、
素敵なカフェ的なものでネタを集めて、
いつかカフェ探し名人のヒョンを驚かせてみたいなぁ。


mihopstepudding at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年04月22日

日本一長い商店街“天神橋筋商店街”

DSC_0204

























何年か前に「行ってみたいなぁ」と思いつつも一度も行ったことがなかった、
憧れ(?)の地、大阪にある天神橋筋商店街へ散策してきた。
散策相手はバリバリの大阪女、前日にも一緒に居酒屋で飲んで語り合ったヒョン。
“日本一長い商店街”といわれているこの商店街。
庶民的ないろんなお店が両脇にズラッ~とあってなんだかそそられる。
味のあるお店もあり、途中で寄り道しまくりの私。
年齢を重ねるごとに商店街好きになっている自分に気づき、
おばちゃんワールドに少しずつハマっていっていることに軽い危機感を覚えた…。
昔はデパートやコジャレたショッピングモールが好きだったのに…。


おばちゃんと言えば、行列に弱い傾向があると思う。
商店街を歩いていて、商店街の区切り目でふと路地に目をやったら、
20人ちょっとの行列のできているお店を発見。
ちょっとのぞいてみようということで、のぞいてみたがどのお店に対しての列なのかわからず。
偶然にも、その行列の中にヒョンの知り合いが並んでいて、一体何の行列なのか聞くことができた。
「とっつぁん」という名前の海鮮居酒屋の行列とのこと。
新鮮なネタで値段も安く、人気のお店らしい。
17時の開店前に並んでおかないとすぐに満席になってしまうとか。
さっきまでどこかカフェに入ろうと言って歩いていた私たちだったけれど、
「せっかくだからこの居酒屋で軽く1杯だけやっていこうか」と私の一方的な提案で行列に並ぶことに。
DSC_0235

















5分ほど並んだだけでお店が開店して、席にも座れた。お店入口には魚が鎮座。
このお店の常連らしきお客さんは、「今日は●●がある」とすかさずチェックをしていた。
お店の雰囲気はなんだか屋台と学校の文化祭が混ざったような雰囲気。
DSC_0217

























常連さんパワーにちょっと引き気味の私たち。
なにわともあれ、まずはビールで乾杯。
DSC_0223



















続いて、本マグロの刺身、枝豆、ホタテのバター焼きを注文。
DSC_0237


DSC_0244
































このホタテのバター焼きは1個100円。
普通に美味しかった。それが、私ら二人の率直な感想。
常連さんが力説しておススメするほどか??という疑問が脳裏にちらほら。
ま、美味しい美味しくない、好き嫌いは人それぞれということで。
値段も、新鮮なお刺身が400円前後というのは「おっ!安い!!」と思うけれど、テーブルに運ばれてきたお刺身の量を見て、「へ?これだけ…(TдT)」と思ってしまった。
大盛りを勝手にイメージして、実物を見て勝手にがっかりしている私は、もうヤングな人間(←死後)ではないのでしょう。



mihopstepudding at 22:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年04月21日

大阪での出来事

先日、野暮用があり大阪へ1泊してきた。
久しぶりに行った関西空港はレストラン街がガラリと変わっていて驚いた。
以前よりそそられる飲食店が多くなっていて、数年前より流行っていて儲かっているように見えた。航空会社の経営状況とは裏腹に〜。


今回の大阪滞在では、ランチに食べたインドカレーが美味しかった。
6人くらいいた男性スタッフは全員インド人。
カレーとナンが美味しかった。
この内容で600円はお得
DSC_0084


















オーナーらしき流暢な日本語を話す男性が色々話しかけてくれて、
美味しいか聞かれたから「すごく美味しい」と答えると、
気を良くしたのか「じゃあ、食後にチャイをサービスしましょう」と、ホットチャイをサービスしてくれた。

一緒にいた父のぶんまで。持つべきものは愛想の良い娘ってか〜?!
「試作品です。味見してください。」と、チーズ味のナンを持ってきた。
チーズとスパイスが効いていて美味しかったが、父にはちょっとしょっぱかったようだ。
インドカレー店ではなく、パン店に置いてあればヒットしそうな気がした。
他にもっと具をトッピングしてお惣菜ナンとして売ればいいかも。
DSC_0094
















夜はうどんを食べてから父と別れ、私は祖母の家へ泊まりに行った。
DSC_0209

















荷物を置いてから、親友と待ち合わせて夜の街へ繰り出し〜(⌒∇⌒)居酒屋へ
気の置けない女ふたりっきりで飲むと、話すことが次から次へと溢れだして時間が経つのがあっという間。
24時過ぎに、借りていた合鍵で祖母の家に帰宅。
ほろ酔いでお布団に入ったものの…深夜2時以降は何度も祖母に起こされた。
「みほちゃん、寒くないかぁ???」大丈夫だと返事しても数十分後にはまたその繰り返し。
「もう9時やでぇ。そろそろ起きなあかんでぇ。」と部屋の電気をつける祖母。
時計を見たら、まだ深夜3時半過ぎ…。
祖母の手をひいて祖母のベッドまで連れていき、
「まだ夜中だからね。お婆ちゃんも、もう少し眠ってごらん。
朝になったらお喋りしようね。私は全然寒くないから大丈夫だから!」と言って、お布団をかけてあげたら、
「えらいすんませんなぁ。お世話になります。」とえらく他人行儀。
最初は私のことを認識していたのに、途中からヘルパーさんと勘違いしている様子
その後も祖母が家の中を徘徊している音を聞きながらなんとか就寝。
そんな私は8時過ぎに起床。
祖母はなかなか起きてこなくて、10時くらいに私が起こしにいった。
「お婆ちゃん、本当の朝だよ。もう10時だよ。」と声をかけると、
「なんか今日は眠いからもう少し横になっておくわ〜」と祖母。
そりゃあそうでしょうね〜(笑)。
その後、商店街でコロッケを買ってきて、ロールパンにはさんでコロッケサンドとホットミルクを用意したら美味しそうに祖母は食べてくれた。
ちょっと切なくも、思い出したらクスッと笑ってしまう祖母との真夜中のエピソード。


mihopstepudding at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年04月11日

カフェ飯チックなお皿

プレート













食器をたくさん洗いたくないからという理由で、
我が家の夕飯は最近、1プレート盛りが主流になっている。
3つに分かれているから味が混ざらないしかなり重宝。
見た目もなんだかカフェ飯チック。
ただし、残り物で適当に作った料理だとやはりちょっと物悲しい雰囲気…。


ちなみにこの日のメニューは、
●タコのチャーハン
●昆布の煮物
●グリーン野菜サラダ



mihopstepudding at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年03月25日

ゲゲゲ料理

先日、三崎の朝市で買ってきたマグロの目玉。
買ってきた日の夜に早速調理して夫に食べさせた。
私は食べなかった。だって…こんなにグロテスクなんだものぉぉぉぉぉ( -д-)ノ

朝市で教わった通り、醤油、みりん、生姜で煮込んだ。
ゼラチン質でDHAが豊富で身体に良いらしい。
調理しながらついついあの歌を口ずさんでしまう。
「ゲ♪ゲ♪」
「ゲゲゲのゲ〜♪」

目玉オヤジが入浴しているように見えてならない。
BlogPaint


























mihopstepudding at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年03月15日

ハタマリさん

hatamaribook




















半月前に母に誘われ、両親と私の3人で秦万里子さんという歌手のコンサートに行ってきた。
以前一度だけテレビで観たことがあって、ほんの一瞬観た程度だったけれど、かなり強烈な印象の強い人だと鮮明に記憶していた。
だから、普段だったら「一緒にコンサートなんて行かない」と答えていただろうけど、このコンサートには行ってみたいと思い「行く」と即答。

「半径5メートルの日常を歌う」がキャッチフレーズの秦万里子さん。
ピアノの腕前はもちろんのこと、歌がすごく独創的でどれも主婦の日常生活を題材に身近に存在するネタを歌詞にしているから、聴いていて「わかる〜〜!!」と深く共感できる。
それでもって、私は秦万里子さんのあふれんばかりのパワーに感動
たくさん元気をもらった素敵なコンサートだった。

会場にいる人全員VS秦万里子さんでジャンケン大会があって、
最後に勝ち残った1人に、秦万里子さんがステージ上からその人に簡単なインタビューをして、
そのインタビューで聞き出した内容をもとに即興でその人のためのオリジナル曲を作ってくれるというサプライズがあった。
ピアノを弾きながら歌う秦万里子さんと、バイオリニストの人は練習もなしで「じゃあ、JAZZっぽい曲調で」みたいな言葉を交わしただけで即披露。
二人の息もピッタリ合っていて感動
これぞ真のアーティストだと思った。
即興の歌詞にはきちんとオチもあって面白かった。

どうやら母は既にファンクラブの会員になっている熱狂的なファンらしい。
「お父さん、本買って」とねだり、会場で販売していた本を購入。
コンサート後に秦万里子さんに直筆のサインをしてもらった。
コンサートを聴きに来ている人は圧倒的に40代〜60代のオバチャン。

父に買ってもらった本「半径5メートル物語」を読み終えてからも、
またまたパワーをもらった。
これから凹んだ時には「半径5メートル物語」を読もうかな。

どうやら4月からNHKの新番組でレギュラー出演するらしい。
きっとこれからもっともっとファンが増えて大活躍になるはず

mihopstepudding at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年03月14日

三崎朝市に大興奮

marketsenrihin




















●冷凍まぐろ(中トロその他色々ミックス)1袋4個入り¥1000
●まぐろ(唐揚げ用)¥100×4袋
●鮭の大きな開き3枚で¥1200
●まぐろの目玉1個¥100
●まぐろのテール1個¥300
●春キャベツ1個¥150
●カリフワー1個¥100

こんなに買っても総額¥3250

これは今朝、私が早朝4:30に自宅を出発し、真っ暗な高速道路をひとりで運転してはるばる三浦半島の三崎にある朝市に行って買って来た戦利品

遠方からも買いにくるお客さんが多い人気の朝市で、毎週日曜の早朝5時〜9時に営業。
昨日の夕方テレビを見ていたら三崎朝市が取り上げられていて、「行ってみたい!!新鮮なまぐろを安く買いまくりたい」と思い立ち、「早起きして明日朝市にまぐろを買いに行こう」と夫を誘ったけれど、「そんなの興味ない」とあっさり断られた。
しかし夫が行こうが行くまいが関係ない
簡単に実行できそうなことだったからひとり行ってきた。

夜明け前の高速道路は空いていてスイスイ走れたが、一般道に降りて三崎口駅にさしかかった所から渋滞になっていて、朝市に向かっている車の渋滞の列だった。
こんなに暗い中、三浦半島の先端までわざわざ買い物にくる人がたくさんいることに驚いた。
日本人ってつくづくまぐろ好きな人種だなぁと思う。

kurayami




















駐車場に車を停めてから、ここが朝市のメイン会場かと思って進んでいくと、さらにここから80mくらい離れた場所にあるのが朝市のメイン会場だった。
5:15、その時はまだこんなに真っ暗。

函館の朝市の規模と比べたら小じんまりとしていてあまり広くないが、
営業開始からわずか15分でもかなりの人手でにぎわっていて、
まるで師走のアメ横のようだった。
店員さんの威勢の良いかけ声につられてみんなどんどん人ごみに吸い寄せられていき、
市場のテントの中を歩く時は満員電車並みに大混雑。
さすがにカメラを構えるスペースはなく、本気モードで買い物に集中。
あっちのお店をのぞいては値段をチェックし、こっちのお店をのぞいてはチェックしと、
普段のスーパーマーケットでの物色のような仕方をしていたら、買い物を終えテントの人ごみから脱出した時には既に45分も経過していた。
10〜15分くらいしか経過していないような感覚だったから、
朝市マジックとでもいうことか〜
yasaiuriba




















すっかり夜がけ明けていた。海産物のテントの外には野菜やパン、
お花などのお店も軒を並べていて、海産物同様に三浦半島でとれた新鮮なものが安い値段で揃っていて最後の最後にもまたまた買い物に闘志を燃やしてしまう悲しき主婦魂〜。
海産物以外で一番驚いたのは筍(一番最初にアップしている写真の右上)、なんとこんなに大きくて立派な筍が1個100円とは〜


帰りはのんびり一般道で横須賀の海岸沿いをドライブし、帰宅したのは朝8時過ぎ。
戦利品をキッチンにディスプレイし、夫に見せたら「おぉすごいオレも行きたかったなぁ…面白そう。」と言うではないかぁ〜〜〜〜〜〜〜。
実は昨夜、夫婦喧嘩をしていて、そのせいもあって「オレは朝市なんかに行かない」と言ってたから、この喧嘩もしかして私の勝利かも
次回は一緒に行く約束をして、今日の武勇伝(?)を夫に報告。

一番興味を持ってくれたのは、これ。
medamashippo





















まぐろの「しっぽ(テール)」と、「目玉」。
「しっぽ」はその名の通りまぐろのしっぽの部分をぶつ切りにしたもの。
脊髄にコラーゲンがたっぷり含まれているらしい。
胡椒をふってフライパンでソテーして、最後にすこしお醤油をたらして食べるのがオススメとのこと。
調理方法を聞いているだけでよだれがたれそうになってしまう「まぐろステーキ」
調理しやすいように5cmくらいに輪切りにしたものも売っていたが、私が買ったのは厚さ20cmくらいはあるボリューム満点の分厚いしっぽ。
けど、やはり輪切りにしてあるしっぽを買うべきだった…。家庭用の包丁なんかでは全く刃がたたなかった
刃が折れそうになるは、手を切りそうになるはで危険だったから仕方ないから半蒸し状態でホイル焼きかオーブン焼きにして食べようと思う。

「目玉」もその名の通りまぐろの目玉。
ちょっと不気味な見てくれだけど、DHAがたくさん含まれていてお肌に良いとのこと。
水、お酒、醤油、砂糖、生姜を会わせて普通の煮付けを作る要領で調理すればいいと市場のおじさんが教えてくれた。

はたして今夜はまぐろ料理と一緒に、日本酒にしようか焼酎にしようか、悩むところだわ。

三崎朝市、たくさんの人にオススメしたい。
是非一度観光がてら訪れてもらいたい。値切り交渉もOK。
お店のおばちゃんが言ってたけれど、今朝は普段以上に人出が多く賑わっていたらしい。
「テレビの影響力は大きいね〜。」と。
ま、私もテレビに影響された人のうちのひとりだし

mihopstepudding at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年03月10日

雪かき交流

夜、帰宅する時、自宅前の傾斜のきつい坂道を下るのがこわかった。
降りしきる雪の中、すでに雪が積もっていてツルンと足を滑らせてもおかしくない状態。
隣家の塀に手をつきながら坂道を下った。
すると、私の5mくらい前をペンギンのようにヨチヨチしながらも急いで下りようと必死の姿の近所のおばちゃんを発見。
どうやらご主人が坂の上に車を一時停止させて、ご自宅のある坂道の中腹あたりの雪かきをしようとしている様子。
私自身も坂道の恐怖を味わったばかりだから、何か力になれればと雪かきを手伝うことに。
一端家に入り荷物を置いて、長靴に履き替え、既に家でくつろいでいた夫も助っ人に呼び出し、
おばちゃんと一緒に雪かき。
このおばちゃんがすごく愛らしくて、かわいくて、面白くて〜
今までじっくり話したことはなかったけれど、雪かきしながら会話した内容がかなりインパクトがあって、後で思い返してはクスッと笑えて心があたたまる

おばちゃんは韓国出身の方で、日本語はペラペラだけど時々面白い言葉になる。
例えば、「お姉ちゃん、風邪ひいちゃうくから手伝わなくていいよ。大丈夫だから早くお家に入って。旦那さんとラブラブして。」と私の髪の毛にかかっている雪を払いのけてくれる。
あと、私の服装を見て「そんな格好でオマエ寒くないのか?」「大丈夫です。スカートのように見えて下にズボンもちゃんと履いてますから。」「あっごめん。ついオマエって呼んじゃった。ごめんね〜。」「いいですよ、オマエでもぉ」という感じ。
とても私に気を遣ってくれて「寒い中ビショビショに濡れてかわいそう。ごめんね。早くお家に戻っていいよ。」と何度も声をかけてくれる。
長靴を履くのが好きだから長靴大活躍で嬉しいし、大人のくせに雪が降るとワクワクしてしまうタイプだから、雪かきが楽しくもちろん家には入らずおばちゃんとお喋りを楽しみながらご近所の交流と雪かきに没頭。

「お姉ちゃん、チヂミ作ったことある?」と聞かれ、「ありますよ。」と答えると、
「じゃあ、どうやって作る?作り方は?」と聞かれ、一瞬クイズでも試されているのかと戸惑ったけれど、
いつもの適当料理のレシピをそのまま伝えたら「すごいね〜。よく作り方知ってるね。その作り方もいいけど、もっとこうしたら美味しくなるよ。」と本場の人ならではのチヂミの作り方のアドバイスをくれた。

雪かきはやってもやっても雪が積もる一方だから「もうキリがないからやめよう。」ということで、今すぐにおばちゃんのご主人の車が通る道筋のみ作って終了。

家に入ってしばらくすると、ピンポーンとおばちゃんが尋ねてきた。
ちょうど私は電話中だったから夫に玄関に出て対応してもらい、電話を切り上げてから玄関へ出向くとおばちゃんがひとりで3人分くらい賑やかな話し方で、雪かきのお礼にと持参してくれた韓国食材の調理方法を夫に説明していた。夫が「はいはい」と調子良く返事をしていたから理解できているから私は後で夫に教わればいいかと離れようとしたら、「みほ、オレじゃ料理のことさっぱりわからないからみほが聞いて。」とSOS。

おばちゃんからいただいたのは、コレ。
乾燥したタラ。
tara





















スープの食材として絶品らしい。
特にオススメなのはワカメスープの具材にする調理方法。
熱したフライパンにごま油をしいてタラを炒めて、そこへお水と韓国スープの出汁を投入。
近々この食材で美味しいスープを作ってみよう。



mihopstepudding at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年03月08日

幸せの連鎖

今朝、中学時代からの友人・メグちゃんから無事元気な赤ちゃんを出産したとメールがきた。
2月中旬出産予定だと聞いていたから、もう産まれたかな?と気にはなっていたけれど、
産まれたかどうか問い合わせるのもなんだか追いつめてしまうだろうしと報告をまっていたら、
嬉しい報告が届いてひと安心。
そして夜は、私の昔の職場の元同期のアキちゃんから、
「みほちゃんに報告したいことがあんねん。」と電話があった。
その出だしのフレーズですぐに察知したよ、私。あっ結婚報告だなぁって。
それでもって予感的中
受話器の向こうで照れた感じのアキちゃんがかわいかった。
根掘り葉掘り尋問のように色々聞きたいことは山のようにあるけれど、
電話で聞くより「近いうちに会って聞かせて」ということで会う約束をして電話を切った。

同じ日に2つも幸せな報告が聞けるなんて、幸せの連鎖反応がこれから先も身近で起こりますように…

mihopstepudding at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年03月03日

おこげしるこ

いただき物の「おこげしるこ」を食べた。
見た目はお団子というなんともかわいらしいアイデア商品。
oshirukopackage





















お椀に入れてから手でザクザクと割り、そこへ熱湯を注いだられっきとしたお汁粉になる。
発想が面白い。この商品を思いついた人、頭が柔らかいなぁと感心。
danngoshiruko




















美味しかった。








mihopstepudding at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年03月02日

絶品

私の作る餃子は絶品!!
らしい。

新婚ホヤホヤのクミ夫妻が遊びに来た時にも餃子を作ってもてなしたら、
「これは美味しい」とクミのご主人も太鼓判を押してくれた。

私の作る餃子はニンニクはほとんどいれない。全く入れない時も多い。
刻んだシソをたっぷり(20〜30枚は使う)入れるのが美味しさの秘訣。
サッパリした味でくどくないから何個でも食べられる。
となると、作るほうは大変なんだけど。


shisogyouza

mihopstepudding at 23:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年02月26日

ヘラ

キッチンの引き出しの中で眠っていたもんじゃ焼き用のヘラ。
ピーナッツバターをパンに塗る時にこのヘラを使ってみたら、すごく使い易かった。
半月ほど前から私はこのヘラでピーナッツバターやジャムを塗るのが定番になった。
だってもったいないもんね。自宅でもんじゃ焼きなんて1年に1回もやらないし。2〜3
年間全く出番がないなんてヘラがかわいそうだしルールに縛られずに好きなように使うべし。

monjahera

mihopstepudding at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年02月14日

Happy Valentine's Day

ハートの形をした椎茸を発見。
なんだか幸せなことが訪れてくれそうな予感?!
かわいい形だと散々さわいだにも関わらず、写真撮影後容赦なく包丁でグサッと切って料理に使った。

shiitake

mihopstepudding at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年02月07日

整頓

3帖ほどの狭いスペースだけど、私専用のスペースがある。
が………。(゚´Д`゚)この数週間、机の上には書類や本が山積みで、整理整頓が全くできていない悲惨な状況だった。
IKEAで白い収納棚を買い、自分で組み立て、整理整頓の振り分けルールを作って収納したらスッキリ片付いた。
あ〜、スッキリ
cleanup

mihopstepudding at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年01月30日

オリジナルウエットティッシュ

祖母の92歳の誕生日のお祝いをしようと、従弟を誘って会いに行って来た。
日々の暮らしの中で便利で役に立つ実用的なものを
プレゼントしたいなとあれこれ考えた末これを思いついた
そう、これはウエットティッシュ。
oshiboriobaachan


























パッケージのラベルをバリバリと剥がして、マジックで祖母の似顔絵イラストを描いた。
従弟と寄せ書きも加えて、この世にたった1つのオリジナルウエットティッシュ

祖母は喜んで受け取ってくれた。

が…Σ( ̄ロ ̄|||) 以前よりもさらに頑固婆さんになっていて、ちょっと疲れた…。
お婆ちゃん、お願いだからもう少し周囲に温かい気遣いのできる人でいてください。
今日の教訓『憎まれっ子世に憚る』ってか〜。

mihopstepudding at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イラスト 

2010年01月24日

パワーチャージ

私の元気の源、4歳児のマイちゃん。
天真爛漫で物怖じしなくて、いつも明るい笑顔で周囲を笑わせてハッピーな気分にさせてくれる女の子。
一緒にいる時の私はテンション上がりまくりで、夫に言わせると「マイちゃんとキャラが似ている」とのこと。これって褒めてくれているのか?!
maichankiss





















ハンモックをかなり気に入った様子。
隙あらば一人でハンモックに乗って揺らしたり、みの虫のようにくるまったりして遊んでいた。
「お〜〜〜い。み〜ほ〜ちゃ〜ん!!」と叫んでいる方向を見たらこのお姿。
あらぁ〜マイちゃん、ブタッ鼻よ
minomushi




















我が家に来るお客さんの中で、マイちゃんが一番ハンモックを気に入ってくれていて、
そして一番上手に乗りこなしていて、そして一番長時間ハンモック楽しんでくれている。
私がハンモックが欲しいと言い出した時、「は???なんで???ハンモックのどこがいいの???」といった反応しか示さなかった夫。
夫婦とはいえ感性の違いが多々あるから仕方ない。
けど、こうやってハンモックを気に入ってくれているマイちゃんの姿をみて、
ハンモックも喜んでいるだろうな〜と思った。

マイちゃんのかわいさに私もチャージ完了
しばらくはマイちゃんパワーで色んなことを頑張れそうな気になってきた。

mihopstepudding at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2010年01月16日

お餅

家を建ててくれたハウスメーカーの営業さんが
つきたてのお餅を差し入れてくれた
つきたてのお餅はほんのり温かく、
そして赤ちゃんのほっぺのようにとろりと柔らかかった。
お餅を小さくちぎってお湯にさっとくぐらせ、
きなこをまぶして「あべかわ餅」にしていただいた。
口どけがよいお餅が美味しかった
omochi






















これはお正月に義母が作ってくれた“ずんだ餅”。
枝豆をつぶして砂糖とあえながらお水をたしてと手の込んだ逸品。
お豆の良い香りと粒の食感が美味しかった
zunda























mihopstepudding at 19:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2010年01月02日

川越散策

新年おめでとうございます。

昨年はブログ更新がかなり少なくなったりしましたが、
今年は少しずつペースを保ちながらイラストもブログにアップしていけるよう頑張ります。
HPは2009年11月末日でひとまずお休みすることにしました。
またいつかパワーアップしたHPを制作できた時には再開するつもりです。


ということで、無事に2010年がスタート。
shougatukazari


























家にダラダラといても夫婦喧嘩が起こりそうだし、
ならば「散策に出かけよう!」ということで、
東横線と副都心線を乗り継いで、埼玉県川越市へ。

少し前にNHKの朝ドラの舞台になっていた場所だから観光客がチラホラ。
だけど想像よりかなり少ない人の数に寂しい気もしつつ。
kawagoehata




















小さな寺院や歴史的建造物がたくさんあるらしい。私が目指すのは「時の鐘」。
kawagoetile





















小江戸川越と呼ばれているだけあって、
風情のある古い建物がズラリと並ぶエリア。
kawagoemachnami




















これが時の鐘
 ↓
kane



























なんだか観光的に盛り上がりに欠けやや物足りない気分。で、食い気に走った。
軒先で香ばしい匂いを漂わせていた焼き鳥1本130円。仕上げにニンニク味噌をつけてもらって食べた。焼きたてを立ち食いするのって最高美味しかった〜
yakitoritachi




















お菓子横丁という駄菓子屋ばかりが並んでいる路地を発見。
元旦ということで縁起物の「七福神飴」を買ってもらった。1袋250円。
サクサク軽いから帰宅までに1袋完食。
shichifukujinname






















「割れ煎餅」250円。
イマドキ風にクレープのような紙に包んでくれた。
う〜ん、味はイマイチ。
waresen




















その後も川越大社の縁日で夫が買ったお好み焼きが、美味しくないこと
生地が生焼け、そして生地と水とキャベツの分量が合っていない。
名付けるならば小麦粉を水で溶いたベトベト焼きっていう感じ。
「こんなお好み焼きを関西風とか言ったら関西人は怒るよ、きっと。それ以前にこんな不味いものは食べられないって言うよ私はもう無理。」と、元旦早々遠慮のない発言に夫がちょっとかわいそうだったかも…と思いつつ。
しかし、
縁日フード大好き(=味音痴?!)の夫もこのお好み焼きはさすがに「俺も無理して食べてるよ」と。

元旦からかなりびっくりな味の食べ物に出会ってしまったけれど、
食べられることに感謝して、
そしてさらに美味しいものと今年も出会えますように。

Happy New Year 2010

mihopstepudding at 15:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年12月31日

ありあけのハーバー

2009年も残りわずか。
やり残したことはないか?

そこで思いついたのが「ハーバー」。

横浜の人ならほとんどの人が知っているであろう有名なお菓子。
バスについている看板やローカルテレビでハーバーのCMを見ていて、
4年くらい前から気になっていたお菓子。
あの歌が耳にやたらと残って、気づいたらしょっちゅうひとりで口ずさんでしまう。
しかし、気になっていただけで一度も食べたことがなかった。

今回初めてハーバーを実食

パッケージのイラストはサントリーウイスキーのイラストでも有名な
イラストレーターの大御所の人。(名前が思い出せない…)
素敵なイラストだなぁ。
harborpackcage





















中身はしっとりしたマロンケーキ。
船の形をしていて意外と大ぶりで食べごたえもあって美味しい。
harborcake




















長年やり残していたことを1つクリア

それより、他にもっと大事なことをたくさんやり残しているんだけどね…。

mihopstepudding at 12:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年12月27日

ピザ作り

突然思い立ってひとりでピザを作ってみた。
強力粉と油とぬるま湯とお塩とお砂糖でコネコネして生地作り。
具材は冷蔵庫の余り物。
自宅のオーブンで焼くこと20分。
焦げ目をチェックしながら生地の生焼けがないか、チェックを繰り返し。
お店にあるピザ釜って2〜3分で、生地はカリッ、チーズはトローリの美味しいピザが出来上がるからすごいと思う。

私にとって特別に美味しいピザではなかったけれど、
夫は「生地も作ったの?!美味しい」と言ってくれるからヨシとしよう。
mihopizza

mihopstepudding at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2009年12月26日

サラダの隠し味

祖母と義母と3人で親戚の家にご挨拶訪問へ行って来た。
美味しい手料理で心のこもったおもてなしを受けて、
帰りには夫へのお土産用にお料理をたくさんお重につめていただいてきた。

タカコさんお手製のこのサラダが最高。
りんごとレーズンがサラダに入っているのはよくあるパターン。
タカコさんのサラダはそこにバナナが入っている。
マヨネーズばかりだとカロリーが高くなるからとヨーグルトとマヨネーズでドレッシングに。
さっぱりしていてさわやかで美味しい。
バナナの風味も全体とすごく合っている。
今度真似して作ってみようと思う。
takosansalad

mihopstepudding at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年12月23日

551づくし

叔母からこんな大きな箱が届いた。
551box




















私の大好きな551蓬莱の詰め合わせセット
定番の豚まんや、餃子、シュウマイ。
551butaman





















そして胡麻あん饅〜!
551anman




















しばらく我が家の食糧が豊富でありがたい

mihopstepudding at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2009年11月11日

みぎルール

1年に一度くらいしか行かなくなった大阪。
昔は住んでいた場所だとしても、離れてみると大阪の習慣がすっかり抜けてきていることに気づく。
その代表がエスカレーターの立ち位置。
何気なく左側に立っていたら「あっ、右側に立たなければいけないんだった」と、
周囲との違いに気づき右側へ移動。
kansairule




















なんだか大阪が異国の地のように感じた。

今回の大阪滞在でも定番のお好み焼きと焼きそばを食べに行った。
お気に入りのお店が遠くへ移転してしまった為、近所の別のお店に。
美味しいことは美味しいんだけど、
やはりお気に入りのお好み焼きと焼きそばには敵わない…。
fugetsuyakisoba




















okonomiyaki










mihopstepudding at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年11月08日

成人式以来の…

従弟の結婚式に出席。
「あんた何着ていく?」「私、着物を着てみたい♪」そんな何気ない要望を聞き入れてもらい、成人式以来の着物に挑戦。
母も私も叔母たちも皆揃って早朝から美容院へ行きへアセット、
祖母の家には着付け師さんに来てもらい着物を着付けてもらった。
オンナ衆のすごい気合いの入れよう〜。
kitsukeshi






















私が右側の少し濃いめのピンク。叔母が薄めのピンク。
oyakoashi




















母の後ろ姿。
tokotoko

























なんだか料亭の女将さんのよう…。

普段なかなか着ることのない着物。
やはり日本人だわ〜。着ると背筋がシャンとして姿勢だけじゃなく、気持ちもピンとしていい気分。

なにわともあれ、結婚式を終えたふたりがこれからもずっと幸せでありますように〜
shinroushinpu


mihopstepudding at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年11月07日

奈良町散策

従弟の結婚式に出席する為に久しぶりに大阪へ。
一日早く大阪入りして、1年ぶりに大阪の大親友“ナニワの歌姫”ひょんすとデートすることに。
紅葉の季節だからいつも通り大阪市内で過ごすより、少しだけ遠出してみようと近鉄電車で奈良へ。
電車で30分ほどで奈良に到着。

駅前には奈良らしく「せんと君」の看板や、お坊さん。
kintesunaraeki





















商店街を突き進んでいくと黒山の人だかりを発見。
威勢の良いかけ声とともにおじさん2人が店頭でお餅をついていり。
そのつきたてのお餅が飛ぶように売れていた。

「ここのお餅が美味しいんだよ〜!!」
という友人のオススメで、到着早々買い食い。
mochitsuki




























「もち肌」ってこのことを言うのね〜というくらいキメの細かい柔らかいお餅。
あんこが入った草餅にきな粉がたっぷりまぶしてある。
tsukitatemochi






















この伸び!
あまりにも幸せな伸び方をするから友人にリクエストして記念撮影。
温かくてトロ〜リ伸びるお餅って幸せすぎる。あと5個はペロッといけそうだったけれど、
この後の買い食いもおそらくあるだろうとお腹を調節する為におかわりは我慢。
tororimochi



















五重塔のすぐ近くにある猿沢池のほとりで気持ち良さそうに泳いでいる亀を眺めてから路地散策へ。
楽しみ方は自分達流でOKと考えが一致。
友人も私も奈良にきたというのに、お寺や大仏にはあまり興味がない人間…。

カフェ発掘に関しては抜群のアンテナ感度を持っている友人。
今回も素敵なカフェ巡りができるだろうと期待大。

雑貨店や和風カフェが町家風の情緒ある街並。
naramachifukei




















実際の住所の地名では存在しないけれど、
この界隈は「奈良町」と呼ばれる人気のスポットらしい。
途中で観光マップを入手。
naramachimap




















とある一軒の和の温もりのあるカフェに人が結構入っていたからのぞいてみると、
いわゆる「猫カフェ」だった。
nekocafe




















猫が苦手な私。
窓の隙間からのぞいて「違うカフェに入ろう」と、奈良町をさらに散策。


本日のカフェはここに決定。
道路からのぞくとさほど広そうには見えないけれど、
細長く突き当たりは緑がいっぱいのオープンテラス。
cafenaramachi




















紅葉を眺めながらコーヒータイム。
そこで私がカバンの中にひそめていたある物をとりだし、
ふたりでおそるおそる開封。
kaifuu




















それは5年ほど前にふたりで書いたもので、いわゆるタイムカプセルのようなもの。
「開封期間」と「ふたり以外開封厳禁」と書かれて、厳重に糊付けされた1通の封筒。
中には1枚のA4用紙が一枚。両面にワケのわからないことがぎっしり書かれていた。

当時のそれぞれの心の中をモヤモヤしていた悩みや希望のような物が書かれていた。
5年も経てば、「こんなこと考えていたんだ〜(笑)。」と恥ずかしくなるような内容も。
9月末の引っ越しの片付け中に、私の部屋から出てきて「こんなものを発見したけれど
覚えている?」と連絡すると「そんなことしたような気もあるけれどあまり覚えていない。きっと恥ずかしい変なことが書いてあるだろうから捨てちゃってよ〜。」という反応。
私なんて預かっておきながら、書いたことも保管していることすらすっかり覚えていなかった。

夜は奈良から大阪に戻り、居酒屋で飲みながらタイムカプセル第2弾としてイラストと手紙を作成。
またもや保管人は私。
ブログに掲載しておけば、今度は忘れずに指定期間に開封するだろうし。
大人になってもこういうノリで、
過去も現在も未来も一緒に語り合える友人がいるって幸せだなぁと思う。

居酒屋の後に立ち寄った「にんげん」という名の何やらあやしげなカフェ。
階段を上って扉を開けて細い通路を進み案内された席は秘密基地のような面白い空間。
昭和60年代にタイプスリップしたようなアイテムがたくさんあり面白かった。
中でも、すごくくだらない写真を集めた本にゲラゲラ笑ってしまい、
「あんた声大きいよ。ひとりでうるさい!」と友人から何度も注意を受けた。
「ひょんすも笑ってるじゃんか〜」と言い返しつつ。
このくだらない写真の本をいつか買おうと思ったものの、タイトルが思い出せない。
このぶんだとタイムカプセル第2弾の存在も記憶からすぐに飛んでしまいそうな予感…。


mihopstepudding at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年10月21日

hahanosho




























昨日、母から額入りの「書」が届いた。
母いわく、「(書道の)師匠に手を持ってもらいながら書いたから合作よ〜。素敵でしょ??」とのことだが、一応、母の作品ということになる。
「和室に飾る書が欲しい」との私からのリクエストに応えて書いてくれた書。

私は楷書のカチッとした書が大嫌い。
こういうふうに自由にノビノビと絵を描くように書く書が好き。
時間ができたら、また自分でも書道を始めてみたいな〜と思いつつ。


mihopstepudding at 11:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年10月18日

発見、不法侵入者

kamakiri

























数ヶ月ぶりのブログ更新。
「何かあったの?」と心配して連絡をくれた友達もいて、
ご心配をおかけしました(●´ω`●)
仕事のバタバタと、新居への引っ越し準備でブログ更新をする気力がゼロでした。
無事、新居に引っ越したものの、“光ほにゃらら”(←この手のジャンルはよくわからず…)の工事が完了していなくて、その工事の都合で引っ越し後2週間もインターネットが使えない日が続いたりと、
言い訳は山ほどあり…

おそらく人生で最後になるであろう引っ越しを終えました。
新築の家の住み心地は、これまでと比べ物にならないほど快適♪
と、言いたいところだけど、ハウスキーパーのように
毎日キレイに掃除して保たなければならず、
大ざっぱで面倒くさがりの私には大きな試練。

夫がパン屑を床に落とすものなら、「キレイに食べて。」
泊まりに来た母がお風呂上がりに、濡れた足でバスマット以外の部分を平気で歩き回っている姿を発見しては、「足をきちんと拭いてから歩いてよ〜!普通、バスマット以外の床を濡らさないように歩くものでしょ〜!」と、小姑のようなことを言ってしまう私。
ま、持続力の少ない私はきっと、
あと半年もすれば気にならないようになっているはずv( ̄∇ ̄)v

先日、2階のベランダに洗濯物を干していたら、
不法侵入者“カマキリ”を発見。
すごいな〜。この角度を滑らずにしっかりとよじのぼっている姿に5分程見入ってしまった。
ちなみに、その後の行方は不明。



mihopstepudding at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年08月17日

ひまわり畑

入院している実家の祖母が気になり、里帰りがてら入院先の病院へ父と行ってきた。
91歳のわりには元気な祖母だが、
今までの面影とはちょっと違って痩せて弱々しくなっていた…。
病室を後にする時、
「お婆ちゃん、ちゃんと看護士さんやお医者さんの言うことを聞いてね。」と、
チビッコに言うような内容を孫の私がお婆ちゃんに言ってしまった。
「はいよ。はいはい。じゃあね。」
「また来るね〜。バイバイ。」
なんだかせつなかった。

帰り道の車の中、運転する父が
「みほ、カメラ持ってきてるなら、ちょっとひまわり畑に寄って、
ひまわりの写真を撮ってくれないか?お父さん、デジカメをどこかになくしちゃってさ〜。」
と言った。

ひまわり畑と聞いて心弾む私。
あまり花好きではない私が、
昔からなんとなく「好きな花=ひまわり」みたいな感覚がある。
幼稚園時代に大好きだった先生に「みほちゃんはひまわりみたいな子だね。」と
言われたことがあって、おそらくそこからひまわりが気になる花になっているのだろう。

「その場所が近いなら、お父さんの言ってるひまわり畑に寄ってもいいよ。」と返事した私。
しかし、よ〜く聞いてみると黄色い花が元気に咲いているひまわり畑ではなく、
既に咲き終えて枯れているひまわり畑だとのこと。
ボランティアや色んな活動をしている父は、
枯れているひまわりの写真が必要だと言う。

到着してびっくり!
この通りゾンビのようなひまわり畑。
 ↓ ↓
まるでゾンビ





















地面には、
花びらがしおれて、
まるで首が切断されたかのようなひまわりの花が横たわっていたり。
朽ちたひまわり






















何百本もあるひまわり全てがデローンと下を向いている。
終わりを告げるひまわり畑



























かろうじてまだ花びらの色がキレイな黄色のひまわりもいくつかあった。
ひまわりの最期


























「もう、私疲れちゃったのよ。」と言っているかのよう。
始めはなんだか気が滅入るな〜なんて感じていたけれど、
ひまわりのゾンビ畑にお目にかかれることはそうそうないなと、
貴重な写真撮影が出来ることが楽しく感じられてきて、
「もう充分だよ。暗くなってきたから帰ろう。」と父に言われて、
ふと時計を見ると30〜40分くらい時間が経過していたことに気づき驚いた。
まだ5分くらいしか経っていない感覚だったから。
かなり夢中になってひまわり畑の間に入り込み、蚊にさされながらも撮りまくっていた。

「もう帰るぞ。」と言う父に、「素敵な写真を撮ってあげるから、これ持ってごらん。」
と言って最後に記念撮影。
 ↓ ↓
タイトル【ひまわりじじい】
ひまわりとおっさん


























なんだかこの夏いちばんせつない光景を目にしてきた。

人間も花も生命あるものはいつか必ず枯れていくと感じた。



mihopstepudding at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年08月16日

貸切バスで山梨旅行

夫が幹事として、
旅行会社と色々やりとりや交渉を重ねて、
この夏一番の頑張りを見せてくれた仲間内での夏旅行。
乳幼児から大人まで総勢19名でバス1台を貸し切って、
一泊二日で山梨県石和温泉へ行ってきた。
貸し切りバス




















お盆の大渋滞を懸念していたが、
運良く往きも帰りも渋滞に見舞われることなく無事に終わった。
チビッコ連れの有人達は移動手段が楽だと喜んでいた。
そして運転手さん付きだから、
朝からバスの中で男衆が好きなだけお酒を飲めることに喜んでいた。

今回の旅行でも、もちろん私は自らカメラマン役。
集合写真も撮れるようにと三脚持参。

昇仙峡周辺を散策していたら、
初めて目にする「ほうとう饅頭」の貼り紙。
1個120円。
さっそく買い食い。
 ↓ ↓
蒸したてのほうとう饅頭




















観光客目当てのお店のお饅頭だし、そんなに味を期待せずに食べてみたら、
良い意味で私の予想を裏切ってくれたお味。
かなり美味しい!!
ほうとうの生地の中には、椎茸、ザーサイ、切り干し大根等の野菜がギッシリ。
ピリ辛に味付けされていて味のバランスが絶妙。
あと3個は食べられそうだったが、もうすぐ昼食のため我慢。
ほうとう饅頭






















昇仙峡で水遊びをした後、
観光地によくあるお店の典型的なお食事処で昼食タイム。
迷わずほうとううどんを注文。
麺がモチモチしていて美味しかった。
山梨名物ほうとう



























石和温泉のホテルにチェックイン後、
私はカメラを片手にひとりホテル周辺の笛吹川沿いを散策。
歩けども歩けども特に面白いと感じられるものがなく…。
さっさとホテルに戻り温泉に入って夕飯の時間までを過ごした。

宴会場での夕飯を済ませてから、チビッコたちと外で花火をした。

そしてその後は、男衆の一番楽しみにしていた部屋での酒飲みタイム。
女性陣がひきあげた後も深夜2時までお酒を飲みながら、
延々と語り合っていたとか。

二日目。
朝食後、ホテルをチェックアウトして武田神社へ。
歴史に疎く神社に興味のない私は、
ついて行ったもののよく分からなかった。
ただただ、暑かった〜。

その後、私が一番楽しみにしていた
信玄餅で有名な「桔梗屋」の工場ショップへ。
賞味期限が近いものや形の悪いものを、
半額以下で購入できるアウトレットショップでの買い物。
1袋210円でビニール袋につめ放題なんていうものもある。
残念ながら信玄餅のつめ放題は売り切れていて、
特に食べたいわけではなかったけれど、
つめ放題がどうしてもやりたくて、
もみじ饅頭をつめ放題した。
「お一人様1袋まで」というルールだったから、
夫にも「お願い!1袋やって!!」とヘルプ依頼。
「みほ、これが食べたいわけ??」と不思議そうな夫。
食べたいか食べたくないかなんて問題じゃなく、
袋につめ放題っていう行為がしたいわけで。

渋々始めた夫も、途中から本気スイッチが入り、
もみじ饅頭を手で押しつぶしたりと試行錯誤。
結果、夫はギュウギュウ詰めで22個。
私は20個ゲット。
あまり他のお客さんが盛り上がっていないところで、
私ら夫婦ふたりだけ盛り上がっていたようで、
通りがかったミキちゃんが「何やってるの〜?」笑っていた。
安売りとかお得なものに弱い夫婦なの。

桔梗屋を後にして昼食。
またまた私はほうとうを注文。
お店によって味付けが違うことに気づいた。
二日目のお店のほうとうのほうが美味しかった。

その後、
この旅行のクライマックスで最大のイベント“桃狩り”へ!
桃の木




















入場料を払った後、
桃園のおばちゃんが桃の種類と桃の取り方や食べ方を説明してくれた。
普段こんなに桃がなっている光景を目にすることがないから、
おばちゃんの説明を聞くよりも早く桃を穫りたい気持ちでいっぱいだった。
説明してくれるおばちゃん























初めての桃狩りに挑戦する3歳のマイちゃん。
背が高いから自分で背伸びして桃に触れるけれど、もぎり方に苦戦している様子。
それがまたかわいくて。
私自身、早く桃を食べたい気持ちと、
かわいいチビッコ達の良い表情をいっぱい写真におさめたい気持ちで、
ひとりで大忙し〜。
初めての桃狩り

























チビッコが桃狩りをしている姿と、
大人のオトコがしている姿では印象が全然違う。
「桃泥棒」に見えてならない。
桃泥棒


























自分で穫った桃は、数カ所に設置されているタンク式の水道水で軽くゆすいでから、
そのまま食べられる。
皮を剥きたい人用にテーブルにナイフが用意されていた。
桃園のおばちゃんいわく、
「普段スーパーなんかで買ってきている桃は、手でもスルッと皮が剥けるだろうけど、
それは収穫してから何日も経ってる桃だから。
穫れたての桃は皮は手で剥けないのよ。」とのこと。
桃洗い水道

























写真を撮ったり、チビッコたちと遊んだり、桃を食べたりと、
同時にやりたいことが3つもあってひとり大忙しの私。
ようやく桃を食べ始めたのは開始から15分くらい経ってから。
穫れたての桃の味は格別!!
ジューシーで甘くて最高。
顎や肘に果汁が滴ろうがお構いなしで夢中でかぶりついた。

大人の入園料(時間無制限の食べ放題付き)1200円。
写真を撮ったりと食べること以外にも忙しかったものの、
短時間で6個もペロッと食べて完全にもとはとった〜。
山梨の桃園




















帰りの渋滞を心配して1時間10分で桃狩り終了。
今度来る時は4時間くらい桃狩りを満喫したい!

大好きなチビッコ達に癒された楽しい旅だった。
来年はどこの家族が幹事をするのかな〜???



mihopstepudding at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年08月08日

カフェ開拓

路地裏のチモロカフェ

























数日前に、初めて入った路地裏にひっそりと佇むカフェ。
隠れ家的場所にあるから知る人ぞ知る的、超穴場のカフェ。
コーヒー1杯で2時間もゆっくり過ごせた。
落ち着く席を発見





















白い封筒とグリーンのペンを持っていたから、
久しぶりにお絵描きをした。
自宅だとなかなか落ち着いて描けない最近だったけれど、
カフェだと気分がノッて良い感じにスラスラ描けた。

こんなのとか、

久しぶりのお絵描き1


























こんなのとか。特に意味はない絵。

久しぶりのお絵描き2




















絵を描くって、やはり楽しい。

mihopstepudding at 00:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!イラスト 

2009年08月07日

素敵な物体

この物体を見て、すぐにこれの正体が分かる人はなかなかいないだろうと思う。
↓ ↓
釘アート1




















この物体をどこで見つけたかというとマイホームの工事現場。
初めてこの物体を目撃した時、「オオッ〜!すご〜い!!素敵!!!」と感動して心が弾んだ。
大工さんが汗水流して一生懸命作ってくれている家よりも、
私はこちらへの興味のほうが強く、「触ってもいい?」と大工さんに聞いて
許可を得て自分の手にとって持ち上げてみた。結構ズシリと重い…。
釘アート2




















色んな角度から写真撮影をする私を不思議そうに見る大工さん。
そうよね、普段からこの物体に慣れ親しんでいる人にとっては
なんてことのない物体だろうし。私にとってはかなり珍しいアート!!!


この物体の正体はというと“釘”。
こんなふうに束ねられているのを見るのは初めて。
↓ ↓
釘の芸術のこたえ




















また別の日に工事現場に行くと、今度はたくさん釘を置いてある場所を発見。
なんだかお花のようでキレイ。素敵でしょ?!
お花のような釘

mihopstepudding at 00:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年08月06日

クール

かっこいい釘




















3週間程前に撮ったクールな写真。
見ているとなんだか心が強くなれる気がする。



mihopstepudding at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年07月06日

夫婦で久しぶりの週末デート【その2】

元町商店街




















元町商店街から丘の上へと続く坂道を歩いた。
なんだか恵比寿から代官山へと続く街並みと雰囲気が似ていると感じた。
最初はゆるやかな坂だけれど、延々と続く上り坂に足が痛くなってきた。
散策にヒールのサンダルなんて履くものじゃないなぁ〜。
元町の坂道






















丘の上から眺める横浜の港街。
遠くにはベイブリッジ。
山手の























丘の上のエリアには、インターナショナルスクールや外国人がかつて暮らしていたという歴史的建造物がたくさんあって、どの建物も入館料無料で入れるのが嬉しい。
3館ほど気ままに入館してきた。

お庭が手入れされているイタリア庭園

イタリア庭園





















白いバラ





















名前はよく目にしていたから、以前から興味のあったベーリックホール
建物を活かして音楽コンサートなども開かれる場所

ベーリックホール




















ベーリックホールの入り口玄関の床がオシャレ
ベーリックホール入り口































なんだか日本にいながらにしてヨーロッパへ旅している気分を味わえた。
べ−リックホール窓からのぞく庭

mihopstepudding at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本日の出来事 

2009年07月04日

夫婦で久しぶりの週末デート【その1】

前日の夜から、「明日はふたり揃って休みだから、どこへ出かけようか??」と話していて
久しぶりの週末デートを楽しみにしていた私。
しかし、どんなに楽しみな日でも朝起きるのはしんどい。
たまたま早く目が覚めた夫が6時半に「朝だよ。起きて!」と
私を起こそうとしてきたが、寝起きが悪い私は
「うるさい。やめろ〜!!!いい加減にしてよ!!休みの日くらいもっと寝かせてよ〜!!」と、
怒鳴って再度熟睡。
身体が欲するだけ睡眠をとったら正午になっていた。
急いで外出の支度をするも行き先が決まっていなかった…。
「もう、こんな時間だし、近場でいいか〜。」ということで、
夫の「ピザが食べたいな。」のひとことで、ひとまず横浜駅までバスで向かった。
横浜駅の手前でバスを降り、数年前から気にはなっていたけれど一度も食べに行ったことがない
川沿いにあるイタリアンレストランへ入ることに。
川沿いのイタリアンレストラン






















横浜駅から徒歩5〜8分くらい離れた場所にあるにも関わらず人気のレストラン。
ランチは前菜3種類の盛り合わせと、パスタかピザを選ぶスタイル。
ランチの前菜




















イタリアンの前菜って美味しいなぁとつくづく思う。
寝起きでお腹も空いていたのでペロッとたいらげた。
そして、次に運ばれてきたのは塩味ベースのピザ。
期待していたチーズたっぷりのピザではなかったけれど、
素材にこだわってる感じがして、生地がモチモチしていて美味しかった。
塩味のピザ




















続いて、トマトベースのツナがのったピザ。
こちらも美味しかった。
が……………………………。
トマト味のピザ




















……………………………なんだか物足りない。…………………食べ足りない………………。

イタリアンレストランを出たその足で、
路地裏にある新発見のラーメン屋に直行!
通りがかった時に短い行列ができていて、にぎわっている感じが気になっていたけど、
まさかピザの後にその日のうちに食べに行くことになるとは。
麺や維新









その名も「麺や維新」。なんだか革命的なラーメンを食べさせてくれるような期待のもてる店名。
入り口で食券を購入し、席につくと私の前に運ばれてきたのはこれ。
↓ ↓ ↓
魚介系のアツアツのつけ汁と、
魚介系のつけ汁




















平打ちのつけ麺。麺の量は同じ料金で「並み盛り」か「中盛り」を選べたから、欲張って中盛りを注文。
(ピザを食べた直後だというのに我ながら恐ろしいほどの食欲…)
平打ちの麺





















つけ汁にはいろんなうまみがつまっていて、結構私好みの味。平打ち麺がよく絡む!

夫はゆず塩系のラーメンを注文。こちらは細麺であっさりとした上品な味。
優しい味で胃が疲れている時にはもってこいの味。
ゆず味のラーメン




















途中、私は「さすがに中盛りはきついな…。」と感じながらも、残してはもったいないから
根性で完食。夫も「ちょっと苦しくなってきた。」と言いながらも完食。
30代の暴飲暴食はやめたほうがいいねというのが夫婦揃っての教訓となった。

その後「カロリー消費を兼ねて散策しに行こう。」という案で意見が一致し、電車で元町へ移動。


mihopstepudding at 23:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!グルメ・フード 

2009年06月20日

偵察

どろつき




















数週間前に偵察に行ったきり、最近は全く足を運んでいない家の工事現場。
「まめに足を運んでこの目でしっかりと経過を刻んでいこう」と思ったものの…面倒くさがりの私にはきちんと定期的にっていうのは至難の業。

工事現場




















これから暑い季節がやってきたら、大工さんも大変だろう。
偉いな、大工さんって。すごいな大工さんって。とつくづく思う。
私も色々頑張らないとな。

mihopstepudding at 23:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!本日の出来事