scrollの優待券とグループ会社偏差値 

2018年11月14日

ケーズ電気の決算発表とその後

日経21846△35(+0.16%) T1641△2.81(+0.17%)
東27292(‐0.3%) J3555(‐0.91%) M948(‐1.04%)
出来高14億8201万株 売買代金2兆4905億 騰落レシオ82
金1201 銅271 原油56
年初来高値9
1952新日本空調、2453ジャパンベストレスキューシステム、3232三重交通グループホールディングス、3655ブレインパッド、6544ジャパンエレベーターサービスホールディングス、7821前田工繊、
8028ユニー・ファミリーマートホールディングス、9501東京電力ホールディングス、9533東邦ガス

1398東証ETFSMAM 東証REIT指数上場投信、1407東証JQSウエストホールディングス、1488東証ETFダイワ上場投信-東証REIT指数、1597東証ETFMAXIS Jリート上場投信、1689東証ETFETFS 天然ガス上場投資信託、2066東証ETFNEXT NOTES 東証REIT(ドルH、NR)ETN、3282東証コンフォリア・レジデンシャル投資法人、4241東証JQSアテクト、4341東証2部西菱電機、4393マザーズバンク・オブ・イノベーション、6502名証2部東芝、6502東証2部東芝、6564名証2部ミダック、6834東証JQS精工技研、7544東証2部スリーエフ、8955東証日本プライムリアルティ投資法人、8957東証東急リアル・エステート投資法人8976東証大和証券オフィス投資法人、9685東証JQSKYCOMホールディングス

年初来安値95(181)


相変わらず、実家に行っていた間の、目を通さなかった10日間分の新聞を今頃になってパラっと目を通してから処分している。。
と言ってもほんと超パラっとでほとんど見れてないのだけれども。。
でもまあ、考えてみればけっこう毎月高い新聞代を払っているのだからね。。。

高い新聞代、と言えば、今若い世代の人はほとんど新聞を取らないので販売部数が激減している、とかネットニュースには載っているけれども時代に合わないんだろうね。
電話だって同じ。ずっと以前から当たり前に家にあるから料金を払ってはいるけれども、これももったいない気もしている。。
当然、新しく家庭を持った若い人とか、一人暮らしを始めた人とかで新しく電話を家に引く人はほとんどゼロだろうから、新聞紙と電話機はガラパゴス化の一途状態なんだろうか?。


超時間短縮で紙面をめくっていて自分的に目が留まった記事は、『パイオニア 再建 視界不良』、『岐路に立つソフトバンク』、『オリエンタルランド客数増え1割増益』、『成田 夜間飛行時間延長 19年秋で調整』、『エステー 消臭芳香剤不調で下振れ』、『ケーズHD 値引き競争で採算悪化』。

ケーズHDの記事は7日付の『話題の株』欄に載っていたのだけれども、日足チャートも載っていてすんごい下落の形になっているので目に入った。
前日比18%安と書いてある。これはなかなかすごい数字だね。
それで決算を見てみたのだけれども、会社予想と比べての結果はほぼ予想通り。
だから??と思ったのだけれども、それから今日までのチャートを見てみたら、なんと今の状態はあれから毎日少しずつ上がり、今はほぼ元に戻っている。
つまり、18%一気に下がり、それから数パーセントずつ数日かけて修復している形になっている。
なにかがあってこんなことになっているのだろうけど、株の動きはちょっと先のことでもほんと分からないからね。。
新聞には機関投資家失望売りと出ていたけれど。。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村




mihoyoko2006 at 23:30│Comments(0) 銘柄 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
scrollの優待券とグループ会社偏差値