サカイ引越センター

2018年01月26日

サカイ引越センター

日経23631▼37(−0.16%) T1879▼5.17(0.27%)
東27655(−0.37%) J4298(+0.47%) M1351(+0.24%)
出来高15億3427万株 売買代金2兆9075億 騰落レシオ107
金1350 銅319 原油65
米ドル108 ユーロ135 元17.19
年初来高値121(237)
年初来安値2(7)
2282日本ハム、2664カワチ薬品

1472(NEXT FUNDS)JPX日経400ダブルインバース、1482iシェアーズ 米国債7-10年ETF(H有)、1573中国H株ベア上場投信、2032NEXT NOTES 香港ハンセン・ベアETN、2041NEXT NOTES NYダウ・ベア・ドルヘッジ ETN、



サカイ引越センターの決算記事が、日経朝刊中央の目立つ位置に載っていた。

このことは、日記に書いておこうと思った。

なぜなら、サカイ引越の決算が記事になって載っているのを目にしたのは、初めてのような気がするから・・・。

私が株を買ってからずっと長い間、この会社の決算は良くてもそうでなくても新聞の記事で見ることはなかったし、株価の反応も薄かった。

それが、アベノミクスで株式市場の景気が良くなり、サカイの株価も出来高も増えて行き、時価総額が増えて来ると、大株主欄に載る投資会社も増えた。


時価総額が新聞社とかが決算結果を目にしてくれるくらいの規模になって来たのかな?

ということで、Yahooファイナンスでみた時価総額は1214億と書いてある。

これってどのくらいの大きさなんだろう。。

検索してみたら、2013年現在でだけど、JPモルガン・アセット・マネジメントでは、

時価総額1,000億円未満を小型株、時価総額1,000億円以上3,000億円未満を中型株、時価総額3,000億円以上を大型株と定義しています。

と書いてあった。

ということは、サカイ引越センターはぎりぎりで中型の仲間入りって感じだね。

上の資料には、日本株市場の約90%は中小型株、とも書いてある。


せっかくだから、記念の新聞記事の内容も書いておこう



『サカイ引越、営業益4%減 10〜12月』

サカイ引越センターが26日発表した2017年10〜12月期連結決算は営業利益が前年同期比4%減の12億円だった。人手不足を受けて昨夏から秋にかけ正社員の賃金を引き上げた影響が出た。引越件数の伸びや値上げでは補えず16年7〜9月期以来、5四半期ぶりの営業減益。取引時間中の発表を受けて株価は一時前日比9%減まで下落した。
 売上高は7%増の188億円。純利益は25%増の10億円だった。ドライバー不足を背景に受注競争が緩和され引っ越し単価は6.8%上がったが、人件費も7.5%上昇した。東海東京調査センターの金井健司アナリストによると「単価の上昇に着目し、決算発表前には利益拡大への期待が高まっていた。」という。
 4〜12月期では売上高が前年同期比12%増の628億円、純利益は76%増の51億円だった。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年07月27日

サカイ引越センターがやっと大きくなって来た?

日経20079△29(+0.15%) T1626△5.96(+0.37%)
東26331(+0.3%) J3370(+0.2%) M1184(−0.47%)
売買代金18億3716万株 売買代金2兆5460億 騰落レシオ108
米ドル111 ユーロ130 元16.5
年初来高値163(2909
年初来安値2
3156UKCホールディングス、3564LIXILビバ
1356TOPIXベア2倍、1368TOPIX Wインバース(-2倍)、1457TOPIXインバース(-1倍)、1472日経400ダブルインバース、1569TOPIXベア、2032 香港ハンセン・ベア、2041 NYダウ・ベア・ドルヘッジ 、2047 インドNifty・ベア、3156UKC、3480ジェイ・エス・ビー、
3976マザーズ シャノン、6084マザーズ オウチーノ、7287東証2部日本精機


今日は後場、気がついたらずいぶんとパフォーマンスがよくなっていた。
ひとつは日経平均が突然と急上昇したこと。
これはツイッターとかによると民進党蓮舫代表の辞意表明会見が要因とからしかったけど、けっこうすぐ、30分くらいでまた急下降してなかったことに。
けれど、その頃に出たサカイ引越センターの決算発表のおかげでパフォーマンスは相変わらず良くなったまま。
結局、市場全体が0.2%くらいの上昇だったのに比べたらそれよりもずいぶんといい+1.2%で終わった。

サカイはもう持ってずいぶんと長いから、決算発表時の特徴のことも知っている
決算がいいと、午後2時に開示する。と言うか、たいていいつもいいので、午後2時に開示することがほとんど。
だけど、いつだったか、初めてくらいにぱっとしなかった時は、場が終わっての午後3時過ぎになったことがあった。
今日は、よく見たら、開示は2時ではなくて2時20分だね。
だからか、サカイの株価は2時までは上昇なのにそれを過ぎるとゆっくりと下がり、15分を過ぎると急下降。だけど20分に発表が出ると一気に買いが入って急上昇。結局今日は+10.6%の上昇で引け。

それでも、今日のサカイの出来高は30万株。
いつもは、ここ最近は4万株くらい。

もっと前、アベノミクス相場の始まる前までは毎日1000株とか、2000株とか。。数百株の時も特に珍しくなかった。

ずっと業績はアップしていたのに株価は放置されたままだったけれどもここの所ようやく上へ行きだしたと思ったら今度はちと不安になるくらいに反応が良くなって来た。

久しぶりに掲示板を見てみたら、以前は株の掲示板と言うよりも同業者から(?)の悪口の書き込みサイトって感じだったのが、やっと普通の株サイトみたいになっていた。まだ投稿数全体はそれほどは多くないみたいだけど。。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年01月26日

サカイ引越センター上昇の理由?

日経19402△344(+1.81%) T1545△23(+1.54%)
東25443(+0.84%) J2861(+0.55%) M997(+0.47%)
出来高23億 売買代金2兆7423億 騰落レシオ98
バルチック862 小麦424 金1192 銅271 原油52
米ドル114 ユーロ122 元16.59

年初来高値184(302)

年初来安値3(8)
3097物語コーポレーション、3938LINE、7445ライトオン

1552ETF国際のETF VIX短期先物指数、1561国際のETF VIX中期先物指数、2035日経平均VI先物指数、2041NYダウ・ベア・ドルヘッジ、3832T&Cメディカルサイエンス


昨日、サカイ引越センターが場中に決算発表。
それを機にずいぶんと上昇したのでニュースとかを見てみたけど何も出てない。
決算の中身もこれのどこにそんな上昇の理由があるのだろう?と、私には分からない。。

でもまあ、上がるのは万々歳

とか思ったけど今日も上昇。。

掲示板をみたら、ファンドが買い増ししているのが原因じゃないですか〜?とか書いてあるのがあって、たしかにそれはそうなのだけど。。。

サカイ引越センターはずっと以前から大株主の上位にファンドのフィデリティーが居て、これは相変わらずだけど、このところ、もう一つ増えた。

投資会社の名前はみさき投資 。
サカイ引越の昨年の本決算の時に大株主の欄に載り始めて、その時の持ち株割合は5.28%。
今、10.24%。

検索してみたら、このファンドの投資哲学は『長期投資』。


『今の株式投資の世界は、短期主義に支配されている。四半期業績を当てることに全力を注ぎ、短期の売り買いで鞘を抜く。あるいは「モノ言う株主」といいながら、株価を上げる目先のイベントを作ることにしか興味がない。
しかし、本来の株主の役割は、長期的な視野で企業経営を理解し、企業価値向上に貢献することのはずである。
株主は、経営陣や従業員と同様、会社を支える一員としての役割を果たすべきだと考える。』

『日本に「新しい株主モデル」を作り上げたいと考えている。
日本の上場企業に投資し、 長期に亘って支える株主となり、経営陣と共に「働く」ことで企業進化を応援する。
受動的な株式運用とも、また敵対的なアクティビストファンドとも異なる社会的意義を見据え、 スチュワードシップコードの精神を体現する「エンゲージメントファンド」として、投資先企業の価値向上を実現し、投資家に高いリターンを実現することを目指す。』

等のことが書かれている。

なかなかいいね。

わたしの投資哲学にぴったりだ

サカイ引越はもう10年も持っている。

株価は買値平均の倍になっているけれども、まだ一度も売ったことはない。

株主懇談会に出て、それを機に買い増しした、よ。

よろしく



それと、住友生命の『みさきエンゲージメントファンドへの投資について』と言うお知らせも、検索したら出て来た。それにはこういうことが書いてある。



『住友生命保険相互会社は、みさき投資株式会社が運用する「みさきエンゲージメントファンド」への投資を決定しました。
金融庁による「日本版スチュワードシップ・コード」の公表は、機関投資家と投資先企業との対話(エンゲージメント)により、企業の収益性を高め持続的成長と株式価値向上を促進することを目的としております。
当社は、平成26年8月に「日本版スチュワードシップ・コード」の受入れを表明するとともに、投資先企業への「議決権行使ガイドライン」を公表し、長期保有を目的とした機関投資家として、投資先企業との対話を通じて株式価値向上を図る活動を行っております。
みさき投資は経営戦略コンサルティングおよび資産運用業界出身者を中心として設立された独立系のエンゲージメント投資専業運用会社であり、投資先企業の中長期的な企業価値向上を目指して、対話活動を展開しています。 』




ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


mihoyoko2006 at 22:38|PermalinkComments(0)

2015年06月26日

上場来高値

日経20706▲65(−0.31%) T1667▲3.88(−0.23%)
東25064(−0.19%) J2756(−0.28%) 120(−0.21%) M1012(−0.85%)
出来高21億9127万株 売買代金2兆2666億 騰落レシオ99 単平均342
バルチック829 小麦532 金1173 銅282 原油59
米ドル123 ユーロ138 元19.88

年初来高値97(172)

年初来安値16(39)
日本海洋掘削1606、飛島建設1805、大末建設1814、鉄建1815、ミライアル4238、東洋インキ4634、高砂香料4914、藤倉ゴム5121、クリエートメディック5187、岡部5959、三菱加工機6331、モリタホール6455、シャープ6753、日野自動車7205、メニコン7780、空港施設8864

ホーブ1382、サムシングホールディングス1408、日本アクア1429、純パラジウム1543、VIX中期先物1561、日経平均VI先物2035、カンロ2216、トシン・グループ2761、エコノス3136、ファンデリー3137、日本リート投資法人3296、ドリコム3793、信越化学(名)4063、第一稀元素化学工業4082、ヘリオス4593、MRT6034、エルナー6972、清和中央7531、石山Gateway7708、日本ビルファンド投資法人8951、日本プライムリアルティ投資法人8987、スマートバリュー9417



このところ、サカイ引越センターが調子いいなと思っていたらとうとう上場来高値。

竹内製作所もそうなった。

強いものはけっこう勢いがある。

その逆に、年初来安値銘柄を見ていて思うのだけど、この相場にいつまでたってもなかなか抜け出せないものもけっこうある。

だから思った。
今の相場は、強い上昇銘柄を利確して資金を回転させ、弱いものはそのまま残す方法は、全体相場の上昇よりもパフォーマンスは悪くなるんじゃないだろうか?

現に、指標は日経平均もトピックスもジャスダックも過去の2000年や2006、7年頃の高値付近と同じ位置なのに、保有株の個別のチャートはいろいろな形をしていて、全部が全部指標みたいに過去の高い位置にいるわけではないのに、持ち株全体で言えば今の所はちゃんと指標並みには上がっている。


ということは、上昇している強い株が、弱い株の分までパフォーマンスに貢献してくれているということになっている?。




ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村





mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2015年03月25日

サカイ引越センター

日経19746△32.75(+0.17%) T1582△4.42(+0.28%) 
東24720(+0.25%) J2482(+0.04%) 111(+0.16%) M878(−0.73%)
出来高21億4847万株 売買代金2兆5622億 騰落レシオ120 単平均339
バルチック597 小麦523 金1194 銅278 原油48.97
米ドル119 ユーロ131 元19.22

年初来高値127(206)

年初来安値4(16)
コープケミ4003、リブセンス6054、ウチヤマ6059、東洋エンジ6330

ファーストコーポ1430、原油投信1690、フルッタフルッタ2586、パレモ2778、エスエルディー3223、グランディーズ3261、ヘルスケア&メディカル3455、サイバーステップ新株予約38109、コラボス3908、ショーケース・ティービー3909、エムケイシステム3910、イード6038



イード・・・Webメディア運営、コンテンツ提供、ソリューション提供 。上場3月24日のIPO。

自動車情報専門のニュースサイト「レスポンス」や総合IT情報配信サイト「RBBTODAY」、ゲーム情報を幅広くカバーする「インサイド」などのネットメディアを展開。
共通プラットホーム「iid―CMP」を活用し、34サイトを運営。全メディア合計で月平均1億を超えるページビュー(PV)を誇る。
M&Aによるサイト数増加、スマホ向けニュースアプリの投入などが寄与して足元の業績は堅調に推移している。

公募1400円。初値2050円。現値1825円。


ショーケース・TV・・・Webサイト最適化技術により成約率を高める「ナビキャストシリーズ」の提供及び、DMPを活用したWebマーケティング支援。 公募1800円。初値5290円。現値4000円。



サカイ引越センターの高値が昨日4180円になっているのに気がついた。

それをみて、思い出した。

サカイ引越は大阪の会社なので株主総会はもちろん大阪で開催なのだけど、東京でもその後に株主説明会を開催する。

その時に、いつだったか会長が、上場した時につけた初値が4200円なので、今の株価はそれに近くなった。だから、もう少しで、株主でその時から持っている人でも買値を超える、とうれしそうに言ってらした。

だから、今思えば、チャートからするとあの年は2007年の6月の説明会だったんだね。
あれから4200円まで上昇し、その後1000円台まで落ちてそのまま長いこと低迷。。
だけど、その頃も会社の業績はたしか増収増益でなかった年は一回だけだったような記憶があるのだけど??

株主懇談会では会長はこうもおっしゃる。
昔、上場した頃の株主総会は、会社側と株主側の間にバリケードが置いてあった。
だから、そういう総会ではなくて、今のようにお茶を飲みながらなごやかにじかに株主側と懇談するのが自分の夢だったと。

だから、もちろんご自分も大株主なのだから株価のことは誰よりも気になるのはあたりまえだろうけど、それを気にかけていてもらえるのとそうでないのとは大違いでうれしい。

同じ上場企業でも、役員がどのくらい自社の株を持っているのかはその会社によってぜんぜん違うよね。

ところで、サカイのチャートを今みてみたのだけど。。

最高値は上場時の4750円だったんだね。

ここまで行ってもぜんぜんおかしくないよね。業績から言えばあの頃とはぜんぜん規模も数字も桁が違うはずだ。。。

だけど、そのはずだけど、株価と言うのはまったくわけわからない。

ほんと、その時の勢いとか流れで左右されるんだね・・・。




日曜日に母から電話。
悪いがすぐに来てくれないかと。。。
聞けば、頭がぼ〜として、胸がむかむかして気持ち悪い。息子は出張でいないし、母の妹は電話しても通じない・・。
とか言っているので、もしかして悪いものでも食べてしまったのでは?と思った。
冷蔵庫の中に自分で入れたものを忘れることは誰にもある?ことだけど、母の場合はそれがもう日常茶飯事。
いずれにせよ、今回の電話は声の感じから本当に調子悪そうなので、たぶん疲れだろうからほっておくとまた倒れて入院とかになりかねない、と思って、急遽行ってみることにした。
案の定、私が行くと元気になる。
要は、もう、自分で炊事をして食べて生活して行くこと自体が嫌で困難になって来ているということで。。
ためしに、次に実家に帰る飛行機を2週間後の予約で取っているけど、その時まで一緒に来るか?と聞いたらそうすると言うのでまた、一緒に帰って来た。
3週間前、こちらから実家に帰る時には、もう二度と来ることはないだろうと言っていたのに。。。
でもってついでに予想すると、たぶんまた2日もしたら家に帰るとしか言わなくなるだろうと思う。。



ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2014年06月24日

サカイ引越センター

日経15376△6.96(+0.05) T1268△1.02(+0.08)
東23730(+0.12)  J2176(+0.40) M938(+1.35)
出来高20億1359万株 売買代金1兆8650億 騰落レシオ164 単平均302
バルチック886 小麦579 金1319 銅314 原油106
米ドル101 ユーロ138 元16.36

年初来高値143(209)

年初来安値1(4)
光通信9435

ファミリー8298、札幌臨床検査センター9776、JEUGIA9826


東証1部の騰落レシオ25が160台。。
この数字はめったにない。
チャートを見てみたらここ20年間くらいでは今までに2回しかないね。
2010年の12月9日と、2012年の12月19日。
だけどあれ?
日経平均のチャートと見比べてみると、その位置がてっぺんというわけではない。
むしろ2012年の12月と言えば、アベノミクス相場のスタート地点だ。
だから、騰落レシオというものもたいしてあてにならない。

もっと極端に言えば、新聞とかのニュースだってあてにならない。
同じような内容のニュースでもその時によって反応が違ったりするし、反応しても長い目でみればこの騰落レシオの結果のようにたいして関係なかったりする。。。


サカイ引越センターから第37期報告書と配当金計算書が届いた。
ぱっと見て、配当金が多いな、と思ったら、昨年よりも33%アップしていた。
と言っても、計算書の数字には税金分が入ってないからね。。。

サカイはとうとう売り上げ高で日本通運の引越し部門を抜いて業界トップになったらしい。
「おかげさまで創業開始より43年にあたる平成26年度3月期において、業界ナンバーワンを達成いたしました。」とホームページにも書いてある。

とうとう、と書いたのはこの会社はずっと、目標をそこに置いて来た。
最初はアート引越しセンター。
それが達成できたので次は日通。。
だけどすばらしい。そう豪語していたのが実際にそうなって来た。
そういえば、サカイ引越センターはご夫婦2人で始められ、二人三脚で大きくして来られたのだけど、昨年だったか奥様のほうが亡くなられた。
たぶん、もう少し長生きされれば、今回の決算発表にまにあったのに、と思ってるだろうね。。

だけど、創業者の会長は、次の目標はどこに置くのだろう。
達成で頑張って気も張って来たなにかがぷつっと切れなければいいが。。。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2014年01月23日

サカイ引越しセンター

日経15695▲125(−0.79%) T1287▲12.11(−0.93%) 
東23784(−0.7%) J2172(−0.67%) 107.47(−0.78%) M1015(−1.92%)
出来高29億659万株 売買代金2兆6739億 騰落レシオ110 単平均319」
バルチック1322 小麦561 金1244 銅331 原油96.66
米ドル104.30 ユーロ142.19 元17.23

年初来高値74(174)

年初来安値0(2)

6089ウィルグループ、9471文溪堂



今日の年初来高値更新にはサカイ引越しセンターも。
それよりも、サカイは今日は10.01%の上昇で終わったのが珍しかったので、記録に残しておこうと思った。
たぶんだけど、終値でそんなにも値幅のあったのはいままでの記憶にないのだけど。
なにかあったのかと思ってニュース検索をしてみたけど特に何も。。。

サカイ引越センターは毎年1回、社内報を送ってくる。
今年はそれに、一昨年まで社長をされていた田島治子副会長の追悼号が一緒に入っていた。。

昨年の秋に急に他界されたそうだ。
2年前に思わぬ大病をされ、昨年は自宅から職場まで歩いて通勤されるほどに回復されていたのに、また、ここ数ヶ月で体調を崩され入退院を繰り返していたと書いてある。享年71歳。
まだ、そんな急に亡くなられるほどの歳でもないよね。

「私生活では4人の子供を育て、会長のご母堂を自宅で介護・看取られました。社長業との両立で十分に手をかけられない切なさを術懐することはあっても、苦労を口にされることはありませんでした。」
と書いてあるから、ご自分の健康を過信しすぎてちょっと無理をされすぎたのかな・・・。


大阪の運送会社「新海商運」の長男であった現、田島憲一郎会長と22歳の時にお見合い結婚。
夫の両親と兄弟5人、住み込みの従業員2人という大所帯の家事を姑と担い、午後は舅に仕事を教えてもらうという毎日はホームシックになる暇もないほどだった新婚時代。

9年後、憲一郎が独立し、「新海商運株式会社・堺営業所」を夫婦2人で設立。
その8年後、運送業のかたわら、引越し専業の会社として「株式会社アーイ引越しセンター」を設立し、社長に就任。
2年後、商号を地元堺市への感謝を込めて「株式会社堺引越しセンター」に変更。

平成2年。全国展開を目指し、商号を「株式会社サカイ引越センター」に変更。

平成8年。大証2部上場。この時には、上場準備を依頼した証券会社に取り合ってもらえなかった悔しさをバネに夫婦で全国の拠点を監査行脚。7年かけて、業界初の上場を果たす。

とか、いろいろと書いてある。。。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


mihoyoko2006 at 23:31|PermalinkComments(0)

2013年10月23日

貸借銘柄選定基準

日経14426▲287(−1.95%) T1195 ▲18.46(−1.52%)
東23425(−0.53%) J95.94(−0.79%) M867(−2.43%)
出来高27億2733万株 売買代金2兆2048億 騰落レシオ105 単平均308
バルチック1847 小麦700 金1332 銅327 原油96.97
米ドル97.38 ユーロ134 元16.00

年初来高値61(100)
ダイセキ、高松、前田、熊谷組み、鳥越粉、ネクスト、六甲バター、学情、アスクル、ヒューリック、ドトレス、日東紡、TOKAI、大王製紙、住友精化、野村総研、大塚商会、WOWOW、MORESCO、石塚硝子、TOTO、共英製鋼、東洋鋼板、東洋製罐、ノーリツ、東プレ、バイオラックス、アイダエンジ、ダイフク、加藤製作、日本電産、日立国際、リオン、アズビル、共和電業、電算コパル、千代田インテグレ、スタンレー、大同メタル、島津製作、バンダイナムコ、KIMOTO、大日本印刷、ヤマハ、三菱鉛筆、ナイガイ、蝶理、加賀電子、北洋銀、オリックス、サカイ引越、トランコム、キューソー、光通信、建設技研、スバル、ジャステック、福井コンピュータ、プレナス、ソフトバンク

年初来安値0(0)



今日は年初来安値更新銘柄が全市場で1個もなかったんだね。
だから、後場、いっせいに下げてしまったのかな。
つまり、けっこう過熱感あり、ということで・・・。
基本、リーマンショックの後くらいからの日経平均は為替の動きにいちばん反応するよね?
日経平均やトピックスのチャートとドル円のチャートを見比べてもほとんど同じ。。



サカイ引越センターが場中に上方修正。
相場がいいのでありがたいことに今回は反応してくれた。
値上がりランキングの上位にいたので、証券会社のニュース欄にも『サカイが年初来高値、4年3月期予想を引き上げ、作業件数増加などで上期は計画超過。』の題で場中に情報が載った。

ここ数年、サカイのニュース欄は単なる決算とか修正予想の数字発表以外、なにも見たことがなかった様な気が。。

これをきっかけに、出来高が増えて行ってくれたら嬉しいのだけど。

そういえば、この9月から貸借銘柄に選定されたと書いてあった。

以前から思っていたのだけど、貸借銘柄に選定されるにはどうやってそうなって行くんだろう。

KIMOTOとかは、以前に比べてずいぶんと出来高も増えて、サカイの比じゃないと思うのだけど相変わらず貸借銘柄じゃないし。。。


ということで、検索。。。


東証のHPによると、貸借銘柄選定基準の概要は

流通株式数2万単位以上、株主数1700人以上、売買高及び値付率等が月平均100単位以上・80%以上、直前事業年度において純利益と利益剰余金が+であること。


とすると、KIMOTOの場合何が足りないのかと言うと。。。。

全部足りてると思うのだけど。。。?


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2013年05月17日

配当金

日経15138△100(+0.67%) T1253△8.01(+0.64%) 大24574(+1.12%)
東23341(+2.25%) 大25196(+1.76%) J98.40(+0.48%) M950(+4.59%)
出来高44億519万株 売買代金3兆4018億 騰落レシオ120 単平均329
バルチック841 小麦683 金1366 銅332 原油95.72
米ドル103.18 ユーロ132 元16.80

新高値144(222)

新安値0(10)

省電舎1711、ソネック1768、アマガサ3070、トータル・メディカルサービス3163、大石産業3943、マルヨシセンター7515、遠藤製作所7841、スターフライヤー9206、KYCOM9685、シャルレ9885



サカイ引越センターも地味ながらもゆっくりと年初来高値。。
今日の終値で約2400円。
でもってこの銘柄の買値平均は約3000円。
だから、後600円上がればやっとプラマイゼロになる・・・。。。
と思いながら、あることに気がついた。
毎年配当金が入って来ているじゃないか。。。だから、その分を計算に入れないと。。

この銘柄は100株単位の銘柄で、100株で年に6000円の配当金が入ってくる。税金分を引いて正味5400円。
もうたぶん5年平均くらいは持っていると思うから、それだと5400円×5=27000円。
米も5キロのが来るから(これがなかなかわたし好みでおいしい)それも入れようか。
だからその分を考慮に入れると100株あたりの今の株価はもっとよくなって約2700円弱くらいの計算でいい?。

もちろん、株を買って下がるようじゃなんのことかそもそも分からないが・・・。。

サカイはたしか最初に買った時の値段よりも上昇して行って、ピーク時には4000円を超えた。
今みたら、それは2007年の7月だね。日経平均が18000円をつけた時だ。。
でも、そのくらいの株価でも高くないと思ったのかな?
そのまま持っていたらそれから1300円くらいまで全体相場の下げにしっかり便乗して下がって行った。
その間、たしか2010年だったかを除いてずっと増収増益だった。
と言って、けっしてPERとかPBRとかから見て割高だったから下がって行ったのではないと思う。
ここのところはだいぶん上昇してきているけれどもそれでもPERやPBRから言ったら今で8倍とか0.7倍とかの計算になる。。。

配当金の話に戻る。。

そこで考えた。。

配当が年に資金の2%入ってくるとして。。
100万円の資金が配当分だけの増額で年を追う毎にどうなっていくかというと。。。
100,102,104,106,108,110,113,115,117,120,122,124,127,130,132,134,137,140,143,146,149

なるほど。。。
10年で約2割増え、20年で約1.5倍。。


でもっと考えた。
サカイの配当金が年間60円で変わらないとして、株価1500円の時に買ったなら配当の割合は4%。

配当が年に資金の4%入ってくるとしたら計算はこうなる。。。
100,104,108,112,117,122,127,132,137,142,148,154,160,167,173,180,187,195,203,211,220

10年で約1.5倍になり、20年で約2.2倍。。


ということで株価の低い時に買ったほうが同じ配当金ならぜんぜん有利。
だから、相場の悪い時に思いきって買えるかどうかということなのだろう・・・・。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村



mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2012年08月30日

SONYの記録的な12時間株主総会

日経8983▲86(−0.95%) T743▲6.24(−0.83%) 大15506(−0.17%)
東22250(−0.31%) 大23277(−0.39%) J50.29(−0.14%) M331(−1.16%)
出来高13億4676万株 売買代金7837億 騰落レシオ110 単平均212
バルチック718 小麦905 金1663 銅347 原油95
米ドル79.55  ユーロ99.65 元12.36

新高値19
日比谷総合設備1982、ヤクルト2267、アサヒ2502、キッコーマン2801、アイカ4206、ロート4527、東和薬品4553、オリエンタルランド4661、ミルボン4919、横河電機6841、ジーンズメイト7448、黒田電気7517、コロワイド7616、ユニチャーム8113、タカキュー8166、平和堂8276、グルメ杵屋9850、JKホールディング9896、ジェコス9991

新安値46
ユアテック1934、双日2768、ハニーズ2792、東洋紡3101、セントラル硝子4044、関東電化4047、三洋化成4471、クレスコ4674、東海カーボン5301、日本カーボン5302、神戸製鋼5406、中山製鋼5408、合同製鐵5410、山陽特殊陶5481、日本金属5491、日立電線5812、東京製鋼5981、森精機6141、日阪製作6247、コマツ6301、石井鐵工6362、酉島製作6363、NTN6472、日本トムソン6480、大崎電気工6644、ナナオ6737、京三製作6742、SMK6798、オプテックス6914、千代田インテグレ6915、図研6947、ローム6963、双葉電子6986、大同メタル7245、タカラトミー7867、大建工7905、イオン8267、ユニー8270、セイノー9076、商船三井9104、川崎汽船9107、NS海運9110、飯野海運9119.TBS9401、四国電力9507、北海道電力9509




先日、ソニーのことを日記に書いていた時に、検索中に知ったのだけど。。。



1984年1月30日のソニーの株主総会は、12時間半という記録的なマラソン総会となり、『総会屋は死なず』、という衝撃を世間に与えた。(Wikipedia より)


これはいったいどういう総会だったのだろう。。。



これに遡ること3年前の1981年。
商法改正により、総会屋に金品を渡すと刑事罪になるようになった。
また、単位株制度導入により、単位株未満の端株では、株主総会に出席できなくなり、これを持って出席していた多くの総会屋が排除された。

改正後、企業側も総会屋に金品を渡す代わりに、株主総会での執拗な総会屋側の発言に対抗する姿勢を打ち出すようになり、弁護士の立会いのもと総会が法令にそって正しく運営され決議されるよう、長時間総会覚悟で対抗するようになって行った。

のだそうだ。


ところで、総会屋とは?



日本において、株式会社の株式を若干数保有し、株主としての権利行使を濫用することで会社等から不当に金品を収受、又は要求するものをさす。
1981年、97年の2度の商法改正により、その活動が著しく制約された現在、警視庁がその活動を確認できるのは400人弱とされる。(1970年代後半には推定人数8000人を超えたとされた。)

総会を仕切る実力者が幹事総会屋(与党総会屋)。
総会のリハーサルから進行係のサクラとして参加。会社の説明に、「原案賛成」「異議なし」「議事進行」と、いわゆる『シャンシャン総会』にさせるのが仕事。ただし、会社側の態度、対価によっては総会荒らし屋に転じる。

総会荒らし屋(野党総会屋)
総会で無意味な発言や質問、スキャンダルに関する質問を繰り返し、議場を混乱せしめ己の存在を認めさせた上でその行為を止めることへの「対価」として利益を得ようとする。しかし、会社との接触を機に与党総会屋になるものも存在する。(参照:Wikipedia )



サカイ引越センターは大阪に本社のある会社なので、株主総会は大阪で開催される。
けれども、東証にも上場しているので、毎年、総会の時期の日曜日に、東京でも株主懇談会と称する、会社の事業報告会と、株主の質問に答える会が開かれる。創立40周年ということで去年と今年は初めてパーティも。。
でもって、その時の創業者である会長の話の中から、もう、2回くらいは聞いたと思うのだけど、昔は、株主総会の時には、会社側と株主側の間にバリケードが置かれていた。
だから、そういう総会ではなくて、バリケードなしで、株主と直にいろいろと話のできる今のような総会が長年の夢だった。。。



あっ、そうだ。これも思い出した。
友人は若い時に大きな会社の総務部に勤めていたのだそうだ。
でもって、株主総会の時には受付もしていた。
封筒が用意されていて、中に100万の札束。。。
受付に見えた人の中で、課長に封筒〇〇枚お渡ししてと言われた人にはそうする。
でもって、その課長をみていて、総会の時期にはかわいそうなくらいたいへんそうだった、と言っていた。



ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村




mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2012年03月27日

潜在株式とは

日経10255△236(+2.36%) T872△20.60(+2.42%) 大17945(+1.38%)
東22450(+1.4%) 大23860(+0.29%) J1377(+0.37%) 53.31(+0.11%) M375(−0.53%)
出来高22億6636万株 売買代金1兆4191万株 騰落レシオ124 単平均244
バルチック912 小麦659 金1685 銅386 原油107
米ドル82.93 ユーロ110 元13.14

新高値122
太平工、東鉄工、日揮、昭和産業、テンプ、江崎グリコ、宝、ローソン、カワチ、伊藤忠、キャンドゥ、ひらまつ、アルフレッサ、ハニーズ、キッコーマン、味の素、キューピー、永谷園、ロックフィールド、JT、わらべや、クリエイト、八洲電機、帝国繊維、セブンアイ、アルファ、アイカ工、アステラス、エーザイ、ロート、久光、参天、ゼリア、大塚、東急コミュ、伊藤忠テク、大塚、大成ラミック、横浜ゴム、大阪製鐵、住友鋼管、三和、ユニプレス、ツガミ、アイダエンジ、サトーホールディング、チヨダ加工、マースエンジ、日立製作、OKI、アイホン、ホーチキ、日本航空電子、横河電機、日本光電、シスメックス、エンプラス、日産車体、NOK,プレス工、シマノ、中山福、ライトオン、アドヴァン、ハウスオブローゼ、スギ、愛知時計、ニコン、タムロン、伊藤忠商事、豊田通商、ファミマ、スターゼン、山善、西華産業、佐藤商事、ユニチャーム、デサント、モスフード、いなげや、チヨダ、青山商事、しまむら、エイチツーオー、原信ナルス、ユニー、イズミ、ゼビオ、PALTAC、あおぞら、大垣共立、北国、山陰合同、四国、十八、琉球、テーオーシー、リロ、グランディハウス

新安値0




潜在株式とは、現時点で普通株式として存在はしていないが、新株予約権(転換社債)のように、普通株式を手に入れることができる権利や、ストックオプションなどのように権利が行使されることにより潜在的に増加する可能性がある株式のこと。

現在のところ企業は1株当たり利益(EPS)を発表しているが、このほかにも「潜在株式調整後1株当たり利益」も公表している。
これは、潜在株式が普通株式に転換された場合、株式の希薄化が起こりEPSが小さくなるためである。

投資をする場合、単純なEPSだけで企業を評価すると思わぬ落とし穴に落ちることもある。
特に業績悪化などで優先株を発行した企業などはその優先株は将来1株が10の普通株に転換できるなどの条件が付いた種類株式を発行していることもままあるので、そういう点も注意したい。。(金融・経済用語辞典)


なるほど。以前から、あれってなんなんだろう?とばくぜんと気にはなっていたのがなるほどって感じに分かった。。

あらためていくつか決算短信を見てみたら、この「潜在株式調整後1株当たり四半期純利益」の欄が、横棒一本の空欄って会社も多い。
「潜在株式調整後1株当たり利益」は1株当たり利益の希薄化が生じる場合に意味を持つものだから、調整後の数値のほうが大きくなる場合には調整後情報の注記は必要とされていない、と説明には書いてあったから、これが、その注記は必要とされていない、に当てはまるのかな??


決算短信にはいろいろなことが書いてあるけど、それが全部すらすらと読めるかと言えば、なかなかさっぱりで。。
だけど、短信って言うくらいだから、ひとつひとつが要領よくまとめてある大切なことなんだろう。。。

たとえば、サカイ引越センターの短信。
潜在株式とういうことで、それについてこんなことが書いてあった。
今まではほとんどこういうのスルーだと思うけど、目に入るようにくらいにはならないとな〜・・・・。

『当第2四半期会計期間より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30日) 及び 「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用方針」(企業会計基準適用指針第4号 平成22年6月30日) を 適用しております。

潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定にあたり、 一定期間の勤務後に権利が確定するストック・オプションについて、権利の行使による払い込まれると仮定した場合の入金額に、ストック・オプションの公正な評価額のうち、将来企業が提供されるサービスに係る分を含める方法に変更しております。

なお、これらの会計基準等を適用しなかった場合の前第2四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額への影響はありません。』


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村



mihoyoko2006 at 23:30|PermalinkComments(0)

2012年01月11日

サカイ引越しセンターの社内報

日経8447△25(+0.3%) T733△1.54(+0.21%) 大15780(+0.1%)
東22134(+0.2%) 大23317(+0.1%) J1187(−0.07%) 48.25(+0.29%) M384(−1.05%)
出来高16億5737万株 売買代金8691億 騰落レシオ99 単平均212
バルチック1258 小麦639 金1637 銅350 原油101 
米ドル76.94 ユーロ97.80 元12.18

新高値26
ミサワホーム1722、NIPPO1881、ライト工業1926、米久2290、ダイユーエイト2662、ハードオフ2674、クスリのアオキ3398、三協立山3432、イオンファン4343、セントラルスポ4801、日本橋梁5912、フジテック6406、ナカヨ通信6715、日産車体7222、極東開発7226、ドウシシャ7483、コロワイド7616、カメイ8037、ゴールドウィン8111、サンゲツ8130、ケーヨー8168、イズミ8273、松竹9601、スバル興行9632、ベルク9974、やまや9994

新安値6
DeNA2432、イーピーエス4282、ダイキン6367、スミダコーポ6817、アシックス7936、ダイビル8806



サカイ引越センターは株主にも社内報を送ってくる。
なかなかアットホームで親しみやすい社内報だ。
ユニークなのは、配偶者誕生日お祝い金のことについてのお知らせ。
副支社長以上の配偶者にはお誕生日に10万円。それ以下の社員の配偶者には5万円のお祝い金が毎年出る。(ただし、それには条件があって、運転免許証に携帯電話違反やシートベルト装着義務違反の記録がないこと。アンケート葉書の評価で「悪い」「大変悪い」が5件以上ないこと。遅刻早退、欠勤(3日以上)、労災欠勤(8日以上)をしていないこと。車両事故がないこと。長髪でないこと。)

なかなかいいね。最近は結婚年齢が遅くなっているから、その対策になる。。
ついでにどうせなら、子供の誕生日にもお祝い金を出すようにすればいいのに。
少子化対策に貢献ということになるじゃないか。。。


でもって、今号の特集は『第2四半期決算報告書を読み解く』。。

「これまで、新年号では第2四半期決算報告書を取り上げてきましたが、今回は一歩踏み込んで決算報告書を読み解くというテーマです。一般にはなじみの薄いものですが、グラフや数字が何をものがたっているのか理解すると、会社や業界の景況と将来を知ることができます。自分の勤める会社の現状がわかると、目の前の仕事に取り組む姿勢も違ってくるのではないでしょうか。」

と書いてあって10ページに渡り、IR資料と決算書をわかりやすく読み解いていく。

ということは、今回のサカイの中間決算は会社としてはまあ満足のいくものだったのだろう・・・。
そうだね、売上前期比+11%、営業69%、経常68%、純利益79%増だ。。
当初の見込みより大幅売り上げ増となったため、10月に業績予想の上方修正を発表しました、と書いてある。

サカイを取り巻く事業環境は、引越し業界と密接な関係にある住宅業界の環境に影響を受ける。
新設住宅着工件数は、震災の影響が見られる3月を除き、2010年6月頃から回復。9月までの累計では前年対比6.1%の増加。よって作業件数も累計で前年対比7.1%増加した。
競争激化により3年連続作業単価下落が続いていたが、今年2月から前年対比プラスで推移。が、今後も消費者の節約志向や相見積での価格競争で、引越し単価のマイナス傾向は続くと思われる。需要が少ない時期にどれだけ受注を取れるかがポイントになってくるだろう。

とか、全国、県別にシェアがどのくらいなのかというのが一目でわかる地図とか引越し各社の売上高推移の業界図など、いろいろと社員用にわかりやすく書いてある。
だから、社内報というのはその会社の内側の様子が垣間見えて面白いと思う。
といっても、社内報を送ってくる会社は今のところはここ以外にはたしかないけど。。

ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村



mihoyoko2006 at 23:59|PermalinkComments(2)

2011年06月27日

『引越しは引越しのサカイ」 の 創業40周年

日経9578▲100(−1.04%) T825▲7.56(−0.91%) 大17140(+0.18%)
東22310(+0.22%) 大23735(+0.22%) J1246(+0.01%) 51.48(+0.14%) M444(−0.57%)
値上がり418 値下がり1122
出来高16億3253万株 売買代金1兆60億円
騰落レシオ105 乖離率0.68 ストキャ82
バルチック1424 小麦661  金1501
米ドル80.92 ユ−ロ  ユーロ115.42

新高値20
ヤマト1967、カルビー2229、ルネサンス2378、ローソン2651、ブックオフ3313、トーカロ3433、 ベリサーブ3724、日ケミファ4539、日本空調4658、鬼ゴム5196、太平洋セメ5233、カナレ電気5619、ダイニチ5951、東プレ5975、キッツ6498、シスメックス6869、極東開発7226、カルソニック7248、ナカバヤシ7987、山善8061

新安値4
三井ホーム1868、TAC4319、任天堂7974、新生銀8303


TACは上場来安値って出てたけど。。。
これは1ヶ月ほど前に安値更新銘柄になってた時に、公認会計士未就任問題のことを検索したりしたからよく覚えているのだけど、それからけっこうすぐに値上がりランキングに入ってたりしたこともあったから、てっきりあの頃が底値でもっと反発してるのかと思ってたら、つまり結局また新安値なんだね。。。
でもまあ、チャートをみてみたら今はほとんどこの前と同じくらいのところを横ばいって感じだから、まだどうなるか分からないよね。。
株ってなかなかどう動くかはほんと、なってみるまで分からないな〜。。。



サカイ引越センターが今年創業40周年ということで、記念誌を出した。

40年前、夫婦お二人で始めた町の小さな運送会社がここまで大きくなったのだからほんとすごいよね。
一般運送業の仕事のない、トラックの遊んでいる土、日に引越しが多いことに目をつけたのが始り。

もちろん、あまたたくさんひしめく引越し屋のトップになっていくんだから、田島会長、社長夫妻の商才は並外れたものがあったんだろうな。。
記念誌はためになる経営本だ。

サカイと言えば、徳井優氏のキャラでブレイクしたCM。サカイの知名度と業績にとって大成功だったよね。
そのCMについての話もいろいろと載ってた。

まずは、大ブレイクのきっかけとなった、日本語学校の教師編。
当時は「引越しセンター」の名がつく会社が多く、せっかく見積もり無料とかのアイデアをCMで提供しても別の引越しセンターのものと思われてみたりする。
それを解消し、『引越しのサカイ」というフレーズの知名度アップをCMの命題にしたい、と、田島会長は考えた。
で、単に『ひっこしは、引越しのサカイ』を連呼しても、それでは選挙活動の連呼と同じになってしまうので、もっと不自然にならないように、ということで、日本語学校がシチュエーションとして浮かび上がった。。。

それとか『べんきょうしまっせ!引越しのサカイ編』は、関東に進出、横浜に第一号支社が誕生した頃のCMで、最初は知名度の低さから仕事がなかなかもらえなかったのが、このCMのフレーズが流行し、フジサンケイグループの広告大賞も受賞したりしたことで脚光を浴び、またまた事業エリアの拡大に貢献してくれた。

でもって、関東では「べんきょうしまっせ」が「べんきょうしません」に聞こえるなど、方言ならではの計算ミスもあったが・・・。
と書いてあったので、そういうことは知らなかったから、ふ〜んそうなんだ〜・・・。と思った。
本当に、あれが、関東の人が聞いたら、「べんきょうしません」に聞こえるんだろうか?

『引越しのサカイ CM』


でもって、この、創業40周年記念誌の表紙の題は『その先へ』。

ここが大事だよね。
次の創業50年に向けての目標は、現在ある関東圏の支社を目標の50支社にし、達成後には分社化して100支社達成を目指す。関東市場におけるサカイの優位生を確保していく。
一方、長年の懸案である海外市場への進出を本格化する。
ネットによる受注拡大を重要課題のひとつし、これにたいしてはあるアイデアをもっているのでこれの実現を目指す。これが実現できれば、前年比200%の受注も決して不可能ではないと考えている。
この時代に200%?と思われるかもしれないが、かってサカイは年商100億を4年で200億にまで伸ばした実績がある。この時も、誰もが実現不可能な数字だと思っていたに違いない。しかし、不可能を可能にするところに企業経営の醍醐味があり、またそれが会長としてのわたしに与えられた使命のひとつであると考えている。


それともうひとつ。
今のぜんぜん、様変わりのCMに大変身したのは、認知度を高めるという目的は十分に達成できた。
面白い、安いサカイという視聴者のイメージだけではなく、これからは技術力をアピールする内容にし、『品質のサカイ』というイメージとブランドを確率して行く、という次の目標のため。


ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村



mihoyoko2006 at 23:59|PermalinkComments(0)

2011年05月26日

ノバレーゼのすしバー

日経9562△139(+1.48%) T827△9.34(+1.14%) 大17031(+0.34%)
東22225(+0.34%) 大23641(−0.1%) J1224(+0.14%) 51.38(+0.53%) M453(+1.66%)
値上がり1200 値下がり322
出来高16億1643万株 売買代金1兆1707億円
外国証券寄り前 売り1290万株 買い1450万株 差し引き160万株買い越し
騰落レシオ83 乖離率−0.97 ストキャ15
バルチック1446 小麦796  金1527
ドル/円 81.79 -0.18  ユーロ/円 115.91 +0.44  10年国債 1.15 +0.03

新高値8
2168 パソナ2168、アイロム2372、シップ3360、グリー3632、マルワ5344、タツタ線5809、コンドー7438、ケーズ 8282、角川94779477


立花証券は26日付けでソディックの投資判断を「強気」に。
12年3月期連結業績予想は売上前期比5.1%増の570億円。経常利益前期比36.9%増の54億円。
引き続き中国向けが好調。欧州向けもドイツ自動車産業の投資再開が追い風に。

と、なかなか業績が好調らしいけど、株価も一時の100円台から今500円台まで好調。
だけど、昔、わたしがソディックでデイトレみたいな取引していた時にはたしか1000円台半ばだったような気が?
その前はだいたいずっと下は100〜500円台、上は1000〜1300円台の大きな波のボックス相場みたいにも見えて(ただし、月足20年チャートで見てだけど・・)、そういう目でみるとけっこう値幅が大きい株だな。。。

ソディックってのは放電加工機世界2位、国内首位というのがいいなと思ってて、だけど株主持分比率が30%なのが気に入らなくて、それにPERもPBRもあまり低くはないと思っていたのが、ある時ふとみたら130円になってるのに気がついて、その時はさすがにえ!?と思って調べてみた。
そうしたら、あたりまえだけど、業績すんごい赤字で、だけどPBRはさすがに0.2倍のめちゃ低PBR銘柄になっていた。。
だから、わたしが知ってるソディック値段から10分の1以下になって、今また、そこから5倍になって。。。

もちろんそこには業績の推移が下地にあるのだけど、、そういう変化を掴まないといけないんだろうな・・・。。


コスモ証券は25日付けでサカイ引越センターの投資判断を新規B+、目標株価2000円に。
今期営業利益3.9%増だが足元の状況は震災による期ズレ案件の上乗せもあり引越し件数は会社予想を上回って推移。平均単価も計画以上に回復。コスモ証券では今期営業利益8.3%増と予想。
全国に114拠点、146支社を有しており全国シェアは件数で14%程度。
このうち関東地区は34拠点、46支社を展開。件数シェアは7%。まだまだ伸ばす余地があるとみる。

と、珍しいことサカイ引越にニュースがあった・・・。
投資判断がBとか2とか言うのは、思うのだけどいちばんいい。なぜならこれからまだ投資判断を上げれるから。



ノバレーゼがこの2月から銀座の並木通りに、寿司ロールと和食創作料理中心のすしバーを開店して、その割引チケットがあるので行って来た。
なかなかおしゃれな空間で、ビルの8Fで国際フォーラムが目の前に見える位置で、お酒も食べ物もおいしいわりにはまあ、リーゾナブルな値段だと思った。(お任せコース料理にしたら、意外にフランス料理風(?)の牛フィレ肉の小ステーキも一品に出てきたのだけど、それがソースも焼き具合も抜群だったのには驚いた)。。けっこうお客の入りもよくて、近場のOL風の女性客が多かった。ノバレーゼは結婚式場会社だから、その流れで行くと自然とそうなるのかな?
本社がちょうどすぐ近くの銀座のメイン通り、洒落た処にあって目立つ。周りはシャネルとかカルチェとか若い女性に受けそうな高級ショップのビルが並ぶ雰囲気の一角。そういえば、このスシバーもそうだ。近くにはブランド横文字ショップが多い。
家賃も高いだろうけど、たぶんそれは戦略のひとつとして仕方ないことだと思っているんだろう、、たぶん。

ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村




mihoyoko2006 at 23:59|PermalinkComments(0)

2010年08月29日

庶民が「米の飯」を腹いっぱい食べれるように『カラ売り』する。。。が「ヤマタネ」のルーツ

ヤマタネの創業者山崎種二さんは、戦前の米相場の時代から、「売り方」の英雄として有名。


歴史において、何かが仕手戦になるほどの大商いになった時、素人筋は買いがわかりやすいこともあって、「買い方」に追随する人が多い。市場の人気もおおむね買い方について、沸騰する。
史上、相場師としてもてはやされた英雄たちの多くは、だから「買い方」であり、やり口も派手なら、生活も派手。そして、人気も派手。

それに対して、同じ英雄でも、山崎さんはほとんど売り一方、「売り方」の大将だったが、そうなったのには、理由があった。

米相場において、買占めや買い漁りをやれば、結果は米価を釣り上げ、庶民の生活を苦しめることになる。
だが、売り浴びせによって値を下げることになれば、庶民に喜ばれることになる。

それは、山崎さんにとっては、社会主義をうんぬんすると言うことよりも、貧しい家に生まれ、「米の飯を腹いっぱい食いたい」と思い続けてきたことにたいする、痛烈に肌で感じる理屈。


それに加えて、計算上でも、買いよりも売りによる儲けのほうが、値打がある。

買い方が値上がりによってある程度の利益を上げたとしても、米中心の世界では、米価の値上がりによって一般物価も上昇し、利益はそれだけ値打ちも減る。

これに対し、売りによる儲けは、利益の実質的な値打ちは物価の下落分を入れるとさらに増大する。

そういったことから、右手に信念、左手にソロバンを持って、用意周到、粘り強く売り向かう。

敵に回せばこわい相手であり、このため、戦前からの米相場や株相場を通して破れた買い方たちは、山崎種二さんを「悪役の大将」のように仕立ててきた。


その山崎さんは、「日本人に生まれてよかった。」と、心底からそう思う。
米食民族は他にもあるが、これほどうまい米を最高にうまく炊いて食えるのは、日本人だけである。「銀メシ」というが、銀でできたように貴重な食物。そのためには、等量の銀を払ってもいいほどの食物だと思う。
見た目が美しく、味がすばらしいだけでなく、無数の米粒は、体内に入ると一挙に高単価のガソリンに変わり、強烈な炎を上げて燃焼する。。
日本人の無類の勤勉も、知恵も、根性も、すべて米のエッセンスから出てくるという気がする。。


だって。(城山三郎さんの小説『百戦百勝』より)


お米って、たしかにほんと、おいしいよね。
いちばん、飽きがこない、最上のグルメって『上手いお米』、かもね。 



つけ足し
米と言えば、株を持ってれば、けっこう株主優待とかでお米を送って来る所ってあるよね。

それでもって、「魚沼産コシヒカリ」ってのが、一般的にまあ、多い?。
と思うのだけど、サカイ引越センターは、100株で5キロの「岩手産ひとめぼれ」を送って来る。

これが、わたし的には、一番おいしい。。
ひとめぼれって、コシヒカリに比べて少し粒が大きめでコシもしっかりしてるから、微妙な所で今使ってる炊飯器に合ってるのかな?とも思うのだけど。。
それで、最近では買ってくるお米もなるべく、ひとめぼれを選ぶようになった。。んだよ。 


ついでに
「ひとめぼれ」で検索してみたら、ちょうどこういうのが出てきたから、ついでに紹介。

最近日本のお米で最も一番最高に美味しい岩手県水沢江刺産と最も一番最高に上手い...



ランキングに参加しています。皆様の一票宜しくお願い致します
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村




mihoyoko2006 at 08:55|PermalinkComments(0)

2009年08月24日

みずほ証券、日本企業の2009年度業績見通し前年比10%経常減益→17%増益へ改め。

日経10581△343〈+3.35%) T970+23(+2.4%)大19734(+2.1%)
東22325(+0.55%) 大24226(+2.03%)J1241(+0.5%)
M453(+0.88%) H640.06〈+1.09%)
値上がり1526 値下がり109
出来高17億5898万株 売買代金1兆3049億円
外国証券寄り前 売り1000万株 買い1720万株 差し引き720万株買い越し
騰落レシオ125 乖離率3.2
バルチック2468 小麦459
ドル/円 94.79 ユーロ/円 135.76 10年国債 1.32

新高値156
サカタ、ガス開発、東鉄工、ユアテック、トーエネ、日電設、三機工、NECネ、ダイダン、東芝プ、アコーディ、ヤクルト、NECフィ、パゴルフ、アサヒ、四国コカ、不二油、サンエー、トーメンデバ、片倉、マツキヨ、ココカラ、日本毛織、SUMCO、マクロミル、ティーガイア、昭和電工、日産化、太陽日酸、高圧ガス、戸田工、ステラケミファ、日触媒、協和キリン、宇部工、日化薬、フェイス、サイバネット、電通、ハリマ、大日住薬、みらか、生化学、栄研、関西ぺ、ダイオーズ、ダスキン、パーク24、ファルコ、ユー・エス、東京個別、長谷香、小林薬、住友ゴム、クリエート、バンドー、特殊陶、MRRUWA、ニチアス、日亜鋼、DOWA、住生活、リンナイ、東プレ、三浦工、OSG、新川、ワイエイシイ、月島機械、鶴見製、荏原、アネスト、大和冷、日精工、日トムソン、THK、日ピラー、メルコ、日信号、京三製、TDK、ヨコオ、マクセル、横河電、電子材料、シスメックス、オプテックス、JDL、日電子、パナ電工、いすゞ、日野自動、ティラド、KYB、プレス工、ヨロズ、シマノ、ナガイレーベ、良品計画、メディ・パル、ドウシシャ、ユニマット、エクセル、エスケイ、シークス、京都友禅、白銅、キヤノン、SRIスポーツ、フジシール、小松ウォル、パラマウント、丸紅、長瀬産、紙パル商、東京産、カナデン、東スタイル、東邦、木曽路、滋賀銀、鹿児島銀、沖縄銀、愛知銀、リコーリース、極東証券、三井不動、サンケイビル、大京、イオンモール、東武、京王、京成、ハマキョウ、名鉄、山九、日新、日石輸、福山運、セイノー、国際航業、三菱倉庫、郵船航空、NECモバ、松竹、葵プロ、日立情報、アイネス、山田電、ミスミ、タキヒョー、スズケン

新安値1


ナガイレーベン7447・・・衛生白衣の最大手。シェア5割超。静電・抗菌加工など機能性商品に定評。


戸田工のパワーはすごいな〜。。
アナリストレポートをまだどこも出していない。今回の材料での成長性は今の会社全体の売り上げ規模並。そういうレポートがすぐ出るはず期待ってニュースもあった。。



MVニュースより。
みずほ証券では日本企業の業績見通しについて、2009年度は前年比10%経常減益と見ていたのを、17%経常増益に改め、日経平均の見通しも9月末12,000円→12月末14,000円→来年3月末は13,000円と予想。
2009年度の増益予想は常識離れに映るかもしれないが、2008年度の経常利益10.6兆円に対し、2009年度会社予想は10%減益の9.5兆円である点を踏まえると、企業売上500兆円強の1%(5兆円)分上方修正されれば、限界利益率30%強を勘案すると1.5兆円の経常利益上方修正、つまり減益予想が増益予想になると解説。

11月は企業の中間決算時の通期予想修正を受けアナリストが2010年度以降を本格的に予想し始めたり、7〜9月期のGDP公表後にエコノミストが2010年度見通しに本格的に取り組むので、期待値の引き上げにより、循環相場の最終局面を演出すると想定。

との記事。。。
納得できれば、ありがたい記事なのだけど、なんか、ぱっと流し読みしたけど、今のmihoレベルではすんなり理解できないで、だけど、興味もったから残しておこうと思った。





取引
なし

数日前にサカイ引越センターを100株、PTSで買った人がいた。
サカイがPTSで値がつくなんてまずはえ?って話しだし、その時の買値も大証の終値よりもえ?って感じに高値買いだったから、世の中、何考えてるのか分からない人もいるもんだ、、それともなにか勘違いか間違いでもしたのかな?なんて思った。
だけど、翌日から、まあ少しずつ値が上がって、今日もけっこうしっかりだったからあの買いは、翌朝買ったほうがベターだったのは確かだけど、でも、間違いではなかった。。。
しかし、サカイをずっと見ていると、ずるずるっと下がって、あるところで出来高増えてきれいなローソク足もできて、これは上がるんじゃないかと思うと本当にそれから上がって、それが長く続く時とそうでもない時と、それはいろいろだけど、ある程度上がったらずるずる落ちて、、つまり、下で買いだめして、少しずつ買い上がって上で上手く売リ抜けて、それの達人と言うか、主がいるんじゃないかと思うことある。。。

スタンレーは野村が目標株価を1600→2100円へ引き上げ。これで、少なくとも3社〈野村、モルガン、UBS)が2000円以上としたので、2000円処でうろうろしてくれるかもしれない。

先週、タビオとノバレーゼを一部入れ替えみようかどうか迷って、結局ノバレーゼは業績好調だけど高い?ということで止めた。けど、どうだったんだろう??
ここで終わりじゃなくて、どうなるか結果を見続けないといけないな。。
高い安いじゃなくて、伸びるほうにつくべきだ・・・・。



7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング・・・患者本人の細胞を培養して軟骨などに製品化する再生医療製品の製造販売承認を厚生労働省に申請。

6954ファナック・・・野村証券。長期では12,000円(PER20倍)へ達する可能性。中国、韓国などアジアの売上比率が4割と高く、NC装置事業は成長地域のアジアでシェア5割以上。

mihoyoko2006 at 23:59|PermalinkComments(0)

2009年05月12日

いいね〜

日経平均9298▼153(−1.6%) T885▼15(−1.7%)大17514▼114(−0.7%)
東21949▼8(−0・09%) 大23583▼12(−0.3%) J1061△1.98(+0.17%)
値上がり492 値下がり1102
出来高25億2196万株 売買代金1兆6445億円
騰落レシオ106 乖離率4.6 
バルチック2215 小麦581
ドル/円 97.32 ユーロ/円 132.51 10年国債 1.44

新高値81
東急建設、大和小田、浅沼組、PS三菱、東洋建設、日特建、アイロム、山下医、ミツコシ、御幸、旭化成、宮地エンジ、東ソー、カネカ、三菱ガス、住友べ、ぴあ、ADEKA、沢井製薬、日本ペイント、パーク24、新日石、BPカストロ、AOCHD、旭硝子、日山村硝子、日金工、リョービ、洋カン、ハルテック、ネツレン、東京鋼、タクマ、日東工器、津田駒、オイレス工、ワイエイシイ、小森、酒井重、ダイキン、木村加工、CKD、アマノ、JUKI、日トムソン、前沢工、安川電気、NEC、三洋電機、SMK、船井電機、新電元、堀場製作、ローム、日東電工、IHI、日車輌、新明和、河西工、愛知機械、今仙電機、三城、ガリバー、壱番屋、クボテック、クリナップ、ベスト電器、イオン、芙蓉リース、東センリース、SBI、オリックス、NECキャピ、有楽地、小田急、TBS、NECモバイル、インボイス、学研、トランスコスモス、やまや

新安値6
コーエーテクモ3635、丸一鋼管5463、スズデン7480、ハウスローゼ7506、エイベックス7860、テレビ東京9411



エンジュクの「投資日記ステーション」より

最近のタイトルの中に「株価が上がって困る人はいない」ってのがあった。
http://ikeda.enjyuku-blog.com/archives/2009_05_post_265.html

そうだよね〜。世界中の株価が程よく右肩上がりに上がっていく時代が来れば、世の中全体、人の暮らしも右肩上がりで皆が幸せになれる。


ついでに、これ。
「バフェット氏はチャンスに投資出来てないことを問題視?」
http://hamaguchi.enjyuku-blog.com/archives/2009_05_post_206.html

(私は)特定の投資でそれほど大きな損はしていない。よく分かっていたのに投資しなかったことのほうが問題だ。

だって・・・。
チャンスをちゃんとチャンスなんだってこと、確信をもって分かるようになりたいもんだ。


ついでのついでに、「今日の市況」の未来かたるさんの今日の市況
http://www.irnet.co.jp/s-today/index.html

かたるさんは基本的に万年強気。人間は普通、今より良い暮らしを求め努力するので株は高くなるのが普通。
これもいいね〜(て、万年強気ってのはちょっと危ない気もするけど)

名前もいいね。
あたしも改名して、、、そうだな、、、夢もつこ、にしようかな〜。。





取引
今仙電機
ローランド
サカイ引越センター

今仙は昨日の場中に決算出て、その時売った。
だけど、夕刊にホンダのインサイトが一番に売れてるって記事が出て、今仙はインサイトの部品を扱ってるのでさいさきいいかな?どうなんだろう?もう来期予想にはそのこと入ってるのかな?PBRから見たら、まだまだ買えると思うからもう少し持っててみようかな。。でも、自動車関連って、けっこうもう持ってるし。。。
などと迷ったのだけど、結局、決算の気に入らないローランドと少し入れ替えて見ることにした。。
今日は場中にサカイの決算。で、これもローランドと入れ替えてみた・・・。。

mihoyoko2006 at 23:16|PermalinkComments(0)

2007年07月25日

思い込み投資

スタンレー電気について。

去年の9月22日と今年の2月9日の日記にLEDヘッドランプとスタンレー電気のことについて書きましたが、もう一度、その一部より。

『自動車技術の展示会「人と車のテクノロジー展2006」が5月24〜26日に開催されました。

多くの車載部品メーカーが、数々の最新技術を出展し、来場者の熱い視線を浴びる中、昨年までとは打って変わって目立たなくなった車載部品があります。
白色発光ダイオード(LED)搭載のヘッドランプです。

この状況はある程度予想していました。

法改正を受け,白色LEDヘッドランプは早ければ2007年にも登場するとみられているためです。
実用化が近ければ近いほど,最新技術は製品の付加価値に直結します。
このため,第三者の目にはなるべく触れないように開発を進めることが多々あります。俗に言う,「地中に潜る」という状況です・・・・・・』


『もう、ポピュラーとなった「LED照明」と銘打つ製品。だが、意外にも照明器具としての「白色LED」は技術的に困難なものでした。

しかし、このたび青色LEDと蛍光体を組み合わせる方式で、100ml/Wと高効率の白色LEDが発表され、昨年末から出荷も始まっています。これがラインに乗れば、効率的で省電力、ランプ切れもないのでランニングコストも低く、しかも水銀などの環境負荷が少ない、究極の証明が完成することになります。

残る問題は、初期コストの高さですが、それでも0.1Wクラスの省電力型で30円程度と、かなり低下しています。これが普通の電球と同等になれば、おそらくLED照明への切り替えは一気に進むことになるでしょう。つまり、1879年にエジソンが日本の竹を用いた白熱電球を作って以来の変革となるのです。

ところで、今までモーターショーでしか見れなかったLEDヘッドランプ搭載の車ですが、国土交通省が使用を認可し、海外でも今年認可されそうなので、もうすぐ、市場で見れると思います。
自動車用ヘッドランプメーカーはいろいろありますが、私はLEDヘッドランプと言えば、スタンレー電気が世界でトップだと思っています。この会社は、LEDそのものに関しても同じことが言えると思っています・・・・』


スタンレー電気は一昨日出した決算がよかったので、今日の下げ相場の中でも上場来高値更新しました。後、任天堂と、ミツミ電機も。。。

任天堂は決算予想、めちゃいいので、あのきれいなチャート、まだまだ続きそうですが、スタンレーはう〜〜〜NN。。。

でも、スタンレー電気って会社の決算、本当によくなってくるのは、まだこれからだと思っているから、下げたら、買い増ししながら、気長に投資でしょう、と思っている。

それで、最近思う。
こういうのって、お気に入り投資とか、思い込み投資、セレブ投資とかって、勝手に名づけようかと。。。

たとえば、サカイ引越センター。これも、いい会社だと思ってる。
実際、決算はよかったから、なんとかジリ上がりで頑張ってくれてはいるよ。。はらはらするけどね。。多分、あの板見てる人は皆そう思ってるかも。。私も思う。なんで、あんな出来高少なくてなんとか高値キープのもの、いつまで、もってるつもり。。。。でも、サカイはやっと4000円越えできたんだよ。。まだまだこれがスタートのはず。。。

たとえば、決算でて、こりゃ下げるなと思ったのにしっかりホールドのお気に入りサンエーインターナショナル。ま、そのうち大きくなってくれるだろうと、思い込み。。。


だけどね〜〜〜。。。。。........。。



取引
先週の金曜日〜取引したもの。
双日、レーザーテック、キヤノン電子、三菱マテリアル、新日鐵、日本金属工業


持ち株は理想としては、5個くらい。多くても10個まで、にしたいので、下がってきてやばいと思ったものはけっこう、あせって損切りしてしまって、その時、せっかく利が乗ってるものも、一緒に利確してトータルでプラスにして、まあ、いいかなと。。でも、今のところ、結局たいした利益は出てないです。一度に投資する金額少ないのもあるけど。。なんだか、買ったり売ったり、ゲームしてるみたい。。。自分なりに一生懸命やってるつもりなんだけどね。。。。



mihoyoko2006 at 21:23|PermalinkComments(0)

2006年10月15日

ダイヤの原石

東証1部の有名企業が一年で利益を2倍にすることはまずあり得ないが、成長過程の新興株が経常利益を10億円から20億円にするのはさほど難しくない。

ただし、ダイヤの原石と石ころが混在しているのが新興市場。
きちんと、成長する会社、具体的には、1株あたり利益(EPS)が増えることで将来的な株価の値上がりを期待できる会社に投資したい。
例えば、年率30%で成長する会社なら、PERが同水準であれば株価は1年後に30%上昇するはず。
現在のバリュエーションが割高でも、1年後、2年後の予想EPSを考慮すれば、魅力的な水準に映る銘柄もある。

なかでも狙い目は、成長性の高いセクターのトップ企業だ。
例えば、飛行機には前輪が1つ、後輪が2つ付いていて、離陸するときは前輪から浮かび上がり、着陸するときは後輪から地面に着く。
マーケットもそれと同じで、あるセクターが注目されると最初に買われるのはトップ企業で、その後2番手、3番手銘柄が上がってくる。
逆に株価が下がる局面では2番手、3番手から落ちていく。
それに、トップ企業は割高感が出て一度下がっても、EPSが伸びれば再浮上する確立が一番高いことも、好まれる理由だ。

また“同業他社”がいないオンリーワン企業を狙う手もある。
その場合、マーケット規模や伸び率、どれだけ競合が参入する可能性があるかを検討する必要がある。
他社に真似できないビジネスモデルがある、ノウハウの蓄積があり他社が参入しても追いつかれない優位性がある会社であれば、有望だ。

また、今後は、“少量多品種”のモノやサービスを提供できる会社も強いとみる。
多様なニーズに応えられて収益を得られるビジネスモデルを確立できる会社は伸びていける。
逆に、単品で勝負する会社は長期投資には向かない。
上場当初は単品でも構わないが、徐々に売れ筋を増やしていける会社でないと長期的に利益を伸ばしていくことは難しいからだ(大和総研 フロンティア企業調査室室長 斉藤さん)


取引

東証、大証2部上場のサカイ引越センター。
全然指数に反応しない、こつこつとチャートが作られていっているようにもみえる、わが道を行く銘柄です。
業績は順調で、すでに中間、通期の上方修正を出しました。
なんとなく、面白い銘柄だな〜と思っています。






mihoyoko2006 at 00:13|PermalinkComments(0)

2006年09月01日

中間配当

2006年度予想中間配当利回りランキングというのがありました。
(時価総額500億円以上の3月期決算企業を対象)

 1位 8564 武富士       2.09%  115円
 2位 8603 日興コーデ     1.57%  22円
 3位 8624 いちよし       1.46%  25円
 4位 8473 SBI         1.41%  600円
 5位 8140 リョーサン     1.36%  40円
 6位 9107 川崎気       1.35%  9円
 7位 8572 アコム        1.35%  70円
 8位 6652 IDEC        1.34%  25円
 9位 7960 パラマウント    1.34%  25円
10位 7455 三城         1.32%  32円
11位 6815 ユニデン      1.32%  15円
12位 4106 ケムキャット    1.31%  40円
13位 9654 コーエー      1.30%  25円
14位 8130 サンゲツ       1.30%  38円
15位 9427 イーアクセス    1.25%  900円
16位 9101 郵船         1.22%  9円
17位 9506 東北電        1.19%  30円
18位 6418 日金銭        1.18%  20円
19位 9437 NTTドコモ      1.18%  2000円
20位 7201 日産自        1.15%  14円
21位 5192 三ツ星べ       1.14%  8円
22位 9104 商船三井      1.14%  9円      
23位 6151 日東工器       1.13%  30円
24位 9744 メイテック       1.13%  44円
25位 1969 高砂熱        1.13%  10円

以下、9536西部ガス、8133エネクス、9508九州電、6960フクダ電、8708阪和興、4536参点薬、2322NECフィル、5929三和シャタ、8574プロミス、9505北陸電、9504中国電、9502中部電、6477ツバキ・ナカ、7840フラベッドH、1961三機工、8325北越銀、8086ニプロ、9938住金物産、1970日立プラ、6444サンデン、4917マンダム、8601大和、4523エーザイ、6412平和、4634洋インキ (東洋経済データより大和総研作成)

と続きます。短期の物色テーマとして、一考ありかも、だそうです。



取引
売り
サカイ引越センター(3,170) 買値(3,000)

サカイは、まだチャートの見方が分からず、思いっきり、3段上げの山のてっぺんから下落始め(今見ると)で買ってしまった失敗銘柄・・・
今、再度高値更新挑戦中。。。。
さらに思うと、これは、今回、上昇始めで買い増しするべきでした・・・・


 

mihoyoko2006 at 01:15|PermalinkComments(2)