わたしは、絵を見ると、その絵を描いた人のことがわかることに気がつきました。

みんなわかると思ってた。


だけど、みんながわかるってわけじゃないみたい。



はじめは、お絵かきするのが楽しくて、この気持ちを共有したくて、パステル教室を始めました。
04ba41cd.jpg


パステル教室やってみて、描いてくれた絵を見たら、いろんなことが描かれていて、いろんなヒントも描かれていました。

だけど、それに気づくのは、わたしだけみたいでした。


絵には全てが描かれているのに、気がつかないなんて、もったいない!

だったら、私が伝えよう!

ぶーちゃんがお話してくれることも、私が通訳しよう!


そんな想いから、アートセラピー は始まりました。


アートセラピー で描いてもらっている「ぶひぶひぶーちゃん」は、絵にその方自身のことが込められるよう考えて生み出したものです。


ぶーちゃんを見れば、その方のことか描いてある。

どんな思いでいるのかとか

どんな道を歩んできたかとか

今、どんな状況だとか

これからのことも。


そして、ぶーちゃんも、あんなことや、こんなことを話してくれる。


アートセラピー をすると、一本の濃厚な映画を見ているようで、とっても感動する。

人生って感動する。

人の想いって感動する。


そして、アートセラピー を受けてくれた方を見送る時、とってもピカピカキラキラしているのに気づく。

その輝きに、私も癒される。


「スッキリしました。」

「また、来たいです。」


この言葉が最後に聞けるのが嬉しい。

だから、アートセラピー を続けている。


あなたと、絵と、わたしの出逢い。

これからもピカピカの出逢いがあることを祈って、続けています。