旧友の庭から届いた大輪の白い花たち。
薄緑と白のグラデーションがとても美しく。
柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)というんだそうです。

水をどんどん吸い込んで
見事な咲きっぷりです。


今日は、昔馴染みの友と
「日本の美・百花繚乱」後期を近代美術館にて。
前期に引き続き、浮世絵の世界を堪能しました。
いずれにしても先人たちは素晴らしかったな、ということです。
在るものを利用して、暮らしを作り上げていく
その様が、版という細かな手法で描写されていて、息をのみます。
そしてね、あの頃の人たちもユーモラスさに溢れていたんだな、と改めて感じました。


10数年ぶりにフランスから帰国した従兄弟とは
兄弟交えて、この数日で
何度か会って語り合いました。

手土産の本場のワインも
近場の居酒屋で持ち込み許してもらってね。旨さも格別。

「ブエナビスタソシアルクラブ・アディオス」を観ちゃったりしたのでね、尚のことかもしれないですが。

そんな昔馴染みとの再会が重なる嬉しさの中で
自分の中の自分とも、こんな感じでチャオ!と向き合いたいな、と思ってみたりするのです。



FullSizeRender