トップページ » 久良岐能舞台

久良岐能舞台

久良岐能舞台 09.03.07-2













久良岐公園の端にある久良岐能舞台。
自然の山そのままに森や池のある久良岐公園とは趣が異なり、日本庭園の中に舞台はあります。
昭和5年頃、野毛山の林光寺住職が隠居所を建てるため、県内各地を探していたところ、この久良岐の笹堀のふところが深く、地勢もよく、月も美しい豊かな自然の景色を大層気に入り、ここに禅寺を建てたそうです。
禅師亡き後、禅堂は中村町の浄光寺に移され、残された庫裡には妻の大井至純尼が住んでいましたが、都市化の波が押し寄せてくるようになり、この風景をそのまま残してもらえる人にと、昭和32年ごろこの敷地建物を実業家の宮越氏に譲渡しました。

その後、能楽愛好家でもあった宮越氏は現東京芸大から不要となった能舞台を譲り受け、昭和40年、この地に復元しました。
そもそもこの能舞台は、、能楽界専務理事であった池内信嘉氏が囃子方育成のため、能楽会の舞台として、大正6(1917)年東京日比谷に建てたものだそうです。その後、東京音楽学校(現・東京芸術大学)邦楽科に寄贈されましたが、昭和39(1964)年、新たに能舞台が作られたため、この舞台は解体されました。
昭和60年には、宮越氏から横浜市に寄贈され、昭和62年10月練習舞台として開館し、平成8年横浜能楽堂の開館によって横浜能楽堂の姉妹施設となりました。

去年、横浜散歩を始めたばかりの頃、西区の掃部山公園のすぐ隣にある横浜能楽堂の見学をしました。
外観や中の造りは綺麗なホールのような横浜能楽堂の中にある、初めて見たお能の舞台は、キンピカピカで、とても驚いたのを覚えています。

そことは打って変わって、この久良岐能舞台はとても落ち着いた雰囲気です。
門をくぐって中に入ると(注・現在この門は工事中でシートをかぶってました。3月25日までだそうです)純日本家屋の久良岐能舞台が。その裏手には日本庭園がつくられていて散策できるようになっています。
庭園内にある燈籠や井筒は、山下町にあった昭和初期の高級アパート互楽荘の中庭にあったものを譲り受け設置したものだそうです。
そして、そこに作られた水琴窟は、とてもよい音色を響かせていました。

能舞台からは、かすかに雅楽の音色がもれ聞こえてきています。
庭園を歩いていると、能舞台から聞こえてくる笙の音と水琴窟から響く澄んだ水音が、よりいっそう和の雰囲気を作り出しています。

一通り庭園を歩いてから、いよいよ能舞台。
外から見ると大きなお屋敷のようで、閉まった玄関に少し躊躇しましたが、思い切ってガラガラと開けて中へ入ってみました。
中へ入ってすぐは事務所になっていて事務の方がいらしたので、
「すみません、中の見学はさせてもらえるのですか?」
と聞いてみました。
「今お稽古の真っ最中なんで、中には入れないんですよ」とのこと。

う〜ん、残念。
お稽古などで使用していないときは、中に入って見学できるし、写真も撮っていいとのことでした。
う〜〜ん、ますます残念。

事務の方が親切にスケジュールを見てくださったのですが、やはり土日の休みは全部埋まっているそうです。ってことは、土日の見学はちょっとムリかも。お稽古ではなく発表会のときは、一般の人も中には入れるそうですが…。
平日の昼間なら空いている時間帯もあるようですが、会社勤めの私にはちょっと難しいですね。
もし、ここを見学される場合は、事前に電話で空き時間を確認してから行ったほうがいいようです。

見学出来ずにがっかりしていると、事務の方が「せっかく来てくれたのだから」と、パンフレットをたくさんくれました。
その中に久良岐能舞台の催し物ご案内があったのですが、狂言や雅楽、日本舞踊の公演などもここで行われるようです。
今まで見たことないので、そういった日本伝統芸を一度見てみるのもいいかなぁと思いました。


久良岐能舞台 09.03.07-1

能舞台の見学は出来なくても、庭園部分を散策するだけでも十分楽しめます。










所在地:横浜市磯子区岡村8-27-1
アクセス:JR磯子駅より市営バス「笹堀」下車徒歩5分 他
駐車場:なし
http://www.kuraki-noh.jp/index.html


↓ご協力お願いします
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 神奈川情報へ
にほんブログ村

ブログランキング【くつろぐ】



お散歩マニア



トラックバックURL
コメント
1. Posted by 横浜十六吋倶楽部   2009年03月17日 08:45
5
おはようございます。
昨日は疲れたのか夕方6時に横になって、そのまま今朝7時まで寝ていました。(笑)
春眠暁を覚えず・・・。ってことかなぁ。

水琴窟のピィン!キィン!って音は良いですね。
私は水琴窟のCDを持っていますが、延々とこの音がしています。
最近では、マンションのベランダ用の水琴窟も販売されているとか。

最近、書道とか茶道などのたしなみがあるといいなぁ・・と思います。
華道はなぜかやってました(謎)
でも、最近お花も活けていないな。
2. Posted by みー   2009年03月17日 23:30
こんばんは。
水琴窟のCDなんてあるんですか!
聞いているとリラックスして、それこそ心地よい眠りにつけそうですね。

私は華道、茶道はたしなみませんが、書道は教室に通ってます。
と言っても、子供の頃通っていて、かなりのブランクの後再開してまだ間もないですが。

一文字書くのにも無心で集中しないと、上手く書けません。
ちょっとでも意識がずれると、字も乱れます。
書道の時間は、私にとってとても貴重な一時です。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星