こんにちは、miinyaです。

この間、主人の親戚の家にある仏壇を閉じるために
お坊さんに魂抜きをしていただきました。

その親戚は戸建てに一人で住んでて、
結婚もしておらず、お子さんもいません。
一番近い親族は妹なのですが、高齢且つ遠方に住んでおり、
ちょっと家の面倒は見れないということで、
親戚の姉の娘(姪)の息子である主人がアレコレ手続きをしておりました。

手続きの一環として戸建てを売却する手続きを取っていたのですが、
それが来月には完了しそうな感じとなりました。
そこで家の中にある先祖代々をまつった仏壇をとじることとなりました。
直系がいなくなってしまったので、継ぐ人がいないのです。

魂抜きをするのは5/20に決まりました。
それに向けて始まったのが掃除です。
主に主人が、ですけど。
お坊さんを招くのに埃だらけというわけにもいかないので、
主人と義父が二人がかりである程度きれいにしました。
私は前日に花束を用意しただけです。

当日はとってもいいお天気でした。
ちょっと早めに着くように行って、仏壇のある部屋をザッと乾拭きして、
義父の家から持ってきてもらった水とお湯(水道は止めてしまったのです)で、
お茶をいれる準備をしたりしてました。

時間よりちょっと遅れてお坊さんが到着。
20分程お経をあげていただき、魂抜きは終了しました。

先祖代々の位牌は永代供養をするまで(来年以降)、
お寺で預かっていただく事になりました。

かかった費用としては、
お布施(義母名義):50,000円
お布施(主人名義):10,000円
お車代:10,000円
合計して70,000円でした。

私たち夫婦も子供ができないまま亡くなれば、
親戚(私の妹あたりかな?)にこういうことをやってもらうことになるんだな、と
ちょっと思いました。

ではでは