中高年 転職 就職 これからどう生きていこうか

中高年転職・就職実況中継ブログ。  自分自身の日々の行動を通して中高年の転職就職事情をまとめていきます。同じ立場の人に少しでもお役に立てれば良いとの思いから赤裸々に綴っていきます。どうぞ同じ立場の人コメント・TBをお寄せください。お待ちします。勿論、その他の人も大歓迎です。

(No.467) 決まって気が抜けた

NEWマーク2



4月から9月中旬までの五ヶ月半でやっとこさ、10月から翌3月までの更新なし六ヶ月間の仕事が決まった。

即刻、選考結果の返事待ちや採用選考待ちの三・四案件に辞退連絡を入れ、今回の求職活動は終了。

選考結果待ちの少し魅力的な案件もあって勿体無いという気持ちもあるのだが駆け引きをする元気さはもうないな。

月平均七件を猛暑の中、近場と隣街まで出かけての選考の受験。まあ、これで十分だろう。

健康保険任意継続関連などで、あと少しだけ雑務が残っているのだが気力が戻るまで放置しよう。


人気ブログランキング

(No.466) 四日連続

土日を挟んでだが、9月5日(水)〜9月10日(月)の四日間連続の採用試験が終わり今日11日(火)は小休止。


明日12日(水)も朝から。来週は火・木。今月は計七回。

終わった四件のうち一件は指定日時までに連絡がなかったのでNGだったんだな。

一件は最も早く試験があったのだけど結果は月末だという。一件は、あと数日で結果が出るらしい。一件は今日中に結果が出るとか。

この結果待ちという時間が何だか落ち着かない。
で、こんなときはブログを書くに限る。


最近の傾向

その1:思想信条や生い立ちなど面接でのNG質疑項目を印刷して先に目を通させる。面接開始時、その用紙は回収する。⇒ 何かトラブルがあったんだろうか?

その2:簡単なPC操作実技または筆記試験。 ⇒ できると言いながら実際にはできない人でもでたのかね?

その3:これは私の経歴からだろうが、「コンピュータ技術者だったということはSNSも強いですか?利用されていますか?」などと目を輝かせて質問がある。

「はい、まあ大手のは実際に個人でやっていますし少なくともIDは持っています。」と答えると嬉しそう。
「個人でやるぶんには、個人の責任だけなので大したプレッシャーもありませんが、組織のを触るとなると緊張しますね。ただ、普段から誤字脱字がないように常に十分気をつけています。」と追加する。

少し前までは、ブログを書いていると言うと面接の場では敬遠されたものだ。何か書かれるのではないか?という疑心暗鬼が生まれるようだ。

なのでブログを書いているということは封印してきた。
それなのに猫も杓子もSNSをやるような時代になっている(のかね?)。どうせ直ぐ飽きられる世界なのに。
まあ、組織でもやっていないというだけで遅れていると思われるから仕方なくやっているというのが正解だろう?

太古の昔に戻った感じがする。昔は、コンピュータは万能という錯覚を一般の方はお持ちだった。
できること・できないこと説明するのに四苦八苦したり、難易の逆転(これは楽でしょう?、これは難しいんでしょうねぇ?という顧客の判断がほぼ100%逆だったこと)に苦しめられることもあったが、たまには「難しいんでしょうねぇ?」の誤解を「お商売」ネタに使って楽に稼がせていただいたこともあったなぁ。

広報の基本である、顧客と組織との間に信頼関係を構築するという大事なもの・ことのためにSNSを活用するというのが本筋だと思う。

それを、こんな臨時的任用職員に期待してどうするんだろう?
居なくなったら直ぐ困ったことになることは十分想像できるはずなのに・・・。

まあ、個人的には歓迎される勘違いなので良いんだけれどね。

人気ブログランキング

(No.465) 台風により面接日時変更

3日(月)午後、連絡が入り明日(4日)の面接を延期するとのことだった


変更希望日はちょうど空いていたので快諾 時間は未定で後ほど連絡するとのことだった

長年生きて転職・求職活動を何度もしているが、自然現象の影響による日時変更という経験は初めてだな

ところで、履歴書の日付はもう書いて準備が終わっているのですが・・・。ああ、それも併せて後ほどご連絡しますとのこと

おいおい、書き直しかいな?

まあ、そういうことで今日は自宅待機

人気ブログランキング

(No.464) どうしたものかな

8月も終わろうとしている 4月〜8月で五ヶ月が経過したことになる


少々まずいかねぇ?

8月は僅か四回の面接だけだった 結果は全てNG

面接を受けて『◎◎日までに連絡します。』 ダメだろうとは思うけれど、もしかしたらというのもあるけれど結局夕方にガッカリの繰り返しだな

9月は既に六件の面接予約を取っているし、応募書類も全て準備完了

ゆっくりしたら良いんだろうけれど、性分的になかなかそれも難しい


どうしたものかな?


人気ブログランキング

(No.463) 面接の場で思うこと

このような年齢になっての採用試験受験(面接や筆記・実技試験など)を受けて思うこと。

二つのフレーズが頻出する。一つ目、『うちの職場は若い人が多いんですよねぇ。』。

それはそうだろう、現役の労働者諸君は前期若年者・後期若年者・前期中高年者・後期中高年者がせいぜいだろうさ。
そこへ、前期高齢者が応募する。でも、何か問題がありますか?

二つ目、『こんな様々なご経験をお持ちなのに、今回の募集職種は雑用みたいなことも多いですよ。』
そんなことは重々承知した上での応募ですよ。
責任が少ない職種で安い賃金で働くと決めて応募している。
それとも年齢に応じた・経歴に応じた対応をしろと思っているとでも思っているのだろうか?

このフレーズが出たときは、ほぼ100%結果はNGだ。

医大入試で女性や三浪以上の受験生が減点されていたとか、旧優生保護法の考え方に近似している。

つまり、『個人』を見ないで『ラベル』を見ている。

良い人の仮面をかぶった、弱者単純切り捨ての世界だな。

国民総活躍などという綺麗事ばかりを言っていないで、働きたい人が働ける仕組みでも考えやがれ。

『落ちまくっている、日本死ね!』くらい書いたら世の中変わるのかねぇ?

人気ブログランキング

(No.462) 入社・入職日のこと

記事のタイトル・・・入社が決まったわけではない。


前回の記事から、もう一ヶ月経ったのではなかろうか?

相変わらず結果は出ない。4ヶ月半経過かな。

この時期は、週に一〜二回選考に臨めれば良しの時期だと思う。

あまり焦って、期間が短く更新の予定なしに手を出すのは控えている。

こんな人をバカにしたような求人もある。

雇用期間
雇用期間の定めあり(4ヶ月未満)
平成30年9月10日〜平成30年9月30日
契約更新の可能性の有無
あり(条件あり)

僅か、8営業日の求人 アルバイトでもあるまいし・・・。ある地方公共団体の求人。

社会保険、特に健康保険に日割りという概念はない。この求人は、例えば任意継続しているとしたら、9月1日に9月分の健康保険料を通常の倍(任意継続だから)支払い、30日(月末日)に在職しているところで再度9月分の健康保険料(ただし、本人負担分だけ)を支払わなくてはならない。

この求人に限らず、月半ばの入社・入職は健康保険料が増加することを忘れてはならない。この状態で契約更新を拒否されたら健康保険料だけ多額に支払って終わりになる。

昔のような正社員でしばらくその企業に居るのなら、まあ、仕方ないかもしれないけれど、短期の臨時職員の場合は月半ばの入社・入職は避けるべきかと思う。

これは、あくまで私見であり、健康保険料を多額支払っても採用されるならそれで良いと考える人に強制するものではない。

ただね、事業所側には健康保険料の問題など知らない担当者が大勢居るだろう。応募者が極端に少なければ1日採用でないと嫌がられるんだと気づくかもしれない?かな?

本来は、ハローワークの求人部門がこのようなアドバイスを事業所さんへしてあげれば良いんだろうが、面倒だしやらないところが多いのだろうね。

人気ブログランキング

(No.461) 皆と同じでなくても何も怖くないよ

7月9日(月)から11日(水)三日間連続の選考試験結果は全滅


17日(火)受けたのもNG

20日(金)受けたのは結果が24日(火)だそうで結果「待ち」状態 (決まれば8月1日入職だが)

8月1日からの採用分としては確率が低くなった (9月1日採用分の面接用紹介状は一件入手しているが・・・)

4月から求職活動を開始し四ヶ月決まらない状態 ちょっと長くなったな

求職条件は最初から殆ど変えていない 業界・職種・勤務場所・勤務日・給与・・・・

67歳の高齢者なのに選考試験を受けられる機会があるだけでも良い時代だ

高〜いストレスを受けながらの現役世代そのままではなく、低いレベルのストレスを受けながら無理をし過ぎないような仕事ができたら良いなという考え方で私は求職活動を続けている
人それぞれの考え方であり、仕事は早期に辞めたいという人が多く居て、私みたいな人が少数居て、でも、それで良いんじゃなかろうか

皆と同じでなくても何も怖くないよ

求職条件に妥協をしない、これは心身共に無理をする仕事は続かないことがわかっているからだ

ハローワークで若者への求職支援を行っていた時も同じことを言っていた 求職条件を挙げて、自身の価値観で優先順位をつけさせていた この項目は最優先で譲れない、これは多少譲っても大丈夫・・・で、上手くいかなければ少し幅を広げてみる、でも最低限度はここまででこれ以下へ下がるのなら・・・と考えていきなさいとね

人気ブログランキング

(No.460) 大根役者

7月の第二週は、9日(月)・10日(火)・11日(水)の三連続採用試験の受験。


9日(月)は、40分間の一般常識試験と15分/人の個人面接。15名応募で3名欠席。12名中男性1名で居心地悪し。
試験問題は、業界から「判断推理」の出題を想像していたところ見事的中。ただ、他にも広い範囲からだったのでどうなんだろうね。
面接は、面接官が四人も居たけれど至って普通の面接だった。

10日(火)は、面接官一人。30分/人の個人面接。10数名応募者があるらしく時計ばかり気にして気もそぞろ。「あぁ、他人の話しを聞かない・聞けない人だな」と意味は違うけれど逆面接になってしまった。
求職者も時間や金を使って面接を受けている。その瞬間は目の前に居る求職者だけに真剣に向き合わないと失礼だと思うけどね。

11日(水)の案件は、「出来レース」を思わせられた。面接会場に到着した時、その前の求職者とすれ違い。軽く会釈。その場に面接官らしき人間が小休止をしに現れたように思った。出入りの二回とも胡散臭気な表情をされこちらの挨拶にも無反応。うわぁ、愛想悪いし無礼だなと思ったら、やはり面接官三名のTOPだった。最初から最後まで一言も発せず・挨拶もなく・・・。予定15分/人の個人面接のようだったが、10分くらいで終わったのではないかな?こちらの質問時間もなく、「はい、それでは以上で面接を終わらせていただきます。」
結果は7日後までに。応募書類は責任廃棄します。あぁ、採用する気ゼロだな。

案の定、翌日12日午前早い時間に不採用の電話あり。何か理由があったのだろうが、求職者に見破られるような対応をするのはよろしくない。


人気ブログランキング

(No.459) 不採用通知が届いた

おおかたの読者の予想どおり不採用通知が届いた。


おまけに、今週月曜(25日)同日ダブルで受けた午前の分まで不採用通知が届き、「次!」という掛け声も出しづらい。
午後の分は今日(28日)だろうな。

来月(7月)の試験は二件紹介状を受領している。うち、一件は40分間の一般常識筆記試験があるそうな。
基礎学力?情報処理能力?時事?SPI?・・・うーん。

まあ、求人探しを行いながら少しネットで勉強してみようか。

以前、若者の就職支援を行っていたとき就職活動の辛さを口にする子へ、「来年の今頃は懐かしい思い出になっているよ。」というようなことを言った記憶がある。

愚痴を言いながらも、やるべきことをしっかりやっていく。これが、人生の全てにつながっていることだと思うけれど?



人気ブログランキング

(No.458) 採らなかったら損しまっせ

今週は選考試験一件だけ。前回書いた求人の面接を受けた。ネット上の簡易な求人には、露骨に「女性求む」と書かれていた。ハローワークではさすがにその露骨な表現はカットされていたけれど、まあ、「女性求む」の求人だとわかっていても押しかける中高年の厚かましさ本領発揮だな。


経験の質・量的には(自分で言うのもなんだが)十分魅力的なはず。こんなお安い値段で採らなかったら損しまっせくらいの気持ちで結果を待つことにしよう。


いつも思うことだが、年齢・性別・経歴(注1)などなど今更どうにもならないことで、どうしてこんなふうに上手くいかないんだろうね?

経歴が不足するというだけではなく過重だと言われることもある。こんな地位に居た人がこんな仕事はできないだろうなんてね。

自己PRは過去のこと。志望動機は未来のことでしょ?

面接官や経営者は、求職者の「過去の経歴うんぬんではなく未来のこと」に目を向けるべきだと思う。中高年は・・、男性は・・、女性は・・と十把一絡げ(注2)にすることは止めようよ。個人の「個」を見てほしい。


(注1)経歴(その時までにしてきた事柄。特に、学業・職業・地位などに関する事柄。履歴:大辞林 第三版の解説による)
(注2)十把一絡げ(じっぱひとからげ。いろいろなものを雑然とひとまとめにすること。一つ一つ取り上げるほどのことはないとして、まとめて扱うこと。:大辞林 第三版の解説による)


人気ブログランキング
人気ブログランキング
管理人紹介
ミー太と申します
2005年4月に会社を退職した、元大型コンピュータ(汎用機)のアプリケーションSEで、最近は人事・特別プロジェクトのリーダ・企画・技術者へのコンサルティング・個人情報保護管理者などを行っていたおじさんです。2006年1月に一旦再就職を果たすも、4月からまた再々就職活動。12月から、またまた再々就職活動を行い・・2008年2月から新たな職場(病院)で仕事(所謂、事務長)を再開しています。その後もいろいろ起こり、今は66歳を超えてなお、年金を受給しながら、とある職場で臨時雇用の職員として働いています。
ご訪問者人数

    メッセージ

    読者がブログ管理者に非公開でメッセージを送ることができます。

    名前
    メール
    本文
    月別
    愛読者の声とお返事
    携帯端末用2次元バーコード
    QRコード
    • ライブドアブログ