学石の強さがどこまで本物なのか、正直なところ半信半疑なのだ。

県南予選の4試合で17失点は、余りにも点を取られすぎ。多すぎる。

その上で、昨日の聖光学院戦は、目を疑うようなナイスゲーム。強打の聖光打線を2失点に抑えた。

 

それでも、モヤモヤした気分がスッキリ晴れないのは、なぜなのか。

その答えは、また、辛口な書き込みになるかもしれないが、仮に光南との決勝戦が実現して、リベンジを果たせた時に分かるような気がする。

 

1回表に、聖光海野君の右翼スタンドへのホームランを見た時、いつもの学石の再来かなと思った。ところが、その裏、佐藤比君のスリーベースを足掛かりに犠牲フライで同点に追いつく速攻。

これまでの学石にないような粘りの片鱗を見せつけた。

 

試合の流れを変えたのは、3回裏の茨木君の一振りだ。それが逆転ツーランホームラン。

フラっと伸びた当たりはレフトフライかと思いきや、伸びる、伸びる、聖光左翼手の坂本君の懸命なジャンプにもかかわらずフェンス越しにボールが落ちた。この一打で、学石ナインの志気は一気に変わったとみられる。

 

積年の恨みを晴らすかのような、この一打でバックネット裏席は大歓声で沸きあがる。

聖光学院は、序盤のチャンスを、牽制アウト、ショウート頭上のいい当たりのダブルプレーなどで潰すと、試合の流れは完全に学石側に傾いていった。

 

開成山スタジアムは、バックネット裏から一塁三塁は満席、右翼左翼スタンドもそれぞれの応援団が陣取り、舞台は夏の大会決勝戦を彷彿とさせる雰囲気だ。

 

両校のエースは学石が、経験豊富な佐藤日君。このような修羅場は何度も経験済み。一方の、聖光学院は2年生長身の小松君、聖光投手陣の中では総合力や球威ではエースナンバーを背負う箱山君よりも上との評判。

 

さすがに春季東北大会を経験している佐藤日君は落ち着いていた。初球こそ甘い球を海野君に右翼スタンドに運ばれたが、その後は聖光の各打者に対しインコースの際どいところを突き、緩急をつけタイミングを外していた。学石が完勝した要因は、この聖光打線を無四球、被安打7に抑え込んだ佐藤君の好投が一番にあると思う。

 

小松君も130㌔台中盤の速球を学石の各打者に投げ込んでいたが、こちらも内角を鋭く突いていて制球力も良かったが、茨木君にレフトスタンドに運ばれてから、ピッチングがおかしくなった。コントロールを完全に乱し、公式戦初登板の緊張感を解きほぐせなかったのかもしれない。

 

小松君をかばうようだが、あれだけの満席の観衆を前にしていきなり強豪学石相手の試合では彼を責めるのは酷と言うものか。ただ、急遽、登板とは言え、引き継いだ箱山君が試合を作れなかったことが、聖光敗因の大きな要因ではなかったか。