2016年08月28日

先日、友達のSさんが当選した、マリエでのクラシックコンサートに一緒に出かけた。
行く前に腹ごしらえをしようと、富山市明輪町の富山駅前さかな屋 撰鮮(せんせん)に夕食を食べに行ったよ。

撰鮮の外観撰鮮の親子海鮮丼富山駅から歩いて1分もかからない場所にお魚屋さんができたのは今年の7月。店頭売りだけなのかと思ったら、中に飲食スペースもあって、新鮮なお魚料理が食べられる。

この日、私はいくらとサーモンが乗ってる海鮮親子丼を食べた。漬物やお味噌汁がセットになって1280円。
食券を買い、呼ばれたらカウンターへ取りに行くセルフサービス方式だけれど、その分価格が抑えられている。
生ビールなんて390円だし、店頭売りの物を買って中で食べることもできるので、好きな刺身や揚げ物を買って、ちょっと1杯飲むことも可能。

撰鮮のお醤油順ちゃんのおまかせ定食お醤油が4種類あって、それぞれの特徴が書かれた説明書があるから、お好みの味の醤油でお刺身やお寿司を食べれるよう配慮されている点もいいと思う。

これは、Sさんが食べていたおまかせの定食。バイの釜めしや浜焼きセットなど、まだ準備中のメニューがたくさんあり、これからが楽しみな食堂だね

2016年08月27日

先日、美味しいプリンをいただいた。それは、高岡市西広谷のたまご屋さん 前養鶏のゆめぷりん(1個260円)。

前崎養鶏のゆめぷりん新鮮な卵を使って手作りされるので、1日40個の限定商品。そして保存料や添加物が使われていないので賞味期限は4日。
そんな訳で、産地直送の通販を利用するか、たまごの直売所へ買いに行くか、道の駅の「万葉の里高岡」やあぐりっちで売られているのを狙うか、しかないらしい。

とろーり滑らかで、爽やかな甘さなので、飽きずにどんどん食べられる。私の好きなタイプのプリンだったわ。

花園饅頭のあんプリンプリンつながりで、今年食べた変わったプリンもUP。
それは東京土産でいただいた、東京あんプリン。新宿の花園万頭という和菓子屋さんの商品で、8個入りの箱なら1080円だよ。

通常、プリンの上にかかった黒い物はカラメルソースだけれど、このプリンはそれが何とあんこ。変わってるだけじゃなくて意外にイケる。まさに和洋折衷で美味しい

和菓子屋さんが作る自慢のこしあんだから、プリンとも合うのかな。

2016年08月25日

この前、結婚式の打ち合わせ後、金沢市戸板西のイオンタウン金沢示野SC内にある、中華料理店 金鼎(きんてい)夕飯を食べて帰った。

金鼎の鶏の唐揚げと麻婆茄子金鼎の麻婆豆腐「オーダーバイキング 食べ放題で1980円」と書かれたポスターが目立つお店だけれど、単品料理や定食、コース料理なども普通に食べられる。
夏のキャンペーンで生ビールやハイボールが半額だったし、娘と娘の彼氏がソフトドリンクを飲んでいる前で夫と私はビールを好きなだけ飲んだ。中華料理はやっぱビールでしょ。運転手がいてよかった〜

店内の飾りつけから予想した通り、スタッフの方々は日本人ではなかった。そして、北京や上海の有名店で修業してきたという中国人シェフが作る広東料理は本格的。
金鼎の海老マヨほら、エビマヨに添えられた飾りのスワン、大根で作られてるの、すごーい。運ばれて来た時、4人して「おーっ」って歓声をあげた。

焼豚炒飯、小籠包、麻婆茄子、鶏の唐揚げ、麻婆豆腐、デザートに胡麻団子を食べたのは覚えてる。細工飾りが付いていても、庶民的なお値段でボリュームがあり、味付けも私達好みだったな。

人数が多いほど、いろんな種類のお料理をシェアできるからいいよね。家族が増えて嬉しいな、と思った夕食だったよ


2016年08月24日

お盆のある日、結婚前に勤めていた会社の同期会があった。

ラ・シャンスのサラダ何人かからメールをいただき、「30th アニバーサリーパーティ」のタイトルに「私のような、3年も勤めずに寿退社した者が、30年以上勤め上げた皆さまのお祝いにまぜていただいていいのでしょうか」とお伺いしたところ、「いいよ、いいんだってば」の返答を皆からもらって図々しく参加させてもらった。
会場が「ラ・シャンス貸切」って書いてあったのが決め手になったしね

今回の、ラ・シャンス(1Fのブラッセリー)での飲み放題付きコース料理は6000円。
立食パーティじゃないだけでも嬉しかったのに、座っての、更にシェアじゃなくて一人一人に運ばれてくるお料理はさすがフレンチのレストラン会場って感じ。

ラ・シャンスの魚のムニエルフリードリンクメニューは、瓶のハートランドビールと赤白グラスワインとソフトドリンク3種だけなので、そりゃあ居酒屋の飲み放題プランに比べれば種類が限られるけれど、みんなあちこちに集っておしゃべりに夢中で、飲み物をゆっくり飲む雰囲気でもないので、それだけで十分だった。

お料理も、サラダ、スープ、パン、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーが出てきて、男性の感想は聞いてないものの、女性には十分な量だったわ。
ラストオーダーの後、記念撮影とかで長いこと居座っちゃったり、堂々と日本酒を持ち込んだりしてたところを見ると、結構融通が利くパーティプランなのかも。

ラ・シャンスのデザート皆、管理職になって偉くなってるのに、新人研修の時の話題(私はいつも居眠りしてたって皆に指摘された)では昨日のことのように盛り上がり、20代の頃の思い出に浸って楽しい時間を過ごさせてもらったよ


2016年08月23日

この間、会社のメンバー4人で、飲みに行った。
場所は、富山市新富町 ルートイン富山1Fにある、とりあえず吾平 富山駅前本店。

とりあえず吾平のオニオンリングにイカリング早い時刻限定の飲み放題は、その日は休前日料金の一人1750円。それに好きなものを適当に頼みながら2時間ほど飲んだよ。

お料理で面白かったのが、「オニオンリングにイカリング」。20センチタワーの中にオニオンリングとイカリングが混在していて、ロシアンルーレット的なお楽しみができるらしい。面白そうって頼んでみたら、一目でオニオンかイカかわかってしまうほど形が違っていた。逆に笑える

とりあえず吾平のマンゴープリン他、バターコーン、スンデゥブチゲや麻婆豆腐などをたのみ、それを見て、鉄板や鉄鍋で出てくるお料理が多いって思った。今回私が頼んだマンゴープリンは、なぜか土鍋で登場。変わってるね。

私がデザートメニューを眺めていると、「まだ早い」と阻止されそうになるので、この頃は勝手に注文してしまう。そんな、勝手に注文して勝手に食べた、とりあえず吾平デザートシリーズがこちら。

あつあつきな粉パン蜜安納芋&バニラ「あつあつきなこパンにアイスを添えて」と「蜜安納芋&バニラ」。
一応「一口食べますか?」と聞いてみるけど、みんな首を横に振る。「食べたら怒るくせに」と言われ、「そんなことないですよ、少し機嫌悪くなるだけです」と正直に答えておいた。

こうやって、とりあえず吾平のデザート制覇をめざすぞー


2016年08月22日

先月、夫とJRで大阪に行った日、富山駅の立山そばで朝食を食べた。

その前日、「明日、家でご飯食べてから行く?それともパン買って新幹線に持ち込む?」と夫に聞くと「好きにしられ。ワシは駅でそば食べるから」と。

天ぷら玉子そばなぬっあの駅前の立山そば?ポルトガル語講座の後、空腹で8時半頃あそこを通るたび、明かりと匂いの誘惑にどれだけ負けそうになったことか。あのお店に入れるなんて。「私の朝ご飯も立山そばにする」という訳で、二人で立山そばに行った。

そこで慣れた感じで食券の買い方やお勧めのトッピングを説明する夫。なぬっいつの間に。出張に行く日、家で何も食べていかないのはそういうわけだったのね。

立山そばのとろろ玉子そばで、「玉子を入れることで冷めてより早く食べられる」という夫のアドバイスに従い、猫舌の私は、とろろ玉子そばにして、とろろと生玉子のダブルで冷ます作戦に出た。
夫は天ぷら玉子そばで。っていうか、立ち食いじゃなくなったし、冷ましてダッシュで食べる必要はあるのか。まぁいいか

立山の文字が入った蒲鉾だけが立山そばを表現する、普通のお蕎麦だったけれど、念願のそばを食べられて嬉しかったわ