ほぼ10年ぶりに1か月以上我が家で過ごした娘が、私の日々の生活を見てあれこれ言う。

例えば、私が使っているバスタオルを「こんなぼろ布みたいなバスタオルで身体拭いて気持ちいい?このタオルだって『さんざん働いた。潔くカットして雑巾にしてくれ』と言ってるよ」などと失礼なことを言ってくる。
確かにガサガサして色は悪くなってるけど、ぼろ布呼ばわりとは

掃除機をかけていると「まだこんなクリーナー使っとるん?ルンバは?」「ルンバはごみ箱やブルブルマシンを片付けないとダメだし、こっちの方が結局使い勝手がいい」と昔ながらの紙パック式掃除機を部屋ごとにコンセントを差し替えながら使っている私に「コードレスのいいのを買えばいいのに」と娘が言い放つ。

そして、とどめの一言が「お母さんはお金の使い方を考えた方がいい。旅行にも行けない今、おうちでの毎日の暮らしを便利に心地よく過ごすためにもっとお金を使うべきだと思う」と。
自分達が新築の家に住んでて何でも新しいからって失礼なとも思ったけど、娘だからこそ言ってくれるアドバイスを前向きに捉えようと思い直した。

購入したダイソンクリーナー
で、ダイソンのコードレスクリーナーを注文し、色あせたタオル類は新しいものに替え、浴室のお掃除をハウスクリーニング業者に頼んだ(税込16,500円)。
自分では掃除できていなかった天井や窓の溝などもきれいにしてもらったピカピカのお風呂に入って、ふかふかの新しいバスタオルで体を拭く。確かに気持ちいいわ

お掃除後の浴室天井
雑巾になった古いタオル、10年使った古い紙パック式掃除機、2時間かけてお風呂をピカピカにしてくれた業者さん、ありがとう&お疲れさまでした。これから頑張ってお掃除して気持ちよく暮らすよ〜ん(意思の強さが感じられない決意表明

ブログ村 富山県情報クリックありがとう♪