September 13, 2020

工筆画レッスン

コロナでお休みになっていた教室ですが、半年振りに再開しました。

今までは墨彩画の様な写意の勉強でしたが、今回は心機一転気分を変えて工筆画(細密画)を勉強することになり、20年近く前に初めて書いた工筆画の下図や紙を引っ張り出して教える事に。

image


派手な結果が望めない分、1日1日の少しの進歩の積み重ねが大事だなぁ。と実感。


image


半年も休むとモチベーションを戻すのが難しいかなぁと思い、
久々なので若いご夫婦でやってるお気に入りのお店ブラッスリーローズリバーさんで近況報告をしながら生徒さん達と教室前のパワーランチ❤️


安定の美味しさでした^_^
ご馳走さまでしたー。



image



image





September 03, 2020

なとりさんちのたまごや工房八ヶ岳店

3カ月程前から依頼を受けていた作品を納品させて頂きました。


なとりさんちのたまごや工房は諏訪に本店がありますが、実は2号店が5月にオープンしてたのです。


こちらでは、沢山の新鮮な卵を使ったお菓子の他にも色んなサンドイッチがイートインで食べれます。
たまごをサンドしたホットサンドが凄ーく美味しかったです。


スイーツも沢山種類があるので迷ってしまうほど。


話がそれましたが、私の作品が八ヶ岳店に展示していますので、お菓子を買いながら見て下さいませ♫


image



image




たまごやさん🥚のひよこ達も絵の中に隠れているので見つけてみてくださいねー。



image



お店の雰囲気に合うかは、絵を掛けるまでは心配でしたが、大きすぎるかもと思ったサイズも選んだ額も掛けた時には、これで良かった〜なぁと思えました^_^。


image



最後に名取会長ご夫妻と一緒に記念写真🤳
いつも優しくて、素敵なお2人です。


沢山の人に見てもらえるのはやはり嬉しいですね。


お店の情報はこちらからどうぞ。




August 21, 2020

師匠のお言葉

姚教授とは毎日のようにメッセンジャーでやりとりしている。
中国ではweichatと言うLINEみたいなメッセンジャーがあり、色々なデーターを送ってきてくれる。

離れていてもネットで繋がれる環境はありがたい❗️いつも私が撮った花の写真、先生からは美術の資料やら。



丁度、姚教授の本を手に取って、姚教授が40歳だった時の作品の量とレベルを今の自分と比べた時に、その差に愕然とした。
姚教授は中国美術界でも若くして頭角を表して、40前に中央美術学院の教師に抜てきされたくらい実力者だし、生まれ持った才能を持ち、周りの生徒がびっくりするくらいの努力家。


そんな姚舜𤋮教授から今制作している作品を見て頂いた後の評論が、胸に突き刺さる、、、。
と言うよりむしろ胸が痛い。。。。w


三点意见:一是树枝要画出细节,你现在年龄,太写意表现,以后很难拓展,把主枝,侧枝,气根枝的包裹特征表现到位。二是画面要设定一个主色调,这样才能表现出意境,中国画的颜色表现中要有淡墨相融合处理,这样才丰富含蓄而不觉得简单。三是画面构图要处理出轻重与主次关系,主要处要层次分明,次要处可以含蓄。物象之间也要明白相互陪称,这样才好看。现在三幅都有点花,不深入,设计好构图与意境后要反复画几遍,直到自己和他人都满意才算成功。很多人不了解写意画法,认为只要大笔挥写即可,这是十分错误的,写意画法也是处处讲落笔成型,落笔有韵,落笔成趣,同时要笔笔用心,点到为止。所以说,写意画也要有工笔画的精致性,工笔画也画有写意画的书写性。就是这个道理,以上都是从技术上讨论的,平时要结合画论著作,画家创作经验论文来提高自己。不要忘记三点:一是时代造型,二是时代色调,三是时代文化意趣。仅供参考。



まず一行目から「貴方の年齢で大写意での開拓は今後難しい。」


難しいけど無理って書いてないよな。と勝手に解釈する。



この文章は何度も何度も読み直していかないと、本当の意味の理解はできないけど、この文章の中には明治時代以前の南画に必要な核となる内容が書かれている。

今の日本の水墨画ではない。
今は思想や精神論は失われて形だけが残っているから。


先生の言葉を噛み砕いて、今書いているのを一から立て直す。


周りに水墨画を書く仲間がいない分、愛情溢れる師匠の存在が本当にありがたいです。


FullSizeRender





FullSizeRender




July 27, 2020

本日より始まりました。

GALLERY ART POINT にて本日より開催されています。2019年シェル美術賞の選抜展PrologueXI展2020です。
今年の目標は東京のギャラリーで展示すること。 

お話を頂いた時は嬉しくて、会場を訪れるのをとっても楽しみにしていたのですが、色々考えて今回は東京行きは諦めました。

在廊をが叶いませんが、作品は展示しております。見た方1人でも心に引っかかれば嬉しいです。





IMG_9919






IMG_9931









July 04, 2020

PrologueXI展2020

久々の告知になります。
東京銀座にありますGALLERY ART POINTさんにてグループ展を開催します。

色々な状況が変化している今日このごろ。

こんな状況なので、お越し下さいとは言いにくいですが、とりあえずご報告まで。


IMG_9695



IMG_9694



何卒宜しくお願いします。





May 13, 2020

私のおすすめの一冊

巷では〇〇リレーと名のつくものが流行っていますが、リレーでもなんでもなく、


勝手に私のおすすめの本を紹介したいと思います。


河北論明先生の「日本の美術」ペリカン社
(元京都国立近代美術館館長)

私は基本美術の本しか読みません。何故なら、美術オタクなので読みたい本がありすぎて追いつかないからw。

30年ほど前のある美術雑誌の評論の一文で河北論明先生の「日本の美術」を参考されていたので一度で読んでみようと思い購入しました。

今まで美術冊子などで断片的な評論は拝読していました。
一冊の美術評論として読むとその時代を見渡して大切な部分はここだよと日本近代美術の核心部分を教えてくれる貴重な一冊だと思いました。美術関係者が上方美術を知らずに育った人が殆どである為に、本来の東洋美術を知らない美術関係者が多い事を指摘しつつ
最後はこれからの画家達に対する期待を添えた文章で締め括っていました。

読み終わった後は、こんな方がいたんだという嬉しさと、今の美術に携わっている人のどのくらいが自国の美術の本質を捉えたいるだろうか?という複雑な思いでした。

そんな事を言うと、多くの敵を作っしまいそうですがw

何故日本の水墨画が近代で断絶してしまったのか。失われた東洋的本質とは何か?
日本の近代美術について、近代日本美術の書画分離
の真相が書かれた貴重な本です。日本の美術に興味がある方には読みやすい一冊だと思います。

興味がある方はぜひ読んでみてください。







FullSizeRender







mikaando at 12:05|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

May 08, 2020

オンライン講座始めました。

自粛が続く中、外にも自由に出られない、、、
休校で子どもが家にいる。子ども親も大変なこの時期に

そんな時だからこそ楽しめる事が何かないかな?
と考え

オンライン講座を始めました。
私自身はデジタルには疎く、急速な変化になかなか慣れませんが、
オンラインなら近くに住んでいなくても、水墨画に触れてもらえる事が出来ます。


まずは簡単な初級コースを期間限定で開催します。

お家にある書道の道具と水彩絵具があれば、小さな子どもから大人までが気軽に体験出来る講座を行っております。

是非ご活用ください。



95508875_3442178459128596_3075247393399111680_n



































詳しい情報はこちら↓





ストアカ

安藤 美香

オンライン⭐️初心者向け~絵ハガキ講座~



mikaando at 05:17|PermalinkComments(0)

February 14, 2020

金曜アート私の美学自選の一点

本日2月14日付けの信濃毎日新聞の文化欄[金曜アート私の美学自選の一点]に
小値賀島長寿寺本堂の雲龍図と花図を紹介していただきました。

取材を受けてから記事になる1週間前に雲龍図を見に行きます。
と連絡いただき、急遽ご住職さんにも取材する事に。

話題が脱線しまくったのにも関わらず、素敵な記事を書いていただきました。


この記事を読んで知ってもらい、実際に現地に足を運んでくれる方がいたら嬉しい限りです。




scan-001 
















お寺は展示や保存目的の美術館と違い展示としての目的ではなく、
空間の一部として絵があります。
お寺が存在し続ける限りは、作品も共に存在し続けます。
昔から絵師にとっては貴重なキャンバスだった事に違いありません。


 
 
襖絵、天井絵は日本特有の表現形式です。

出来る事ならこれからもっと日本の美術形式である襖絵や天井に作品を残していけたらと思います。


mikaando at 17:37|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

December 16, 2019

シェル美術賞展に行ってきました。

授賞式と作品の評論とレセプションパーティーに参加してきました。

特別賞の6人中4人は学生で、一歩間違えたら親と子ほど離れてる若い作家さんの作品の中で、明らかに異様な水墨画、、。

評論の時も、選んで下さった松井えり菜先生には、
「水墨画ですよね。目立ってました」と言われました。

今回、現代の日本における水墨画の評価はどうなんだろうって事を考えて、公募に出展した事もあって、周りの作風との違いを目の当たりにして、浮いてるかも。
って思ってました。

レセプションパーティーの時に日本画の作家さんに

「あまりに自分の作品が違うのでなんか、申し訳なくなってしまいました。」と話したら

その方に「逆によくぞ選んでくれたと思いました。」
と言われて、なんだか泣きそうになってしまった。


今の日本の水墨画界では異端である自分の作品、周りは前にも後ろにもいないけど、気にせず突き進もうかと思いました。

今年も残り僅かですね、皆様良い年をお迎えください。








IMG_2581






IMG_2566






IMG_2568






IMG_2576



mikaando at 15:06|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

December 15, 2019

今年も残り僅かですね。

年賀状の投函が12月15日から始まります。
お世話になった方へ1年の感謝を込めて年賀状を送りましょう!

 
デザインに迷っていたら、私の作品の年賀状はいかがでしょうか。
ご注文受付期間は12月28日までなので、まだ間に合いますよ。
WEB申し込みなら受付最終日まで20%OFFでお得です。




mikaando at 13:35|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

November 28, 2019

高島屋様の特選作家シリーズ

早いもので11月も終わりに差し掛かりました。

皆様は年賀状の準備はお済みでしょうか?
 

実は今回、高島屋様の特選作家シリーズに高島屋限定デザインとしても参加させていただいてますっ!!!
高島屋限定デザインはネットでも購入可能です。



scan-001












 












http://mall3.myprint.co.jp/takash…/2/newyearcard/…/category… 




早めに年賀状を用意して、1年の感謝を一言添えて送ってみてはいかがでしょう♪

令和初となる年賀状に私の作品の年賀状をご用命いただければ嬉しいです。

こだわりの年賀状は匠ジャパン年賀状からお求めください。


 

http://takumi.myprint-net.com









mikaando at 13:52|PermalinkComments(2)日々の色いろ 

November 08, 2019

「嶺南の意」オープニングレセプション

「嶺南の意」中日のアーティスト展、無事に終わりました。

オープニングレセプションで、作家代表でスピーチをさせて頂きました。

中国嶺南画院の張志峰さんと李志国さんと私の三人で席上揮毫をさせて頂きました。キューレターの曲院さん始め、中国文化センターのスタッフ、関係者の皆様ありがとうございました。
沢山のご縁に感謝です。

写真は載せきれなかったですが、素敵な作品が盛りだくさんです。


FullSizeRender



IMG_7534





IMG_7540

席上揮毫の様子
私は菊を書きました。



「君子之交」
文化人的な交流という意味です。


FullSizeRender

左手嶺南画院副院長文さん、右手中国文化センター所長羅さんらと


オープニングレセプションに来て頂いた、カメラマンのみきちゃんから写真を拝借しました。

みきちゃんありがとう😊


November 03, 2019

ws無事に終わりました。

meeスメバでのws無事に終わりました

沢山の方々が遊びに来てくれました。

帰りがけに「楽しかった〜!」
と言って変えられる人が何人もいらっしゃいました。
やはり、そう言ってもらえるとやはり嬉しいですね。


IMG_7443



IMG_7445





小さい子から大人まで皆んな真剣そのもの。
参加してくれた皆様ありがとうございました。

展示は12月1日までまだまだ続きます。近くに寄った際はちらっとお立ち寄り下さいませ^ - ^。


IMG_7410



FullSizeRender






mikaando at 20:11|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

November 01, 2019

年賀はがき

令和初のお年玉付き年賀はがきが発売が開始されました。
今年も子年の年賀状プリントサービスで作品を提供しています。
量販店、スーパーのカタログからお求めいただけます。
WEBのご購入は匠ジャパン年賀状ページが簡単・便利です。
書き下ろした作品についてコメントした動画も見れますよ。

11月4日までは早期割引30パーセント引きになっております。

宜しくお願いいたします。


http://takumi.myprint-net.com




IMG_7440



mikaando at 21:40|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

October 24, 2019

wsと展示のお知らせ

下諏訪 mee mee center sumeba - ミーミーセンタースメバさんにて
展示と来年の干支「ねずみ」を一筆書きで描くというワークショップも行います!!
今年の年賀状は自分で書いた水墨画で新年のご挨拶ができますね◎

皆様のご参加お待ちしています^^



[開催日時]
■作品展

展示期間:2019年10月31日(木)- 12月1日(日)
時間:期間中のスメバの営業時間内、木・金・土・日の10:00-15:00まで

■ワークショップ

「墨絵でねずみの年賀状をかこう」
一般的にあまり触れる機会の少ない水墨画を体験!
水墨画のにじみ、擦れ、墨の濃淡など、表現方法の幅を実感し、
自由な発想で新しい水墨画に対する理解を深め、更に年賀状を描いて、お部屋に飾ったり、相手に送ったりと生活の中に水墨画を取り入れる機会にしてください◎
持ち物はありません。三角八丁のイベント中にふらりと、お気軽に体験に来てくださいね◎

日程:2019年11月3日(日・文化の日) ※三角八丁イベントの日です。
時間:10:00-16:00 随時受付 (途中お昼休みで不在の時があります)
ワークショップの所要時間:30分〜45分
内容:
前半 *水墨画についての簡単な説明
    *線の練習 線の種類(滲み、擦れ、濃さの違い)
後半 *お手本を見ながら半紙にねずみを練習してハガキに書く。
    ※書いた物はお持ち帰り頂けます。
こちらで用意するもの:ハガキ大の紙、練習用の画宣紙(がせんし)、毛氈(もうせん)、墨、筆、水墨画用顔料、お手本、洗筆用バケツ
対象者:子どもから大人まで
参加費:お一人様500円(材料費すべて含む)
会場:下諏訪 mee mee center sumeba - ミーミーセンタースメバ
(長野県諏訪郡下諏訪町3205-10)



[お問い合わせ]

下記のいずれかの方法にてご連絡ください。
・スメバにて直接スタッフに
・スメバFacebookページよりメッセージで
・スメバにお電話(0266-78-9110)で (営業時間のみ)




15010121

























mikaando at 20:25|PermalinkComments(0)

October 02, 2019

林若熹•線の意思と没骨風潮

私が中国芸術研究院に在籍していた時に
卒論でお世話になった林若熹教授の講演と展示が筑波大学にて行われます。

林若熹教授といえば中国でも工筆画を代表する画家の一人です。

日本ではなかなか見る事が出来ない貴重な絵を見れる機会なので
興味がある方はぜ是非お立ち寄りください。


展覧会; 林若熹•線の意思と没骨風潮
期間:2019年10月9日(水)〜10月17日(木)
9:00〜17:00(最終日は14:00まで)
場所:筑波大学 総合研究棟D1Fギャラリー



2010052016172973499




























 

September 20, 2019

岭南の意——中国・日本アーティスト展

すっかり秋めいてみました。皆さん如何おすごしでしょうか?

さて、私はというと久しぶりにグループ展に参加します。

今回は「嶺南の意——中国・日本アーティスト展」という題の展覧会になります。
日本人だとあまり知らない方の方が多いかと思いますが、
嶺南とは中国の地名であり、地域文化の総称でもあります。

「嶺南」が有名になった要因の一つに「嶺南画派」が近現代の中国画の発展に寄与したことが挙げられます。

創始者の嶺南三傑(高剣父、高奇峰、陳樹人)はかつて日本に渡り日本画を学びました。嶺南画派は日本画のエッセンスを取り入れ中国画を改良した、日本にゆかりの深いグループです。

北京留学時代に中国画の歴史の中で嶺南画派を知った時は日本と中国が美術の分野でこのような友好関係を持っていた事が嬉しく、誇りに思いました。


今回の「嶺南の意——日中アーティスト展」には、中国と日本から計20人のアーティストが出品しますが私もその内の1人として参加します。

はぁ〜、楽しみ♪    



オープニングの11月5日(火)は3時から私も会場にいますので、是非遊びに来てください。








ポスター

































August 29, 2019

毎年恒例の

すでに娘のリアクションは薄いけど、、、。


4歳の誕生日プレゼント🎁

あまり人物は書かないけどこれは特別。
毎年誕生日に書いて、いつか大きくなったら渡そうと思います。



FullSizeRender



FullSizeRender




FullSizeRender





FullSizeRender








July 04, 2019

中国茶と書中見舞い

アトリエで初めてwsをやりました。
いつも一人の作業なので、ワイワイがやがや皆んなが楽しそうにしてるのを見ているとこちらも嬉しくなってきます。

皆さん、びっくりするくらいの集中力でした‼️
上達ぶりにびっくり‼️

中国茶と美味しい福田屋さんのずんだ大福があれば大成功ですよねw。



IMG_6665



FullSizeRender



IMG_6668








mikaando at 20:45|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

June 10, 2019

作品「観桜待月」

作品「観桜待月」の嫁ぎ先が決まりました。


桜を書き続けていた頃の一番好きな作品で、
この作品は手元においておくつもりでしたが、

長年のお友達でもあり、この人なら譲ってもいいな。と思ったので、

北京留学時代に描いたこの作品は
中国に留学したおかげで日本美術を再確認し
日本への恋しさから、日本人特有の美意識ってなんだろう?

考えながら、お月様を眺め桜を描いていた時期の
とってもメランコリックな作品ですw。




IMG_5118 のコピー

















IMG_5118 のコピーn


























真ん中のお月様には銀泥で。





 

藤田嗣治の水墨画

木曽ペインテイングスのイベント
若き日の藤田嗣治が木祖村滞在中に残した作品の特別観覧ツアーに参加してきました。

極楽寺さんに飾られていた天井画と木曽路さんに残されていた掛け軸2点はパリに渡る前に木祖村で書かれた作品。

所謂藤田嗣治の作風とは対照的な骨太な水墨画の作品でした、しかもかなり上手かったことにビックリ‼️

昔の絵描き達は旅に出るとその土地のお寺で紹介されて、宿泊した場所で揮毫し作品を残したそうです。

写真撮影は出来なかったので池の小島が亀の🐢型を模ったおめでたいお庭をパチリ📸

IMG_6572


藪原宿ではアーティストが滞在しながら制作した作品の展示やライブもやっていました。


IMG_6576


IMG_6577









#木曽ペインティング


mikaando at 07:48|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

June 09, 2019

写生

ここ数日、オープンガーデンをされているある方のご好意でお庭で写生をさせていただいています。


この時期になると沢山の花が一斉に咲き始めるので書きたい衝動が止まりませんw


オリエンタルポピー別名 鬼芥子 

の迫力ある妖艶な容にうっとり。



IMG_6551



私の場合、写生は鉛筆ではなく筆で白描画を書きます。






FullSizeRender




FullSizeRender



FullSizeRender

100枚書いたら納得のいくものが書けるのかなぁ。と思いつつ…

お花達にすっかり魅了されてますw。


May 20, 2019

美術講座

サンリツ服部美術館の美術講座

千葉市美術館館長河合正朝さんによる「国宝 可翁筆 〈寒山図〉と中国宋元画の受容」の講演会に生徒さんと一緒に参加しました。


日本人が意外に知らない水墨画のお話が盛り沢山。

水墨画って面白いでしょ!
と心の中でニヤニヤしてましたw

水墨画を余り知らない方にも資料を見ながら分かりやすくお話していて、私の頭の中でもグルグルと復習をしている感覚。


大学の講義を聞いていた時を思い出しました。

なかなか聞けない貴重なお話ありがとうございました。



IMG_6438







IMG_6441






April 11, 2019

中国茶

風姿花伝のジョアンナ先生にお土産で頂いたオリジナルのジャスミン茶。


今まで飲んだジャスミン茶とは別物。



正に口福〜〜❤️相変わらず市場には出回らない美味しいお茶でした🍵


北京に来たばかりの頃に美味しいお茶や家庭料理を沢山頂いていました。



ジョアンナ先生は日本と中国に中国茶教室を持ち、日本人に紹介すべく日本と中国を行き来してます。




10数年ぶりの再開嬉しかったなぁ〜。







IMG_6050



#お一人様#蓋碗#中国茶#風姿花伝



mikaando at 10:16|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

February 21, 2019

久々の再会

中央美術学院時代の姚舜𤋮教授と久々の再会❤️
東京都美術館とサントリー美術を巡り、
日本と中国の花鳥画の比較研究を長年してきた貴重なお話を聞けて、話を聞いているとこれからのやりたい事や創作意欲がフツフツと湧いてきます。


IMG_5829


IMG_5835



それより何より久々に一緒にいれる事がただ単純に嬉しいw‼️
もう15年の付き合いになりますが、画家になれたのはこの人のお陰だと言っても過言ではない。師匠に出会えて良かった〜。


IMG_5834


沢山の筆と福建省のお茶をお土産にいただきました。卒業して10年近くなるのに今だに気に留めてくれていて、、、
はぁー私は幸せだぁ。

IMG_5831



mikaando at 11:30|PermalinkComments(0)

February 04, 2019

韓美林十二支芸術大展

中国芸術研究院時代にお世話になった韓美林教授が2月5日から2月19日までの2週間、北京の故宮にて展覧会『韓美林十二支芸術大展』を行います。

韓美林教授は書画は勿論、北京オリンピックのマスコットキャラクターや中国国際航空のロゴなどを手がけているマルチクリエイターで御歳80歳で現役の現代美術家です。

韓教授の動物は堪らなく可愛いです💫北京にいらっしゃる方は是非足を運んでみて下さい。


IMG_5805



IMG_5806
IMG_5807
IMG_5808
IMG_5809



mikaando at 23:21|PermalinkComments(0)展覧会 

諏訪大社下社の節分祭

平成最後の諏訪大社下社の節分祭にお姫様役で特別ゲストとして呼んで頂きました。


宝投げは諏訪大社特有のものらしく、豆以外にも沢山の物が投げられます。投げる方も拾う方も皆様楽しそう♫


IMG_5740




IMG_5736

下諏訪町青木町長さんと


IMG_5741

諏訪市金子市長さんと




IMG_5745




実は私この諏訪大社で名前を付けてもらいました。
中国に留学中も帰国する度に必ずお参りに来てました。いくつもの筋目にいつもお参りに来ている諏訪大社でこの様なご縁を頂き感謝感謝です💫

鬼👹は外福は内。皆様に今年も沢山の福が来ますように。




mikaando at 02:54|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

January 26, 2019

長崎新聞

長崎新聞さんに小値賀島 長寿寺に奉納された雲龍図と天井画の記事を載せて頂きました。




記事になると一区切り付いたんだなぁ。と感じます。

私が小値賀島を訪れた頃は
水仙の花が咲いていました。

長野で水仙を見れるのはまだまだ先なので、花屋さんで購入して絵手紙を書きました。一輪挿しでも芳しいです^ - ^。

水仙は中国でも昔から好まれた題材で沢山の画家に書かれました。

春を待つ気持ちは今と変わらないのかもしれませんね。





IMG_5724




mikaando at 12:21|PermalinkComments(0)日々の色いろ 

January 08, 2019

開眼法要

開眼法要の式典、滞り無く終了しました。

とても良い式典でした。



IMG_5615





IMG_5613


天井画80枚と雲龍図合わせて3年越しの制作でしたが、やっと雲龍図に命を吹き込む事が出来ました。


雲龍図と天井画がこれから10年、20年、その先まで小値賀島の方々に愛されますように。


今まで関わって下さった沢山の方々、ありがとうございました😊




IMG_5608



小値賀島を皆さんを守る様にと願いを込めて、雲龍図の四隅に波を配置して描きました。


FullSizeRender





FullSizeRender

唐代の衣装をイメージしてみました。





January 07, 2019

小値賀島に到着しました。

画龍点睛🐲雲龍図の開眼法要の式典の為、小値賀島に来ています。

小値賀島に来るのは4年ぶりです。


IMG_5529

博多湾からフェリー太古🚢に乗って小値賀島に到着しましたとたん、

なんて暖かいのかしらw?

−10度の長野からしたらまるで春の陽気です。


IMG_5518

立派な佇まいの長寿寺。

こちらの本堂で法要を行います。



IMG_5565


目入れに使うハシゴのセッティングも終わり、リハーサルも終了。


残るは明日の本番のみ。



FullSizeRender


明日はこの龍に命を吹き込みます🐲。