[高校生ラノベ作家・霞ヶ丘詩羽と売れっ子同人イラストレイター・澤村・スペンサー・英梨々が出会った時のお話。最初から二人は角突き合わせる関係で、火花をバチバチと散らせ、そして現在も続けていた。「いつも仲が悪い」と感じる倫也だったが、恵の目には違って見えていた。]

第2期スタート。
第1期は一応見てたんですが、メタ仕様のところがけっこう痛くて感想は書けませんでした。
しかし第1話を見る限り、今のところは普通の学園モノっぽくなってる・・・、かな。
すぐ元に戻りそうですけど、とにかくキャラ作画が綺麗で魅力的ですので、今回は感想がんばってみようかな、と思っていたりするところ。

・回想。
Saekano2_01-01
Saekano2_01-02
Saekano2_01-03
Saekano2_01-04
Saekano2_01-05
良い回想です。

・現在のようす。
Saekano2_01-06
設定にゲキド巨烈。
女子視点なのに、相変わらず巨乳が正義。
この対立を、仲が悪いと見るか、良いと見るか。

・一年前のようす。
Saekano2_01-09
最初は霞ヶ丘詩羽の正体を知らなかった澤村・スペンサー・英梨々、過剰意識な詩羽先輩。

・詩羽先輩の調査。
Saekano2_01-07
Saekano2_01-08
ファミレスでのでっかいおっぱいと、可哀想な美術部員。
秘密の英梨々部屋を調査して、いろいろとわかったこと。
Saekano2_01-10
Saekano2_01-13
Saekano2_01-14
今の感覚なら絵担当の英梨々の方がヒエラルキー高そうなんですけどね。
詩羽が言ってたように、既に商業デヴューしている、という優位さが詩羽にあるので、機能面だけでの比較はできませんけれども。

・英梨々。
Saekano2_01-11
Saekano2_01-12
日英混血でなんで金髪になるのか・・・『きんモザ』で書いたので繰り返しませんが、そもそも英仏西伊には金髪なんてほとんどいないんですけどね。
ドイツもよっぽど北の低地地方に行かないといませんし。
それはともかく、相変わらずフェティッシュなアングルで、こういうところが本作最大の楽しみ。

・現在へ。
Saekano2_01-15
Saekano2_01-16
Saekano2_01-17
さりげなく恵のお乳もフォーカスしているあたり、侮れません。
で、今回音楽担当の美智留は出番なしですか・・・学校違いますからしゃーないか。

休戦協定・・・でもないか。
Saekano2_01-18
Saekano2_01-19
メインヒロインで、シメ。
Saekano2_01-20