[独裁:今日も亮子は生徒会長・梶に振り回される。
Xファイル:微妙な空気になってしまった千秋と香奈。新しいネタを作る口実で話し始めるのだが、テレてしまってうまくいかない。
俺達に女はいらない:栗原から映画に誘われてしまい快諾した山根隆夫だったが、親友・本山友道との間に先約があったことを思い出す。
恋愛マスター:よく恋愛相談をされる細川数子。しかし彼女には恋愛経験などなかった。そんな彼女がある日出会った男子とは。]

大好きな「独裁」がありましたので、そのあたりを中心に。
(夏コミ前で時間がないため、それ以外は簡単です)

☆独裁。
初期の原作の中で「お兄ちゃんの恋人」とともに大好きな作品。
TsuredureChildren06-01

一緒にお勉強中、というか、ほとんど梶君が教えているだけ状態ですが。
TsuredureChildren06-02
TsuredureChildren06-03
TsuredureChildren06-04
亮子「私のどこが好きなんだよ?」
梶「顔、かな」
TsuredureChildren06-05
TsuredureChildren06-06
TsuredureChildren06-07
梶「だって亮子ちゃん可愛いし」
好きな人に「可愛い」と言われた悪い気はしない・・・むしろ嬉しい。
しかしこの相手なので、簡単にそれを認めたくない。
元不良娘だけあって、その辺のツッパリ具合が絶妙に可愛い。

・それ以外だと、胸。
顔とか胸とか、内面がまったく評価されていないことに気付いて、思わず足技、しかし逆に足をとられることに。
TsuredureChildren06-08
TsuredureChildren06-09
かなり工□い体制になってしまいました。でも梶君はテレません。

・内面でいいところは?
TsuredureChildren06-10
「ないよ」・・・に、亮子ちゃん呆然。
しかも具体的に欠点のあげつらい。
短気だし粗暴だし、すぐすねるし。

でも、そんなとこも含めて好きなんだ。
TsuredureChildren06-11
TsuredureChildren06-12
TsuredureChildren06-13
TsuredureChildren06-14
抵抗できなくなる亮子ちゃん。
ものすげー可愛いんですが、これができるのって、はっきり相手が自分にほれている、という確証がないと無理ですね、男子視点としては。

とどめ、好き→大好き→愛してる。
TsuredureChildren06-15
TsuredureChildren06-16
なんちゅー甘甘なカップルですか。
しかも、双方の思惑が適度にズレつつも好きあっているという、希有な例。
このペア、ブラコンほたるんの次くらいに好きです。

☆Xファイル。
千秋と香奈・・・結局性交は未遂に終わったようで。気まずいよなぁ、普通。
そこで、ネタ探し、という名目で再び元から。
TsuredureChildren06-17
TsuredureChildren06-18
TsuredureChildren06-19
しかし結局テレてしまって、おしまい。
これが普通ですね、梶君とかはちょっと変。(笑)

☆俺達に女はいらない。
本山君が良い人すぎます。
この3人の中ですと、いちばん本山君に共感してしまうかも。
栗原さんってば、チョーゼツ可愛いのに、審美眼にやや問題がありますな。
TsuredureChildren06-20
絵で見ているからっていうのもあって、山根君もそこまでブサイクじゃないですが。

☆恋愛マスター。
これ、原作時点でもよくわかんなかったのですが、アニメになったのを見てもよくわかりません。
いや、残像とかは面白いんですけどね。
TsuredureChildren06-21
TsuredureChildren06-22

次回は、ほたるんが皆川さんにメールで翻弄されるお話。
ほたるんがらみの話はどれも大好きですので、次回はこれが楽しみ。