[マイナビ女子オープン一斉予選開幕。八一は銀子とともに解説ゲストに呼ばれていたが、その場に雷が現われ八一は動揺。桂香、二人の弟子、あい、天衣も順調に勝ち進んでいくが、予選決勝であいは雷と対局する。]

雷さんの妖怪じみた顔芸がなかなか面白かったのですが、対局していないのに銀子の方に存在感があるっていったい・・・。(^_^;

・マイナビ女子オープン一斉予選、開幕。
あいちゃんは師匠の扇子を手に。
Ryuwo_Oshigoto09-01
Ryuwo_Oshigoto09-02
Ryuwo_Oshigoto09-03
解説をしていた八一と銀子の元に、雷、参上。
会話に割り込んできた銀子に
「おめーには聞いてねーよ、白髪ブス」
「才能のない雑魚は黙ってな!」
Ryuwo_Oshigoto09-05
Ryuwo_Oshigoto09-04
ものすごい毒付きです。
メディアの前でリアルでこれやったら、一年くらい強制休場くらいそうですな。
さすがに永久追放まではいかないと思いますが。

・勝ッタデー。
Ryuwo_Oshigoto09-06
Ryuwo_Oshigoto09-07
Ryuwo_Oshigoto09-08
一番最初の勝利に、会場が少しどよめくのですが・・・。
勝利インタヴューの横で、銀子女王の舌打ち連発。ちっ!ちっ!ちっ!
Ryuwo_Oshigoto09-09
続いて天衣も勝利の報告、またも銀子の舌打ち連発。ちっ!ちっ!ちっ!
姉弟子、美貌とツルツルだけでなく、わかりやすい有毒ツンデレっぷりも魅力的。

・雷との過去。
Ryuwo_Oshigoto09-10
銀子に詰問されて、奨励会時代にネット将棋で知り合って、実際にあった、という流れを話すと「元カノ認定」されてしまって。
Ryuwo_Oshigoto09-11
Ryuwo_Oshigoto09-12
銀子女王のおみ足がまたも炸裂。
「都合よくキープしてたのよね、持ち駒みたいに」
・・・うまいこと言うなぁ。(笑)

そこへ登場、愛弟子あいちゃん。
Ryuwo_Oshigoto09-13
Ryuwo_Oshigoto09-14
Ryuwo_Oshigoto09-15
「詳しく聞きましょう」
こっちも元カノの言葉に反応してるのですが、おもろいなぁ、キミら。

マンションで、すっぽんぽんで待機されていたことも。
Ryuwo_Oshigoto09-16
Ryuwo_Oshigoto09-17
Ryuwo_Oshigoto09-18
似たようなことになっていたあいが責めたものですから、銀がつっこみ返し。
あい「ちゃんと服着てました!」
・・・いや、裸でしたやん。(^_^;

あい「盤上でお断りしてきましょう」
Ryuwo_Oshigoto09-19
このあたり棋士っぽい思考ですね。
とんでもなく強い相手でしたけど。

・後手番、初手端歩。
Ryuwo_Oshigoto09-20
Ryuwo_Oshigoto09-21
Ryuwo_Oshigoto09-23
Ryuwo_Oshigoto09-22
雷の後手番初手、9四歩!
かの阪田三吉・南禅寺決戦(対木村戦)の一局。
これは阪田流向かい飛車ではなかったし、負けたんですけどね。
織田作之助はこの一手を見て
「阪田はやった!」と感動し、恍惚としてしまったと書いています。
初手が世間を騒がせ耳目を集めた例としては、たぶん将棋史上もっとも有名な一手ではないかと思います。
ただし今日では、盤外戦術の一つ、と受けとめられているようで、本作でも八一はそう解釈していたようでした。
アイキャッチは当然のごとく、雷女流でしたけど、表情が生き生きとしてますな。

・ダイレクト向かい飛車!
続いて雷の奇手、ダイレクト向かい飛車。
力将棋に誘導されて、あいも緊張。
Ryuwo_Oshigoto09-24
Ryuwo_Oshigoto09-25
一般に向かい飛車というと、阪田流向かい飛車が有名(ただし阪田三吉は一局しか指さなかったそうですが)ですが、21世紀になって登場したダイレクト向かい飛車は、振り飛車でありながらむしろ居飛車のような感覚が求められるので、居飛車党でも後手番になると採用する人が多いです。
大石七段がシステムを整理してくれたので御本家のような感がありますが、考案されたのは確か佐藤康光・現会長だったかと思います。

・銀子の回想、対祭神雷戦の頃。
Ryuwo_Oshigoto09-26
Ryuwo_Oshigoto09-27
Ryuwo_Oshigoto09-29
Ryuwo_Oshigoto09-28
対女流無敗の銀子が肝を冷やした対局。
反則に助けられて辛勝、しかしその読みの深さに震え上がった、とのこと。

・あいの反撃。
力将棋に誘導されて、才能と才能が真っ向からぶつかりあう展開。
劣勢に追い込まれて、自玉に詰めろをかけられたあいでしたが・・・。
Ryuwo_Oshigoto09-30
本気モード、爆発。
この「こう、こう」・・・というのはヴィジュアルとしてわかりやすいので良いですね。

そして反撃、というか攻め合い。
Ryuwo_Oshigoto09-31
Ryuwo_Oshigoto09-32
数手を経て、その意図がわかりはじめて、雷の表情にも変化が。

そしてついにこちらも本気全開モードへ。
Ryuwo_Oshigoto09-33
Ryuwo_Oshigoto09-34
良い表情しますなぁ、雷さんも。
ただ、駒をバラまくようにしての投了はちょっといただけませんでしたが。

・桂香、天衣も、予選突破、本戦へ。
Ryuwo_Oshigoto09-35
Ryuwo_Oshigoto09-36
必死の形相の桂香、あいvs雷戦の騒ぎに気を向ける余裕の天衣。
なお天衣と対局している相手は、前回おっぱいおっぱいだった鹿路庭珠代。

・八月一日。
八一、という名前は、誕生日からきていたもよう。
愛弟子二人の師匠への気持ちを聞いて、思わず法要のクズ竜王でありました。
Ryuwo_Oshigoto09-37
Ryuwo_Oshigoto09-38
あいはともかく、天衣にこれやったら晶さんに刺されそうな気もしますが。(^_^;
なお、八一の背中を押したのは、鵠(供御飯万智)さんだったもよう。

・竜王挑戦者、決定。
歩夢と名人の挑戦者決定勝負、歩夢の地下鉄飛車。
Ryuwo_Oshigoto09-39
えらく懐かしい戦法です。
ひところ風車戦法とともに流行したこともありましたけど、端にまで振る地下鉄飛車はあまり目にしません。
しかし、入玉までしたのに追い返されて、歩夢の完敗。
見守る、関西将棋会館の面々。
Ryuwo_Oshigoto09-40
八一、銀子の他、生石九段や供御飯万智女流もいますね。

さて、竜王戦はどうなりますか。