[蝶屋敷に運び込まれた炭治郎、伊之助、善逸の三人は少しずつ回復していき、ついに機能回復訓練を受けるところまでなる。ところが、そこで見せるカナヲの素早い動きにまったくついていけず、落ち込む炭治郎と伊之助。しかし善逸だけは女の子相手とわかり、大張り切り。だがいつまで経ってもカナヲとの差が縮まらず、ついに伊之助、善逸の二人は訓練に出てこなくなってしまう。]

アクションが少ないと、いつものような驚愕的作画、とまではいきませんな。
ですが、クオリティそのものが高いっていうのはいつも通り。

・炎柱を見送る蟲柱。
KimetsuYaiba24-01
KimetsuYaiba24-02
煉獄は上弦かもしれない鬼と対決しに、ということでしたけど、まだ下弦、上弦の説明はないですよね?

・病室。
KimetsuYaiba24-03
KimetsuYaiba24-04
今回隊服姿も見せてくれたアオイでしたけど、アップになると美少女っぷりが引き立ちます。

隊士・村田さんが見舞いに来てくれたものの、柱の怖さを語っているときにしのぶさんにバックを取られて、真っ青に。
KimetsuYaiba24-05
KimetsuYaiba24-06
そんなしのぶを見る善逸。
さすがに柱相手にいつもの恋情は暴走させなかったもよう。
KimetsuYaiba24-07
KimetsuYaiba24-08
痩せても隊士のはしくれ、しっかりと胡蝶しのぶの本質を見抜いておりました。

・機能回復訓練、炭治郎・伊之助編。
KimetsuYaiba24-09
KimetsuYaiba24-10
カラダのほぐしと、俊敏さのチェック。
KimetsuYaiba24-11
KimetsuYaiba24-12
KimetsuYaiba24-13
カナヲのスピードにまったくついていけず。

・機能回復訓練、善逸編。
三人そろったところで訓練のはずが、善逸、美少女ばっかりの訓練で異様な喜びよう。
KimetsuYaiba24-14
KimetsuYaiba24-15
KimetsuYaiba24-16
KimetsuYaiba24-17
この紹介のしかたを見ると、カナヲとアオイはまだ一応同格なんですね。
伊之助でも音を上げる身のほぐしも、善逸にとっては美少女たちにさわってもらえる至福の時・・・そして薬湯をぶっかける訓練でも。
KimetsuYaiba24-18
KimetsuYaiba24-19
KimetsuYaiba24-20
アオイさん、女の子扱いされてもあんまり嬉しくないでしょうなぁ。
さらに鬼ごっこ訓練では・・・。
KimetsuYaiba24-21
KimetsuYaiba24-22
触り倒してます・・・あとでボコられてましたが。

もっとも、アオイさん、伊之助にもひどい目にあわされておりました。
KimetsuYaiba24-23
KimetsuYaiba24-24
伊之助は容赦ないからなぁ・・・。

しかし相手がカナヲになると。
KimetsuYaiba24-25
KimetsuYaiba24-27
KimetsuYaiba24-26
KimetsuYaiba24-28
てんで歯が立ちません。
女性隊士もズボンをはくみたいなのに、カナヲはスカートなんですね。
おみ足がステキざます。

炭治郎も、回復しつつあっても追いつけず。
KimetsuYaiba24-29
KimetsuYaiba24-30
しゃべらない少女・・・次回で少し踏み込んだ話になるのかな。

・呼吸法。
隠の三少女にはなつかれている炭治郎・・・あとの二人が強烈すぎますからなぁ、乙女たちにとっては。
KimetsuYaiba24-31
その三人から呼吸法のヒントをもらう炭治郎、ここからひたすら励むことに。

・アイキッャチ。
KimetsuYaiba24-32
禰豆子は鬼の形相になっても可愛い枠ですが、しのぶ、カナヲ、アオイの三人は美少女枠でございますな。
つうか本作、基本的に女性作画はどなたも実に美しい。

・しのぶの過去、ちょっとだけ。
KimetsuYaiba24-33
KimetsuYaiba24-34
KimetsuYaiba24-35
24時間全集中の真っ最中の炭治郎に忍び寄り、励ましのしのぶさん。
ところが炭治郎が嗅覚でしのぶの中の「怒り」をかぎ分けてしまってびっくり。
KimetsuYaiba24-36
KimetsuYaiba24-37
そこで自分が炭治郎に託する夢のわけ、そして過去をちょっぴり語ってくれました。

嫁、それは鬼と仲良くすること。
その夢は鬼に殺された最愛の姉の夢でもあったこと。
KimetsuYaiba24-38
KimetsuYaiba24-39
KimetsuYaiba24-40
KimetsuYaiba24-41
しのぶの腕の中で息を引き取った姉・カナエ。
その姉が好きだと言ってくれた笑顔をたやさぬように決めたしのぶ。
笑顔でいても、その中には鬼への怒りがふつふつと。

ほんの片鱗でしたけど、自分の過去を語ってくれたしのぶ・・・信頼されている、ということでいいですね。
KimetsuYaiba24-42
次回は、カナヲのエピソードっぽいです。