Mikageマダムの夕食レシピ

・・・時間と気持ちにゆとりがある時のメニュー・・・ ほとんど無添加

2014年07月

「暮らしの手帖」復刻版レシピ

コメントで「暮らしの手帖」と言う懐かしい言葉を伺った途端私の心の時計が逆回転したように気分は昔に戻りました。

結婚の際に母が「暮らしの手帖」の料理本を2冊持たせてくれました。

新婚時代とても重宝しました。その中で今でも記憶に残っている料理がいくつかありますが本が無くなったのでオリジナルレシピがありません。

40年も経過すると段々自己流になってきていましたがネットって便利ですね、調べたら食材と分量が出てきました。

調理法は見当たりませんでしたがそれは覚えているので大丈夫です。

一番好きだったポークソテーを作りました。

写真: p1304761

付け合わせは素麺かぼちゃ、いんげん

写真: p1304757

昔の調理法ですが今でも充分美味しい料理です。

お米のサラダ
写真: p1304751

お米半カップで作りましたが2人前に丁度でした。

野菜のオーブン焼き

写真: p1304755

茄子、ズッキーニ、蓮根、玉葱、ピーマン、ミニトマト、にんにく、とうもろこし、カリフラワー、椎茸の10種類

とうもろこしが美味しいです。







用事があって明石まで出掛けました。

行きは急ぐので三宮から新快速に乗って15分で明石に着きました。

帰りは家人のお土産に「菊水」で折を買って、普通電車に乗り海を見ながら30分掛けて三宮までのんびり帰りました。

明石海峡大橋を眺め先日お泊まりしたホテルを通過する時は楽しかったことを思い出しました。

急いでばかりの毎日ですが時にはゆっくりとする時間を持つのも良いものですね。




只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

丑の日

火曜日は丑の日でした、いつの頃からなのか鰻を食べる慣わしです。

私は考えました、どこかのお店で買ってきて夕食にだそうかな?と、でも焼きたての鰻が頂きたいので近々鰻屋さんへ行こうと決めました。

帰宅した家人が食卓を見て「鰻は?」と怪訝な顔、事情を説明するも「丑の日に食べないと意味が無いやん」と残念そう。期待して帰って来たようで申しわけ無いです。

私が用意した夕食は・・・

白甘鯛の唐揚げ

写真: p1294731

鱗がパリパリで香ばしい仕上がりです。

付け合わせはピーマン、天つゆで頂きます。

良く冷やした焼き茄子

写真: p1294741

出し汁に薄口醤油で味を付け焼き茄子を漬けて冷やします。

ミニトマト、きゅうり、ペコロス、若布の三杯酢

写真: p1294726

シークワーサー醤油を使いました。

高野豆腐とオクラ

写真: p1294724

素麺瓜の胡麻酢和え

写真: p1294729

そして朝ご飯は鰻が無いので穴子丼

写真: p1304747

「穴子は硬いね」とのご意見です、やはり鰻が食べたかったようです。



只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

我が家の御祝い献立

誕生日当日は真心込めた私の料理で御祝いをしました。

お風呂から上がり食卓を見た家人が「今日も頑張ってくれたんやね~」の1言でホッコリとした気分になりました。

「今日は・・・」と言われたら反対にムッとしたことでしょう、「も」と「は」では一字違いの大違いです。

献立は和食にしました。

写真: p1284716

鱧と松茸の土瓶蒸し

写真: p1284721

中国産の松茸ですが段ボールで出来てる訳では無いので「いかり」で買い求めました。

お酒は兵庫県産の大吟醸

写真: p1284698

蛸湯引きときゅうりの土佐酢

写真: p1284706_2

4歳児が「お泊まりしたい」と夕方来ました。食事作りに忙しい私は料理を手伝わせました。

私が蛸を湯引きして氷水に入れます、それを手でクルクル回して冷たくなったらザルにあげるのをやらせました。

手が冷たく途中でギブアップ、後はスプーンでやっていました。

鱧の湯引き、梅肉

写真: p1284704_2

梅肉の裏ごしを教えました、小さな手に力を入れて頑張っていました。

オクラの辛子和え

写真: p1284689

焼き松茸

写真: p1284695

香りが全く無いので国産松茸の香りが懐かしく思いました。

冬瓜の具だくさん餡かけ

写真: p1284711

川津海老、アスパラガス、椎茸入りの餡です。

おろし生姜を乗せるのを忘れました。

卵好きの家人にだし巻き卵

写真: p1284699


黄色と緑色の球体は何か分かりますか?

写真: p1284687

手前はそうめん瓜又はそうめんかぼちゃと言う物です。

皮がとても硬く、切るのが大変ですが輪切りにして茹でると中が繊維状になり、まるで素麺の様なのです。

緑は冬瓜です、夏なのにどうして冬の瓜と書くのでしょうか?

包丁を入れずに丸いまま置いておくと冬まで保つと言うことからだそうです。

但し包丁で切ってしまうと切り口から直ぐ痛んでしまします。

どちらもJA兵庫六甲の「六甲のめぐみ」で買い求めました。


只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

又お誕生会

息子達は夏休みで旅行中なので娘達とカジュアルに「グリル一平」でお誕生会をしました。

入り口のテーブル席と他の席との間に厨房があり距離があいているので迷惑をかける心配が無く気楽にお食事が出来ました。

私の独断で御料理を注文しました。

天然有頭海老のフライ

写真: dsc_0031

ハンバーグステーキ

写真: dsc_0036

130gビーフカツ×2

写真: dsc_0032

写真を撮る前に既に切られていました。

オムライス

写真: dsc_0035 (1)

マカロニ・イタリアン

写真: dsc_0037

大人4人、4歳、2歳の6人で頂きました。

「グリル一平」が初めての若旦那は「美味しい!」と感激して全ての御料理を綺麗に食べてくれました。

子供達もよく食べました。

ブログを書いてると嬉しいことが沢山有ります。

先日はハワイにいる息子達に美味しいレストランを教えて下さるコメントをマウイの方から頂きました。

早速彼らは教えて頂いたベトナム料理のレストランに行きオーダーした料理をLineで送って来ました。

どれも美味しそう。

食べた感動も伝わってきます。

ホテルに帰ってから再度PCにメールを送って来ました。

疲れていた胃が元気になったこと、子供達もよく食べたこと、教えて下さった方に宜しく伝えて欲しい等。

欲しい情報を直ぐ送って頂けるのはブログの嬉しいことの1つです。

読者の皆様に感謝致します。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

猛暑の京都

気温37度の京都へ行って来ました。

友人達と一緒に家人のお誕生会で「桜田」で夕食を頂きます。

家人にプレゼントを用意して下さっていました。暑い中彼に似合う物を探してお買い物をしてきて下さったと思うと申し訳なさと感謝の気持ちで頭が下がります。

いくつになっても御祝いは嬉しい物です、皆様有り難うございました。

冷たい梅酒を頂いてお食事の始まりです。

前日まで運行していた長刀鉾の器に入った鱧、車海老、新銀杏のジュレ

写真: p1264651

椀は鱧に焼き茄子

写真: p1264654001

天の川と星の漆器

お作りは平目、鯛、いかをポン酢とお醤油で

写真: p1264655001

蓮根のすり流し、煮梅

写真: p1264658

新しい器の登場です。

八寸

ほおずきの中に白和え、衣かつぎ、八幡巻き、きゅうりを腐乳で、茶豆

写真: p1264660

写真: p1264661

鱧寿司、鯛の笹寿司

写真: p1264664

団扇の器

鮎の塩焼き

写真: p1264666

お皿に取るとまるで泳いでるよう

写真: p1264669

永楽の器

ズイキの中に海苔とわさび、マスカットのゼリー寄せ、高知のトマト

写真: p1264671

ズイキは初めて頂く1品です。

炊き合わせは冬瓜、厚揚げ、いんげんの葛餡掛け

写真: p1264674

ご飯は鰻の卵とじ、もずくの赤出汁、香の物

写真: p1264677

苦瓜の味噌炒めでご飯が益々進みます、家人はご飯をお代わりしました。

香の物の器も長刀鉾が描かれています。

水菓子は柑橘のジュース、ピオーネ、ブラマンジュエ、メロン

写真: p1264679

特注の江戸切り子に盛られています。

黒豆の水ようかん

写真: p1264682

お薄

写真: p1264684

家人に取っては久しぶりの桜田で感動がひとしおだったようです。

9月の予約をお願いしていました。




女将さんのお話では先週東京や静岡、北海道からブログをご覧になったお客様の訪問があったそうです。

祇園祭りと共にお食事を楽しまれたなら嬉しいです。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

ギャラリー
  • おやつタイム
  • おやつタイム
  • おやつタイム
  • おやつタイム
  • 京都鉄道博物館
  • 京都鉄道博物館
  • 京都鉄道博物館
  • 京都鉄道博物館
ブログの記事検索
google検索

Web全体を    
Mikageマダム内を
レシピ一覧内を 

Google
御影マダム料理本

第一弾

MIkageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第二弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

栗マロンかぼちゃ
栗マロンかぼちゃ会
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

Mikageマダム

家人と2人暮らしの専業主婦です。家事の中では御料理が大好き、勿論美味しい物を食べる事、美味しいお酒を飲むことも大好きです。安全,安心な食材で健康に気遣った食事作りを日々心がけています。

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ