大人と子どものピアノ教室より

福岡県宗像市・ピアノ講師と作曲の毎日を綴ります

熊本へ

シルバーウィーク最後の休日は
ショパン演奏法のセミナーを聞きに熊本に行きました。
更に、コンクールの動画レッスンをお願いしますと
ひっきりなしにLINEが入り
妹の家でデジピを借りては返信の1日だったので
これを休日と呼ぶのか分かりませんが(笑)

久元先生は「作曲家別演奏法」という著書もあり
ショパンの音色やアナリーゼ、その時代の楽器の特徴を
詳しく、柔らかくお話してくださいました。
「優雅」というのはこんな方を言うのでしょう。

b2
b1

主宰の熊本支部の厚地先生とピアノ談義。
b3
春、厚地先生のレッスン見学に伺った時に習った
必殺技(?)を最近忘れていた事を思い出しました。
思い出せて良かったー!

あの時、熊本は平和な町でした。
震災以来、2人の叔母の家を訪ねました。

1人の叔母の家は、がれきの山になっていました。
もう1人の叔母の家は、すっかり更地でした。
でも2人とも「また家を建てるよ」と笑っていました。
何てたくましいのでしょう。

同世代のママ友は
子どもの不登校や、体調不良、鬱に悩んでいる人が
本当にたくさんいます。
何故、日本人はこんなに弱くなってしまったのかなぁ・・・
手をかけすぎたのか、食べ物か、環境か・・・。

妹家族も元気ですが
「始めは命があるだけで、と感謝したけど
 どっちが悪いとか、不公平だけど構ってられないとか
 だんだん格差が生まれてる」と言っていました。

いろいろ考えた休日でした。

作曲家のセミナー

北海道の友人、池田奈生子先生のセミナーでした。
台風で飛行機が飛ぶのか、本当にヒヤヒヤしましたが
宗像ギロックメンバーで伺えて、いい思い出になりました。
作曲家のセミナーという意味でも、とても勉強になりました。
b3
メンバーで、奈生子先生を観光にお連れしようと
大宰府方面を予定していましたが、
時間が押して、急きょ、福岡市博物館へ。

色んな国の楽器が体験できたり
福岡の誇り「金印」や「黒田官兵衛の甲冑」もあります。
何より、建物と前庭(水庭)の豪華さに
何故今まで知らなかったんだ?とビックリでした。
遠くからのご友人をお連れするのに良い所ですよ!
b1
b1

大濠公園のウォーターフロントにある
「ピンクベリー」で乗せ放題スイーツも初体験。
いつもは反対岸の、
「行ってみたいスタバ10選」の
名所スタバにお連れしますが、こっちもオススメです。
b2
喜んでくださって良かった。
奈生子先生、ありがとうございました!

勉強記録

~先週の勉強記録~
春日市にて赤松先生の平均律講座
たった1曲に90分!
今後のシリーズの礎となる初回でした。
b2

ゆめあーる大橋にて
石黒先生のブルグミュラー徹底活用ガイド
先生がどれだけの引き出しをお持ちで
本に書ききれなかった事が山ほどある事に感嘆しました。
b3

黒崎ひびしんホールにて
多喜先生の室内楽レッスン。
これまでの東京からのメンバーからリニューアルし
新しいトリオでの新鮮なアンサンブル体験でした。
皆さんの演奏、それに対するご指摘も勉強になりました。
b1

今週は福岡、熊本のセミナーに伺います。

まだまだ勉強し足りない事を痛感しつつ・・・
歩みを止めない指導者でありたいです。

みんなが気持ちの良い教室

最近コンクール上位入賞者を実名でご紹介しています。
これには色々考えを重ねてきました。

これまでコンクールで賞を撮った生徒さんは
名前を伏せて控えめにご紹介していました。

第1に 個人情報に配慮して

第2に 同じコンクールで落選する方もいるから

第3に 上手な生徒だけを可愛がっていると
    悲しむ方がいてはいけないから


 
発表会では、学年順に演奏しているので
上手な生徒さんに囲まれた方のご父兄から
「うちの子が可哀想でした」とメールが来たこともあります。
でも発表会で「上手な人コーナー」を作るのもどうかなあ・・

これまで、全体を見渡して配慮して来ましたが
やっぱり上手になるお子さんは特別努力をしている訳で
みんなの前で褒めてあげたいと思いました。
だから、せめてブログで。

これからも発表会で賞歴は紹介しません。
プレッシャーになるでしょう?
上手な演奏が聴けるのは
お子さんにとっても大変お得なんですよ、と説明して
みんなが気持ちのいい教室を模索していきます。

私は、ご存知の通りほとんどボケていますが(笑)
皆さんの事をいつも思っています。
b1

嬉しいフランス便り

息子が、大学院のための語学研修を終えて
ようやくアパートに落ち着いたと、
部屋から見える景色を送ってくれました。

これってコルビュジエのサンピエール教会!
私も行きたかった世界遺産で、驚きました。
朝起きたら、これが窓の外に??

昨年、たまたまつけた「美の巨人たち」で見ました。
普段、長い番組をじっくり見る事もないのに
何かご縁があるんだろうなぁ・・・と感心。
b1
学び舎もコルビュジエ建築だそうです。
息子がすごいわけではありませんが
端っこで世界とつながっているようで、嬉しくなります。
翌日には新聞に載ったそうです。何て書いてあるのかな。
b1
2年間のうち、タイミングを見計らって訪ねたいです。


livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ