1975.1.24、フランス・パリを旅行中の愛媛県在住・竹内貴代子さん(当時23)が
宿泊していたホテルから行方不明になった。
竹内さんは旅行会社のツアーに参加していたが、旅行中から強迫観念にとらわれており、
「団体客と一緒だと私は殺される」と語り、グループから逃げ出したがっていたという。