2022年12月31日

新年のご挨拶

先週、日本から戻ってくる飛行機の中で、1996年にノエル・ギャラガーがネブワースでこの曲を歌う映像を見て、なぜか阿呆のように泣いてしまったのでしたが、お正月ですので、フェスティヴ・シーズンにふさわしいヴァージョンでお届けします。
いろいろと不義理をしたまま年が明けてしまった方面もございますが、どうぞ2023年もよろしくお願いします。
  
Posted by mikako0607jp at 15:00

2022年12月11日

『両手にトカレフ』が神奈川学校図書館員大賞(KO本大賞)をいただいたそうです!

『両手にトカレフ』は、日本のティーンたちが「金子文子」や「ケイ・テンペスト」に出会う「きっかけ」を学校の図書館に置いていきたいという気持ちもあって書いた本でした(主人公のミアじたいが、図書館で文子の本に出会ってますし)。
この気分は、丸善の店先に檸檬を置き、爆弾を仕掛けた気分になって、にやにやしながら出てくる梶井基次郎の小説の主人公に似ています。
この本も学校図書館の中の檸檬になれたら。そう思っています。

だから、この本でこの賞をいただけたことは特別にうれしいです。ありがとうございました。


  
Posted by mikako0607jp at 21:22