2006年10月19日

もちつもたれつNHSと。

*英国で出産した場合、法的に出産後10日間は母子のウェルビーイングはミッドワイフの責任になるので、コミュニティー・ミッドワイフが毎日、または一日おきとかで家に訪ねてくるわけですが、その後はヘルスビジターと呼ばれる、地域の保健師さんみたいな人がミッドワイフに代わって定期的に母子の様子を見に来るわけです。

んで、そのヘルスビジターさんにお願いされて、ブライトンのメディカルスクールのプログラムに協力することになりました。当該スクールの学生さんであるところの将来のGPさんたちが、子供が出来たばかりの実際の家庭と接することにより、机上の医学ではなく、プラクティカルでリアリスティックな情報を収集する。ってことらしくって、二人組の医学生がしばらくうちに出入りすることになりました。NHSにはいろいろお世話になっているんで、もちつもたれつ。ってことで。

*そのNHSがやってる地域のペアレント&ベイビーグループっちゅうのにも毎週参加してるんですけれども、やっぱうちの地域の母親たちが集まると、こう、子供を産んだばかりのマミイの集まりっちゅうよりは、アルコール依存症のリハビリ患者が支えあう会みたいになっちゃって、「最初の3ヶ月は手がふるえた」とか「ビールのCMを観る時が一番つらい」とかそういう話ばかりなんですが、「断乳したら、みんなでパブに行くわよ」「おおおーっ」みたいなことになっており、パブに行ける暁には大変なことになりそうです。地域柄、見た目はすれた母ちゃんが多いですが、こういうエリアのほうが母乳育児をやってる母親が多いそうで(まあ貧乏だからでしょうけど)、みんな夢に見て泣くほど酒飲みたいくせにちゃんと断酒してるんだよなー、と感心します。

*それから、NHSのうちのエリアの団体は、特殊な事情のある場合には、週に一度、二時間だけ赤ん坊の面倒をみてくれる子守のプロを自宅に派遣する。というサービスも展開しており(NHSであるからには当然無料)、わたしも腱鞘炎がひどかったのと、外国人なので子供をみてくれる家族なども近くにいないという点をヘルスビジターがオフィスでプッシュしてくれて、先週からこのサービスを使わせてもらえるようになりました。週に二時間でも来てもらえると、その間、赤ん坊の心配をしないで本が読めたりして、まったく気分が変わります。んで、ここでもまたもやNHSのブリリアントさをかみしめているわけです。

というわけでほんとにNHSづいている今日この頃ですが、出産後のケアってのは、英国はほんとにみっちりやってる。と感心します。これはやっぱり放置しておくと赤ん坊を虐待したり無茶苦茶する人が出がちな国だから、NHSと地域が一体となってひとりひとりの赤ん坊と母親をしっかりモニターしてるってことなんでしょうね。閉じた扉の中で、人しれず孤独に赤ん坊を育てている人がいなくなるようなシステムがしっかり確立されていると思います。

*というわけで、出産雑文のアップ。はまだできません。

  

Posted by mikako0607jp at 08:10

2006年10月17日

今朝のINDEPENDENT紙の一面、

クオリティペーパーともあろうものが。これですよ(クリックで拡大してご覧ください)。どうりで、子供に乳やりしながらニュース番組を流し見ていても繰り返しこの話ばっかりやっとるわけですな。

マドンナが流行りのアクセサリーをアフリカから一人連れて帰って来るつもりだったができなかったとか、いや、遅れて後から空輸できるようになったとか、ほんなんばっかりで。

このモラリティー議論っつうのがどうも盛り上がっているようですが、わたしは人様のアクセサリーにはあんまり興味はないなあ。特に気になるとすれば、アクセサリーであるからにはやはり見栄えのいいものしか売れないということ。アクセサリーになれない不細工なヒューマンビーイングたちは、人間の生涯というものは外見を含めた能力ですべてきまってしまうのだ。という恒久不変の生の真実を、年端もいかないうちから嫌というほど学ばされるということ。

一連の有名人養子縁組問題は、有名人の能力主義がこれでもかというほど露わになっている例だからこそ一部(いや、かなり多数)の人々の神経を逆撫でするんだろうな。選ばれない者たち。にこそわたしは興味があるので、スポットライトをあてて欲しいんだけどなあ。でもあてないんだよな。やはりマスコミも(いや、人間界そのものが)下品なほどに露わな能力主義なので。

*というわけで、全く関連はありませんが、長編雑文更新しました。こちらからどうぞ

  
Posted by mikako0607jp at 19:51

2006年10月09日

Jane Eyre。ジェイン・エアでんがな、BBCの。

ロチェスターさまも悪くない。出産以来、とてもガキを連れて映画なんか観にいける状態ではなく、その代わり授乳している時間に身動きが取れなくなるのでテレビを観ていることが多くなりました(っつーか殆どの場合流し観ているだけなんだけど)。

んで、まあ秋になると毎年、文芸ドラマ。が出てくるわけですが、今年のBBCの「ジェイン・エア」(写真)がなかなかによろしい。ジェイン役のルース・ウィルソン嬢が、これはひょっとするとこれまでジェインを演じた女優の中では一番はまっているかもしれない(セルジュ・ゲンズブールの娘とかもやってましたよね、ジェイン役を。つるっとした顔で)。

BBCの文芸ドラマ(ロマンス系)といえば、いまだよく話題にのぼるのが、コリン・ファースがダーシーを演じて英国中の女性をノックアウトしたという「高慢と偏見」なわけですが、あれはヒロインのエリザベスの顔があまりにも渡辺えり子なので非常に気が散るんだけれども、この点、誰も日本で指摘している人はいないのだろうか。と思っていたところ、Amazon.co.jpのレビューできっちりポイント・イット・アウトされておられる方が見受けられ、安心するやら「おおおーっ」の声が出るやらで、せっかく寝ていたガキまで目覚めました。

で、当該ドラマは今週末に最終回を迎えるわけですが、BBC1で「ジェイン・エア」の放送が終わる時間からBBC4で放映されていた関連ドキュメンタリー番組が「Reader, I married him」。3回シリーズで、1回目がロマンス・フィクションのジャンルが女性に及ぼす影響を探る。みたいなやつで、2回目が、クラシックと呼ばれるロマンス・フィクションのヒーローたち(「高慢と偏見」のダーシー、「ジェイン・エア」のロチェスター、「嵐が丘」のヒースクリフ、「風と共に去りぬ」のレット・バトラー)の魅力を徹底比較研究する。というもの。最終回が、今度はヒロインたちを比較研究しつつ、時代と共に変化してきたロマンス・フィクションの歴史をおさらいする。みたいな企画だったのですが、大変におもしろかったです。

現在活躍中の女流作家やジャーナリスト、女性団体の代表者などがコメントに登場して自分好みのヒーローやヒロインについて語るわけですけれども、英国の女性はやっぱヒースクリフが大好きなんだなー、と感心しました。「きゃつは単なるサイコだ」とコメントした女性もおられましたけれども。米国人だと、たぶんレット・バトラーのほうがくるんじゃないでしょうか。ヒロインのほうでは、英国人女性はジェイン・エアが圧倒的に好きみたいですね。サイコな男とインディペンデントで地道な女。みたいのが理想なんでしょうかね。

しかしその一方で、現代の英国のロマンス・フィクションのヒロインたちは、みんな自分に自信がなくて、痩せたいだの、煙草がやめたいのにやめられないだの、という不安を抱えている傾向が見られるとのこと。理想はジェイン・エアなんだけど、現実はブリジット・ジョーンズ。みたいな感じなんでしょうかね。ジェイン・エアは、ある側面だけを発展させていけばマギー・サッチャーにもなりそうな気がします。

*長編雑文、アップしました。こちらからどうぞ

  
Posted by mikako0607jp at 23:21

2006年10月05日

ぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅ

*ぐずってないでさっさと寝てくれないか、君たちは。という感じの男が我が家に二名存在し、そのうち一名は産後の鬱(何もしてないくせに何故彼がかかってしまったのかは不明)により陰気なことばかり口走りやがっていい加減にプロザックでも飲んで寝ろてめえはよー。系のぐずり、もう一名は遊び足りないがためのエナジー溢れる乳児性ぐずりなんですけれども、”ノー・フューチャー”と”あるフューチャー”のせめぎ合い。って感じでなかなかに見ていて興味深い面もありますが、デイヴィッド・キャメロンの党首演説と同じぐらいに鬱陶しいのもまた事実です。

結局、生まれて2ヶ月でも50年でも、かまって欲しい。ってことなんでしょうね、男なんて究極の根本の本質的に生まれ持っているものは。

まあこれを言っちゃあおしまいですけど。ふふふ。

*まだメイルの返事が行ってない方が多数おられると思います。思います、じゃなくて、そうです。そのうち行きます。お待ちください。

*長編雑文アップしました。こちらからどうぞブツはすでにあるんだからさっさとあげられるはずなんですが、コピペしたり<br>だ<b>だってタグうってるのが面倒でついものぐさになってます。でもこっちはわりと頻繁にアップするつもり(頻繁がどの程度のインターヴァルを意味するかの理解には個人差あるとしても)。

出産雑文のほうは新たに書かなきゃならないんで、もうちょっとお待ちを。なにしろぐじゅぐじゅがうるさいんでねー。でもたぶんもうすぐアップします。

  
Posted by mikako0607jp at 21:48