2012年10月27日

公営住宅地のボブ・ディラン

について書きました。

http://www.ele-king.net/review/album/002541/



ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンの関係者さん。誰も見ておられないでしょうが、彼の公式サイトのトップにあげているPVは替えたほうがいいと思います。
彼のこれまでを知らない人々には、もっとも誤解されやすいPVです。(もしかしたら、日本はそういう方向で売るつもりなのかもしれませんが。そうだとすれば、それはミステイクだとわたしは申し上げたい)

「Lightning Bolt」か、

http://www.youtube.com/watch?v=fY0oPg1h8fQ

「Two Fingers」でお願いします

http://www.youtube.com/watch?v=J9XwFecNXyU&feature=related

ちなみに、「Two Fingers」のPVで、いかにも白屑ファッションの昼間っから酒飲んでるアンダークラスの母ちゃん役を演じているのは、シェーン・メドウズ監督の『This Is England』シリーズでロル役を演じているVicky McClure。
ある意味、同シリーズへのオマージュのような映像とも言えるでしょう。This Is England 2012 。みたいな
http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/51837180.html










  

Posted by mikako0607jp at 02:32TrackBack(0)

2012年10月19日

女子バンド。

の括りがわたしにとってちょっとスペシャルなのは、自分自身が、日本のリヴァプールと呼ばれる(いったい、あの街の何処のどのあたりがリヴァプールと比較できるのか。と今になってみれば激怒まじりに突っ込みたくなりますが。福岡は南米。英国のギター・サウンドが好きな南米。めんたいなんて辛いもんが、英国である筈がない)ハカタン・シーンで、ちょっとそういうことをやってた時期があるからです。

この女子バンドは、ポール・マッカートニーに啓蒙されるまでもなく、わたしは好きです。
http://www.ele-king.net/review/album/002467/

  
Posted by mikako0607jp at 10:51TrackBack(0)

2012年10月12日

ディランとレノン。そして老いながら成長するということ。

ボブ・ディランの新譜について書きました。
むかーしからここに来てくださっている方々にはお馴染みの、ふたご座論にもなってますが。
(ふたご座の方々には、気を悪くしないでいただきたい。なぜなら、わたしもふたご座なのだ)

http://www.ele-king.net/review/album/002451/

  
Posted by mikako0607jp at 11:20TrackBack(0)

2012年10月03日

イミグランツ・イン・ザ・UK

ele-kingの連載2回目です。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/002428/

今回は、モンティ・パイソンとイランとピストルズ。
で、最近とても気になっている、国を愛するということ。

読んでいただけると幸いです。


  
Posted by mikako0607jp at 15:27TrackBack(0)