2012年12月25日

Fairytale of New York誕生秘話。を酒飲みながら見ていた。

数日前、「Fairytale of New York」の誕生秘話。みたいなドキュメンタリーの再放送をBBC(のどこのチャンネルだったかは酔っていたので覚えてない。たぶん3か4)で見た。
最初に放映されたのは2005年だったと思うが、そのあたりから毎年のようにわたしがクリスマスになるとブログに書いているのが、この「アイリッシュ難波恋しぐれ」である。

数年前にドキュメンタリーを見た時は、おそらく今回よりもっと酩酊していたか何かで聞き逃していたのだろう部分もあり、そういう部分を総合して心から思うのは、本当に、カースティ・マッコールなしには、この楽曲は存在しなかったということだ。
むかーし、まだわたしがブログではなく、ウェブサイト活動を行っていた頃、こんなの書いていたことを思い出した。(ネット検索で普通に上がってきたということは、それだけ日本語で彼女について書いている人が少ないということだろう)

http://www.geocities.jp/mikako0607jp/4th.html

この曲とカースティ(&彼女の前のヴォーカル担当者)に関しては、いつかきちんと書きたい。
今年は、もうクリスマス・シーズンを逃してしまったので、来年以降の課題だけど。

クリスマス前の英国の貧民街のパブに行けば、この曲をカラオケで熱唱している酔ったカップルがどれほどいることか(北部はさらに多いらしい)。
しかし、BBCのドキュメンタリー番組では、最後の締めのコメントは、ブライトン&ホーヴ市の海辺のポッシュなエリアにお住まいのニック・ケイヴだったりして、彼はこんなことを言っている。

「こんなヤケクソなクリスマス・ソングは他にはない。もっとあるべきだと思う」

  

Posted by mikako0607jp at 11:47TrackBack(0)

2012年12月21日

レナード・コーエン&ジョン・ケイル

のレヴューを書きました。

http://www.ele-king.net/review/album/002650/

しかし、上記の爺さんたちと初音ミクが共存しているサイトは、世界的に見ても他にはないでしょう。

わたしは昔からルー・リードよりジョン・ケイルが好きだったんですが、わりと福岡には、そういう人が多かったような記憶があります。
というわけで、年末年始に帰省します。
福岡在住の方々とお会いしたい気持ちになっております。
三馬力で焼肉とか、ひさご(西新商店街に店があったほうの流れの)のお好み焼きとか、牧のうどんもありです。
あと、もちろん、もつ鍋も。テムジン、鉄なべもあり。
ひとりで食い歩きというのも侘しいので、ご連絡お待ちしております。  
Posted by mikako0607jp at 12:23TrackBack(0)

2012年12月13日

HAPPY?/パンクの老い先

連載4回目です。
久しぶりに底辺生活者サポート施設に行った話。ゴム長パンクおやじの近況など。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/002634/  
Posted by mikako0607jp at 16:47TrackBack(0)

2012年12月07日

今年聴いたアルバムの中では個人的ベスト3に入っている

Alt-Jの「An Awesome Wave」について書きました。

http://www.ele-king.net/review/album/002624/

今どきの音楽ってのは、まあいろいろあるんですけれども、何処の雑誌(又は新聞、又はサイト)だったかは忘れましたし、飲んでいるのでいまさらチェックはしませんが、「ものすごく“今”でありながら、中年にも理解できるモダン・ブリティッシュ・サウンド」と書いていた英国のメディアがありました。
それは本当のことだと思います。
特に、ポスト・パンクを聴いたおっさん、おばはんには、「クール」と理屈抜きで思える人たちじゃないかと。

とてもブリティッシュなクールさがあると思います。(そのわりには、「Awesome」なんていうメリケン言葉をタイトルに使っているんですが、6歳のうちの息子なんかも日々連発している言葉ですし、若い世代には、英米イングリッシュの差はないんでしょうね。個人的には、そういうボーダーレスは良いことではないかと思います)

批評とかっていうのは、あれこれ文章にしてこねくり回して書くんですけれども、基本は、要するに腰と脳が反応するかどうかの問題で、この人たちの音楽には、わたしは久しぶりに反応しました。
この、反応。ということを別の言葉で表せば、「格好いいと思った」ということなんですが。

英国のギークの、真骨頂。

  
Posted by mikako0607jp at 11:32TrackBack(0)