2013年08月26日

堪能した映像2本

最近、忙しくて夜テレビを見る暇がなく、週末もいろいろあってキャッチ・アップ・TVすら見てなかったんですが、英国は3連休なので、以前から見たかった番組を2本見ました。

BBC1 : Paul O'Grady's Working Britain
http://www.bbc.co.uk/programmes/b038l46z

雑誌版ele-kingのVol.10(「アナキズム・イン・ザ・UK外伝」)で書いたことと、見事に内容がシンクロしていて吃驚した&面白かった。

ワーキング・クラスの歴史に興味をお持ちの英国在住の方には、ぜひBBCのiPlayerでチェックしていただきたい。
あと、1961年の名作英国映画『蜜の味(A Taste Of Honey)」がお好きな方も(ブリリアントなゲイ俳優の現在のお姿が見れます。またそれが、まったく期待を裏切らない)。

C4 : TOP BOY
http://www.channel4.com/programmes/top-boy

44327439-8142-4ed2-b14d-a7b0385805ed『Attack The Block』のシリアス版として、拙ブログで紹介したことのある名作ドラマが、再びチャンネル4に戻ってきました。
http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/51857452.html

社会的な要素が濃かった前シリーズと比べると、今回はギャング・スリラーの要素が大きくなっているような気もしますが、ロンドンの公営団地のギャング・カルチャーをこれほど等身大で描いている映像はやはり他に無いと思います。
十代のギャングたちが公営団地の通路の階段で、今日あったことや今思うことをラップ調で喋り合いながら携帯電話で録画しているシーンは、しょぼくてユーモラスながらもクール。で、そこはかとなく、せつない。
こちらも、英国在住の方々は、4oDでチェック可能。


英国には、素晴らしい映像(映画&ドラマ)があります。
おそらく、今後の日本の状況や、日本人の気質を考えると、米国の映像より、英国の映像のほうが共感を呼びそうな気がするのですが、まあ、そんなことを考えているのはたぶんわたしだけで、祖国の映像配給関係者はそう考えてないらしいのが残念です。











  

Posted by mikako0607jp at 10:28TrackBack(0)

2013年08月22日

インディオのグァテマラ

連載12回目は、冨士夫とマルコム・マクラレン(どういう組み合わせなんだ。とは思いますが、組み合わさるんです)について。です。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/003276/  
Posted by mikako0607jp at 17:21TrackBack(0)

2013年08月16日

ジェイク・バグ+林芙美子

ヴァレリー・ジューンのレヴューを書きました。
エイミー・ワインハウス以降なかったことですが、わたしが一押しする歌姫です。

http://www.ele-king.net/review/album/003257/

http://www.youtube.com/watch?v=DC0wz3m_v2M
http://www.youtube.com/watch?v=8ywuF-N8xXQ

ブルーズ繋がりでいえば、今、ヤマグチフジオについて書いています。
今日(8月15日)は勤務先の保育園の庭で、ティアドロップスをかけてました。
この国の多種多様な肌色をした子供たちの反応に、わたしまでティアドロップしました。  
Posted by mikako0607jp at 11:06TrackBack(0)

2013年08月02日

IBIZAのことを、久しぶりに

Flower-power-Pachaというわけで、行って参りました。アイビーサーへ。

で、むかーしむかーしのHP時代から読んでくださっている方ならご存知のバレリーナの姪が、今はすっかり三十路の大人になってバルセロナでバレエの先生をしているのですが、夏はイビサに帰省して大型クラブにダンサーとして出演しており、PACHAの火曜日のFLOWER POWER(要するに70'sナイトですな)でもフラワー・ガールズの一員として働いている(写真。どれかは想像にお任せします)ので、イビサに行き始めて16年目にして初めて(!)PACHAに行きましたよ。姪が無料で入れてくれる(&タダ酒飲ませてくれる)っていうから。ははははは。

なんかハウス・ミュージックの夜にチュチュ履いてDJの脇でバレエ踊ったこともあったそうで、今年のイビサは攻めてるらしいです。若い時分には拒食症だなんだと種々のめんどくさい問題を抱えていた姪ですが、すっかりクラブをエンジョイする遊び女になっていて(通常より10年遅れて来た感じですな)、ライフというやつもまんざら捨てたものではないのかなと思いました。

それ以外は相変わらず、舗装されてない凸凹の田舎の公道や、乾いた赤土の畑の中で、水着に長靴というハイソ感もクソもないイビサ式乗馬ファッションで馬に乗り、イビサ島で自転車でこけて死んだニコのことを思いながらチャリキで海辺を突っ走ったりしているうちにホリデイが終わっていました。

イビサ、福岡、ブライトン。
は、わたしの中では同格であり、ここでなら死んでもいいかな。と思えるロケーションです。
玄界灘育ちなだけに、海に何かあるんだろうなと思います。













  
Posted by mikako0607jp at 11:22TrackBack(0)