2015年01月26日

JE SUIS 移民

Posted by mikako0607jp at 19:05TrackBack(0)

2015年01月21日

英国が身代金を払わない理由。

Posted by mikako0607jp at 10:03TrackBack(0)

2015年01月14日

ニック・ケイヴ映画レヴュー

Posted by mikako0607jp at 19:07TrackBack(0)

2015年01月13日

2015年、政治を変えるのはワーキングクラスの女たち

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150113-00042201/

UKのこうした風潮は、日本のウヨク母さんたちへのアンチテーゼです。

拙著『ザ・レフト』のJ・K・ローリング編を参照いただければなお理想的ですが。(&パリ関係はローワン・アトキンソンで)  
Posted by mikako0607jp at 10:29TrackBack(0)

2015年01月07日

Be My Fu**ing Year

冬休みは単身でアイルランドの連合いの実家に渡り、連合いとあまり仲が良くない姑の介護をして過ごしました。90歳の耳が遠い姑に必死でアイリッシュ・アクセントを真似て話しかけても90%はわかってもらえず、コミュニケーションに四苦八苦しつつようやく寝てもらい(保育園で幼児を寝かしつける技術は、ちょっとひねりを加えれば老齢者にも使えることを発見しました)、毎年恒例のBBCJools Hollandの年越し番組「Annual Hootenanny」をPCで見ながらギネスをがぶ飲みして迎えた2015年です。今年最初に聴いた曲は、元ザ・ロネッツのヴェロニカ・ベネットことロニー・スペクターが歌う「Be My Baby」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=pX96uS-FEAY


で、英国に戻って3時間寝て起きて仕事はじめに出かければ、バスが20分遅れて、「バスの野郎が全然来なくって。仕事はじめですが遅刻します。ソーリー、ソーリー、大ソーリー」とマネージャーに携帯で伝えながら2階に上るダブルデッカーの階段で足を踏み外してしこたま鼻を打ち、ティッシュで鼻血を押さえながら座席に座ったら背後に座っていた尿と汗とビールが渾然一体となった体臭の天然ドレッドヘアのおっさんから金をたかられ、「んなこと言ったってUKの金は20ペンスしか持ってない。10ユーロ札ならポケットに入ってるけどね」と言ったらいきなり酒瓶を投げつけられ、ああ人の世とはなぜにこのようにインヒューマンな修羅なのだろうと沈鬱な気分になりながら一階に下りる途中で階段の手すりにバッグの肩紐がひっかかって体のバランスが崩れ時代劇の階段落ち状態で下まで転がり落ち、「あー、そこ、大丈夫ですか?」と運転手に言われて、「ブリリアントな一年になりそうです」と言ったら階下の乗客に大笑いされました。

日本の親族が教えてくれたところによれば、今年は大殺界だそうです。
Be My Fucking Year

本年もどうぞよろしく。

  
Posted by mikako0607jp at 10:04TrackBack(0)