2015年07月26日

スコットランドのエディンバラは「北のアテネ」

と呼ばれていたそうですよ。それは建築物に色濃く出ていますが。
ギリシャとスコットランドが共に反緊縮で繋がっているのは、なんかやっぱ歴史的にデモクラシー好きというのがあるのか。

タクシーの運ちゃんから女王の公邸の観光客相手従業員まで、スコットランド人はほんとうに政治について見知らぬ人とでも誤魔化さずにしっかり語る。
これはイングランド本土から来ると新鮮。政治的にはスコットランドに押されている理由がわかる気がした。

calton-1024x682




































  

Posted by mikako0607jp at 10:17TrackBack(0)

2015年07月22日

ヨーロッパ・コーリング


http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/004575/

スコットランドのホテルのテレビで見るニュースで、トニー・ブレアが「労働党は古めかしい社会主義に戻ってはいけない」とジェレミー・コービンを牽制している。
彼が勝ちそうなんで、マジで焦ってみんな出て来ている。次はブラウンだろう。

これをスコットランドで見ているという、感慨深さ。

45年のスピリットが本当に来ている。  
Posted by mikako0607jp at 17:46TrackBack(0)

2015年07月16日

ニック・ケイヴの息子が崖から転落死

Posted by mikako0607jp at 15:39TrackBack(0)

政治は言葉だ。

ポデモスのパブロ・イグレシアスのような才気走ったパンチラインは決められなくとも、言ってることのブレのなさではジェレミー・コービンはSNPのニコラ・スタージョンに匹敵、いやそれ以上です(年季がちがうし)。BBC2が朝やってた4人の労働党党首候補のディベート番組を見ましたが、論旨が揺らがないのは、そしてブレアの影響がまったくないのは、彼だけ。

Jeremy-Corbyn





















いよいよ労働組合が彼を推しているそうで、彼が党首に立候補した時には腹を抱えて笑った人々が青くなっています。「ベテラン社会主義者」が労働党の党首になるかも知れないとデイリー・メールまで書いている。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3162074/Boost-Jeremy-Corbyn-hard-left-Unite-union-boasts-flood-Labour-leadership-race-70-000-supporters.html

欧州にはダイハード・レフトの時代が来ているのではないか。

日本も大変なようですが、だからこそ再掲。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150603-00046261/

ポピュリズムってのは、欧州の左派には必ずしも悪い意味では使われない。  
Posted by mikako0607jp at 09:33TrackBack(0)

2015年07月13日

労働党の党首に

彼がなってしまったらどうするか。という世間の動揺ぶりが面白い。今年はポリティクスが面白すぎて仕事が手につきません。

ジェレミー・コービンって、いま見るとパブロ・イグレシアスが爺さんになったような感じがして、このタイミングがなんとも面白い。
って、「面白い」と3回も言ってますけど。


Jeremy-Corbyn-11_3328948k

  
Posted by mikako0607jp at 19:17TrackBack(0)

2015年07月09日

ユーロ圏危機とギリシャ:マーガレット・サッチャーの予言

Posted by mikako0607jp at 00:57TrackBack(0)

2015年07月07日

2015年7月5日はギリシャ国民投票の日でしたが

1945_industry_must_serve





















1945年7月5日に行われた選挙で『The Spirit of 45』(By ケン・ローチ)の労働党政権も誕生したのでした。
(ちなみに上はその選挙戦で使用された労働党のポスターだったらしいんですが、これを現代風にしたらバンクシーだな。という感じがあります)

ところで、2015年の欧州政治は右VS左の時代から、上VS下の時代に移行している感があります。

「もはやこれは英国だけではない。欧州全体での新自由主義との戦いになる」というのはケン・ローチが5月のUK総選挙前に語った言葉でしたが、Youtubeにスペイン語の吹き替え付『The Spirit of 45』があるのを発見しました。
  
Posted by mikako0607jp at 09:43TrackBack(0)

2015年07月06日

ギリシャ国民投票:6人の経済学者たちは「賛成」か「反対」か

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150705-00047277/

偏向報道へのささやかな抵抗第2弾として。  
Posted by mikako0607jp at 00:14TrackBack(0)

2015年07月04日

ギリシャ危機は借金問題ではない。階級政治だ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150704-00047230/

日本のギリシャ問題報道(ネットしか知らんけど)はやっぱ偏向のかほり。英国はちょっと違う。  
Posted by mikako0607jp at 10:21TrackBack(0)

2015年07月03日

ネットしか読めないけど

日本のギリシャ危機報道は一方的すぎる感じが拭えない。

なんか書きたいんだけど、明日は緊縮託児所にも行かなきゃなんないし。

というわけで、緊縮託児所シリーズの2回目は「パラレルワールド・ブルース」です。こちらもよろしくお願いします。

http://www.msz.co.jp/book/magazine/



  
Posted by mikako0607jp at 09:26TrackBack(0)

2015年07月01日

音楽とポリティクス

Posted by mikako0607jp at 16:04TrackBack(0)