2015年09月30日

感謝。

先日の2つの質問へのお答えの数々、どうもありがとうございました。
お馴染みさんも、お久しぶりー、さんも、初めての方も、驚くほど多くの方々からメールをいただきました。

ここに来てくださってる方々は、ほんとうに文章うまくて、おもしろい方が多い!(だから個人ブログはやめられない)
はっと目が覚めるような意見、思わず膝を打つお答え、感動しました。

皆様のおかげで、煮詰まっていたのが解消され、すらすらとは行きませんが、ぼちぼち書けるようになりました。

心から感謝しております。

ありがとうございました。  

Posted by mikako0607jp at 20:56TrackBack(0)

2015年09月29日

再び暴動の足音?ロンドンがきな臭くなってきた

Posted by mikako0607jp at 21:07TrackBack(0)

今だから。

「左派は連立を組むのが好きだ。だが、僕は連立なんか組みたくない。僕は単独で勝ちたいのだ」     

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150603-00046261/


この違いだと思うよ。
ファストファッションみたいな政治じゃなくて。

ほんとに外から見ていると思うことがいろいろ。




(しかしこれ書いたの4カ月前だから、英国も怒涛の年だ)  
Posted by mikako0607jp at 04:39TrackBack(0)

2015年09月21日

質問させてください

追記(なのに一番上。なのは、わざと):質問1のほうのお答えで、「桜」とか「菊」とかいうのがあって、たいへんおもしろいのですが、こちらの方の意でいただけると幸いです。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/004681/

*************

カール・マルクスとマルコム・マクラレンは同じ墓地に眠っています。

もじって、2015年の欧州の若者のプロテストソングは

「俺は反キリスト。俺はアナキスト」

ではなく、

「俺は反緊縮。俺はマルキシスト」

である。というのは今月の「月刊みすず」で書いた話なんですけれども、
ずーっと考えあぐねている案件があり、みなさまの助けをお借りしたいのです。

いきなりですが、質問させてください。

1.日本人にとっての「薔薇」とは何なのか?

2.日本にも「1945年のスピリット」のようなものがあるとすれば、それは何なのか?

ずっと読んでくださっている方にしか(特に2は)なんのこっちゃわからないかもしれませんが、それでいいのです。

みなさまのメールをお待ちしております。
  
Posted by mikako0607jp at 17:04TrackBack(0)

2015年09月18日

PiL新譜レヴューxxx。

Posted by mikako0607jp at 18:05TrackBack(0)

2015年09月15日

無意識のちから。

Jeremy on the front bench






















おおお。ついにコービンが国会のフロントベンチに。って感動するかと思ってたけど、まったく違和感ないっていうか、ずっと前に見たことがあるような気がして仕方ない。

で、部屋の掃除をしていたら、図書新聞2015年1月1日号が出て来て「アンチグローバリズム・イン・ザ・UK−スコットランドが示した新たな道」っつう自分が書いた記事を読んでたら、最後の部分はこうだった。

「今はまだイングランドの人々は目覚めていない。だからこそ『右傾化』程度で済んでいるが、英国の労働者階級が真の敵に気づいたら、この国は再び世界に向けて何かを発信し始めるのではないかと思う」

我ながらまるで予言していたような内容の記事だなーとびっくりして、やっぱ無意識の力ってのは怖いと思いました。
「無意識の力」ってのは、言い換えれば酒のことなんですけど。

  
Posted by mikako0607jp at 02:43TrackBack(0)

2015年09月13日

英労働党に反緊縮派党首が誕生:次はスペイン総選挙だ

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/20150913-00049459/

オーウェン・ジョーンズは、コービン労働党の経済アドバイザーにクルーグマンを。と以前から言っているが、
ポデモスの例を見ればあり得ない話ではないかも。  
Posted by mikako0607jp at 09:55TrackBack(0)

2015年09月10日

パンと薔薇。と党首選

http://www.ele-king.net/columns/regulars/anarchism_in_the_uk/004681/

いよいよです。

しかもまた、いい天気なんだ、今日。  
Posted by mikako0607jp at 16:04TrackBack(0)

2015年09月07日

欧州の移民危機:「人道主義」と「緊縮」のミスマッチ

Posted by mikako0607jp at 05:44TrackBack(0)

2015年09月04日

夏も終わり、

夏のあいだは怠けていたようで、いや基本的に怠けていたんですけど、けっこう仕事もしました。

発売中の月刊みすず。は 「子どもたちの階級闘争4 緊縮に唾をかけろ」

発売中のQuick Japan。の真夏の大エッセイ祭りには 「スコティッシュ・サマー」


あと、最近ふと思ったんですが、『ザ・レフト─UK左翼セレブ列伝』は1年早かった。つか、ジェレミー・コービンがどうして今UKを騒がせているのか、そこに辿り着いた近年の流れが全部ここに書かれてあるじゃん。
と、我ながら、自分が書いた本を読み返して思いました。

お手元にお持ちの方は、そういう目線でもう一度読んでくださるといいかもしれない。
特に、ケン・ローチ、ベズ、ビリー・ブラッグ。

(ビリー・ブラッグは実際、コービンの集会で歌ったりしてるようで。どっちがどっちなのか顔の見分けがつかないっつう話もありますが)
  
Posted by mikako0607jp at 08:14TrackBack(0)