2016年07月30日

お知らせを2発。

お知らせ その1)まず、わが故郷のみなさま。8月20日に福岡パルコでお会いしましょう。フタバ図書さんで以下のようにイベントを行っていただくことになりました。

ブレイディみかこライブトーク「英国から考える、沈む国・日本」
日時:8月20日(土曜日)18:00〜20:00
場所:福岡パルコ新館6Fタマリバ6(フタバ図書隣)
聞き手:森元斎さん(九州産業大学非常勤講師・思想史・哲学者)
参加方法:無料。フタバ図書福岡パルコ新館店に電話で、または直接お申込み下さい(定員に達し次第締切)
ご予約・お問い合わせ:フタバ図書福岡パルコ新館店(電話092−235-7488)

こんなクールなポスターまで作っていただきました(すでに終わったらいただきたいなどとわがままを言っております。こんなこと一生に一度しかないと思うので、記念に。笑)

f08



客席にうちの親父と息子の2人しか座っていなかったらあまりに申し訳ないので、どうぞみなさんいらしてください。

東京でも、8月後半に2つほどイベントが行われる予定です。そちらもまた近くなりましたら告知します。

お知らせ その2)atプラス29号がもうすぐ発売だそうです。

51S7sI9snwL__SX230_見るからに売れなそうで明らかに人選ミスだったと思われますが(笑)、こんな50過ぎのばばあ保育士を表紙に使った保育特集はあんまりほかにないでしょう。

http://www.ohtabooks.com/publish/2016/08/05165121.html

「保育園から反緊縮運動を始めよう」
という読み物を寄稿。こんなタイトルの保育記事を書く人間もほかにはあまりいないでしょう。


  

Posted by mikako0607jp at 19:29TrackBack(0)

2016年07月26日

Yahooニュース個人6月の月間MVAいただきました。

受賞コメント:EU離脱はプロパガンダに愚衆が騙された結果とか、ポピュリズムの危険性を露呈したとかいう、一つの方向からのみ語られる海外での報道には、地元のコミュニティーに根を張って生きている人間からすれば違和感がありました。

「右」だ「左」だとクリアに割り切れるわかりやすい従来のカテゴライズより、このもやもやとした違和感をこそわたしは書き続けたい。欧州を激震させているもののコアにはアイデンティティの政治があると思い込みたい論調とは裏腹に、地べた社会では静かに、そして確かに階級闘争の時代が再来しているように感じるからです。(ブレイディみかこ)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yahooroupeiroedit/20160725-00060358/
________

yomoyomoさん、『ヨーロッパ・コーリング』のレビューありがとうございます。
(いまトルコから書きよりますけん、英国に戻ったらまたメールしますばい)

http://www.yamdas.org/booklog/europecalling.html


  
Posted by mikako0607jp at 01:22TrackBack(0)

2016年07月20日

丸善の丸の内本店にも

問題のロンドン・コーリング風POPが出現していたそうです(また勇ましく脇に飛び出しているところが何とも。笑)。証拠写真が送られてまいりました。

梶井基次郎が置いてきたのは檸檬でしたが、拙著はこのPOPを丸善に置いたのかと感無量です。

42  
Posted by mikako0607jp at 21:22TrackBack(0)

2016年07月16日

憔悴→爆睡→起きたらこんなことに

わたし、来週トルコに行くんですけど。。。  
Posted by mikako0607jp at 18:50TrackBack(0)

2016年07月13日

テリーザ・メイが首相に:「もう辞めんなよ(笑)」

Posted by mikako0607jp at 19:54TrackBack(0)

2016年07月11日

『ヨーロッパ・コーリング』2刷によせて

皆さまのおかげで「ヨーロッパ・コーリング」重版が倉庫から出品できるようになったそうです。
で、実は2刷は英国のEU離脱決定後の所感というか、あとがきNo.2が入っています。

とはいえ、初版をお持ちの方々にそれでは申し訳ありませんので、岩波書店のサイトからPDFでダウンロードいただき、プリントアウトして挟んでいただく、または単にサイトで読んでいただく、のどちらかでお願いできればと思います。

こちらです。スクロールして「2刷によせて」のところからダウンロードしていただければ幸いです。
                 ↓
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0023990/

(ちなみにこれを書いたのは6月末のことなんですが、もうそういう但し書きが必要なほど英国政治は
刻々と移り変わっていて、アナキー・イン・ザ・UKとはまさにこのことです)


「コービンやポデモスについてなぜ書かない。変節しやがって」みたいなおそろしげなメールを、
Yahoo!の読者さんたちからさかんにいただくんですけど、実はずっと、とっぷり書いてますよ。

書く場所がちょっと変わってきているだけで。

  
Posted by mikako0607jp at 18:53TrackBack(0)

2016年07月09日

こげなことになっとったばい。と故郷の妹からメールが

福岡パルコのフタバ図書さん!
しかもこの隣に並んでおられる方のバンクシーにも負けぬインパクトあるお顔は。。。
ありがとうございます。わたしはもういつ死んでも思い残すことはありません。

とはいえ、来月お会いしましょう。それまでは生きておきます。

14680490336351468049021875  
Posted by mikako0607jp at 22:38TrackBack(0)

2016年07月08日

英EU離脱の教訓:経済政策はすべての層のために機能しなければ爆弾に引火する

Posted by mikako0607jp at 08:24TrackBack(0)