2017年03月28日

ケン・ローチ監督『1945年の精神』ついに日本版DVD発売です。

いよいよ、情報解禁です。ケン・ローチ監督「The Spirit of 45」日本版DVDが発売になります。

 
1945年の精神 (THE SPIRIT OF '45) [DVD]
クレメント・アトリー(当時の労働党党首、首相)
カウンターポイント株式会社
2017-05-01






ふつう、洋画DVDの日本版が出るとジャケットのデザインが著しくソフトかつセンチメンタルに変化すると言われておりますが、これは真逆の方向に走ってます(笑)。わたしも字幕監修で末席を汚させていただきました。

「英国の映画なのにどうして日本の識者のメッセージを収録したディスクを付録にするんだ。イギリス人をからませろ」みたいな意見をネットですでに目にしましたが、ご覧になった方はおわかりでしょうが(本ブログを見て英語版買った方がけっこういらっしゃることをわたしは知っています)、これは作品じたいが様々なイギリス人たちのインタビューを収録したDVDなので、それにまたイギリス人が喋っている付録をつけてどうするのかと。(むしろ、付録ディスクでケン・ローチ監督の本編ディスクに張り合ってもしかたないでしょう。そら負けます。笑) 

これはやはり、いまさらなぜ日本で発売される必要があるのかという、そのことの意味を日本の方々に日本からの視点で語っていただくのが王道だと思いますよ。「よその国の、よその人たちの話」として単なる知識吸収用、または歴史研究用マテリアルで終わらせるのは、「映画にはアジテートする力がある」と公言するケン・ローチの意志にそぐわないと思います。そもそも、この作品は反緊縮政党レフト・ユニティの結党プロパガンダ映像としてつくられている側面があることも忘れてはならんでしょう。

ところで、その付録ディスク(Disc 2)ですが、新刊「中動態の世界」が売り切れ店続出の國分功一郎先生は、なぜか森の中で語っている映像でご登場?という不穏な噂を耳にしましたし、松尾匡先生に至っては、「レフト1.0」「レフト2.0」「レフト3.0」についてのガチな講義映像になっていて、これだけでも貴重です。その他、宇都宮健児さん、唐鎌直義さん、山本太郎さんが映像でメッセージを寄せていらっしゃり、付録ディスクが本編ディスクより長い(笑)という、熱いカップリングのDVDになっているようです。

オーウェン・ジョーンズの本はスペインでよく売れているそうですが(だからポデモスから選挙時に応援演説で呼ばれたりする)、『1945年の精神』もスペインでよく見られている作品です。日本でも見られるべき。と2014年の正月からあちこちでしつこく書き続けてきたわたしとしては、ここで発売をお知らせできるのはこの上ない喜びです。

5月1日メーデー発売(これまた熱い。笑)です。
よろしくお願いします。

   

Posted by mikako0607jp at 21:04TrackBack(0)

2017年03月24日

『わたしは、ダニエル・ブレイク』はチャリティー映画じゃない。反緊縮映画だ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/bradymikako/20170324-00069042/

どうしてもひとこと言いたかった。  
Posted by mikako0607jp at 09:10TrackBack(0)

2017年03月21日

スタージョン首相が英国民に呼びかけ「ブレグジットが嫌なら、スコットランドにいらっしゃい」

Posted by mikako0607jp at 09:14TrackBack(0)

2017年03月14日

昨日、書き忘れてましたが

●ロバート・パットナム「われらの子ども:米国における機会格差の拡大」
に推薦文を書かせていただきました。
われらの子ども:米国における機会格差の拡大
ロバート・D・パットナム
創元社
2017-03-27


●あとこれは、ゲラで一足先に読ませていただきましたが
  J・D・ヴァンスの「ヒルビリー・エレジー」も素晴らしかった。


この2作は米国に関するものですが、
来月みすず書房から発売の拙著「子どもたちの階級闘争」と通じるものを感じました。 

このラインの本が次々と出版されているのは、偶然ではないと思います。   
Posted by mikako0607jp at 02:26TrackBack(0)

2017年03月13日

映画館でお会いしましょう

●3月18日公開「わたしは、ダニエル・ブレイク」
●こちらは4月公開の「T2 トレインスポッティング」

の日本公開用パンフレットにエッセイを寄稿させていただきました。 

●「わたしは、ダニエル・ブレイク」のほうは3月15日発売のPenにもレビューを書かせていただきました。

●来月発売かな?の「母の友」には栗原康さんの劇薬本「死してなお踊れ」の書評。

まとめてよろしくお願いします(って、わたしの文章じゃなくて、ぜひ作品のほうを) 


ケン・ローチは、5月に真打ちが来ますけどね。 
  
Posted by mikako0607jp at 00:08TrackBack(0)

2017年03月07日

「連帯せよ!謙虚に」:スペインのポデモスはいま

http://s-scrap.com/1237

松尾匡先生、またもや文中で引用させていただきました。  
Posted by mikako0607jp at 19:18TrackBack(0)

2017年03月06日

ふっと床の上を見れば

なんかわけのわからないことになっているのでつい写真に撮ってしまいましたが、
これを見て、ああやってるんだなと思ってくださる方が何人かいらっしゃるはず。 

締め切りは守ります。。。

WP_20170306_00_51_51_Pro
  
Posted by mikako0607jp at 09:56TrackBack(0)

2017年03月02日

You can still make me laugh. I got the blues too.

  
Posted by mikako0607jp at 10:56TrackBack(0)