2017年06月27日

お知らせをいくつか

●もしかしたら、もうそろそろ次号が出る頃なのかもしれませんが(笑)、「新潮」7月号に「いまモリッシーを書くということ」というエッセイを寄稿。

●現在発売中(または発売間近?)のQuick Japanにも「寝ても覚めてもモリッシーだったあなたへ」という小エッセイが掲載されているはず(なぜかうちの息子の近影つきで。笑)

●「子どもたちの階級闘争」3刷決定です。皆々様のおかげです。ありがとうございます。I LOVE YOU ALL.(by マイケル・ファスベンダー in 「Frank ーフランクー」)



  

Posted by mikako0607jp at 10:24TrackBack(0)

2017年06月22日

朝日新聞「欧州季評」書きました。今回はコービンとケン・ローチ。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12998694.html?rm=150

実はこっそり古巣@ヨーロッパ総局。チャーリー元気?
  
Posted by mikako0607jp at 08:52TrackBack(0)

2017年06月20日

猪熊弘子さん、國分功一郎さんとの鼎談本『保育園を呼ぶ声が聞こえる』

『This Is Japan』の保育の章にもご出演いただいている保育問題ジャーナリストの猪熊さん、
そして(実はわたしと猪熊さんを繋いでくださった)お馴染みの國分さんと、保育についてじっくり語り合いました。

政治、運動、自由、平等といったトピックにまで広がっていった珍しいタイプの保育本だと思います。
今日発売です。どうぞよろしくお願いします。

(どことなく「保育園コーリング」みたいな趣のあるタイトルですが、出どころは國分さんです)





  
Posted by mikako0607jp at 07:04TrackBack(0)

2017年06月17日

東京巡業の名残り、再び。

本日発売、図書新聞に出演させていただいております。超ロング・インタビュー。見出しから渾身のシャウトです。

こっそり「花の命はノー・フューチャー」のレビューも掲載いただきました。(笑えます。ながらも、本人も知らなかった本質を突かれた感じ)

2017-06-17

  
Posted by mikako0607jp at 18:35TrackBack(0)

2017年06月16日

東京堂書店さんへの愛、ふたたび。

東京堂書店さんのベストセラーランキング文庫部門で「花の命はノー・フューチャー Deluxe Edition」が・・・・。笑いました。(いや、笑っちゃいけないんですけど、この本の場合は、つい・・・)


2017-06-16 (2)





  
Posted by mikako0607jp at 08:38TrackBack(0)

2017年06月15日

第5回 若者たちはなぜコービンを選んだのか:英総選挙と借金問題

連載更新。

http://s-scrap.com/1431
  
Posted by mikako0607jp at 03:32TrackBack(0)

2017年06月09日

2017英総選挙:コービン労働党まさかの躍進。その背後に地べたの人々の運動

Posted by mikako0607jp at 22:39TrackBack(0)

2017年06月06日

総選挙直前。なのに、こんなふざけた新刊が・・・

つ、ついにあの穢れた呪いの廃盤デビュー作が、12年のときを経て、なぜか2倍以上の厚さになって復活。
この内容で、この装幀。
もう真面目な仕事はこないんじゃないかと怯えています。選挙報道など滅相もない(笑)。

なんと推薦文を佐藤亜紀さん、解説文を栗原康さん、に書いていただいたというデラックスさ。
(たんに去年のラバンデリアのイベントの打ち上げの顔ぶれじゃねえかということもできますが)

「花の命はノー・フューチャー DELUXE EDITION」 初の文庫本です(しかもそれがこれ。笑)。よろしくお願いします。

71huzqfwMpL

追記:「子どもたちの階級闘争」もおかげさまで重版です。
「ないじゃねえか」とぶーたれている皆さま、すぐ入ってきます。お待ちください。

  
Posted by mikako0607jp at 21:43TrackBack(0)

2017年06月03日

高橋源一郎さん、ありがとうございます

高橋源一郎さんが、「すっぴん!」というNHKのラジオ番組で『子どもたちの階級闘争』を取り上げてくださいました。

https://drive.google.com/file/d/0B8ep44YqPz3-VlpadHc3U0RXWUk/view

わたしには、これまで自分が書いたすべての文章の中で一番好きなエッセイが2つあり、
誰もほめてくれないけど自分ではひそかに自分の最高傑作と思ってるんですけど(笑)
後半部分でその2編を見事に取り上げてくださっていて、コーヒーカップを取り落しそうになりました。
(むかーしからここに来てらっしゃる方々は覚えてらっしゃるかもしれない、ヨハネとロザリーです。まさか高橋さんに朗読していただく日が来ようとは・・・)

とてもうれしかったです。
ありがとうございました。  
Posted by mikako0607jp at 18:45TrackBack(0)