2017年09月29日

栗原康さんとの対談がちくまwebで公開になりました

http://www.webchikuma.jp/articles/-/1052

「未来をふみたおせ!」 ←タイトルもちろん栗原案(笑)。

福岡での怒涛のバーベキュー(森元斎さん、山下陽光さんばなしも登場)、(アナキズム+反緊縮)×圧倒的なバカになれ=借金返すな思想、みたいなことを中心に。

なんかでも、いま日本の政局がある意味いちばんアナキ―なんで、私と栗原さんが言ってることがめちゃくちゃ真面目に聞こえる(笑)。
  

Posted by mikako0607jp at 20:21

2017年09月28日

もうふつうに「次期首相」とか言われてるんですが

article-4924760-44C6429F00000578-228_636x584

今日までブライトンで労働党が党大会やってまして、街がもうフェスティバル状態でした。
こんなの今まで見たことないです。ブレア時代の党大会でもこんなに盛り上がったことはなかった。
で、最後を締めくくったのは、コービンのスピーチ。
人々のために投資する、未来のために投資する、削減UKを復興させると言いまくり、
ついに「ゆりかごから墓場まで」の言葉を使いましたよ。そっくり返りそうになりました。
いよいよここまで来たかと。長いあいだ英国政治ではこれはタブー語だったはずなのに。

個人的に声をあげたのは、「ブレグジットの離脱派と残留派をひとつにユナイトできるのは
労働党だけだ。労働党が経済を運営し、賃金を上げ、雇用法を改善し、人々の生活水準を向上さ
せれば、それはできる。我々はこの分断を修復する」と言い切ったとき。
当たり前だけどいつまでも分裂して批判し合っててもしょうがない。一歩先に進まないと。
という本を私も書いたばっかり(10月に出る)なので、ついぎゅっと拳を握りました(笑)。
そして、何度も何度も言いたくないけど、やっぱ経済なんですよ、経済!

あとやっぱこの人が強いのは、反緊縮とか成長だいじとか言いながら、文系もぐっとくるような熱い理想ばなしも賢くスピーチに入れるとこ。
いま選挙があったらマジ勝つかも。ずっとこの人を見てきました(私はこれを言ってもいいと思う)けど
それだけにこの状況はシュール。支持率メイ首相を抜いてます。
日本は違った意味でシュールみたいだけど。
  
Posted by mikako0607jp at 01:58

2017年09月26日

きったあああああ!松尾匡先生

http://www.asahi.com/articles/DA3S13151354.html

高久さん、グッジョブ
(はっ、なんでエモジなんて使ってんだよ、というエッセイを書いたばっかりなのに。。。)
  
Posted by mikako0607jp at 20:48

2017年09月22日

朝日新聞の欧州季評9月版出ました

「緊縮財政で医療の質低下、命の格差広がる英国」

http://www.asahi.com/articles/DA3S13145017.html


それと、現在発売中の「新潮45」に新潮ドキュメント賞受賞記念エッセイが出てます。
受賞記念って、本当はたぶんこういうのじゃなくて、もっと「関係者の皆様、ありがとうございました」とかいう、オスカーの受賞スピーチみたいなのかもしれないんですけど、なにしろそういう常識のないババアなので、番外編というか、師匠アニーに捧げるエッセイを書いてしまいました。

http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/
  
Posted by mikako0607jp at 09:26

2017年09月16日

久々にネット記事更新しました

ポストEU離脱騒動の英国は、ストの時代 ―Workers FROM all lands, unite!―

http://s-scrap.com/1787


  
Posted by mikako0607jp at 20:32

2017年09月08日

薔薇のアレンジが泣かせる

みすず書房から新帯の『子どもたちの階級闘争』が届きました。市原さん、ありがとう(塩せんべいも)!

WP_20170906_12_35_49_Pro (2)

  
Posted by mikako0607jp at 20:53

2017年09月05日

國分功一郎さんと薔薇族同時受賞記念トークイベント

ブライトンに帰ってきたかと思ったら、また日本に行きます(笑)。國分さんとのイベントの予約がはじまりました。

國分功一郎×ブレイディみかこ
「不敵な薔薇を咲かせるために」
10月4日(水)19時〜20時半 @ la kagu


https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/019r2wz3uedj.html

今年はこれで3度目。こんな行ったり来たり目まぐるしい年はかつてありませんでした(笑)。
さすがにもうしばらくは日本には行かないと思いますので、よろしければ神楽坂でお会いしましょう。



  
Posted by mikako0607jp at 19:22