2018年07月30日

レフト3.0始動作戦会議が、こっそり日本の一角で。。。?

なんか気になる画像をネットで拾って(盗んで)しまったのですが、
いよいよレフト3.0始動に向けての企みが行われているのでしょうか。
松尾匡さん、宇都宮けんじさん、山本太郎さん、そして雨宮処凛さんのお顔も。。。

私はいま、反緊縮政策の影響か人民の表情も明るいポルトガルにおります。
スペインよりポルトガルのほうが好きになりそうな勢いです。
(松尾さん、メールの返事はもうちょっとお待ちください)

DjRV5sdU0AA-NDV


  

Posted by mikako0607jp at 18:24

2018年07月20日

いや、こんなことになってたとは。。直木賞

芥川賞にばかり注目が集まってましたが、直木賞の選考、こんなことになってたんですね。。。いや、これは『じっと手を見る』、残念。。そんなに僅差だったとは。

https://www.sankei.com/life/news/180718/lif1807180059-n1.html

小説のことなんか全然わからない素人のばばあが文春に書いた書評がなぜかアマゾンに転載されてるみたいで、おこがましいことこの上ないのですが、めっちゃうまいなー、マジでうまいなーと思いながら読んだ小説でした。
じっと手を見る
窪 美澄
幻冬舎
2018-04-05


窪美澄さんご本人は、Beckの「Loser」のサビを歌いつつじっと手を見た、とツイートしておられましたが、わたしが大宅賞に落ちたときは、The Smithsの「Heaven Knows I'm Miserable Now」のサビを歌いながらぼうっとしてコーンフレークを食べてました。こっちは朝の寝起きの時間だったので。

さて、The Smithsつながりで、モリッシーの自伝の翻訳者(翻訳したのに出せないというあの曰くつきの。。。)であり、日本一のモリッシー・ファンを公言されるかいなってぃーさんこと上村彰子さんが、『お騒がせモリッシーの人生講座』を出版されました。帯文書かせていただいてます。こちらもよろしく。



夏の栗原康まつりがついに始まったようで、ブライトンにも届いてます。栗原さん、ありがとう。読むけんね!

WP_20180711_13_09_11_Pro 1


  
Posted by mikako0607jp at 08:00

2018年07月18日

週刊エコノミスト「読書日記」

●週刊エコノミストの「読書日記」の執筆陣に加わりました。
いま出てる(?)7月24日号から書いてます。6週間に一度、担当が回ってくるそうです。
今回は、ジェーン・スーさん『生きるとか死ぬとか父親とか』、山田英生さん編の漫画アンソロジー『貧乏まんが』、入江公康さんの『現代社会用語集』について書いています。

https://www.weekly-economist.com/20180724contents/

英語の本も混入させてよいそうなので、次回はいま読んでるシャンタル・ムフの新刊『For a Left Populism』が入るかも。←マジで『そろ左派』みたいなこと言ってる本です(笑)

●書評といえば、岩波書店の猛獣編集者が、猛獣の名にふさわしく「太陽肛門」の書評を書いているではありませんか!

http://webronza.asahi.com/culture/articles/2018070300002.html

●芥川賞、いちおう『群像』に連載させていただいているのでまんざら他人ごととも思えないし、直木賞のほうは、『じっと手を見る』を日本から送っていただいて書評を書いたりしたので、芥川賞&直木賞発表、ブライトンから見てます、たぶん。  
Posted by mikako0607jp at 06:12

2018年07月13日

ま、松尾匡さんと白井聡さんがマジで論争を。。。

いま、関西方面でひっそりと、しかし物凄いバトルが展開されております。『そろ左派』の松尾匡さんと『国体論』の白井聡さんがマジで論争していた。。。

●松尾匡さんによる白井聡さんの『国体論』の怒涛の感想(記事の中盤ぐらいから)

http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__180709.html


●それに対する白井さんの反論(講義のテープ。肉声のバックで、ときどき、カチッ、カチッ、カチッて音がするのが緊迫感あって怖い)

http://twitcasting.tv/roudouassocia/movie/477357803


●それを受けての松尾さんのアンサー。

http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__180711.html


ほのぼのした素朴な笑みを浮かべながら容赦なく斬り捨てていく松尾さんのスタイルは、ポーカーフェイスの論客よりもよっぽどタチが悪い(笑)ので、ディベート・メディアはこの新たなスターの誕生に注目すべし。  
Posted by mikako0607jp at 17:42

2018年07月05日

東京新聞夕刊でお会いしましょう

東京新聞夕刊のコラム「紙つぶて」で連載がはじまりました。7月から12月まで、毎週木曜日を担当します。
たぶん今日から載ってると思います。第一回目は「緊縮ランチ騒動」。
あいかわらず書いた本人には見れませんが、よろしくお願いします。

ここ2週間ばかり、なんと英国が猛暑。
クーラーのない家の中で書くことのつらさよ。。。(しかも近所の図書館は去年閉鎖になりやがったので行けず、ふざけんな、市民を殺す気か、税金返しやがれと緊縮財政へのリアルな憎しみが沸騰しております)
福岡生まれの人間が、情けないことに生まれて初めて熱中症らしきものを体験し、あちこちで遅延、作業漏れ、などが発生してご迷惑をおかけしておりますが、頭に氷袋をのせて平常モードへ復旧中ですので、こちらもよろしくお願いします。書くってのは、罪深いっていうより、たいへんなことです。

  
Posted by mikako0607jp at 16:58