2011年07月24日

連合いとわたしはエイミーちゃんを追悼する

25年後もチャート入りしている可能性のある現代の音楽があるとすれば、英国ではエイミー・ワインハウスだけだ。
とわたしは3年前に書きましたが、

http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/51188364.html

1stアルバムが出る前からロンドンまで彼女のギグを観に行っていた連合いは、「エイミーの曲は100年後の人々にも聴かれている」と以前から主張していました。

「伝説になる宿命を背負った女だった。俺はそれを知っていた」
というのが、彼女のファンだった連合いの第一声。

癌と闘病していたうちの連合いを、その歌声で支えてくれた人。
ビリー・ホリデイや美空ひばりのようになれた人だったと思います。

http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/51149256.html

日本では、若くして亡くなったことによって漸く伝説になる人かもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=uuJscWYA-eI&feature=related

(これほどポール・ウェラーに恥をかかせたお嬢さんは他にいないでしょう)

 



Posted by mikako0607jp at 06:19│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mikako0607jp/51796052