あなたに合わせたリノベーション
   HOME > Stylekoubouのブログ

ご来店特典やイベント情報満載!

一覧はこちらから

スタイル工房

2016年08月26日

撮影雑記〜〜〜

160826

「リビングが暗い」というお悩みがきっかけでリノベする方はたくさんいらっしゃいます。

こちらのお住まいは、3階からトップライトを、階段室の壁はスクリーンウォールにして、光を取り入れて明るい空間になりました!キッチンも対面にして、広々空間に、キッチンにたちながら、お部屋全体が見渡せますし空間もひろびろ〜♪

このお家の施工事例は、こちらから>>>


広報:長谷川基子

2016年08月21日

マンションフルリノベーション現場見学会レポート



本日(8/21)開催いたしました現場見学会の様子をレポートいたします!


昨日の雨から一転、蒸し暑い中でしたが、多くのお客様に来ていただきました!
暑い中、足を運んでくださったお客様、完成したお住まいを見学会場とすることをご快諾下さったお施主様、
本当に、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

DSCN0413


天井高はあまりないのに広々として明るいリビング・ダイニングはとても好評でした。
また、ウォークインクローゼットが大人気で、「自分の家にも欲しい」と皆様口々におっしゃっていました。
少しでもそれぞれのお客様のリノベーションのご参考となりましたでしょうか。


次回は10月2日(土)に戸建フルリノベーションの完成現場見学会を予定しています。
詳細決まりましたら、ホームページ等でご案内いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ♪





mikami0170 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

2016年08月19日

撮影雑記〜〜〜

160819


珪藻土を使用したことで、しばらくご家族で旅行に出られて、
久しぶりに自宅へ帰ってきた時、「こもった感じがなくて気持ちよかった!」そうです♪
わんちゃんやねこちゃんが一緒のおうちのお客さまにも喜んでいただいています。

このお家の施工事例は、こちらから>>>


広報:長谷川基子

2016年08月16日

オリジナル家具実例5選、アイデアはいろいろ

せっかくのリノベーション、お部屋をすっきり広々と使いたいですよね。そんなときは、空間に合わせてぴったりと家具を作りつけるのがおすすめです。物を入れるだけでなく、便利な機能や素敵な個性を持ったオリジナル家具をご紹介します。

◆その1◆ 引き出してびっくり!間仕切りにもなる本棚
間仕切本棚
ベッドルームと廊下を、ゆるく仕切るための本棚。引き出し式で、壁の中に収納できるようになっています。少し重さはありますが、来客のときなど必要な時に引き出してベッドルームを目隠しできるのはとても便利です。


◆その2◆ 間接照明を入れてムードあるLDKを作る家具
間接照明
散らかりがちなLDKは、壁から壁の空いたスペースにぴったりと造りつけたオリジナル家具を。色々入れられる大容量の扉付きの収納に、好みの小物を飾れるようにオープンな棚も作った仕様。間接照明を仕込んでいます。


◆その3◆ 浮いているからお掃除が楽ちん!CD収納棚
CD収納
CDを入れるために作ったコンパクトな棚。壁から飛び出しているデザインです。浮いているので、見た目も軽やか。ロボット掃除機などを使う人にも、便利ですね。


◆その4◆ 階段になる収納棚
階段収納
ロフトベッドへ上がるための階段部分を収納棚にしました。強度も考えながらしっかりと物が入るように計画しています。


◆その5◆ 廊下がギャラリーに!ロングな本棚
ギャラリー廊下
廊下にたくさんの蔵書をしまえるながーい本棚を作りつけた事例も。腰までの高さにすることで、圧迫感をなくすとともに棚部分には、お気に入りを飾ってギャラリーのような廊下にアレンジ。お気に入りを眺める事が出来る毎日なんてうれしいですね。




「物をしまう」だけでなく、自由に計画していくのも楽しいオリジナル家具。自分たちの好きな色や素材で作れるのも大きな魅力です。

mikami0170 at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月13日

夏季休暇のお知らせ 8月13日(土)〜8月15日(月)

P8120136_R
↑善福寺川緑地公園にて

スタイル工房では、
本日13日(土)〜15日(月)までの間、夏季休暇とさせていただきます。
8月16日(火)から通常営業となります。
※南青山店は16日(火)、17日(水)は定休日となります。

毎日暑い日が続きますね。皆様ご自愛ください。

P8120132_R






mikami0170 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月12日

撮影雑記〜〜〜

160812


北側のリビングで仕切りが多い間取りに困っている方も多いのではないでしょうか?

こちらのお住まいは、2階と中2階のリビング・ダイニングキッチンは、仕切りの壁をなくして開放的な大空間に。
3階の子ども部屋には、リビングを見下ろせる内窓をつくって、
家中どこにいても、家族の声が聞こえるおうちに、リフォームしました。

ご家族ごとにお住まいの悩みはさまざまです。
気になることはお気軽に一度お話をお聞かせくださいね。


このお家の施工事例は、こちらから>>>


広報:長谷川基子

2016年08月09日

お家でブランコ?!家族で楽しむインドアアスレチック!

まさに夏真っ盛り!毎日、暑い日が続いていますね。
そんな熱中症が気になる真夏の時期でも、お家の中でも楽しめる、
子どもたちにはたまらない!とびきりのおうちをご紹介します。

◆本格的に!吹き抜けでクライミングを楽しむ家
1
築22年の戸建をリノベーションしたお家に、クライミングウォール!。吹き抜けにしてできた高い天井を生かし、リビングとロフトを行ったり来たりして遊べるようになっています。カラフルなホールドが、インテリアのアクセントにもなっていますね!

2
天井をあげたことで出てきた屋根の傾斜がちょうど角度のついた壁になっていて、本格的な登りがいのあるウォールになっています。


◆運動スペースをお家の中に
3こちらは築25年のマンションの実例。トップライトから光の入る廊下部分を、フリースペースにしました。手前の部分には、新体操の練習のための鏡とバレエのバーを。天井には明るい黄色のアクセントカラー!懸垂バーで腕の力を鍛えるなんてパパにもうれしいスペースです。


◆ぶら下がれる遊具で楽しみながら鍛える!
6
リビングの真ん中に子供たちがぶら下がって遊べる遊具を設置しました。キッチンから子供たちが喜んで遊ぶ様子が見えるから、ママも安心です。

◆お家の中にブランコを♪
5戸建て住宅のリノベーションでは、2階の子供部屋は天井をあげて梁をあらわしにしてブランコを取り付けました。柔らかい無垢の木を使ったブランコは座り心地も抜群です。


◎◎おうちで遊具をつくるときには強度に注意!◎◎

ご紹介したような人が乗ったりぶら下がったりする遊具は、強度が重要です。下地が弱いところには取り付けができませんし、マンションの場合も専用の金物を設置できるかどうかを確認する必要があります。工事前に担当者に取り付けたい遊具のご希望をお伝えくださいね。

安全に配慮し、子供たちだけでなく家族みんながわくわくするような楽しいお家を計画していきましょう!



mikami0170 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月05日

撮影雑記〜〜〜

160805


リビングとこども部屋のあいだに上手に内窓をつくれば、
リビングからでもみんなの様子が見られるのでママも安心!
内窓は、空気やひかりも取り入れることもできるので、機能面でもうれしいこといっぱいです。

2016年08月02日

ママも子どもたちも、みんながわくわく!子ども部屋のリノベアイデア

夏休みが始まりました!みんなで外遊びも楽しいですが、熱中症対策もあって昼間はお友達が家に遊びに来るなんてことも増えているのではないでしょうか?今回はスタイル工房でリフォームしたおうちの子ども部屋インテリアの事例をもとに、子どもたちが楽しく遊べるインテリアのアイデアをご紹介します

◆感性豊かに育ってほしくて・・・色を使った子供部屋
2col
壁に大好きな色や、好みの柄をつかって、ワクワクするような楽しいこども部屋に!

1clo
カーテンやベッドカバーといったファブリックとコーディネートすれば、より素敵なお部屋が完成します。カラフルな空間で、感性豊かに育ってほしいですね。


3blu4
アクセントで利用する色の中で一番人気は、空のような明るいブルー。天井に使ったり壁につかったりアレンジは様々です。ブルーは心を落ち着けて集中できる効果もあると言われているので、お勉強もはかどりますね。


5blaお兄ちゃんはかっこいいブラックの壁に、お気に入りのユニフォームを飾るのもGOOD!



◆傷ついちゃうからダメ!なんて言わなくてOKなコルク材の床
まだまだ遊び盛りの子供たちのお部屋。おもちゃで傷つけたり、お絵かきのときに汚れてしまうのではと気になりますよね。でものびのびと遊んでほしいから「汚しちゃだめ!」なんて叱りたくない、そんなママにはコルク材の床はいかがでしょうか。
6flo
スタイル工房がおすすめしているコルクタイルは、強化塗装がなされているので、乗り物のおもちゃも、キャスターの椅子もコルク材の床なら安心。コルクは素材の中にたくさんの空気を含んでいるので、足ざわりも優しく、音も軽減されます。おもちゃをガラガラ、飛んだり跳ねたり、わんぱくな子どもたちにハラハラしていたママにもおすすめです。

7flo
コルクというと茶色のイメージであまり好みじゃないなぁという時には、白やベージュの塗装がされたコルクタイルもあります。これなら、お部屋がより明るい印象になって、壁を明るいイエローやブルーなどの華やかな色にしてもよくマッチします。コルクタイルはスタイル工房がコルク製品生産世界NO1のポルトガル・アモリン社から直輸入しているので、価格もリーズナブルに抑えられるのも嬉しいポイントです!

◆ヘリンボーンで学校みたいに!
8floそして、無垢材のフローリングもやっぱり人気。個性ある貼り方をすると、より楽しげなお部屋に。学校の床のようなパーケット貼りやヘリンボーンが人気です。



◆リビングとつながったこども部屋ならパパママも安心!
9liv
こども部屋をリビングの隣に作って、建具や家具を使って仕切るのもおすすめ。

10liv
子供たちに個室が必要になる年までは、明け放して広いリビングとして利用できます。遊んでいるときでもパパママの目が行き届いて安心ですね。


◆「個室は小さめに」がトレンド。空間の有効活用方法!
子供たちができるだけリビングで家族と過ごすように、そしてリビングの広さを確保するためにも個室は小さめに計画するのが最近のトレンド。小さなお部屋を有効に使う方法は要チェックです。

11bed
たとえば、ロフトベッドは下にデスクや収納を作ることができて便利。


12bed2段ベッドを入れ子にするというアイデアも。男の子と女の子のきょうだいで、それぞれ空間を分けたいというご希望があるときにおすすめしています。上は右の部屋から下は左の部屋から使えるように造りつけ、プライバシーを保ちつつお部屋を分けています。一人分のベッドスペースを二人で使えるようになるので、6畳で2つの子供部屋なんてことも可能です!

収納スペースを増やすにはロフト造作もおすすめ。はしごや小さめの階段など、登って遊ぶのも楽しい空間になるので、子どもたちも大喜び〜!
13lof
ベッドの足元を吊り収納にすれば、奥行きスペースを有効活用することもできます。

◎◎たくさんのアイデアを使って楽しいこども部屋をつくろう!◎◎
子ども部屋はリフォームの計画では後回しになりがちな場所。
お子さんたちと色を選んだり、一緒に話し合いながら、工夫して計画していくのがおすすめです。楽しいお部屋で、子どもたちが元気いっぱいの毎日を過ごしてほしいなと思います。

mikami0170 at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月29日

撮影雑記〜〜〜

160729

とってもかわいいプリンセスが、撮影にいっぱい協力してくれました。
ピアノも弾いてくれたんですよ。

16072902

ブルーのドアから「ただいま!」って顔を出してくれるなんて…!
なんてキュートなの〜!と、みんなメロメロの楽しい撮影でした。
いい思い出になってくれていたら、うれしいです。


このお家の施工事例は、こちらから>>>


広報:長谷川基子