あなたに合わせたリノベーション
   HOME > Stylekoubouのブログ

ご来店特典やイベント情報満載!

一覧はこちらから

スタイル工房

2016年05月20日

撮影雑記〜〜〜

160520


ウンベラータ、ガジュマル、ベンジャミン…
とっても大事にされているんだなぁ。。。と、みてわかるほど、
すくすくと育つ青々とりっぱなグリーンのあるお住まいでした。
キッチンの隣や、窓のそば、キッチンの上。。。

お部屋をより一層すてきにしてくれることはもちろん、
やっぱり植物があると、リラックスできて癒しの空間になりますね!

このお家の施工事例は、こちらから>>>

広報:長谷川基子

2016年05月16日

人気エリアの新築建売住宅を購入してリフォームするという選択vol.2

戸建住宅を購入したいけれど、よい中古物件がなかなか見つからない・・・という方に
新築の建売住宅をリフォームした事例をご紹介、第2回です!

第1回目は>>こちら

「戸建を中古で購入するのはリノベーション費用も高くなりそう。新築の建売住宅なら予算に入りそうなのだけど・・・」とお悩みの方、ぜひ事例をご覧になって下さい。

01


≪新築の建売住宅を購入したご家族≫
お子さんが生まれたことを機に、戸建住宅を探していたご家族。立地や価格、建物の広さなど希望のエリアで条件的に気に入る新築の建売住宅が見つかりました。対面キッチンや間取りは気に入り購入を決定。しかし、内装は白っぽく奥様の好みとは異なっていたため、せっかくのマイホームを住む前にお好みのデザインにしたいということでスタイル工房に相談に来てくださいました。


≪リフォームは内装を一部のみ!≫
新築のお住まいでしたので、内装のみのリフォームを計画しました。リビングの一面を奥さまの好きなブルーにして色を取り入れ、お手持ちの家具に合うように計画。

02

さらに、キッチンとリビングの間仕切り壁は、真っ白のクロスが貼られていたところにアカシアのフローリングを貼りました。ブルーに負けない個性あるアカシアの木目が印象的なリビングになりました!


03

カウンターにはモザイクタイルを使用してお部屋のアクセントに。こちらも奥様の好みのブルーです。


04_05

寝室はホテルのようなイメージをお持ちだったので、大柄のクロスをアクセントにしてシックな雰囲気にしました。ご自身で選ばれたシャンデリアともぴったり調和しています。


≪中古住宅にどうしても不安がある方は、新築という選択肢も!≫
スタイル工房では中古住宅を購入されて断熱・耐震などのリノベーションをされる方もたくさんいらっしゃいますが、物件探しの段階で「どうしても不安が残って物件購入まで踏み切れない!」という方もいらっしゃいます。そういった方には、新築建売を購入してリフォームを行うという選択肢もあります。
注意点としては、中古戸建に比べて新築建売は価格が上がることが多いので、総予算を増やさないためにはリフォームする範囲を減らす必要があります。
床材などは既存のものを利用することも必要にはなりますが、こちらのご家族のように、壁の仕上げやカラークロスや好みの柄のクロス、タイルを貼ったりして楽しむのもひとつの方法です!
また、工事の内容によっては建物の保守尾に制限が出る場合もありますので、注意が必要です。

希望のエリアで良い中古戸建が見つからないという方は、こういった選択を検討されてもよいかもしれません。

06_02


人気エリアの新築建売住宅を購入してリフォームするという選択vol.1
人気エリアの新築建売住宅を購入してリフォームするという選択vol.2

このお家の施工事例は、こちらから>>>


mikami0170 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!豆知識 

2016年05月13日

撮影雑記〜〜〜

160513


造作のかわいいロフトベッドは、ママたちから
大評判だそうです。例えば、お子さんが風邪をひいたりしたら、ロフトベッドへ。。。
ママも、お子さんも「近くにいる」ってお互いの存在を感じる事で、
ほっと安心できるそうですよ。

無垢のフローリングと、塗装の壁で結露の不満が解消!遮光カーテンじゃないものに変えたり、生活がすべて変わったそうです。

夫婦のそれぞれのスペースができたことで、
お互いに気遣いなく生活ができているのも、大満足!とおっしゃっていただきました♪

このお家の施工事例は、こちらから>>>

広報:長谷川基子


2016年05月07日

5月〜6月イベント情報!

event_list5-6

5月、6月はセミナー、OPEN HOUSEなどのイベントが目白押しです!
すべて参加無料のイベントです。
リノベーションのこと、ちょっと気になる。という方も今、進めようとしているところ!という方も、この機会にぜひぜひお気軽にお越しくださいませ!



■2016年5月14日(土) 14:00-15:00 (二子玉川 蔦谷家電)
蔦谷家電リフォームイベントにて「中古物件で実現 子育てリノベーション」をテーマにトークセッションを行います。

詳細はこちら>>


■2016年5月15日(日)11:00〜13:00 (無印良品 有楽町 3階Gallery)
MUJI Renovation Club トークイベント 楽しく知る「中古住宅 + リノベーション」vol.8 に出演いたします。
実際に中古物件を購入し、リノベーションされた施主様を招いて、リノベのほんとのところお話いただきます!

詳細はこちら>>


■2016年5月29日(日)13:30〜15:30 (Stylekoubou 南青山店)
セミナー 〜失敗しない中古物件選びとリノベーション〜 を開催いたします。
リノベーションラウンジ東京 代表 足立様をお招きし、中古物件の購入とリノベーションの成功のためのノウハウをわかりやすくお話ししていただきます。

詳細はこちら>>


■2016年6月18日(日)10:00~18:00(杉並区)
オープンハウス
マンションフルリノベーション完成現場見学会 を開催いたします!
和のしつらえと現代らしい暮らしのアイディアが融合した素敵なおうちが会場になります。

詳細はこちら>>

皆様のご参加、お待ちしております♪

mikami0170 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

2016年05月06日

撮影雑記〜〜〜

160506

リノベーション後の生活で変わったことは?と伺ったところ、
「すべて!」との事。リビングとキッチンが壁で仕切られていたので、キッチンをリビングに向けてオープンに。
家事動線や、床暖房、家族みんながリビングに集まるようになったり生活ががらりと変わりました。との事でした♪

個々の趣味を楽しむフリースペースでは、懸垂や体操の練習もできるんですよ

このお家の施工事例は、こちらから>>>

広報:長谷川基子

2016年05月05日

新企画『リノベの魅力!現在進行形のリノベ報告』vol.3

【スタイル工房の戸建リノベ性能アップ工事の全貌をご紹介!第2弾】

外観

こんにちは、スタイル工房です!
スタイル工房が手掛けるリノベーションの様々な魅力をお伝えするべくスタートした新企画『リノベの魅力!現在進行形のリノベ報告』。

前回に引き続き、築49年の戸建を購入され現在フルリノベーション工事中のK様邸の工事を取材しています。第3回目は性能アップ工事のクローズアップの後半。耐震・断熱についてのレポートです。

◆家族の安全を守るため、最重要な耐震工事!
耐震指示図

スタイル工房では築古の物件をリノベーションされるお客様には、必ず一定の基準まで耐震強度を高める工事をしています。耐震性能は、家族の安全を守るためにとても大切。内装など後から変えられる部分よりも、耐震性能アップの工事は一番に優先して行わなければならない内容だと考えています。
K様邸では、フラット35適合のため、新たに基礎を打ち増ししているのと内部は完全にスケルトンにしているため、新築工事にも近い補強をすることが可能になりました。土台の差し替えも含め、アンカーボルトやホールダウンの金物、その他必要に応じて金物の取り付けをし、バランスの良い耐震補強をしています。

耐震金物

取り付ける金物は、それぞれに強度や役割が異なります。どこにどんな金物を付けるかすべて計算・設計をし、ひとつひとつ設置していきます。耐震チームの設計スタッフが計画通りに取り付けされているかをチェックしていきます。今回の熊本地震のような直下型地震では、発生から10秒くらいで耐震的に弱い建物が倒壊し、逃げる時間さえもありませんでした。このようなことを起こさない為にもますます耐震工事は重要になってきますね。


◆住まいの快適性が大きく変わる!断熱工事

築古の住まいにおいて、快適性を大きく左右するのは断熱工事です。
断熱・機密性の高い住宅を実現するためには部位ごとの対応が必要になります。

熱損失図

室内の温熱環境に最も影響するのは、どの箇所かご存知でしょうか?それは、窓(開口部)からの熱損失です!窓(開口部)からの熱損失は家全体の約50%近くにもなりますので、窓の断熱はとても重要になってきます。

サッシ工事

K様邸の断熱工事では、まずすべての窓を断熱性能の優れたLow-E複合ガラスの樹脂サッシに交換しました。既存の古いサッシは気密性能も悪い1枚ガラスのものだったので、それだけでも住まいの性能はぐんとアップします!熱伝導率の高いアルミサッシと比べ、断熱性に加え防音性能もアップしますし、困りものの結露もおきなくなります。

断熱

次に、建物そのものからの熱損失を最小限に抑える為、床・壁・天井の断熱に断熱材を活用します。断熱材は寒さを防ぐだけではなく、夏の暑さも家の中に伝えません。K様邸は床・壁・天井と家全体をすっぽり包み込むように断熱材を入れています。特に今回の工事では2階がリビングになるため、2階の天井には150ミリの厚さの断熱材をしっかりと敷き詰め真夏でも2階が暑くならないように配慮しています。


スタイル工房が断熱工事で大切にしているのは、施工をしっかりと行うことです。たとえ断熱材が入っていても、留め方が不十分だったり、断熱材の壁の間に冷気が通ったりすると壁の中で断熱材が脱落したり、壁内結露をしてカビの原因になったりしてしまいます。断熱材のシートの耳の部分を重ねてタッカーで留める・床下からの気流止めの処置を行うなど、施工方法もしっかりとチェックしていきます。ちなみに今回使用した断熱材はグラスウールという材料ですが、断熱材はご要望により新聞紙などから作られたセルロースファイバーにすることもできます。


スタイル工房の住まいの性能アップへのこだわりは感じていただけたでしょうか。次回からは、工事に関わっている職人さんやその仕事についてご紹介していきます。たくさんの人が関わる住まいづくり、それぞれのプロの仕事をぜひ見ていただきたいです。次回もお楽しみに!




■『リノベの魅力!現在進行形のリノベ報告』シリーズ一覧■

vol.1【フラット35(リフォーム一体型)を利用して…わくわくどきどき…夢をかなえるリノベのはじまり!】
vol.2【スタイル工房の戸建リノベ性能アップ工事の全貌をご紹介!前半】
vol.3【スタイル工房の戸建リノベ性能アップ工事の全貌をご紹介!後半】



2016年05月03日

戸建フルリノベーション現場見学会レポート

20160503_01


5月1日(日)に開催いたしました「戸建オープンハウス」の様子をレポートいたします。汗ばむほどの快晴の中、多くのお客様にご来場いただきました。足を運んでくださった皆様。ありがとうございました!
そして、お家を見学会場とすることをご快諾下さったお施主様に心より御礼申し上げます。


20160503_02


今回の見学会場はお施主様が育ったご実家をリノベーションされたおうちでした。


20160501_04

1階にあったダイニングキッチンを2階にあげ、天井の一部をあげて梁を見せたり、洗面所を上部が開いた壁で仕切ることで広く感じさせているところなどが見学にいらっしゃった皆様から大変好評でした。
また、リビングには室内窓を設置。
色・形・機能すべてが大好評で、お客様から「うちもこれやりたい!」という声が多数いただきました。
外装はBeforeの写真を準備し、Before&Afterをその場で見比べていただきました。


次回は6月中旬にマンションのフルリノベーション見学会を開催予定です!
詳細決まりましたら、ご案内いたしますので今しばらくお待ちくださいませ♪

2016年04月29日

撮影雑記〜〜〜

160429_R

子どもの頃に暮らしていた築37年のご実家をリフォーム。
サッシも気密性の高い製品に交換したり、断熱材をいれたり、
べびちゃんとの新しい生活に住み心地も快適なおうちが完成しました!

壁でしっかり仕切るのではなく、なんとなく空間を分けて使えるように
しています。これからべびちゃんに兄弟ができたり、
家族構成の変化にもフレキシブルに、自在な使い方ができる住まいです。

このお家の施工事例は、こちらから>>>

広報:長谷川基子

2016年04月28日

リノベーション相談をするときには、何を用意したらいい?

メイン画像















何もかもが初めてのリノベーション、お問い合わせのときにお客様からよく「相談の際に用意したほうが良いものはありますか?」とご質問をいただきます。そこで今回はプランナーから「こういう情報があると的確なアドバイスができる!」という内容をご紹介します!

図面等写真


















≪住みたい家の情報≫
まずお聞きしたいのは、建物の情報。間取りのわかる資料をご用意ください。住所、築年数、構造もわかるとさらに良いです!図面がどうしても見つからない・・・という場合には、現地調査からのお伺いも可能です。中古を購入した方は図面が手に入らない場合が多いので、不動産屋さんにいただいたチラシでも大丈夫。大まかな間取りがわかれば最初のご来店のときにはそれをもとにお話しをお伺いし、わかる情報の範囲内でアドバイスも可能です。


イラスト























≪住む人の情報≫
つぎは、住む方の情報をお聞きします。ご年齢や帰宅時間などの生活スタイル、ペットの有無などもお聞きできると、プランニングするときによりご家族にあったプランニングが可能です。

≪リノベしたい理由≫
リノベーションを考えたきっかけ、目的はぜひお聞きしたいところです!目的を明らかにすることで、要望の優先順位なども整理することができます。ご予算がお決まりの方は、それもお話しください。「あとで金額が上がりそうで心配・・・」と少なめに予算を伝えてくださる方も多いのですが、正確な金額がわかったほうが、よりよいものがご提案できると思います!

イメージ資料
















≪住みたい家のイメージ≫
最後は、リノベ後の住まいのイメージです。雑誌に付箋を貼ったものや、画像を送っていただくのもOK。今までのお客様の中には、コツコツ自分たちのイメージをスクラップブックにしてくださっている方もいらっしゃいました。写真は今工事をしているご家族の奥様お手製のもの。夢がたくさん詰まったイメージ資料、本当にわかりやすく、素敵です!また、スタイル工房ホームページの施工事例には、通しナンバーがつけられています。400以上の事例を掲載していますので、きっと好きなイメージのお部屋があると思います。


以上がご用意いただけるとスムーズな情報です!お打ち合わせの中でヒアリングもしていきますので、完全に固まっていなくても大丈夫。安心してお問い合わせ下さいね!


mikami0170 at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!豆知識 | 勉強

2016年04月22日

撮影雑記〜〜〜

160422_R


「カッコよさだけでなく、使いやすさや暮らしやすさをきちんと考えてくれたプランがいいなと思いました。
女性のプランナーさんがとっても話しやすく、お料理や子育てする主婦の目線もプランに
活かしてくれたのが嬉しかったですね!」とおっしゃっていただきました。
やっぱり、おうちの主役は女性ですよね!?笑

リフォーム後は、あまりものが増えすぎないように、
買う時には厳選して購入するようになったり、
旦那様はおうちに帰ってくるのが楽しみになったそうです♪

このお家の施工事例は、こちらから>>>

広報:長谷川基子