徒然なるままに 2人語り

日々の思い、出来事などを思いつくまま綴ります。税務関係からみかん作りなど日々是好日をめざして

金木犀と台風

 金木犀が香り始めた。かなり遅いんじゃないかな。10月の初めにも2日
ほど香った時があったが、すぐに収まってしまった。ちょうどそのころ、一時
涼しくなった時期ですぐにまた猛暑がぶり返していた。最近ようやく明け方
が涼しくなってきたので金木犀も思い出して咲き始めたのじゃないかな。
 それにしても、大きな台風が次々にやってくる。大島の被害は甚大であっ
たがさらに追い打ちをかけることのないように願うばかりである。
 そして我が家も27号対策をしなくてはいけないな。
 やはり異常気象の影響かと、思ってしまう。

金木犀

 ほんの1週間前、「ああ、今年も金木犀の香りが漂い始めたかな」
と思い、橙色の十字の花がちらちら見えたと思っていたら、そのうち
何の気配もなくなってしまっていた。見ると、蒼いつぼみに戻ってしま
っていてオレンジ色は陰もない。このところの異常な暑さに、木も季
節感が狂ってしまったのか。この週末の祭礼の頃は、そこら中で、
あの香りが漂っていたものだが なんかおかしい。

ゲン

 先日、話題?の「はだしのゲン」を劇場鑑賞した。開館まもない
「穂の国とよはし芸術劇場」というすばらしいところで、木山事務所
公演約1時間45分の劇。その昔にマンガをみたと思うが、あまり
覚えていなかった。どこかの教育委員会で話題になったような残酷
という記憶よりも悲惨という感じが強かったと思うが、あまり記憶に
なかった。今回の劇では悲しい場面も理不尽な場面も有ったが、
それよりも「原爆」「戦争」にたいする憤りが沸々と呼び戻された
ようだ。

 過日 あれほどの深刻な被害を出した東京電力福島第1原発
事故に対しての業務上過失致死傷容疑が不起訴とと報道された。
誰一人として刑事責任が問われない。どういうことだろう。違和感
を覚える。
 確かに東日本大震災の巨大津波を具体的に予見できたとは言
えないが、それ以前から様々な機関や識者がその警告をしていた。
まして、津波の前に地震によって大きく破損されたかもしれないと
いう指摘もあるように、事故の原因は未だ検証されいない。はや
ばやと「事故収束宣言」を出した大臣がいたが、2年半もたつと
いうのに放射能汚染水はいまだコントロールできず、環境汚染も
いまなお続き、約15万人が避難を余儀なくされている。


そういえば、安倍首相はIOC委員の質問に対し、「健康問題に
ついては、今までも現在も将来も全く問題ないということをお約束
いたします。抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって
決定し、すでに着手しています」と述べた。是非、国際公約として
解決していってもらいものです。

被害

 豊橋に上陸した台風18号、朝8時頃「台風の目」に入ったのか、しばらく
風も収まった。当地での被害は、幸いにもあまり大きくはなかったようだ。
 遠く、江戸時代だったらどうだっただろうか。近場の現象だけで京都の
被災もその他各地の大変な状況も知らずに、「被害が少なくて、よかった。
その後の青空のさわやかさは、格別だ。」で終わっているのだろう。
我が家は、カーポートが少し傾いた程度ですんだ。

虫が少なくないか

 先日「今年は虫が少なくないか」という話題をどこかで聞いた。

 夏に、蚊に喰われるのは毎年のことだが、確かに今年はそれ
が少ない。例年ならばもっと、「ムヒ」のお世話になるところだが。
 さらに「蜘蛛」がいない。少ないという状態どころか、いないの
である。我が家は庭にミカンの木やらがいろいろと植わっている。
無農薬栽培なので例年ならば、虫もいるし、蜂も巣を作るし、黄色
と黒の不気味な「女郎蜘蛛」もわんさと巣を張る。おかげで、水やり
はその間を縫っていかなければいけないので、困ることでもあった。
だが、今年は、本当にほとんど見かけない。わずかに小さな雄蜘蛛
が2−3匹いるのみで、作業は楽だが、何かおかしい。蜂も少ない。

 蝉ももう泣きやんでしまった。
 当地方は大幅な渇水制限中で、何とか雨乞いをしてでも水がほし
いところだが、方や大雨で洪水の地域もある。ままならない。
やはり なにかおかしい。

雨雲の固まりを北陸から一つや二つ、動かしてこれるぐらいの科学
的研究をぜひおこなってほしいものである。

「蚊に喰われる」は、方言かな。

誤報と萎縮

 ちょっと前、突如「ビービー」と携帯電話がうなり、ラジオでピロロンと
鳴った。例の緊急地震速報であった。身構えてはいたが、結果は、数
値の取込間違いでの「誤報」とのことであり、交通へ多少の影響はあっ
たようだが、地震の被害はなく事なきを得た。
 担当者は「謝罪」をしていたが「誤報」ではあるが、地震はあったわけ
で、間違いではあるが、間違いではない。地震の予知は難しいのだか
ら、これらのことで担当者が萎縮していざというとき慎重すぎて出し遅れ
ることの方が心配だ。

八月

8月6日

それほどに 戦さがしたい 男らよ 
  子を産んでみよ   死ねといえるか
                   中村文子


八月や 六日九日 十五日
                   詠み人しらず   


心のヒバクシャ
                   井上ひさし

「能への誘い」

最近「世界遺産」にはまったわけでもないが、先日「能楽」を知る
機会をえた。AMDA特定非営利法人アムダのイベントの一つとし
て「能への誘い」を鑑賞したというか、体験した。能楽が世界無形
文化遺産に登録されているということも知らなかったが、能・狂言、
人形浄瑠璃、歌舞伎も登録されているという。
 シテ方 観世流 準職分の吉田篤史さん御1人で「能」の解説と
実演をされた。ご自身の謡曲のみで衣装も能面も付けずに、練習
風景と変わらないけれど、逆にそのような場面を一般人が拝見
できる機会もないので、大変興味深くみせて貰った。
 「神」が着る衣装の着付けをスタッフ相手に舞台上で実演して頂
いた。このようにたくさんの着物やら小道具をつけ、最後の面をも
着けられていくのだ。当日の気温も高かったが、舞台上ではもっと
暑いのだろうに、スタッフの方に少しきのどくになった。でも「能楽の
裏側」を見る気がして一歩近づいた用に思う。
後日 梅原猛の新作能のTVもあって、より身近(?)に「能という
日本文化」に接する気持ちもちがってきた。
 「謡」というのも眠気を誘うばかりでなく「文化への誘い」と思えば
また楽しである。

現実を目の当たりにして

 先日、事務所で旅行に行った。今回はなかなか行く機会がなかった
東北へ陸前高田 大船渡への旅となった。
そう、あの東日本大震災の際も、その後のニュースでもよく耳にする地
名である。岩手県交通が「復興応援バスツアー」というものを企画してお
り、それに乗せて貰った。2011年中にも何度か行く機会もあったがいけ
なかったというか、行かなかったことに若干の後ろめたさがあったが、こ
れで少し免罪符を貰ったような気になった。それで何になるということでも
ないが。
 それでも初日はせっかくの東北ということで、岩手といえば定番!岩木
山と世界文化遺産「平泉中尊寺」へ。ちょうど富士山が「世界文化遺産」
に選ばれるとあって話題はそちらに集中していたためか、ガイドさんも
「静かにお参りできますよ」と。京から遠く離れた東北の地に壮大な文化圏
が築きあげられ、仏教・浄土思想の「形」が今も残っているとして世界文化
遺産に登録されている。遠き時代の義経に思いを馳せていたひとときであ
った。
 2日目は宮城県気仙沼市経由で、陸前高田市へ。気仙沼の港付近から
土台しか残っていない光景が目につきはじめた。陸の真ん中に大きな船が
未だに横たわっている。陸前高田では本当に何も残っていなかった。処理
できていないがれきが山となって残ってはいるが、さすがに震災直後の悲
惨な光景は思いつかないほどに整理されている。わずかに残る「道の駅」
の建物など2〜3棟のみが何もないところにぽつんと立建っていた。。うち
の1棟の4階屋上部分に「ここまで津波」の表示があった。見上げる高さに、
そのときの「海底」に立つ自分を 想像するが恐ろしくて絶句する。残ってい
る道路の舗装が往事の町並みと人息を思い出させてくれるのも、悲しくつら
い。ちょうど「奇跡の一本松」が「完成」する前日であった。

 花巻で温泉を堪能し、「早池峰と賢治の展示館〜猫の事務所」での含蓄
あるユニークな館長の解説が興味を引いた。「雨ニモ負ケズ」は学生の頃
習ったと思うが、原文は違うのだといわれる。「ヒデリノトキハオロオロナミ
ダシ」ではなく賢治の手帳原稿を拝見すると「ヒドリノトキ」と確かになってい
る。ヒデリかヒドリかは議論があるようだが、館長の説明が最もしっくりいっ
た。その後のエーデルワインの試飲では大変おいしく頂いた。
 もちろんおみやげにも購入した。

曖昧な情報の怖さ

目撃者情報
先日の朝、事務所に「○○警察の交通事故係ですが・・」という電話があった。
私はすでに出張先にいて、事務員から知らせてきた。要旨「朝6時に岡崎に
て当て逃げ事故があった。それを目撃した人から、【豊橋300あ21??】の
ナンバーで色が白の車種○○の車だという。検索するとあなたの車が該当車
に近い。ついては、今日の行動を教えてほしい」というものであった。
 確かに10文字のうち頭から8つも同じで、色も車種も同じならば、警察官も
「ビンゴ」といいたくなるだろう。しかし私の当日の行動は、朝早くPCで仕事を
しており、その後出張に出かけている。岡崎に行って帰ってくる余裕はないし、
事務員もそのように担当者に話したようであるが、「身内の証言はアリバイに
はなりませんよ」とも忠告してくれた。
 「目撃者情報」は、警察にとって貴重な情報源であると思うし、何かあれば私
も協力するだろう。しかし、一方的な情報で、しかもさも【豊橋300あ21??】
と確実にたどり着きそうな情報が提供されたがために、当方、正直に余分な
時間と不愉快さを味わった。
 ちなみに【豊橋300あ????】の色が白の車種○○という車も、1台しかな
いとのことであった。今時、車種を正確に言える人もまだまだいるんだ。

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ