2017年06月20日

人形姫ヘイズマン

□気になったもの
人形姫の城
サイクレット新作。
魂を求める人形と男の倒錯した物語。
サイクレットだから濃くてハードなシーンがあるのでしょうね。
設定とか好きだからチェックしておきます。

ロスト・エコーズ
【ロスト・エコーズ】情報ページ公開中!
三か月延期。
KAIの姉妹ブランドなので延期するかなと思った。
キャスト公開。
キャストに久しぶりの松田理沙さんいるのがグッドですよ。
地味にHP見づらい。


ヘイズマン
バグシステム第3作目。
女の子と合体して変身するご町内変身ヒーロモノ。
変身モノによくある敗北シーンないそうで
敗北シーンが好きな人は他のゲームで!
スクイやにくにくとは一転してコメディ?
ここはこのままダーク路線で行くと思ってた。
丸山さん関わってるのでやっぱりちょっと変わった作品になってそう。
一条和矢さんいるのが気になってしまった。
あとクリーチャーデザインが蔓木鋼音さんなのね。



mikanagimaturi_kai at 22:52|PermalinkComments(0)PCゲーム 

2017年06月18日

製品版『ChronoBox』感想

【ChronoBox】応援中【ChronoBox】応援中
目を背ける事のできない現実に、私たちは生きている――

天使島のEDEN
そこは少年少女の楽園だった
黒い箱と少女の謎に触れたとき
忘れていた禁断の過去と記憶が蘇り
重なった嘘と罪が暴かれる


シナリオライター桜庭丸男氏率いる新ブランドデビュー作。
孤島に建てられた学園施設EDENが舞台のミステリー物。
いわゆる閉鎖空間+ループモノです。
ホラーチックな演出もあってグロ的な表現も。


体験版でしか読めないシナリオもあるのでそれも推奨。
それは最初にやっておくのが吉。
触れてない人や再プレイしたいは
初回版にはディスク内に入ってるので安心。
初回版ではない人はHPからダウンロードしましょう。


構成
ループモノで一本道。
1ルート進めるたび謎が深まるばかりのシナリオ。
物語の結末までぐいぐい引き込まれるようになっています。
最終ルートまで仕込みが細かい。


シナリオ
サイク系などで活躍されている桜庭丸男氏が担当。
キャラ重視の謎解きゲームといったらいいのかな
日常パートがメインだけど驚きの展開が押し寄せる事も
キャラゲーのように見せかけていろいろ伏線が散らばってます。
周回重ねるごとに謎が解けたり更に疑問が湧いたり。

キャラも周回で印象が変わったりと
周を重ねるごとに色々な発見がある作品。

そんな作りもあって先がとても気になるお話になってました。
気になることは考察しながら進めて
後のパートで答え合わせするなどの楽しみがありますね。

雰囲気や構成やキャラ作りなど
どことなく古きよきエロゲの香りが。
内容は割と攻めてる感じがして
最近のゲームとはひと味違うように思えました。

全クリアしてこその作品でした。
とにかく醜くて愚かで悲しくて 
そして愛が美しいシナリオでした。
ラストは賛否両論あるかな。

すっきりしない部分もありつつ心に残るものがありましたね。


ビジュアル
PCゲームの原画は久しぶりな長浜めぐみさんが担当。
綺麗でシャープな線が特徴なビジュアル。
キャラデザもしっかりそのキャラの個性を押さえてて
ビジュアルでもこのキャラはこういう性格なんだろうなぁと伝わってきますね。
立ち絵は制服・私服の2パターンですが
周回によって一部変わるキャラも。
表情パターンも豊か。

一部グロいシーンもあるので要注意。
この時勢にモツや断面図まで攻めてるとは。
ハンデ持ちキャラも少なくないので

構図などに工夫が感じられました。

印象に残るイベントCGが多かったです。
特にラストのあのCGは感動してしまいました。


演出
すごい上手いと思う。
巻き返しは分かっててもぞくっときますし
どんどん世界が不気味になってくるのはもうたまりません。
夜にやったらより怖くなるのでおすすめ。
最終ルートの立ち絵の目パチ口パクは生きてる感ありました。


シーン
各キャラにお口シーン必ず入ってるので
かなりのチュパゲー
なのではと思う。
卑語多め。修正もないんですよね。
抜きゲーよりの構成してるかも。

急ではあるけど表現にこだわった丁寧な文章が好き。
台詞もアンアン言ってるだけじゃないのがポイント高し。
少しおバカっぽい感じのもあってまた味があって良かったです。
もちろん不穏な雰囲気のシーンもあります。

後半リョナ的なシーンもあるので要注意。

登場人物
数多くいるキャラたちが魅力的。
愉快な仲間たちって感じだけど
それぞれ抱えてるものは重い。
誰が仲がいいとか悪いとか 誰があのキャラを好いてるなどの

複雑な人間模様も楽しめます。
キャラかなり数多いけどちゃんと意味がある設定で
キャラ設定も後から見直してみたらなるほどという作りでした。


志依の立ち位置が好き。
なんちゃって不良の霍・メガ君が可愛いです。癒し。
もっと男子会みたかったですねぇ。
発表当初から気に入ってたみそちも良かったです。
やはり一番印象に残ったのは鍵となるヒロイン・屍。
この娘はもう...本編クリアしてみてとしか言いようがないです。


声優
キャラの個性に合わせたキャスティングでした。
志依の花南さんと霍の唯香さんなんかすごく合ってる感じ。
春河さんのみそちも可愛くて。
風鈴みすずさんのナチュラル感も好き。
ジャンル問わず活躍している
りょうこさん・みなみん・もも花さん・メイメイ達もいるので
濡れ場もとても強い。

お口奉仕のチュパ音とストロークがすごい方々ばかりだったので
間違いなくお口ゲー。


悲痛なシーンも多いので声優さんマジでGJでした。
特にそよかぜみらいさん・水野七海さん・もも花さん・みなみん
ほんとお疲れ様でした。
彼女達は演じ分けもすごかったです。ぞくぞくしました。


印象に残ったのはやはりかばね役の美咲桃子さん。
不気味でもあり段々と愛らしくなってくる屍を見事に演じられていました。
真ルートでの演技はほんと感動しました。
あと重要キャラに渦井ゆきのさん。さすがの存在感



まとめ
エグくておぞましいお話でしたが
それがとても考えさせられる作品でした。

登場キャラたちの罪がとても重い。
トゥルーエンドのあれこれは胸糞悪かった(褒め言葉)
その部分があってこそのクロノボックスなのですよね。

仕掛けが面白い作品でもありました。
最後までクリアして全てが分かるゲームは良いものです。
ラストは物悲しくもあり こうなるしかないって風な終わり方でした。
後からじんわりくる終わり方でしばらく脱力状態に。
ただあの娘と那由太の幸せを祈りたいです。



mikanagimaturi_kai at 01:44|PermalinkComments(0)PCゲーム | 製品版・感想

2017年06月14日

アムリラぷりけ

□気になったもの
ことのはアムリラート
J-MENT先生シナリオの純百合作品始動。
原画に成瀬ちさと先生
ディレクタにソルフェージュの皆川浩治さん。
工画堂スタジオ作品に近い感じなのかな。
人工言語エスペラント題材にした変わった作品。
艦これで堪能な英語を披露してくれた内田秀さんが
声優さんにいるのも気になるところ。

真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王
『真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王』応援中!
戦闘パート紹介ムービー公開。
恋姫の戦闘パートはおまけって感じだったけどけっこう好きでした。
演出としてありよね。
今作はよりこったものになってそう。
スキル増えましたね!

あっぷりけCF
ここなども参考に
つでぱふ!さん
電撃姫コラム
悲壮感漂ってるのがなんとも。
お涙頂戴より「こんな作品を作りたいんです!」って
熱い想いをぶつけてくれた方がユーザーとしても気持ちよく支援出来ると思う。
あっぷりけ・暁は信頼出来るメーカーだけど
本家がやらかしてるのでとばっちりくらって損してるなぁ。
色々思うところもあるけどあっぷりけ好きなので協力はしたい。
成功したらコロニーシリーズ最新作も出ませんかね?

mikanagimaturi_kai at 20:01|PermalinkComments(0)PCゲーム 
ブログ主
記事検索
ピックアップ
『真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王』応援中!

百合系ミステリィ最終篇「FLOWERS冬篇」

あざらしそふと零「ヤミと祝祭のサンクチュアリ」

「鬼がくる。~姉がひん死でピンチです~」応援中
応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』

この世界には忘れてはいけないものがある『ゴールデンアワー』

新妻こよみ

SkyFish 最新作『BLADE×BULLET 金輪のソレイユ』を応援しています!!

『歪んだ嘘の恋とレッテル』応援中!