ベリーフレンチトースト

▲『usa cafe』のベリーフレンチトースト

【コラムvol.107】キーフレーズ:『ひとが好きなんだよ』byきよえさん


「ひとが好きなんだよ」。

このフレーズを、
30歳くらいまでは私も言ってたような気がします。


「人が好きだから、この仕事してます」

「人が好きなのでたくさんの人と接する仕事がしたいです」とか。

しかし、私の場合は、
様々な経験を積み重ねてきたオトナ世代になると、
一切の迷いもなく「ひとが好きなんです」
とは言えなくなりました。


「オバケよりも怖いのは生きている人のほうナノヨ」

とキッパリ断言するのは我が母上。


仕事上の上司や先輩からは、

「ひとには気をつけろ」
「ひとを見る目がない」
「ひとを疑う目をもう少しは持て」

こんな助言をいただいたことも多々あったり。

「人には気をつけろ」といったネガティヴな助言に対し、
まったくそのとおりだなぁ…
と落胆&反省する羽目にもなったこともありましたし。



「気をつけなくては」
というチェッカーのようなものが頭の中にあると、
「ひとが大好き!」と、
心底思えるようにはなれず。


おそらく、私だけではなく、
「そりゃそーだ」と頷く大人世代は少なくないはず…とも思います。


人に対してのツライ経験、
ニガイ思い出があればあるほど、
人間嫌いや人間不信になって当然だとも。

そんなネガティヴな感情を
肯定していこうとするのも、
ココロの健康をキープする方法の
ひとつかもしれません。


がしかし、
自分よりも何倍も大変な苦労をしてきて、
それを自力で乗り越えてこられた人が、
「人が好きなんだよね、アタシ」と目の前できっぱりとおっしゃった。

そして、
「人に恵まれてるんだよ、アタシ。ありがたいことだわ~」とも。


そのお方は、
約四半世紀前に出逢い、2年ほど仕事を一緒にしてきた「きよえさん」。


当時、私はニュースキャスターに就く前。

「資生堂トークサロン」という著名な方を
メインゲストとするトークショウの司会を担当していました。


ちゃんと司会中↓↓

資生堂司会_みかこ

若い…腕が今の二分の一かと…



きよえさんは、トークショウの企画運営担当者。


「資生堂トークサロン」は全国にて月2回行われ、
私はきよえさんを始めとするクライアントの方々と
毎月各地へ出張していました。

時には延泊して山登りとか温泉地へ行ったり。


…その山登り途中の写真を見つけてしまいました

きよえさん&みかこ



左が私、若い…(しつこい)。

きよえさん(右)はあんまり変わってない…(ずるいワネェ)。

こんな頃から早四半世紀が経過し、
きよえさんもわたしも、
カタチは違えども
世の中の洗礼とやらを受けながらトシを重ねてきました。


現在のきよえさんは、
善きご主人とお嬢様と
一緒に幸せな家庭を築かれています。

苦労を乗り越えた先に得た幸せだからこそ、
「守り」に入って「奥様生活」を満喫されていても
不思議ではないのですが、
きよえさんは根っからの「行動星人」。


もともと広告系の会社を経営されているのですが、
昨年はカフェもオープン。


「どーしてカフェを?」と驚く私に、
「なんだかやっちゃうことになっちゃってさ」ときよえさん。

「ご主人のお仲間さんが集う場所とか?」
「ぜんぜんちっがう。夫は全く関わってないよ」


きよえさんのご主人は、
TBS番組『ひるおび』のレギュラーMCのひとり・小森谷徹さん。
http://www.tbs.co.jp/hiru-obi/cast.html


TV業界には、
副業で飲食業をされる方が珍しくなく、
仕事仲間が集まりやすい場としてお店を持たれる方がけっこういらっしゃいます。


なので、
てっきりそのケースかと思いきや。


「ちっがう!実はね、ママ友との会話がきっかけでさ」


想定外の理由でした。

そして、
きよえさんにとっても想定外のドタバタ展開があったそうで。


が、
「でも、やってみる!」
とほんとうにオープンさせてしまったきよえさん。

きよえさん


話を聞けば聞くほど、
私だったら、
とっくにあきらめていたような軌跡。


「あきらめないで」
と真矢みきさんや小泉今日子さんに
CMでささやかれなくても、
「あきらめない」ひとは「あきらめる」のボーダーラインが無い。


もしくは、
「あ、高いから棒高跳びにする♪」とか、
「背面飛びなら行ける♪」とか、
「ドクター中松のジャンプ靴買ってくる♪」(懐かしい)なのか。

高いボーダーラインだからムリ~ではなく、
高いボーダーラインを飛び越えるのがあたりまえの意識でいるのかもしれません。


結果的にカフェも一人で孤軍奮闘しオープンさせたきよえさん。


誰かに頼りたかったり、
全てぽーんと捨ててナシにしてしまうこともできたはず。

それでもあきらめなかった。


そして、
「どうしてそんなにがんばれるの?」
と私が聞くと、


「そうだよね~。ひとが好きなんだよ、アタシ」

こんな答えが返ってきました。


私は少し息をのんでしまいました。


「ひとが好き」と言いきれるのは、
ツライことも、
ニガイ思い出も、
あったまにきたことも、
悲しかったことも、
がっかりさせられたことも、
ぜんぶひっくるめて、
全てがいい経験だったと思えているからだろうとも感じました。


前向きなだけではなく、
包容力、許容力が大きい人なのだろうと、
今さらながらアッパレ。


私はガタイばかりが大きくなってしまってのぅ…


「ウチで働いたら痩せるよ!」というきよえさんは、
カフェオープン準備で8キロ痩せたそう。

ウサカフェ2階jpg
▲カフェの2階。居心地い~い



ホットサンドとフレンチトースト、
チーズフォンデュ(夜のみ)を
メインメニューとするきよえさんのカフェは、
神楽坂に近い牛込柳町にあります。

『usa Cafe(ウサカフェ)』

http://usacafe.sun.bindcloud.jp/index.html

寺ガールにパワースポットと噂されている『経王寺』の近く


わたしもたまに顔を出しますので、
行ってみたいなぁと思った方は、
気軽に連絡くださいまし


ホットサンドとフレンチトーストを一緒に食べまひょ






本日も、
あなたさまからのお恵み1クリックを…

こちらをクリックいただけると嬉しくてたまりません


人気ブログランキングへ

公式Webサイトはこちらです
⇒ mikakoharuka.com (http://www.mikakoharuka.com/

各トレーニング企業研修の詳細は、
公式Webサイトをご覧いただき、
ご質問、ご依頼は、
その公式Webサイトのお問い合わせフォーム
メッセージをご入力
ください。

また、こちらのブログのお問合せフォームもご利用くださいm(__)m
⇒ お問合せフォーム

■メディア・トレーニング、パーソナル・トレーニング等のご相談はお気軽に。
■社員研修やセミナーを少人数から承ります。
■セミナーや合同研修が苦手な方へ、マンツーマントレーニングをお薦めします。
■演習のない対話式コンサルティングをコーチングとして承ります。
http://www.mikakoharuka.com/