109933y

【質問Q48】
●話の筋道がつくれません。


医療機器メーカーに入社して8年になります。

35歳の課長補佐、男性です。

昨年異動したばかりの部内では、
販売代理店向けに商品の説明研修を行っており、
来期から研修講師を担当することになりました。


研修講師を命じられた時は、
「やった!やってみたかった!」と喜んでいたのですが、
いざ先輩たちの研修を見学してみると、
自信を失ってしまいました。

商品知識はあっても、
約4時間で筋道を立てて説明し、
飽きさせないように話を続ける力が自分には全くないことがわかりました。

今まで3名の社員講師の研修を見学しましたが、
すごく上手な人もいます。

私は商談の場での雑談や
短いスピーチは得意なのですが、
4時間も話すとなると、
話を整理できなくなってしまいます。

内容があちこちに飛んでしまって
最初から最後まで筋道が立てられないという欠点に気がつきました。


4時間くらいの長い時間を、
どうすれば筋道立てて話すことができるのでしょうか。

もう1ヶ月後には講師をやらなくてはならず、
悩みまくっています。



【回答】


あと1ヶ月後…どうするオレ

と頭抱えていらっしゃる最中でしょうか…。


人前で話すことは苦にならないようですので、
残っている課題は「シナリオ筋力」ですね


元から人前で話すことが得意スピーチ大好き

という方も、
長時間話すとなると
たいていしんどがります。


決められたような台本が無ければ、
自力でシナリオを作らなければなりませんから、
その作業自体に負荷を感じられる方も多いです。


その負荷を感じつつも、
最初から最後までの
シナリオを作って練習して登壇する…

この一連のフローを習慣化している人は上手になっていきます。


やらなければ、よほどの天才ではない限り、
なかなか上達しません。

ごくごく当たり前のことです。


なので、
まずは「シナリオ」を作りましょ



シナリオのつくり方もいろいろもろもろありますが、
企業内での知識研修であって、
既に先輩がいるのであれば、
いちばん手っ取り早い以下の方法をお薦めします


①上手い!と思った先輩の研修をもう一度見学する。
但し、派手なパフォーマンスタイプではなく解説が上手いひとであること。


②その先輩の研修を録音させてもらう。
必ず了解をとること。


③録音を全て文字に起こすこと。
いわゆる「トレース」。
ここは無心になって、とにかくキーボードをピコピコ打って、
先輩の言葉を文字に、文章にしていきましょう。


④先輩の研修を思い出し、③の文章を黙読する。
最初は黙読で何度も繰り返し読んでみる。
慣れてきたら声に出して読んでもOK。


⑤上記④を繰り返して話の筋道を理解する。
先輩の「トレース」から、
少しずつ自分が話しやすい言葉に変換していく。


⑥上記⑤を続けて自前のシナリオを作る。
自前のシナリオが完成したら、
自分の研修登壇イメージを頭に浮かべて、
声を出しながら練習する。


⑦上記⑥モードで登壇する。
自分でダメ出しし、不足点を登壇前に修正⇒登壇。
これを繰り返す。


いわゆるPDCAを自分で自分にくるくると回していくのです。


ひとり芝居、ひとりオママゴトだと思っちゃいまひょ。


これらを行い、
1つのシナリオでの登壇が完了すれば、
アタマの中に「シナリオ筋力」がインストールされていくことでしょう。


私も行いました

TVキャスター出身ではありましたが、
企業内での長時間の知識研修担当が決まった時に、
「うえっ、毎日6時間も話っぱなし?やばばばばーーっ
と焦りまくり。


しかし、焦っても何も始まりませんし、
任務は果たさねばならず


それで思いついたのが、
見本となる先輩の「トレース」。

上司に許可をもらって、
先輩に頭を下げて、
上記①~⑦までを実行しました。


やる。

とにかく、シナリオの「筋トレ」やってみる。

そして続ける。



なにごとも数か月程度で止めたら、
そのレベル以上にはいかないものです。

これもごく当たり前の自然なこと。


善し悪しではなく、リアル、事実、ひとつの現象。


スキルを自分のものにして、
それを仕事で生かすためには、
インプットとアウトプットを繰り返していくことの
継続が不可欠だとつくづく感じます。


仕事や勉強に限らず、
スポーツやダンスなどにも同じことがいえますね。


テニス初心者が、
週1、3ヶ月の練習でめちゃめちゃ上手になることはないけれど、
テニスに必要な筋トレも追加して1年、2年続ければ、
ラリーに快感を得るところまではいけるでしょう。


どのようなことでも、
楽しい状態や好きなことの継続は誰でもできますが、
ちょっとキツイ、しんどいことが入ってきた時が肝。


そこからポイッと捨てずに逃げずに継続していくと、
ある臨界点に達した時から、
自分でコントロールできるスキルになってくれるもの。


ということで。


シナリオ筋、鍛えてみましょ







ではまた次回、ごきげんよう


本日も
あなたさまの清き1クリックを…

こちらをクリックいただけると嬉しくてたまりません
 ↓↓

人気ブログランキングへ



■公式Webサイトはこちらです
⇒ mikakoharuka.com (http://www.mikakoharuka.com/

詳細を知りたいという方は、
公式Webサイトからのお問い合わせか、
こちらのブログのお問合せフォームもご利用くださいm(__)m
⇒ お問合せフォーム


■社員研修やセミナーを少人数から承ります。
■セミナーや合同研修が苦手な方へ、マンツーマントレーニングをお薦めします。
■部下や新入社員へ教えられるトレーナー育成もマンツーマンから承ります。
http://www.mikakoharuka.com/