2018年05月01日

夢の森 みかり会創立記念日  5.1

本日、社会福祉法人みかり会が創立66周年を迎えました。

子ども達には「創立記念日」という言葉はあまり馴染みがないようでしたが、「ほいくえんの誕生日かぁ!」と理解してくれたようです。

 昼食はケーキ寿司、おやつはシフォンケーキと、お祝いメニューでした。

 みかり会経営理念『自身の成長、そしてお返しを』

 子ども達や保護者の方々など、多くの人との多様な関わりの中で成長させていただいていることに感謝し、微力ですが、少しでも社会にお返しすることができれば、と考えています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします

S__19677188
S__19685378




mikarikai at 23:17|Permalink 幼保連携型認定こども園夢の森 

2018年04月27日

法人内職員研修 開催

日本の幼児教育の第一人者である神戸大学大学院の北野 幸子 氏にお招きし、園内をご覧いただいた後、研修会を開催しました。

各園から21名が参加し、当法人でも取り組んでいる「プロジェクト型保育」「ドキュメンテーション」について、さらに学びを深めることができました。

 IMG_0870



mikarikai at 18:32|Permalink

2018年04月16日

どんぐりの里 お花見行事

4月4日

今年は桜の開花が早く、当日には花見ができないのではないかと少し心配していましたが、ご利用者皆様の日頃の行いが良いためか、花びらが少し散っていましたが花見ができる状態でした。
ブログ用写真1

午後から園庭に出て、桜の木の近くまで行き、間近で綺麗に咲いている桜の花を見て、皆様普段にない笑顔を見せてくださいました。桜の木をバックに写真撮影をしたり、職員と一緒に『さくら』の歌等をうたったり、園庭芝生の上でお茶、お菓子を召し上がられたりと、皆様思い思いに春の気候を満喫しながら楽しまれていました。中には「花より団子!」と言われ、「食べる方がいい」と言われる方も・・・。多くのご利用者が桜と春の景色を十分味わうことができました。

 これから暑くなってくる季節がやってきます。皆様、体にお気をつけて元気に過ごしていきましょう。
ブログ用写真2ブログ用写真3



mikarikai at 14:15|Permalink どんぐりの里 

夢の森 たけのこ狩り?!

夢の森の雑木林にたけのこが生えてきました。重くて硬い土を押しのけて、みるみる大きくなっていくたけのこ。子ども達はスコップを手に、たけのこ掘りに出かけました。
S__19177484

土が硬くてなかなか掘れず、最後は折って収穫することになりましたが、子ども達は大興奮。達成感を味わえたようです。

S__19177490S__19177496

S__19177487



mikarikai at 14:13|Permalink 幼保連携型認定こども園夢の森 

2018年03月27日

心の森 平成29年度 卒園証書授与式

桜の蕾が膨らみ始め、春の暖かさが感じられる3月24日
 
心の森では、卒園証書授与式を執り行いました。
 
綺麗に着飾った子どもたちは、残りの園生活を寂しげにする表情がありました。
 
しかし、式典中は堂々たる振る舞いで誇らしげに証書を受け取り披露してくれる姿もありました。
 
最後は、寂しさと感動のあまり涙もあふれる良き式になりました。
 
卒園される友達、保護者の皆様、本当におめでとうございました。

IMG_0885



mikarikai at 16:41|Permalink 幼保連携型認定こども園心の森 

心の森 教育・保育説明会

心の森では、19日20日と保護者の方を対象に、日頃の教育・保育の意義をご説明する機会として説明会を開催しました。
 
日頃から様々な物的・人的環境を整えて、教育・保育をしている実例を、5名の保育教諭が順番に説明させていただきました。
 
保育教諭自身も、ご説明をするにあたり再度、整理とお勉強… 知識を整理するよい機会とさせていただきました。
 
IMG_4659[1]

 


mikarikai at 16:37|Permalink 幼保連携型認定こども園心の森 

2018年03月10日

どんぐりの里  雛祭り

♪あかりをつけましょぼんぼりに・・・気が付けばもうそんな時期になったのですね。

今冬は大雪や大寒波と近年稀に見る、異常気象ぶりでしたが春の足音が少しずつ聞こえてきました。32日、どんぐりの里では雛祭りの行事としまして特養、デイの利用者さんを交えて春を感じていただこうという事で皆さんでフルーツ飴を作っていただき、召し上がっていただきました。いちご、リンゴ、桃にみかん。赤い飴を纏ったフルーツを春に芽吹く花々に見立て、花々の開花をイメージしましたが「花より団子」とは良く言ったもので、やはり、めずらしいフルーツ飴に皆さん食いっ気の方が勝っていた様子でした。

中でも一番人気はやはりイ・チ・ゴ!!

甘い飴と甘酸っぱいイチゴのハーモニーに皆さん、「やっぱりイチゴは美味しいなぁ」と舌鼓を打たれていました。

飴が固まる時間が思いのほか早かったりと悪戦苦闘しながらではありましたが、フルーツ飴を通じて、少しでも春の訪れを感じていただけたのではないでしょうか。

暖かくなってきたとはいえ、まだまだ寒い日もあります。どうか元気に新しい季節を迎えてください。
DSCN3309



mikarikai at 14:43|Permalink どんぐりの里 

心の森 西舞子小学校交流行事

幼保小交流事業「ようこそ、にしまい子小学校へ」が開催され、西舞子小学校へ入学する友だちと一緒に出掛けました。

IMG_4616

毎年恒例の交流事業で、参加させていただいていますが、、、、

 

本年度は、小学校でのアクティブラーニングを意識した取り組みで、体育館の中で現1年生が、給食、縄跳び、駒まわし、西舞子体幹体操、音楽部などなど、様々なブースを設置して、その中で、発表や呼び込みなどを児童が率先して行っていました。

IMG_4617
参加する側も、迎える側も「主体的」に取り組めた1時間でした。



mikarikai at 14:40|Permalink 幼保連携型認定こども園心の森 

新人研修

昨日より始まりました平成30年度採用の新人職員研修の2日目を迎えました。 

本日は、午前中に『教育・保育理念』について学びを深めました。 教育・保育の方法、プロジェクト保育についての取り組みなど共有し、これから子どもたちに関わるうえで大事なことを学びました。

1

 

午後からは、『介護理念』と『ボディメカ二クス及び介護実技』について学びをしました。介護の業務において、一つひとつのケアを丁寧にしていくことを学び、実技では実際に動いてコツをつかむという体験ができました。
2

当法人では、教育・保育に関わる職員も、介護にかかわる職員も一体となって、様々な学びを体験する研修となりました。
3



mikarikai at 14:37|Permalink

心の森 雑木林で立体的に遊ぼう

東谷公園の奥の雑木林の環境にだいぶ慣れてきたのでロープを使った遊びに取り組みました。

場所の慣れ具合や身体能力は子どもに寄って差があり、できる遊びは様々ですが、子どもたちは自分たちの興味のあるものをすぐに見つけ、自然の中でイキイキと遊んでいます。
子どもたちは基地を作る為に枝を熱心に探していました。
DSCF3407
重たい丸太を見つけて運ぼうとしていると、ロープで括るといいことがわかり、ロープを丸太に括り付け、引っ張ってあちこち運んでいました。
IMG_6064

子どもたちは繰り返しの動作の遊びが好きで、枝を集める、運ぶ、ロープや枝で坂を登る友だちを助けるレスキューごっこにハマっていました。
DSCF3429

昼からの
5歳チャレンジではロープワークに挑戦! 本結び、巻き結びなど友だちと教え合いながら取り組み、自ら結び方の紙を見て、やってみようとする子どももいました。

子どもたちは東谷公園の雑木林で遊ぶのがとても好きなので、様々な遊びに発展していくような声掛けをしていきたいと思います。


mikarikai at 14:33|Permalink 幼保連携型認定こども園心の森