2017年11月18日

森のおいしいパンやさん

今年も、西陽須磨特別支援学校のバザーに出店
IMG_8989

大勢のお客様にお越しいただき、昼過ぎにはパンも完売いたしました
IMG_8987

利用者さんも、呼び込みに、販売に、と大活躍の一日でした



mikarikai at 17:01|Permalink

2017年11月06日

めばえの子 アリの巣

子ども達に人気の「リグノ」という穴の開いた四角と円柱の積み木です。

ピラミッド風に積み上げて、「アリの巣なの。部屋がいっぱいあるでしょ。」と教えてくれました。

1

何で見たのか、アリの巣を側面から見た感じをリグノで表現。

観察力と表現力に、ただただ感心するばかり。

 

「アリ通れるかな?」と聞くと、「やってみる」と言って紐を通し始めました。

2
上から穴に紐を通しますが、思うように行きませんでしたが、繰り返し挑戦しています。

最後は、「無理だわ。」と紐は上手くリグノの穴には通らなかったのですが、本人の中では満足した表情。

 

保育園では、イメージを形にしたり、何かを試してみたりする一つ一つの活動を成長の過程として大切にしています。



mikarikai at 12:37|Permalinkつぼみの子保育園 

2017年11月01日

どんぐり 運動会

1024日、どんぐりの里にて運動会行事を行いました。選手宣誓から始まり続いてラジオ体操では皆さんいつもより大きく体を動かされ気合十分でした。特養・ショート、デイサービス、うぃずの利用者様がそれぞれ赤チーム、青チームに分かれての真剣勝負。各チームの応援団長の「えいえい、おー!」の掛け声で会場は一層盛り上がり、運動会の幕が開けます。

「あなたに首ったけ」ではチームを代表する美女(熟女の方々)が勢ぞろいし、イケメンめがけて輪をなげていただきました。美女の熱烈な愛の輪をしっかりと男性陣は受け止めます。

続いて「あなたを探して…。」画面に映し出された職員を会場にいる利用者全員で探します。「どこだ、どこだ!」「あっちー!」とそれぞれ声を出し合い、協力して無事、あなたを探し出しゴールまでたどり着きました。

玉入れ競争では、動き回る職員のかごに玉をいっぱいに抱え、タイミングよく上手に入れ込まれている姿が印象的でした。意気込んだ利用者様が思わず二回戦でフライング。仕切り直し、最後は二チームとも多くの玉を時間内に無くなるまで入れていました。

最後の競技は職員によるソーラン節。リーダー職員の「構え!」という迫力のある声で始まり、観覧されている利用者様が一斉にマラカスを振って声援を送ります。「どっこいしょー!どっこいしょー!」と音楽をかき消すほどの声で会場は一体となり、最後は大きな拍手で包まれました。踊り終わった後は「上手に踊れとった!」「いやー。良かったよ。楽しかったなあ。」等と笑顔で声を掛けて下さいました。

多くの利用者、職員に参加していただき、終始笑顔の絶えない運動会行事となりました。
DSCN2556DSCN2578

DSCN2646



mikarikai at 18:15|Permalinkどんぐりの里 

夢の森 秋の遠足

前日まで雨が続いていましたが、今朝からは太陽が顔を出し、日中は暑さを感じる程の天候でした。

 本日3..5歳児の子どもたちは“須磨海浜水族園”に秋の遠足に出かけました。バズの中では外の景色や電車が走っているところを見たり友だちと話をしたりしながら、水族園へ着くことを楽しみにしていました。
CIMG2327
到着すると、大きな水槽にたくさんの魚が泳いでいる姿に目を輝かせて観る子どもたち。

CIMG2332IMG_8872
楽しみにしていたイルカショーでは、イルカがジャンプをすると「すごい!!」と大きな拍手と歓声をあげていました。

 そして待ちに待ったお弁当の時間。嬉しそうにお弁当を広げてあっという間に完食していました。午後も館内にいる魚やラッコなど、たくさんのエリアを回ることができ、楽しめたようです。

 帰り道、「イルカショー楽しかったな」「サメかっこよかった」それぞれ楽しかったことを友だちと振り返る姿があり、遠足を満喫することができました。



mikarikai at 18:13|Permalink幼保連携型認定こども園夢の森 

夢の森 畑作り

園の雑木林付近に畑を作るために、今日はスコップで土を耕す作業と石を取り除く作業をしました。
IMG_8257
まずは前回の復習として、森のおそうじやさんのダンゴムシやハサミムシなどの虫を思い出しました。今から育てられる野菜として、玉ねぎやキャベツ・小松菜などがあることを知り、「玉ねぎ植えたいなあ」と話している友だちもいました。畑に出ると子どもたちはスコップを持ち、「土が硬い」「ミミズがいた!」「石あったよ」などと思い思いに発見を楽しみながら土掘りをしていました。
IMG_8267
土掘りに夢中になる友だち、ミミズをたくさん探したいという友だち、竹の根っこを抜こうと必死になる友だちなど、それぞれの興味のあることに集中していました。まだまだ土を掘り足りない友だちもたくさんいたので、これからも継続的に土彫り虫探し、竹の根っこ掘りに取り組んでほしいと思います。自分たちで畑を作るプロセスを通して、畑を作ることの大変さや楽しさを感じてほしいと思います。
IMG_8511




mikarikai at 18:12|Permalink幼保連携型認定こども園夢の森 

2017年10月30日

2017年10月28日 法人内研修 インクルージョン委員会開催

10月28日(土)に各事業所より22名の職員が参加し、「委員会活動の知識を深める」ことを目的に研修会が開催されました。

委員会より3名の職員が講義を行い、委員会についての説明、地域に向けて行っている福祉活動や在宅支援センターの仕事内容、幼老障(子ども:高齢者:障害児・障害者)共生社会の構築を目指すために、各施設が行っている実際の交流の様子を、写真や動画を通して学ぶ機会となりました。

ひとり一人が「明日から、実践できること」を見つけ出せた充実した研修となりました。
IMG_8929IMG_8930





mikarikai at 18:09|Permalink

多夢の森 太陽光の実験

今回は太陽光を虫眼鏡で集めて紙に穴を開ける実験をしました。太陽の活用方法として野菜や植物を育てられること、物を乾かす、溶かす、温めることができること、光を集めて電気に変えることができることなどを知った子どもたち。

園庭へ出て虫眼鏡を持ち、太陽を黒い紙に集めて穴を開けようとしましたが、なかなか太陽が出てきてくれません。子どもたちが「太陽さーん」「天の神様―」と呼び続けると、なんと、太陽が顔を出してくれました。

 IMG_3322

虫眼鏡の角度を調整して紙に穴が開けられると「煙出てきた!」「匂いしてきた」「穴が開いたー!」と驚いた表情で話す子どもたち。

IMG_3334
5歳児は紙の色によって紙の焦げ方が違うのか自分たちで紙の色を選び、実験しました。その結果黒い紙が1番焦げやすいことが判明。自分で穴を開けた紙は持って帰りたい!と大事そうに片付けていました。太陽の不思議に触れた虫眼鏡の実験を「またやりたい!」「もっと穴を開けたい!」と意欲的に次への期待を語っていました。

 IMG_4809



mikarikai at 18:06|Permalink幼保連携型認定こども園多夢の森 

2017年10月27日

内部評価事業 トゥモローチャレンジ

内部評価事業のトゥモローチャレンジが、夢の森で開催されました。
みかり会の他施設の職員が、人的環境、物的環境がどのようになされているか、子ども達が主体的に活動しているか等確認しあいました。
01

夢の森は、海外施設にも負けないくらいの自然の環境である雑木林に恵まれ、子ども達は、秋祭りと称して、思い思いに活動を繰り広げていました。
0302

午後からは、グループに分かれ、互いの意見交換を行い、お互いの教育、保育を高める時間を持ちました。
04



mikarikai at 14:50|Permalink

2017年10月16日

心の森 続・お泊り保育

夕食後は楽しみにしていたおばけやしき、会場となる心の森へ向かいました。

イメージを膨らませ、コツコツと作りためてきたお墓や、貞子がでてくるためのテレビのフレーム等、愛着のある物が並んでいたのですが薄暗さに心が折れそうな子どもたち。それでも「だいじょうぶ!!」「いっしょにいこ!!」と励まし合いながら挑戦していました。
_01

花火の火にほっこり。
_01

朝からお手伝いもはかどります。
_01

朝食はみんなでカートンドッグをいただきました。
_01_01

_01

最後には目標を達成できたことをみんなで喜び合いました。

様々なことに挑戦したお泊り保育。子どもたち自身で企画を進めてきたこともあり、当日も主体的に自分で考えて行動をしたり、意欲的にやりたいことを見つけて動きだしたりする姿をたくさん見ることができ、とても頼もしく感じた二日間でした。




mikarikai at 15:57|Permalink幼保連携型認定こども園心の森 

多夢の森 続・お泊り保育

夕食後は楽しみにしていたおばけやしき、会場となる心の森へ向かいました。

イメージを膨らませ、コツコツと作りためてきたお墓や、貞子がでてくるためのテレビのフレーム等、愛着のある物が並んでいたのですが薄暗さに心が折れそうな子どもたち。それでも「だいじょうぶ!!」「いっしょにいこ!!」と励まし合いながら挑戦していました。

_01

 

花火の火にほっこり。

_01

 

朝からお手伝いもはかどります。

_01

 

朝食はみんなでカートンドッグをいただきました。
_01_01

_01
   

最後には目標を達成できたことをみんなで喜び合いました。

様々なことに挑戦したお泊り保育。子どもたち自身で企画を進めてきたこともあり、当日も主体的に自分で考えて行動をしたり、意欲的にやりたいことを見つけて動きだしたりする姿をたくさん見ることができ、とても頼もしく感じた二日間でした。



mikarikai at 15:55|Permalink幼保連携型認定こども園多夢の森