幼保連携型認定こども園心の森

2018年10月14日

多夢の森・心の森 お泊り保育

お泊り保育では、様々な催しを子どもたちで企画、製作、運営していきました。

 

 夏場からそうめんや竹細工などで慣れ親しんできた竹を使って竹灯篭を作りました。夜のこども園を明るく照らして雰囲気抜群!!

子どもたちが手先を器用に使い、細工していきました。

 IMG_6799IMG_6800
 海の部屋は、子どもたちがそれぞれに海をイメージして部屋一面を「海」一色に!!子どもたちの自由な発想と表現力に驚きです!!

 

PA133890PA133887

 お泊り保育といえばこれ!!オバケ屋敷!!暗い部屋の中に子どもたちが作ったお化けがいっぱい、、、

脅かす役も子どもたちが演じました!!

 
IMG_5460IMG_5464

子どもたちは恐竜に興味深々!!恐竜博物館を開催しました!!

恐竜フィギアをよく観察して、粘土で作った恐竜の数々と、目玉は1/10スケールのステゴサウルス!!

段ボール、新聞紙、模造紙などを用いて再現していきました。

IMG_6783IMG_6782

IMG_6786

子どもたち自身が思い描いたそれぞれの企画をお互いに見合う中で、

「これすごいね!!」 「たのしかった〜」 と自然と声があがる姿が見られました。

他者から認められることで自信を深めたり、誰かの役にたつ喜びを感じられる有意義な時間になりました。



mikarikai at 08:44|Permalink

2018年10月13日

多夢の森・心の森 お泊り保育

今日は楽しみにしていたお泊り保育。心の森、多夢の森の子どもたちが5歳児保育での交流を通し、それぞれの園で楽しんでいることを提案しながら準備を進めてきました。

 まずはじめに保護者の方と一緒に考えた目標を友だちの前で発表し、それぞれの目標に向けてやる気十分。
2
IMG_4329


無題

image1 (7)

BBQ、流しそうめん、ゼリー作りのグループに分かれ、協力し合って準備を進め、美味しく楽しい夕食となったようです。

食後には、心の森と多夢の森を巡るスタンプラリー。恐竜の作品展、竹灯篭や海の部屋、かわいいおばけのダンス等々、それぞれが取り組んできたことを堂々と披露し合いながら、充実した時間を過ごした子どもたちなのでした。



mikarikai at 23:35|Permalink

2018年09月22日

心の森 秋さがしの散歩 〜しぜんのじかん〜

東谷公園に秋の自然探しに出かけました。葉っぱの色や虫の変化、植物が実や種を作っていることに季節の移り変わりを感じました。街路樹のイチョウの木から落ちた銀杏の実を見て「臭い臭い」、ナンキンハゼの実を見て「あれは何だろう?

「柿の木や」「どんぐり
!」「まつぼっくり」と、たくさんの木の実の存在に気がつきました。雨の後の公園は虫の宝庫! 葉っぱの裏や木にくっつくカタツムリ見つけ、「捕まえたい」と手を伸ばしたり、ダンゴムシがミミズを食べている所や動物の糞を食べている所に出くわし、「ダンゴムシは葉っぱだけを食べるのではなかったんだ」という気づきがありました。
DSCF6843

途中で、細長い黄色のヒルに遭遇
! 「気持ち悪い」「怖い」と馴染みのない生き物に恐れを感じながら、見た目から自分たちで付けた「スパゲティ」という名前を連呼する姿も見られました。赤、黒、茶色のきのこやヒガンバナなど、秋を感じられる植物もたくさん見つけました。草むらで草の種や花を観察したり、雑木林を散策し、自然からたくさんの刺激を受けました。

夏場は暑さや台風などの影響で屋外にあまり出ることができませんでしたが、秋になって涼しくなったので、これからまた屋外で自然と触れる体験を行っていきたいと思います。
IMG_8318



mikarikai at 13:08|Permalink

2018年09月10日

心の森 明日は何を流そうか、、、

心の森では、毎年恒例の流しそうめんを行います。

 今年の流しそうめんは、ロングスライダーです。

 竹の伐採から節取り、足場の作成から、そうめんの購入まで子どもたちが準備していきました。

 「明日は何を流そうか?」

 「バナナ! トマト! アイス! 氷! にんじん!」

 そうめん以外にたくさん案が出ました。

 

さて明日は何が流れてくるかたのしみです。

 

9月8日は地域の方々対象の流しそうめんも開催しております。

是非お越しください。
IMG_0900[1]IMG_0899[1]



mikarikai at 17:00|Permalink

2018年08月18日

心の森 お花を見ながらひといきしませんか

今年もモッコウバラが綺麗に花を咲かせてくれました。

 

この時季に黄色や白の花びらをたくさんつけてくれています。

 

ちなみにモッコウバラの花言葉は「幼い頃の幸せな時間」だそうです。

 

道行く地域の方々にも好評な心の森ガーデンでした。
IMG_3050IMG_3049

IMG_3046IMG_3044

IMG_3047



mikarikai at 16:33|Permalink

2018年03月27日

心の森 平成29年度 卒園証書授与式

桜の蕾が膨らみ始め、春の暖かさが感じられる3月24日
 
心の森では、卒園証書授与式を執り行いました。
 
綺麗に着飾った子どもたちは、残りの園生活を寂しげにする表情がありました。
 
しかし、式典中は堂々たる振る舞いで誇らしげに証書を受け取り披露してくれる姿もありました。
 
最後は、寂しさと感動のあまり涙もあふれる良き式になりました。
 
卒園される友達、保護者の皆様、本当におめでとうございました。

IMG_0885



mikarikai at 16:41|Permalink

心の森 教育・保育説明会

心の森では、19日20日と保護者の方を対象に、日頃の教育・保育の意義をご説明する機会として説明会を開催しました。
 
日頃から様々な物的・人的環境を整えて、教育・保育をしている実例を、5名の保育教諭が順番に説明させていただきました。
 
保育教諭自身も、ご説明をするにあたり再度、整理とお勉強… 知識を整理するよい機会とさせていただきました。
 
IMG_4659[1]

 


mikarikai at 16:37|Permalink

2018年03月10日

心の森 西舞子小学校交流行事

幼保小交流事業「ようこそ、にしまい子小学校へ」が開催され、西舞子小学校へ入学する友だちと一緒に出掛けました。

IMG_4616

毎年恒例の交流事業で、参加させていただいていますが、、、、

 

本年度は、小学校でのアクティブラーニングを意識した取り組みで、体育館の中で現1年生が、給食、縄跳び、駒まわし、西舞子体幹体操、音楽部などなど、様々なブースを設置して、その中で、発表や呼び込みなどを児童が率先して行っていました。

IMG_4617
参加する側も、迎える側も「主体的」に取り組めた1時間でした。



mikarikai at 14:40|Permalink

心の森 雑木林で立体的に遊ぼう

東谷公園の奥の雑木林の環境にだいぶ慣れてきたのでロープを使った遊びに取り組みました。

場所の慣れ具合や身体能力は子どもに寄って差があり、できる遊びは様々ですが、子どもたちは自分たちの興味のあるものをすぐに見つけ、自然の中でイキイキと遊んでいます。
子どもたちは基地を作る為に枝を熱心に探していました。
DSCF3407
重たい丸太を見つけて運ぼうとしていると、ロープで括るといいことがわかり、ロープを丸太に括り付け、引っ張ってあちこち運んでいました。
IMG_6064

子どもたちは繰り返しの動作の遊びが好きで、枝を集める、運ぶ、ロープや枝で坂を登る友だちを助けるレスキューごっこにハマっていました。
DSCF3429

昼からの
5歳チャレンジではロープワークに挑戦! 本結び、巻き結びなど友だちと教え合いながら取り組み、自ら結び方の紙を見て、やってみようとする子どももいました。

子どもたちは東谷公園の雑木林で遊ぶのがとても好きなので、様々な遊びに発展していくような声掛けをしていきたいと思います。


mikarikai at 14:33|Permalink

心の森 奥の雑木林で遊ぼう2

今回も東谷公園の奥の雑木林で遊びました。

今回は総勢
26名で基地作りと斜面下り。子どもたちが木に登り、ブルーシートを木に括り付けて屋根にするなど、凝った基地ができました。
DSCF3245
斜面下りチームは斜面の上り下りに慣れていない子どもたちがロープを使って斜面を下りました。ロープの括り方にもチャレンジし、子どもたちはロープを頼りに滑りやすい斜面も安心して上り下りすることができました。自由に遊ぶ子どもは枝を拾って銃や杖代わりにして雑木林の中をうろうろ。斜面も躊躇なくお尻で滑り降りていました。斜面の土を掘って生き物探し、木登り、崖登り、段ボールをはさみで切って基地作り、ブルーシートの屋根張り、と遊びに多様性が増えてきました。
DSCF3251IMG_5942

環境の持つ力を活かして遊ぶ力を身に付けていきたいと思います。


mikarikai at 14:29|Permalink