フロントエッジまで150ヤード、エッジから10ヤードのところにのところに

カップが切られているとします。グリーンの奥行きは30ヤードです。

その場合、プロは150ヤード+10ヤードという計算をします。

そして、自分のキャリーの飛距離と風や球筋を総合して、たとえば

「8番アイアンでカット気味に打って、フロントエッジから5ヤードのところ

(ボールから155ヤード地点)にキャリーさせて止めよう」というような

作戦を立てます。
https___media_gettyimages

間違っても、グリーンをオーバーさせるようなクラブは選びません。

センターまでの表示に慣れている多くのアマチュアゴルファーだと、

センターまで165ヤードで、ピンはマイナス5ヤードだから160ヤード

という計算をします。

そこで6番アイアン辺りをチョイスし、ナイスショットでピンハイに

キャリーさせ、結果としてグリーンオーバーさせてしまうというようなことが

よくあります

プロはグリーンオーバーさせることを最も恐れているのです。

「ゴルフは手前から攻める」のがセオリーといわれるように、グリーンの

奥はたいてい厄介なライになっているものです。

仮にグリーンの奥に止まったとしても、難しい下りのラインが残ることが

多いのです。

アマチュアもプロを見習って、フロントエッジまでの距離を確認して、

ギリギリにキャリーするクラブを選んだほうがいいかもしれません。

ショートしても、アプローチショットは奥や左右からよりは

ずっとやさしいはずです。