mikawaの「たかがゴルフされどゴルフ」 イメージ画像

2010年05月

先日紹介した仲間を今日も動画を載せてみた 本当は自分のをと考えていたが、何ら改善されておらず・・断念 最近は連続で70台をキープしており、好調なようである 先週の競技では2位、日曜の月例ではスコアは言わなかったので悪かったのかな? 映像を観ても判るが、気持ち

5月30日はゴミゼロの日、地域の役員となっては欠席は不可であった 月例があったが当然キャンセルである 朝8時に公民館に集合し、ゴミ袋を片手に45分間の活動 参加者は50名ほどだが、結構集まったな・・これを選別して集荷場へ搬送 9時には無事終了・・・ま

今日の練習は調子が良かった、少し判ったのかも? でもこんな事の繰り返しは、何度も経験して来たから・・なんとも? だが、色々と自分なりに考えて試した結果だけに、信じてもイイかな まずは、グリップのプレッシャー圧は抜けても、腕の力は抜くことが出来なかった もうひ

ある記事にこのように事が書いてあった、短くて単純な事柄ではあるが 何故か自分にも納得出来る部分が・・・参考に載せておこう 最近、ショットが "いい感じ" になってきている。しかし、ゴルフショットの "いい感じ" というのは、何時消えてしまうのか分からない。今までに

職場の後輩のフォームを載せて見よう ゴルフを始めて2~3年になるのかな?以前と比べると随分と良くなった? 学生時代は野球をやっていたから、飛ばしにかけては条件は整っているのに どうしても上体に頼り過ぎてしまって、ボールもあまり飛ばない トップからダウンに入る
『進歩したかな?』の画像

18ホールのゴルフの間には色々な場面があり、プレーをしている人の意識や心理状態も その中で 刻々と変わって行くものだ。ちょっとしたミスや心理状態の変化でゲームの流れを悪くしてしまうことは珍しくないが、ゲームの流れが悪くなれば、スコアに悪影響を及ぼすし、結果と

バンカーショットでは まず確実にバンカーからボールを出すことが重要だ。 比較的コンパクトなバックスイングで良いが コックを早めに、そして、 大き目に入れて、そのコックがダウンスイングの時にあまり早くリリースしないようにして、ソールを砂にぶつけるようにクラブ

ビビッテしまう状況下での短いパットのことを英語ではニー ノッカー (Knee-knocker) と言う。短いパットは 入れて当たり前という考え方になるから 余計なことを考えがちで、案外、外すことが少なくない。その日の最初の短いパットや大事な場面でのショート・パットで手が震

今日の天気は強風と雨少しで、大苦戦の最終日となってしまった この風は自分も最近は体験した事もなかったが、ある意味楽しかったかも? スタート前は雨の降る中を、当然練習レンジで調整してみるが、まぁまぁ~ 練習グリーンでは、仲間と「今日は80台で上がれば大した者だ
『スクラッチ最終日』の画像

折角のスクラッチ決勝最終日は、雨は間違いなし 自分の位置からして、天候は関係ないのだが上位は益々混戦間違い無し すなわち自分も頑張れば、それなりの位置に行けるのか?ずっこけるのか? いずれにしても自分も雨は得意ではないだけに・・・・ いつもは前日も練習は必ず

↑このページのトップヘ