2011年10月30日訪問

P1020504

職人
研ぎ師 すずしん(愛知県蒲郡市) 
シザー研ぎ職人 鈴木 信治(すずき・のぶはる)さん


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今回は残念ながら雨。同じ三河ということもあり1時間位で着く
かなあと思いながら車で向かってると、道中順調で40分程度で
到着。良くみかんを買いに来る近くだったことが判明。
 



P1020523音羽蒲郡ICから15分位

途中、雨だけど大丈夫ですか?と携帯に電話を頂いて
おりました。気付かずに大変失礼を致しました…


作業場にて 

今回はこの扉の向こうから始まります!
P1020429扉を開けると


ガラガラ〜↓
P1020432
今回の作業場は車デス。
移動式なので急な要望にも出張対応できます。

P1020452
何種類もの研磨ベルトを使い分けます

P1020469
ベルトグラインダーで半完成品の刃先を
刃先に向けて鋭角になる様研いでいきます

P1020510
刃の先端にハンマーで加減を加えてハサミの先端に
反りを入れます、弱いと反りが入らず
強いと折れてしまうそうです

P1020516
自分の感覚+実際測定して仕上がりを
絶えずチェック。関係ないですが、仕事柄
美容師さんとお付き合いが多いからか
ヘアスタイルカッコいい〜

P1020443
生首登場、では無くハサミの切れ味の確認用。
サンプルとは言え出来れば夜の同乗
は避けさせて頂きますー(笑)

P1020517
「たらし」工程。スキバサミのみの工程
微妙な加減が必要、ワザここに有り

P1020521
バフで刃付け、磨きの仕上げが入ります

P1020439
魂のこもった刃付けによって形状に
『切る』という機能が加わる

□■□■□■□■□


【感想】
 
普段ハサミは切れて当たり前だと思っている。
しかし刃付けがされていないと全く切れない。

2万丁以上のハサミを研がれた経験より、材質、
相性を見極め、己の感覚、更には体調までも
考慮しながらハサミに「切る」いう機能を加え
プロの美容師に引き継ぐ。

『切れ味を付ける指』に脱帽。

○●○●○●○●○

プロフィール<
鈴木 信治さん

1978年愛知県安城市生まれ
岐阜での修行後、2003年開業


興味を持たれた方、お問い合わせは以下コメント欄にお願いします。
研ぎ師 すずしん 
suzushin@js.ciao.jp