2011年11月12日訪問

P1020593
職人
加藤七宝製作所(愛知県名古屋市) 
尾張七宝焼職人 加藤 芳朗(かとう・よしろう)さん


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今回は気持ちの良い秋晴れ。初回から雨、晴、雨、晴と交互です。
そう遠くも無いんですが、西区は初上陸です。
庄内通駅から徒歩6、7分と大変便利なロケーション。


P1020524

駅のすぐ近くに120円のお好み屋さんがあり
「安っ!」と帰り写真を取ろうと思っていたのに忘れた…
しょーないなあ〜


お店にて 

実は今回もお伺いするのは初めてだったのですが
加藤さんを特集したTV番組が先日放映されまして
そちらで予習させて頂きました。
なのでお店の入口を撮るのをすっかり忘れていました。
(言い訳 長〜…)

P1020535応接室にて
凄い、美術館では無いですよー

P1020527
間髪入れず、尾張七宝の特徴の一つを紹介頂く
金属素地の上に丁寧に銀線を立てていく
植線工程の途中品

P1020526
植線された模様に何度も釉薬(ゆうやく)を指し、
焼成、研磨の結果この様な美しい
ペンダントになります。
花瓶、額というベースも大切にしながら
新しい分野を開拓されています。
正に温故知新!

ここ迄で既に盛り上がってしまい1時間!
本当にありがとうございました。

ようやく工房にお邪魔します

P1020560緊張しました
ここから尾張七宝が産まれているのかと
思うと既に感慨深くなっておりました

□■□■□■□■□
 

【七宝焼きの工程について】
大変多くの工程を経て出来上がります。
各工程だけでも十分職人ワザですが、ここまでくると
正にワザのデパート状態!

工程についてはうっとりする様なホームページが
ありますのでそちらでお願いします (アドレスは下記)
(このホームページを見ると私が訪問したくなった
 理由が分かって頂けると思います…)

□■□■□■□■□


ということで、以下ど素人のベタ感想で失礼します
P1020570
工房の戸棚ににあった最初工程の
金属素地、これ、手で彫刻されているんです。
何層も上塗りされる前のベースでこの
細かさ。日本の誇りここに在り。

P1020578
釉薬の元。色ガラスの破片がベースなのだそうです。
戸棚には非常にたくさんのこの様な
ケースがありました。秘伝の絶妙の配合で
炉で溶けると多彩な色に変化します。
試行錯誤を数えきれない程繰り返した末の結晶。

P1020606
炉に入る前。釉薬が溶けて発色します。

P1020609
炉に投入。炉内の温度は上下で微妙に違い
且つこれだけの大きさ、形状のものを
均等に溶かして色付けするのは至難の技です!
一段とオーラを感じます。

P1020628
焼き上がり。この焼成工程が何度も
何度も繰り返されていきます。

完成作品はホームページで。うっとりします。


□■□■□■□■□


【感想】
 
ワザを拝見しながら、明治期についてお話を伺いました。
「明治期に日本の工芸はそのピークを迎えたのかも知れない」

近代の夜明けで奇跡の発展を遂げたのは政治経済だけでは
無く、日本工芸も一気に花開いた。それは鎖国という期間に
しっかりと醸成され、蓄積されたエネルギーが明治期に
一気に放出されたからなのか。

武士の時代からは物質的には豊かになった。が、何か
停滞を感じる。それを打破してくれるのが、
「心の豊かさ」なのかも知れない。

加藤さんの取り組まれている『伝統工芸の新しい形』が
我々にも容易く「心の豊かさ」に触れるきっかけを
与えてくれている。


○●○●○●○●○

プロフィール<
加藤 芳朗さん

1979年愛知県名古屋市生まれ
2005年愛知県立美術大学美術学部デザイン科卒業後、
25歳より家業である七宝の道に入る

NHK BS 『美の饗宴』シリーズ 世界が驚嘆したニッポン(2)
「色彩の攻防 七宝・飛躍の30年」主演
七宝教室の主催、「七宝焼きアートビレッジ」での定例実演会等、
幅広く活躍中

興味を持たれた方の問いあわせは以下コメント欄にお願いします。
有限会社 加藤七宝製作所
ホームページ http://katoshippo.com/