映画、『八日目の蝉』を観てきました。

以下ネタバレな内容ですので、これから見る方はご注意ください。

もう、涙腺開きっぱなしです。
不倫相手の赤ん坊を誘拐して逃避行した女性のはなし、要約するとそれだけのことなんだけど、ストーリーといい、役者の演技といい、演出の仕方といい、大変に感動いたしました。
映画館をでてから暫くは、呆然と言葉を失ったようになりました。

不倫相手の子供を堕胎した、その罪悪感と喪失感が、誘拐した赤子に向かうとき、高度に純粋な愛情に昇華する。その様を女優、永作博美が演じる様子は、女神様のようであり鬼のようでもある。

人さらいでありながら、母としての愛情を一身に受けて成長する女の子、かおる。四才になり実の両親の元に返された後も、誘拐犯を母親と信じ、現実を受け入れられないまま大人になる。この娘を演じるのが井上真央、シニカルな態度の裏に何か他人を赦してしまう優しさの様なものを抱いている複雑な少女を演じています。
がさつな女性記者を演じる小池栄子、これもおかしな過去の経験から壊れた自我を持つ不幸な人間だと言う事がわかってきます。
個人的には彼女の役回りが、主人公に対して救いになっていると感じました。小池栄子の真央ちゃんへの説得が、自身の救済の為だとわかっていても、観ているこちらの気持ちを大変に和らげてくれて、涙が出ました。

本の方では、映画と違うラストシーンがあるようなので、これから読むつもりなんですが、とても楽しみにしています。

日本映画もいいものですね。