ブログネタ
ジェネラル・ルージュの凱旋 に参加中!
私の大好きな番組が、お正月に戻ってきてくれた。
去年の暮れには「チーム・バチスタ ジェネラルルージュの凱旋」の再放送を楽しでいた。勿論、録画もバッチリ。
仲村トオルさんの大ファンの私。
個性的なシブーイ魅力は癖になる。ちょっとアクが強いところも大好き。

仲村トオルさんと伊藤敦史さんのコンビがいけてたこのシリーズ。
「ジェネラル・ルージュの凱旋」では、西島秀俊さんという大人のいい男が加わって、好感のもてるシリーズだった。

今回のお正月の特別版、大人のいい男達の新しい姿を観れただけでもラッキーな感じなんだけれど、もっとしっかりストーリーを創って欲しかったような。
(ちょっと無理がある犯人像だった。「反抗声明文」のオカシサはいくらファンでも簡単に解ってしまう。まあいいんだけれど。)

好きな番組はいつまでも観ていたいのがファンの心理。
またこの二人のコンビの新しい姿が観たくなってしまう。

映画版では、違う俳優さんが演じていたけれど、テレビ版を先に観ていた私は違和感を感じるだけでダメだった。(阿部寛さんも好きな俳優さんなのにね。)
仲村トオルさんのコイーい印象が染み付いてしまっている私は、このコンビでなければ興味を抱けないのだ。
白鳥圭介というあり得ないほど?カッコイイ名前もいいんだよね…
結局、名詞に書かれているという肩書きは全然覚えられなかった。(笑える…)
医療ものは、全然知らない世界だからツッコミたくてもツッコメない。だから、単純にかなり感動して観てしまう。

今年も仲村トオルさんの活躍を楽しみにしていよう。